2014年02月06日

田母神さんの出口調査いろいろ

週刊朝日が、期日前投票の各マスコミの出口調査を収集しているそうです。
ちょっと見てみましょう。。


 投開票を9日に控えた都知事選。
細川陣営は正念場を迎えている。

本誌は報道4社の世論調査、期日前投票の出口調査の結果を入手。
依然として1位の舛添要一氏(65)に細川氏は大差をつけられていた。

例えば
A新聞では舛添45%、宇都宮18、細川17、田母神14。
B新聞では舛添26、細川13、宇都宮7、田母神6。
C通信は舛添37、細川16、宇都宮14、田母神7。
テレビ局Dは舛添39、細川17、宇都宮10、田母神7。

=以下略=

http://news.nifty.com/cs/domestic/governmentdetail/dot-20140205-2014020500005/1.htm


ちなみに一昨日、紹介した“東スポ”の出口調査は以下の通りでした(数字は不明)。
『1位:舛添要一氏、2位:田母神俊雄氏、3位:細川護熙』


田母神さん、苦戦されていますね。
出口調査ならば、もう少し上位にいっているものもあると思うのですが・・。
若い方は記事前投票とか行かないのかな?
そもそも期日前投票を知らなかったり。。


ちなみに、この数字はあてになるのでしょうか(^^;
実は過去(2/1)に現代ビジネスでも各マスコミの情勢調査(非公式)を記事にしていますが、その数字が以下になります。


【東京新聞】(1月23〜24日実施)舛添要一25.8%、細川護煕13.3%、宇都宮健児6.9%
【産経新聞】(同)舛添36.7%、細川16.3%、宇都宮13.8%
【日本経済新聞】(同)舛添39%、細川17%、宇都宮10%
【朝日新聞】(同)舛添38%、細川16%、宇都宮15%
【読売新聞】(25〜26日実施)舛添45%、宇都宮18%、細川17%


A新聞」って【読売新聞】と数字が同じですよね・・。
テレビ局D」は、【日本経済新聞】と数字が同じです。。
【産経新聞】の数字の小数点以下を四捨五入すると「C通信」の数字と同じになります。
【東京新聞】の数字の小数点以下を四捨五入すると、「B新聞」と同じになります。


新聞は一致してもおかしくありませんが、テレビ局と日経新聞、通信社と産経新聞が一致する(ような感じになる)のは変な気がします。
週刊朝日は、現代ビジネスの記事を読んで、適当に数字を拝借したのでは・・・と思ったり(^^;


*        *        *


当サイトでは、日本の健全な発展のために20〜40代の若い世代の投票率の向上が必要と考えています。


ここを見ている若い方々は、だれに投票してもいいですので投票所に出向いていただけると幸いです m(_ _)m


投票日は、2月9日(日)、午前7時から午後8時までです。
(奥多摩町および新島村のみ午後6時まで)

期日前投票もやっています。
下記URLで期日前投票所と時間を見ることができます。
http://www.h26tochijisen.metro.tokyo.jp/earlyvoting/

意外と知られていないのかもしれませんが、投票所入場券(はがき)を紛失したとして普通に投票できます。

==============================
投票所入場券が届かないときや、失くしたときはどうすればよいのでしょうか?

A3
投票所入場券は、選挙があることを有権者へお知らせすることと、投票所での本人であることの確認をスムーズに行うためのものです。
投票所入場券がなくても選挙人名簿に登録されている本人であることの確認ができれば、投票できますので、投票所で受付の係員に申し出てください。
http://www.h26tochijisen.metro.tokyo.jp/faq/
==============================



もしよろしければ・・―→ にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ





posted by K_美樹 at 20:09| Comment(4) | TrackBack(0) | 都知事選(2014) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月05日

未来を創りましょう



BfmeJyVCYAIsstD.jpg



オフラインの友人・知人に誰に投票するのか、さりげなく聞いてみましたが舛添さん強いですね・・・orz
あと、細川さんも意外と多かったです。


うーーん、ここを見ている皆さま、投票にいきましょう。。


*        *        *


以下は、東京の年代別の投票比率のグラフです。
(2012年12月、猪瀬知事当選時)

Bflgn3lCMAAnnoa.jpg
      http://www.huffingtonpost.jp/2014/01/28/younger-can-change-tokyo_n_4679154.html


これを見て思うことは、東京は20〜40代がすごく多い都市なのですね。。
それなのに20代は半数以上が投票していませんし、30代も半数近く、40代でも3割前後の方が投票していない状態です。


これはもったいない状態です。
その気になれば未来を創れるかもしれないのに・・。
『多数派』なのですから。。


とういわけで、若い方は、誰々に投票してほしいとまでは言いませんので投票にいきましょう。
日本において望みを達成するのはこれしかないのですから。


投票日は、2月9日(日)、午前7時から午後8時までです。
(奥多摩町および新島村のみ午後6時まで)


期日前投票もやっています。
下記URLで期日前投票所と時間を見ることができます。
http://www.h26tochijisen.metro.tokyo.jp/earlyvoting/


意外と知られていないのかもしれませんが、投票所入場券(はがき)を紛失したとして普通に投票できます。

==============================
投票所入場券が届かないときや、失くしたときはどうすればよいのでしょうか?

A3
投票所入場券は、選挙があることを有権者へお知らせすることと、投票所での本人であることの確認をスムーズに行うためのものです。
投票所入場券がなくても選挙人名簿に登録されている本人であることの確認ができれば、投票できますので、投票所で受付の係員に申し出てください。
http://www.h26tochijisen.metro.tokyo.jp/faq/
==============================


若年層の投票率をあげるような活動も日常的にしたほうがいいのかもしれませんね。


インターネット投票が導入されれば一気にかわるのかもしれませんが・・・しばらくは無理なのでしょうね。。
現在の政治家にはメリットが無さそうですし。


国としてインターネット投票を実施しているのはエストニアだけだそうです。
IT大国(らしい)の韓国でも導入されていないそうです。


もしよろしければ・・―→ にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ



posted by K_美樹 at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 都知事選(2014) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月04日

田母神さんの支持率まとめ

ところで、今回の都知事選、紙媒体の世論調査で田母神さんの支持率が公表されません(でした)。
ネット調査ならば、たくさんあるのですが・・。


どうしてなのかな? と思い調べてみたところ、Yahoo知恵袋に
「田母神さんの支持率が新聞とかで出てないのですが、 どうしてですか?」
というQ&Aを見つけました。


皆さん、いろいろと分析されていますが、それはさておき(URLを記しておきますので興味がある方はどうぞ)、大手新聞社の候補者支持率一覧がのっていましたので拝借いたします。


大手新聞は協定を組んで田母神を無視する作戦だと思いますよ。
自民党独自調査(非公表)では舛添先行で、田母神、細川、宇都宮が横一線だが、細川、宇都宮は伸び悩みだしていて、田母神はおい上げだしているそうです。

一社だけ東スポでは2位になっています。(もはや朝日や日経より信頼できる)
【東スポ独自調査】
不在者投票の出口調査
1位舛添要一氏、2位田母神俊雄氏、3位細川護熙


【東京新聞】(1月23〜24日実施)
舛添要一25.8%、細川護煕13.3%、宇都宮健児6.9%

【産経新聞】(同)
舛添36.7%、細川16.3%、宇都宮13.8%

【日本経済新聞】(同)
舛添39%、細川17%、宇都宮10%

【朝日新聞】(同)
舛添38%、細川16%、宇都宮15%

【読売新聞】(25〜26日実施)
舛添45%、細川17%、宇都宮18%

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11120389441


舛添さん、強いですね・・。
とくに読売の調査では45%と圧倒的です。
(ちなみに調べてみましたが、上の数字はすべて正しいです)


東スポだけ、田母神さんが2位という異質の結果になっています(^^;
事実だといいなぁ。。


ちなみに、上記を書いた方は、

『大手新聞は協定を組んで田母神を無視する作戦だと思いますよ。』

と主張されていますが、読売は多母神さんを大きな顔写真入りで紹介・報道しています。
大きな顔写真を入れたのは、舛添さん、細川さん、宇都宮さん、田母神さんの4人だけでしたので、むしろ意外でした。
泡沫扱いするかと思っていたので・・。


*        *        *


ネット上の調査についても興味がわきましたので調べてみました。
記録しておきます。


【ラジオNIKKEI】(1/17)
「田母神→75.64%」「舛添→9.93%」「細川→6.17%」
(二重投票できない仕組みだそうです)
http://yukan-news.ameba.jp/20140117-218/


【日経新聞クイックVote】(1/18)
「舛添→47.3%」「田母神→24.4%」「細川→17.5%」
http://military38.com/archives/35784478.html


【日刊スポーツ】(1/20)
「田母神→約66%」「舛添→約11%」「細川→約11%」
(都民のみを対象にしたものです)
http://www.nikkansports.com/general/news/p-gn-tp3-20140120-1246425.html


他にも色々とあるのですが、人気ブログランキングなどで行われているアンケートは、大規模であったとしても載せる意味があるのか悩みましたので省きました。


ネット調査であっても、必ずしも田母神さんが圧倒的というわけではないようです。


具体的な数字がわかりませんでしたので、上記には含めませんでしたがニコニコ動画風船アンケートでも田母神さんは舛添・細川両氏に負けていました。
http://www.watch2chan.com/archives/36562634.html


やはり厳しいのでしょうか・・。
頑張って欲しいものです。。


もしよろしければ・・―→ にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ



posted by K_美樹 at 19:49| Comment(8) | TrackBack(0) | 都知事選(2014) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月03日

田母神さんの得票率予想

東京都では都知事選の話題で盛り上がっているようですね。
ちなみに投票日は2月9日、午前7時から午後8時までです。
(奥多摩町および新島村のみ午後6時まで)


期日前投票もやっています。
下記URLで期日前投票所と時間を見ることができます。
http://www.h26tochijisen.metro.tokyo.jp/earlyvoting/


保守層の皆さんは、是非、投票に行きましょう(^^)
とくに若い方、投票しなければ日本はかわりませんよー。


*        *        *


ちなみに、私は、もちろん田母神さんを応援していますが、友人知人と話してみた感じでは難しいのでしょうか・・。
普段、気の合う自民支持の方々は、舛添さんに投票するという方が多かったです。
自民党が舛添さんの支援にまわってしまいましたからね。。


田母神さんの支持率を知りたいと思い、ざっと調べてみたのですが紙媒体での田母神さんの支持率がわかりません。
(ネットの調査はたくさんあるのですが・・)


しょうがありませんので、昨日のニュースで、産経新聞が、前回、猪瀬さんに投票した434万票は、今回だれに流れるのかを調査・発表していますので、ここから無理矢理、推測してみましょう。。


猪瀬氏の434万票、半数以上が舛添氏か 世論調査分析

 前回の東京都知事選で、国内選挙の個人得票としては史上最多の約434万票を獲得した前知事の猪瀬直樹氏(67)。その票が誰に流れるかを終盤の世論調査結果から分析した。投票予定先と前回選の投票先を比べると、

前回、猪瀬氏に投票したと答えた人のうち、
55・8%が今回は舛添要一氏に投票すると回答、
細川護煕氏には13・7%、
田母神俊雄氏には6・5%、
宇都宮健児氏には4・7%
だった。

序盤調査では猪瀬氏に投票した人のうち、舛添氏に投票すると答えたのが46・2%だったことから、舛添氏が猪瀬氏の支持層に浸透しているといえる。

 一方、宇都宮氏は前回選にも立候補したが、
前回宇都宮氏に入れた人のうち、
今回も投票するとしたのは55・7%。
18・2%が細川氏、
14・8%が舛添氏に投票する
と答えており、

脱原発を掲げた細川氏に支持が流れたかたちだ。

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140202/elc14020223040013-n1.htm


猪瀬さんは、前回の得票数が約434万で、得票率は65.27%。
前回の2位は宇都宮さんで得票数が約97万で、得票率14.58%。
この2人で全票数の、ほぼ80%を独占しています。
http://ja.wikipedia.org/wiki/2012%E5%B9%B4%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%83%BD%E7%9F%A5%E4%BA%8B%E9%81%B8%E6%8C%99


都知事選の過去の投票率を見てみますと、過去30年にわたって平均55%あたりをうろうろとしており大幅な変動はないと思われます。
http://www.city.meguro.tokyo.jp/gyosei/senkyo/kiroku.files/tiji-gurafu.PDF


特に前回の投票率は62.51%で、1979年以降で最高の投票率でした。
この投票率をさらに大幅に超えるということは考え難いように思います。
そうしますと前回の80%が、どのように流れるかで、結果の大まかな予測がつくと思われます。
計算してみますと・・。


舛添  →242.172(猪瀬分)+14.1426(宇都宮分)=256.3146万票
細川  →59.458(猪瀬分)+17.654(宇都宮分)=77.112万票
宇都宮 →20.398(猪瀬分)+54.029(宇都宮分)=74.427万票
田母神 →28.21(猪瀬分)+11.446(宇都宮分)=39.656万票


(前回の宇都宮さんの票からの田母神さんへの移行率が載っていませんので、総数から「舛添さん」「細川さん」「宇都宮さん」への支持率分を差し引いた11.3%が田母神さんへ投票すると仮定して計算しています)


百分率を出そうかと思いましたが止めました。。
舛添さんの圧勝です。
やはり猪瀬票が取れないのは痛いです・・。


まぁ・・・こんなのは“お遊び”です(^^;
舛添さんには金銭スキャンダルがでているようですし、細川さんも小泉さんばかり話題になっており伸び悩んでいるようです。
これからに期待いたします。。


もしよろしければ・・―→ にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ



posted by K_美樹 at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 都知事選(2014) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。