2014年05月29日

日本・パラオ・バングラデシュ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
先日、コメントくださった方、どうもありがとうございます。
現在、体調が思わしくなく、すべての方にレスを返すことができない状態です。
コメントも開放もしておりません(よほど体調が良い場合は返信していますが)。
この場にて、お礼申し上げます m(_ _)m
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


普通の日本人さん、三児のパパさん、いつもコメントありがとうございます m(_ _)m


*        *        *


現在、バングラデシュのシェイク・ハシナ首相が来日されています。
早稲田大学での講演で、なにやら興味深いことを発言されたようです。
発言内容がニュースになっていますので、ちょっと見てみましょう。。


 来日中のバングラデシュのシェイク・ハシナ首相は27日、東京都内の早稲田大学で講演し、


父親で初代大統領などを務めたラーマン氏が、独立に伴う1972年の国旗制定時に「日本に魅せられ、日の丸のデザインを取り入れた


と述べて日本への親近感をアピールした。

 バングラデシュ国旗は日の丸とほぼ同じ柄で、豊かな自然を表す緑の地に、独立のために流した血を示す赤い丸が描かれている。

ラーマン氏は「農業国だった日本が工業国に発展したように、バングラデシュも将来は工業国になるべきだ」と話していたという。(以下略)

http://mainichi.jp/select/news/20140528k0000m030031000c.html



0d18e0b3b2c88e93c22674c07dd5bc9f.jpg



(´・∀・)ヘーー、ですねーー。


首相が公の場で明言してしまえば国内外に報道されてしまいますのでリップサービスではない、、、ですよね。。


まぁ、似すぎですよね(^^;
色まで似ています。


ちなみにパラオの国旗と“日の丸”もよく似ています。
この件について、以下のような話がネット保守界に出回っています・・。


1994年,パラオはアメリカから独立した.

独立にあたり国旗を制定することになり,国民の間から一般公募した結果,日の丸をもじった今のデザインに決まったというわけである.

ただし,パラオの国旗の満月は,日の丸の旗の太陽とは違って,中心から少しズレている.日本に失礼だからと,わざと中心をはずしたのだそうだ.

これはパラオの人たちの慎み深い態度をよく表している.


この話は、ネット保守に長くかかわっていますと比較的よく見ます。
ただ残念ながら、現在この話はほぼ否定されています。


実際に国旗をデザインした方に確認をとった方がいます(吹浦忠正さん,ユーラシア21研究所理事長)。
核心部分を引用しておきます。


私「体調が芳しくないというのにご無理を言って
  申し訳ございません。日本ではパラオの国旗に
  諸説があって混乱していますので」

S「どういう混乱かな?」

私「@パラオの国旗は日本の日の丸を真似したという説、
  A日の丸の太陽に遠慮して、照らされて輝く月にした、
  B日の丸が旗面の中心であることに遠慮してすらした」

S「全部違うね。私はもちろん日の丸を知っているが、
  特別にそれを意識してデザインしたわけではない。
  日本は日本、パラオはパラオだ。あなたは
  パラオの満月を知っているか?」」

私「あいにく、今回はほとんど月の出ない時期で・・・」

S「それはいかん。いや、気の毒じゃ。今度は
  是非、満月のときにいらっしゃい。それはそれは
  感動的な夜景だよ」(中略)

私「デザインをしたときに月を竿側にずらしたのは?」

S「最初はまん中に置いたんだよ」

私「で?」

S「試みに少しずらした旗を作ってみたら、なかなかいい」

私「却って真ん中に見えるということでしょうね」

S「結局、横の10分の1ずらした」

私「色に遠く別の意味を含んだのですか」

S「空色はパラオの海の色。黄色はproudとか unity」

私「日の丸のことは」

S「考えなかった。さっきも言ったよ」

私「はい、失礼しました。
  応募数はどのくらいでしたか?」

S「私は20作品くらいと聞いていた」

私「一説には70とも100とも言われている」

S「そうかね。選考委員は
  Ngiraklang Malsol氏を委員長とする
  特別の委員会だった」

私「Malsol委員長はどうしておられますか?」

S「残念ながら亡くなったよ」

私「お体の具合が悪いようだが」

S「5年ほど前に脳の病気をしてご覧の車椅子生活だ」

私「急な面会の申し込みをお受けくださって
  ありがとうございます」

S「これで日本での混乱も治まるだろう」

私「重ねて御礼申し上げます」。

ttp://blog.canpan.info/fukiura/archive/7313


うーーん、残念。。
パラオは日本と関係が深い国ですので・・。
――ここら辺のこと(日本とパラオの深い関係)を知りたい方は検索してみてください、たくさん出てきますので――


ちなみにSさんはJohn Blau Skebongという方ですね。
アルモノグイ州知事の実兄とのことです。


日本、パラオ、バングラデシュ、、、昔から議論のあった“日の丸三兄弟?”も、その経緯について資料が集まってきましたね(^^)


もしよろしければ―→ にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
(別窓で開きます)



━━━━━━
吹浦様へ。
発信されている記事が非常に興味深いものであったため紹介させていただきました。
もし問題がありましたら連絡いただければ引用文を削除いたします。
失礼いたしました m(_ _)m
━━━━━━
posted by K_美樹 at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 国旗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。