2014年02月28日

【保守活動講座3】どこにでもあるもの

昨日の続きになります。


昨日、問題提起した『相互確証幻想(グループシンク)』についてですが、補足しておくべき内容があります。
これは従来は、特別な条件下において発生するといわれていました。


しかし、現在では集合・宗派のようなものがあれば、程度の差はあれ普遍的にどこにでも存在するものとされています。
Len Fisher(元南オーストラリア大学准教授、英ブリストル大学研究員)教授は以下のように述べています。


アーヴィング・ジャニス(カリフォルニア大学名誉教授)の論じるところでは、グループシンクは主に、政策の決定にかかわるといったような「中毒になりそうなレベルの」特権をもった人々がいる「非常に高い階級の集団」の領分で見られるという。
またグループシンクが生まれる状況については、主としてその集団は(1)外部の批判から遮断されていて、(2)外的な脅威があることが確認され、それによる高いストレスがあり、(3)集団としての団結が強固な場合に限られるとも信じていた。

しかしジャニスは間違っていた。グループシンクはどこにでもある。
そして他人に対する態度に影響を与える力をもっているがゆえに有害なものなのだ。

二人の心理学者、マギル大学のドナルド・テイラーとデリー大学のファイシュナ・ジャギの研究から、この影響がどのように生じるかを示す事例が明らかになっている。

二人はまず、インド南部のヒンドゥー教徒とイスラム教徒の学生をボランティアとして集め、物語をいくつか読むように言った。

――その内容は、ヒンドゥー教とイスラム教のそれぞれの信徒が「善い行い」や「悪い行い」をするというもの――

それから学生たちに、登場人物がどうしてそのような行いをしたのか訊ねた。
登場人物がボランティア自身と同じ社会集団(宗派)に属し、悪い行いをしている場合、その過ちは都合よく外的な原因のせいにされた

だが、その行いが別の社会集団(宗派)のメンバーによるものだった場合、過ちはその集団に典型的なものとして考えられた

物語の内容が“善い行い”についてのものになると、この関係は逆転する――つまり、ボランティアたちは善行を自分自身が属する集団の特徴としてとらえ、別の集団のメンバーが善いことをしたという話になると、個人とは無関係な何らかの外的要因のせいにしたのである。

このような態度は、社会の伝統や考え方に対する素朴な誇りを反映したものかもしれないし、あるいは、人種差別、過激な民族主義、宗教による偏狭な世界観につながる恐ろしい道へと私たちを追い立てるかもしれない。=中略=

残念ながら、社会にはグループシンクが蔓延している。
グループシンクは家族や地域や遊び仲間に影響を与え、危険を及ぼし、ときにパーティで騒ぎを起こさせることもある。

たとえば、コーリー・デラニーという十代の少年がインターネットを使って仲間を集め、パーティーを開いたが、酔っぱらった若者たちによって家が壊されかけるという事件があった。

この場合、集団の圧力が十代の若者たちを衝き動かし、互いにエスカレートさせ、面白いからという理由だけで正気の沙汰でない狼藉を働かせることになった。

━━━━━━
2008年初旬、コーリー・デラニー(当時16歳)が開いたパーティーの参加者が暴徒化、暴動に発展した。参加者は500人、鎮圧に動員した警官は30人、警察犬、ヘリコプターが投入された。警察の出動費用は2万ドル、隣近所へも被害が及んだ。
━━━━━━


『相互確証幻想』は、人間の集団(宗派・思想集団)が存在すれば、どこにでも発生しえる普遍的なものです。


「どこにでも発生しえる普遍的なもの」・・・この事実を踏まえた上で、前回までの復習をしておきます。
『相互確証幻想』に取り憑かれた人は、以下のような特徴をしめします。


(1):集団の考え方に反すると、脅迫あるいは実際に制裁が行われ、疎外感を抱くようになる。(異論への攻撃・制裁)

(2):「疑いようのない証拠」を否定し、「事実にはほとんど基づかないこと」を信じ続け、いかなる疑念も正当化することができる。(情報のオミット・虚偽の盲信・自己正当化)

(3):成員は「自分たちは優秀な人間であり、障害や妨害を容易に乗り越えらえる」と思い込み、自分の属している集団は「強くて」、「賢くて」、他の集団に比べ「大義があり」、さらに「無敵」とさえ考える。(優越意識・極度の楽観・無敵幻想

(4):集団内の圧力によって異論を唱えることが封じられる前に、自分からそのような意見を述べることを差し控える。結果、反対的な動向は表面にあらわれず、多くの成員は「皆が、この“やり方”に賛成している」と思い込み「表面上の意見」が一致する。(批判の自粛・表面上の支持拡大)

(5):成員は「自分たちは大義・正義の実現のために身を挺して行動しているのであり、そのためには多少の犠牲や非倫理的行為も許される」と考える。(大義の強調・倫理観の麻痺)

(6):外集団(敵対する集団)に対し不正確で否定的な認識を持つようになり、敵を、弱く、邪悪で、信頼を得られない愚かな存在だと見下すようになる。(敵に対する不正確な認識と見下すような思考)


『靖国参拝を支持している国が複数ある』
―→そのような国はありません。


『靖国参拝を批判しているのは中韓だけ』
―→他にも複数の国が明確な批判声明を出しています。


『靖国参拝支持するコメントをしてる外国閣僚が複数いる』
―→そのような人は居ません。


明日以降、なぜこの『相互確証幻想』が危険なのか、さらに突っ込んだ話をしたいと思います。


これに取り憑かれると「精神に異常をきたすために問題がある」・・・わけではないのです。
さらに保守運動体を破壊しかねない危険が内包されています。


明日に続きます。

もしよろしければ・・―→ にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ






posted by K_美樹 at 19:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 第三の敵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月27日

【保守活動講座2】第三の敵

昨日の続きになります。


私はかねてより、保守が戦うべき敵は、「国内の反日勢力(スパイ含む)」、「国外の反日勢力(主に中韓)」、そして、これら以外に『第三の敵』がいると思っています。
これから、その『第三の敵』について書いていきたいと思います。
これは、私がよく書いている「慢心」や「油断」のことではありません。


前回、保守層内に出回っているマスコミの偏向報道を指摘する画像に、恣意的な解釈や嘘が混じっていると書きました。


この画像を作成した方が、意図的にやったのか無意識のうちにそうなってしまったのかまではわかりませんが、このようなものが作成され、繰り返し拡散、リツイートされ、数十万人が確認していても誰も問題点を指摘しないということは、ある徴候をしめしています。


Len Fisher(元南オーストラリア大学准教授、英ブリストル大学研究員)教授が記した「The Perfect Swarm」という本の中に以下のような記述が出てきます。


私達たちの努力を、何にもましていつも危うくしている人間特有の問題の一つがある。それがグループシンクである。グループシンクとは、集団内の社会的圧力によって、そのメンバーが「自己欺瞞、強制的な合意形成、集団の価値観や倫理観への順応などによって特徴づけられる思考のパターン」に押しやられる現象のことだ。

グループシンクに巻き込まれると、集団のメンバーは共通の立場に立つことに同意し、どんなときにもそれに執着するようになる
その結果、頭が変になってしまう(MAD)ことだってある。

MADとは、Mutually Assured Delusion(相互確証幻想)の略で、メンバーが「集団の外にいる人からすれば疑いようのない証拠」を否定し、事実にはほとんど(あるいはまったく)基づかないことを信じ続け、「集合的な形をとった過信と意図的な盲信に陥った」状態のことである。=中略=

バーナード・マドフが仕組んだ詐欺事件という例もある。
この巨額詐欺事件の被害総額は500億ドル(5〜6兆円)とも言われているが、それでも投資家たちは、マドフは自分勝手な理由ではなく投資家の利益のために不正をしたにちがいないと信じることで、自らを欺いた

またサブプライム・ローン問題を招いた金融機関の活動もその例に数えられるだろう。
この場合は、住宅価格は際限なく上昇し続けるので、このローンがはらんでいる危険も最終的には解決される

――住宅ローンが返済できなくなっても、担保価値が上がっているので、さらに借金をすることができ、破綻することはない――

と、誰もが自分を納得させていた
イェール大学の心理学者アーヴィング・ジャニス(カリフォルニア大学名誉教授)が、1972年にグループシンクという言葉を考え出したとき、その主な特徴は次のようなものだと述べた。

1、画一性への圧力――集団の考え方や決定事項に反すると、脅迫あるいは実際に制裁などが行われ、疎外感を抱くようになる。

2、集団内での閉じた思考――これによって、いかなる疑念も合理化(事実と異なる理由で隠蔽・正当化すること)できるようになる。

3、集団の過大評価――自分の属している集団は強くて、賢くて、他の集団に比べ道義的に勝っていて、さらに不滅とさえ考える。


Len Fisher教授によりますと、


『集団内において、メンバーが「“自己欺瞞”、“強制的合意”、“集団の倫理観への順応”などによって特徴づけられる特殊な思考パターン」に押しやられる現象がある』


とのことです。
これに巻き込まれると、集団内部者は、


『自ら共通の立場に立つことに同意し、どんな時も、そのスタンスに執着するようになり“頭がおかしくなる”』


とのことです。
言い換えますと、この現象に巻き込まれた人物は、


『“疑いようのない証拠”を否定し、事実にはほとんど(あるいはまったく)基づかないことを信じ続け、過信と盲信に陥った異常精神状態に追い込まれる』(相互確証幻想


とのことです・・・。
この一連の概念は、Irving Janis(社会心理学者,カリフォルニア大学名誉教授)により提唱され、その後、急速に研究が進みました。
Len Fisher教授は、その症状について、わかりやすいように簡略化して三項にまとめていますが、実際にはもう少し複雑な概念です。
人間が『相互確証幻想』に取り憑かれますと、主に以下のような症状があらわれます。


(1):集団の考え方に反すると、脅迫あるいは実際に制裁が行われ、疎外感を抱くようになる。(異論への攻撃・制裁)

(2):「疑いようのない証拠」を否定し、「事実にはほとんど基づかないこと」を信じ続け、いかなる疑念も正当化することができる。(情報のオミット・虚偽の盲信・自己正当化)

(3):成員は「自分たちは優秀な人間であり、障害や妨害を容易に乗り越えらえる」と思い込み、自分の属している集団は「強くて」、「賢くて」、他の集団に比べ「大義があり」、さらに「無敵」とさえ考える。(優越意識・極度の楽観・無敵幻想

(4):集団内の圧力によって異論を唱えることが封じられる前に、自分からそのような意見を述べることを差し控える。結果、反対的な動向は表面にあらわれず、多くの成員は「皆が、この“やり方”に賛成している」と思い込み「表面上の意見」が一致する。(批判の自粛・表面上の支持拡大)

(5):成員は「自分たちは大義・正義の実現のために身を挺して行動しているのであり、そのためには多少の犠牲や非倫理的行為も許される」と考える。(大義の強調・倫理観の麻痺)

(6):外集団(敵対する集団)に対し不正確で否定的な認識を持つようになり、敵を、弱く、邪悪で、信頼を得られない愚かな存在だと見下すようになる。(敵に対する不正確な認識と見下すような思考)


ネット保守に長く触れている方であれば、以下のようなキーワードに対し、いくつか思い当たる経験があったり、実際に遭遇したことがあるのではないでしょうか?


『異論への攻撃・制裁』
『情報のオミット・虚偽の盲信・自己正当化』
『優越意識・極度の楽観・無敵幻想』
『批判の自粛・表面上の支持拡大』
『大義の強調・倫理観の麻痺』
『敵に対する不正確な認識と見下すような思考』


ちなみに、私は日常生活において「かなりの保守派である」と、よく言われますし、当ブログの記事も保守的視点から書かれているはずですが、保守の過激化を諌め、保守に対してネガティブなニュースを発信する当ブログは、すでに在日スパイ認定をうけた過去があり、複数回の「制裁」・・・つまり(1)が行われました。


*        *        *


今回の記事で『相互確証幻想』について触れました、このような現象が起こるというだけで十分に問題であると思われますが、私はこれだけが問題であると言いたいわけではありません。


この現象には、さらに大きな問題が内包されています。
明日以降、それについて考えていきたいと思います。

もしよろしければ・・―→ にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ




posted by K_美樹 at 19:48| Comment(7) | TrackBack(0) | 第三の敵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月26日

【保守活動講座1】靖国参拝を支持している国?

書くべきかどうか悩みましたが書くことにします。
安倍首相の靖国参拝以降、以下のような画像がTwitter上に流れているのが目につきます。


koritu.jpg


非常に人気のある画像のようで、テレビなどのマスコミで靖国参拝批判の報道がでると定期的に拡散されているようです。
実は、この画像、少し問題があるような気がします。


まず、上記画像を見てみますと靖国参拝を支持している国が複数あるような印象をうけますが、安倍首相の参拝以降、そのような声明を出している国は実際には一つもありません。
支持している外国閣僚も確認できていません。


また、中国・韓国・北朝鮮を除いた国としては、台湾、シンガポール、ロシアの3ヶ国は明確に批判しています。
この3ヶ国は、安倍首相の参拝以降、おりにふれて複数回、非難する声明を出しており、かなり強硬です。
EU、パキスタン、アメリカ、国連も消極的ながら批判しています。


また、インド、ベトナム、ドイツの声明も中立とはいえず、ややネガティブな印象を受けます。
そもそも、完全に中立なのであれば、黙っていればいいわけですし「話し合って解決しろ」というようなことをわざわざ言う必要はありません。


上記のソースは、すべて下記URLに記してあります。

[靖国参拝、各国の反応の総まとめ]
http://3gensoku.seesaa.net/article/384761765.html


*        *        *


以下、私が、今回しらべた内容で気になったもの、記録しておきたいものを記しておきます。


問題の画像では、インドが靖国参拝を支持と書かれていますが、そのような事実はありません。
むしろ、ややネガティブな談話が出ています。


タイも参拝支持になっていますが、そのような話はありません。


ベトナムが「我々は中国や韓国のような卑怯な外交手法をとるつもりはない」と発言したとありますがソースがよくわかりません(調べてみましたが発見できませんでした)。
産経によりますと、ベトナムが靖国参拝に対して声明を出したのは「今回が初めて」とのことですのでデマの可能性が高いです。


ベトナムは、今回、態度を明確にしていませんが「日本政府の説明を聞いた」と前置きしたうえで「日本が〜〜問題を適切に処理することを希望する」との声明を出しており、ネガティブな印象を受けます。
上にも書きましたが、完全に中立ならば黙っていればいいですので。


上記画像には、カンボジアのフンセン首相が「戦没者の霊を弔うことは当然のこと」というコメントしたと書かれています。
これに関して、ソースがよくわかりませんでしたので調べたところ12年前に、どうやらそんな感じのことをおっしゃっているようです、共同通信が報じていたようです。
事実ではあるようですが、かなり古い話ですね。


マレーシアの外相が「過去は過去である」と発言したとありますが、これもソースがわかりません。
調べてみましたが発言者の名前もわかりませんのでどうにも・・。
ただマレーシアの過去の発言をみるかぎり、あまり好意的ではなく、デマの可能性高いと思われます。


−マレーシア− (2001)
オン・カティン 住宅・地方自治相
「私は首相の靖国神社参拝への抗議の意思を表明する先頭に立ちたい」 (しんぶん赤旗 2001年8月17日)

−マレーシア−(2005)
マハティール・ビン・モハマド 前首相
「死者を弔うのはどこでもできる。近隣国の不安をかきたてない方法があるはずだ。過去の首相は慎重だった」 (朝日新聞 2005年8月3日)

−マレーシア− (2006)
アブドラ・バダウィ 首相
「日本と近隣諸国が、間に横たわる障害を取り除かなければ、地域の平和と協力が影響を受ける」 (朝日新聞 2006年5月23日)


シンガポールの「靖国問題も中国が心理的なプレッシャーをかけているだけ」というのは、初代首相のリー・クアンユーさんが言っているだけであり、第二代首相のゴー・チョク・トンさん、第三代首相(現首相)のリー・シェンロンさんは痛烈に参拝を批判しています。
また、この文章は後半部分がカットされています。


この文章の後半には
「靖国問題は中国が心理的なプレッシャーをかけているだけで、日中友好の底流は変わらない
というような繋がる文言があり、「日中友好の底流」が変わったと思われる現在では、前半部分を持ち出してくることに意味があるのか疑問です。


インドネシア、ソロモン諸島、パラオの発言はおそらくは事実です。
多くのログが引っかかります。
ただ、すべて9年以上前・・・2005年以前の発言ですので元ソースは参照できないものが多いです。


台湾の李登輝元総統の発言は事実です。
ただ、現在の台湾は強固な参拝反対派であり(親日といわれる野党までも参拝を批判しています)、李登輝さんが総統を務めていたのは14年前です。
これを現在の状況を語る画像にもってくるのはどうなのかな? とは思います。
例えば、仮に村山元首相が「尖閣は間違いなく中国の領土だ」と発言したとしても、到底、国家・民意の代弁をしていることにはなりません。


ちなみにオーストラリアは、過去に靖国参拝を批判していますので(アレキサンダー・ダウナー外相、ソース元はThe Australian)、十数年も前のコメントをもってくるのであれば、こういったものも載せなければ偏向になってしまいます。


*        *        *


長々と書いてしまいましたが、要するに上記の画像は、マスコミの偏向報道を指摘する意図で拡散されていますが、かなり恣意的な内容が含まれており、一部、明確な嘘が含まれています。


繰り返し何度も拡散されているということは、誰も指摘する人がいないのでしょう・・。
リツイートを繰り返し、数十万人が見ていると思われますが誰も指摘していない状態です。


なぜ、このようなことを書くのか・・・私が、いい子ぶって、善人を気どり、保守勢力の足を引っ張りたいわけではありません、これを知ることが日本の勝利につながると確信をもっているので書いています。


実は、現在の保守には大きな問題が発生しようとしているのではないかと思っています。
これは私がよく書いている「慢心」や「油断」のことではありません。


以前から、ときどき書いているのですが、私は保守が戦うべき敵は、「国内の反日勢力(スパイ含む)」、「国外の反日勢力(主に中韓)」、そして、これら以外に『第三の敵』がいると思っています。


明日以降、そのことについて複数回にわけて記していきたいと思います。


ここまで読んで、私を反日スパイと認定、排除しようと思った方、せめてあと3日待ってください。
私は、ただ、ただ、「勝ち」たいという思い、日本を守りたいという思いで、命を削りながら書いています。
せめて、あと3日読んで下さい。

もしよろしければ・・―→ にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ




posted by K_美樹 at 20:09| Comment(10) | TrackBack(0) | 第三の敵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。