2014年02月02日

戦略的に戦う

かなり前のことですが、このブログを訪れた方が、
「保守主義者は率直でひたむき過ぎるところがある」
と話しておられたのが印象に残っています。。
私もネットなどを見ていてそう感じることがあります。
保守主義者は、なぜか崩し技を使わない・・。


日本人の大和魂的な精神のようなものなのでしょうか。
正面から倒したい、敵を叩き潰したい・・・そんな感覚を覚えます。


ただ、現実問題として、こちらが圧倒的な優位をたもってる場合でもないかぎり、こういうことは難しいのではないかと思います。
ちょっと前に日露戦争の情報工作戦の記事を書きましたが、日露戦争において、


『相手が来るならばこちらも叩くだけのこと、目には目をだ!!』
『戦う前から終戦工作をするなど負け犬がすることだ!!』


このような発想でいたとしたらば、現在、日本国は消滅していたでしょう・・。


卑怯なことをする、というのは長期的に見てマイナスにはたらきますので避けるべきですが、保守勢力にはある種の「うまさ」・・・柔軟性が必要なのだと思っています、保守勢力が圧倒的優位な状態とは思えませんし。。


*        *        *


保守勢力は、なぜか相手を正面から攻撃したがります。
これは、ある種の“格好よさ”がありますが、「勝ち」を最優先に考えるのであれば、あまり賢い方法とはいえません。
以下は戦略論の一般的な基本とされるものになります。



『物理的には、もっとも抵抗が弱い部分を攻撃する』

『心理的には、敵の最小予想コースを選択する』

『上記をふまえ「敵が予想できたとしても対策し難い部分」を攻撃する』

『リスクに見合ったリターンがある戦略を採用する』



しかし、なぜか、もっとも予想しやすく、抵抗が強い部分を攻撃、突破しようとする傾向があります。


敵が予想・対策をしやすく(裁判・扇動)、反発が大きいコース(法律・倫理・人権)を進軍しようとします。


どうしても勝ちたいのであるならば、こういう行為は避けるのが戦略においては正しいはずです。


『リスクをとらなければ成果は得られない!!』


はたしてそうでしょうか?


*        *        *


社会運動研究の第一人者Sidney G. Tarrow博士(コーネル大学社会学部教授)の著書にセルビアの独裁者スロボダン・ミロシェビッチ大統領と民衆との戦いの様子が記されています。


ミロシェビッチ大統領とはどのような人物だったのでしょうか?


ミロシェビッチが政治的に攻撃されることがなかったのは、
軍隊とメディアを支配しているからだった=中略=

非情なまでの狡猾さ、報道機関に対する統制の継続、
ミロシェビッチを支持する残存した旧共産党の機関のために、
1996年11月まではかれの権力は安泰であるかに見えた。


当時、ミロシェビッチは「軍隊」と「メディア」を支配しており、法律までねじまげるような人物でした。
当時のセルビアの統制・隠蔽は、現在の日本など比較にはならなかったはずです。


このような状況下でありながら、民衆は徹底的に平和的な手法で対抗します。


警察が、通常の歩行者だけがベオグラードの繁華街の通りを利用するようにと要求したときには、何千もの人々がペットの散歩や仕事中のようなふりをして現れた。

国家に統制されたメディアが抗議を報道するのを拒否したときには、笛を吹き鳴らした行進がその本社を毎夜列になって通り過ぎ、それが国際的なメディアに報道された。

大晦日の晩が来ると、30万人のデモ参加者は抗議を街頭パーティーへと変えた。
美人コンテストの優勝者が選ばれたときには、その優勝者は、デモ隊と向き合っている警官の一人を「一番かわいい警官」と名づけ、花束をその警官に手渡した。

何千もの市民が、寒い中を行進したり、笑ったり歌ったりした。
そうした毎夜の壮観がなかったならば、世界はおそらくセルビアをなるがままにまかせただろう。=中略=

暴力は人々に強い印象を与えるが、運動の編成に厳しい制約をもたらす。
なぜなら暴力は、運動への共鳴者を制約し脅かして追っ払ってしまうことになるからだ。=中略=

暴力が生じるか生じそうになるだけでも、それは当局に抑圧のお墨付きを与え、非暴力的な共鳴者は遠ざかってしまう。

そうしたことがおこると、近代においては勝利することが事実上不可能な、当局との軍事的対決という悪循環に組織者は陥る

民主主義国家で現代的レパートリー(共同行為の手法)の定番として発達してきた汎用的な集合行為形態の事実上すべてが、非暴力的なものであるのは以上のような理由からだろう。


1997年2月13日、独裁体制は崩壊します・・・。(参考)


『何千もの市民が、行進したり、笑ったり歌ったりした』
『暴力が生じそうになるだけでも、当局に抑圧のお墨付きを与え、非暴力的な共鳴者は遠ざかってしまう。』


Sidney G. Tarrow博士は、「勝つ」ための一つの答を提示しています。


もしよろしければ・・―→ にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ





posted by K_美樹 at 21:01| Comment(3) | TrackBack(0) | 運動の理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月11日

大国の意向で世界は動く

中国防空識別圏問題そして安倍首相の靖国参拝について、ネットやTwitterを見て回っていて、ときどき「WTO違反だから〜〜」とか「国際法が〜〜」とか「国際世論が〜〜」という論法で、結論として、もし戦わば日本は中国に圧勝する・・・という論評を見ます。。


こういう視点は、あまり当てにしないほうがいいのではないかな? と個人的には思っています。
(当たっている部分もあるとは思いますが・・)


歴史学者の加来耕三さんの本に、プロシア宰相オットー=フォン=ビスマルクが、日本の使節団(岩倉、木戸、大久保、伊藤)に対し、儀礼的なレセプションの後、別室にて個別に吐露した言葉が載っています。
引用してみましょう。。


あの、いわゆる公法(国際法)というのは、
列強の権利を保全する不変の道とはいうものの、
大国が利を争う場合、もし自国に利ありとみれば
公法に固執するけども、いったん不利となれば、

一転、兵威をもってするのである。だから、公法は
つねにこれを守らねばならないというものではないのだ。


確かに過去を見てもアメリカもロシアも中国も国際法などしょっちゅう破っています。


「国際公法には限界があり、強国はつねに自己の都合によっては、それを破る。 大国の“黒を白といいくるめ、相手を凌侮したりする政略”にあえば、ほとんど自主の権を保持することはできないのが常なのだ。」と加来さんは述べておられます。


ビスマルクは、以下のように続けます。


こうしたこと(強国の論理)に慷慨し、国力を振り興し、

対等の権をもって外交のできる国にしたいと愛国心を奮って

励むこと数十年、近年にいたって、ついにわが国は、

わずかにその望みを達成することができたのである。


国際社会の厳しさを知った日本の指導者は、列強への道を目指すことになります・・。


ビスマルクの本心がどうであったのかはわかりませんが、大久保利通は深く感銘を受け、ビスマルクは最大の人格者だと述べ、その感動を手紙にて西郷隆盛に書き送っています。
伊藤博文も「われ、東洋のビスマクルたらん」と自ら吹聴して回ったそうです。。


その後、伊藤博文は、生きて日露戦争の勝利を見届けることになります。
伊藤博文いわく「おのれの存生中に、かかる好成績を挙げ得ようとは予期しなかった」。


興味深いのは、当時の日本国民の態度です。
伊藤博文は以下のように嘆いています。


それにつけても寒心に堪えないのは、日本国民の態度だ。

国民として愛国心なく、自重心なきものは、もとより論ずるに足らずといえども、いわゆる小成に安んじて遠大の志望を欠き、大和民族なるものは、人類盛衰の原則以外に立っている一種特別の人種のごとく心得=中略=

いにしえより驕る者は久しからずとは、ただ個人についてのみならず、国家に対しても、また動かすべからざる真理である。

史(歴史)をひもといて盛衰の跡を見るに、国家の滅びるのは、他がこれを滅ぼすのではなく、概ね自らこれを滅ぼすものだ。


伊藤博文の不安が的中したかどうかはわかりませんが、のちに日本は世界大戦という危機を迎えます。


当サイトは、「油断」と「慢心」を常々戒めていますが、日本に対して少しでも不利なことを書くと在日認定され、恫喝のメールが来ることがあり、少し不安になってしまいます・・・。
日本は完全無欠の一種特別の無敵国家でなければならないのでしょうか。。
(そんなに不利なことも書いていないと思うのですが・・)


それはさておき、もう一つだけ記録しておきます。


フセイン大統領の敗因も、つまるところ、国力=経済力、軍事力と国際情勢の読み違いにあったといえる。=中略=

旧ソ連の特使としてイラクを何度か訪問したプリマコフ氏によると、フセイン大統領は開戦直前に、「自分にとって意外であったことが三つある」と、もらしたという。

1、アメリカの迅速かつ大規模な軍事力の派遣
2、アラブ諸国の親米的態度
3、ソ連のアメリカ追随

この裏を返せば、フセイン大統領の画策した戦略とはいかなるものであったか、おおむね明らかとなる。

冷戦構造下、パレスチナ問題で反イスラエルの立場を共有した中東アラブ諸国は、その背後にあるアメリカに、当然のことながら反感を抱いていた。
イラクがクウェートを軍事侵略しても、“アラブの大義”を掲げれば、エジプトやシリアはイラクやフセイン体制を非難しつつも、宗教上の道義的参戦、悪くてもアメリカには非協力、中立的立場をとるものとフセイン大統領は予想した。

さらに最大の頼みが旧ソ連であった。
先にみたベトナム戦争による支援を、フセイン大統領も期待していたのだろう。
なるほど、イラクと旧ソ連の“よしみ”は予想以上に深い。
アメリカがイランのパーレビ王制を支援したのに対抗して、ソ連はイラクに大量の兵器・弾薬を輸出、軍事顧問団まで派遣した。
イラクはウムカースル港を、ソ連海軍に基地として提供している。
当時のソ連は、インド洋を遊弋しつつ、多く面でイラクの保護者をもって任じてきた。

クウェート侵略時においてすら、イラクを中東の橋頭堡とするソ連軍事顧問団は、3000人余をイラク国内に残留させている。
フセイン大統領とすれば、明確なイラク支援とまではいかずとも、平和的解決を親イラクの立場にたって、国連の場で提唱し、イラクに時間的猶予を与えるくらいのことはしてくれるに相違ないと思っていたのだろう。
だが、こうした目算はものの見事にハズレてしまった。

「意外だった」

フセイン大統領と同様に、冷静な国力計算(大国の意向で動く)をあやまり、茫然自失した敗軍の将は歴史上の少なくない。


現代において大国とはアメリカと中国ですね、もちろん日本も入りますが。
今日のは特に何かを言いたい文章ではありません、ただのコラムです(^^;
私自身への戒めをこめて、おもむくままに記した次第です m(_ _)m


もしよろしければ・・―→ にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ



posted by K_美樹 at 21:12| Comment(6) | TrackBack(0) | 運動の理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月10日

良い軍隊を作る

韓国が「グレンデールにある慰安婦像を撤去させるな」という対抗署名を開始しました。
現在、80000筆以上集まっています。
これはおそらく、100000筆を達成するでしょう・・。


[韓国が「慰安婦像を撤去させるな」と対抗署名開始!]
http://news.ameba.jp/20140108-326/


驚くべきは、その達成速度です。
1月4日に開始されて6日で80000を超えています。


強い・・・軍(隊)です・・。
(実際の内情はわかりませんけどね(^^;)


        *        *        *


大戦略家クラウゼヴィッツは、以下のように述べています。



敵の抵抗力は、

今ある「物理的な手段の量」と「意思の強さ」

という切り離す事ができない二つの要因によって示される。

        *        *        *

戦争での疲弊とは、行動の継続によって

次第に「物理的力」と「意思」が

疲弊していくことと定義づけられる。



クラウゼヴィッツは、上記の2つのどちらかを殲滅すれば勝利できると考えていました。
当たり前ですね・・・抵抗する物理的な手段が無くなれば、戦いようがありません、「抵抗しようという精神力」が無くなれば、そもそも戦いを継続しようとは思いません・・。


プロパガンダという手法がありますが、現代においては非常に有効な手段です。
敵国国内にいる平和主義者の心をくすぐることで、抵抗主義から離反させ、「戦う精神力」を破壊することができます。


敵国国内にいる平和主義者に『もう疲れた、いがみ合うことで何が生まれるんだ!!』と言わせることができれば大勝利です。


それはさておき、もう一つ、クラウゼヴィッツの言葉を引用しておきます。



軍における精神の主要な力は

次の三つである。

将師の才能、

軍の武徳、

国民精神である。



クラウゼヴィッツによりますと、勝敗を左右する「戦う精神力」は、上記3つにより構成されるとのことです。


このうち、「将師の才能」は努力しにくい分野です。
安倍首相に頑張ってもらいましょう。
もしくは、愚かな政治家は落すようにしましょう。
新たな「才能」が出てくる確率が上がります。


3番目の「国民精神」というのも、個人レベルで具体的にどうするか? と問われますと困る分野です。
「軍」は国民から生まれるのですから、知力・体力・精神力の質の高い優秀な国民であれば優秀な「軍」が編成できますが、私が具体的にどうこう言える問題でもありません。
「日本国民、皆、よく学び、鍛えましょう!」としか言えません。


では「軍の武徳」はどうでしょう。
これは「軍」というとわかり難いですが、企業・会社と考えればわかりやすいです。


---------------------------------------------------------------------
今日の市民運動は多分に企業経営に似ており、
運動開始にあたっての事前調査が必要とされるのである。
決してやみくもに突っ走るのが、市民運動ではない。
(社会のなかの人間行動学)
---------------------------------------------------------------------


どういう会社であれば、一丸となって突き進むような精神力が生まれるのでしょうか・・。


        *        *        *


まとめてみます。。
現代の国家間闘争では、物理的な全面衝突というのは極めて少ないのですから、敵の「戦う精神力」を破壊するか、自国の「戦う精神力」を強くすることによって勝利への道が開けます。


「戦う精神力」は、努力しやすい要素としては「武徳」により決まります、ここでは「保守勢力の武徳」と言い換えてみます。
一丸となって戦える“徳”を持った保守勢力(会社)を目指すべきなのでしょう。


韓国の「軍」は、驚くべき「戦う精神力」を有しています。
冒頭で、署名活動の速度について書きましたが、日本が、やっとこさ達成した署名数を一週間弱で達成しようとしています。


ただ、韓国の「軍」は、強いように見えますが、あまり知性の方は高くないようです。
「他国(日本以外)の文化財を破壊する」
「“テキサス親父”さんを恫喝する」
など、自らの首を絞める自爆行為を行っています。


参考:[テキサス親父に殺害予告]
http://3gensoku.seesaa.net/article/382692883.html


日本も早急に、強く、良い「軍」を作らなければなりませんが、一般人には到底支持できないようなことを行っている方もいるようで悩ましいです・・。
知性、情報力、分析力、論理力、行動力などが一様に高い、強く良い「軍」を作らなければなりません。。


---------------------------------------------------------------------
現代社会においては、大規模な事業を行う場合には大衆の同意がかかせない。
したがって、その事業がいかに健全なものであっても、その良いイメージを
大衆の心に印象づけることができなければ失敗に終わる。
(宣伝広報学の父・Edward Louis Bernays博士)
---------------------------------------------------------------------


もしよろしければ・・―→ にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ



posted by K_美樹 at 21:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 運動の理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月05日

ヘイトスピーチやめろって風潮だけど

過去に何度か記事にしていますが、私はヘイトスピーチに対して反対の立場です。


保守系ニュースサイトを見ていて関連記事を見つけましたので、当サイトの趣旨にそって一部引用してみます。


4 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] : 2013/10/09(水) 10:01:41.37 ID:MiW3IYOq0
普通にデモしろよ
殺せだの叩きだせだのいってるから叩かれてんだろ


12 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] : 2013/10/09(水) 10:05:39.77 ID:SUMZXJjM0
向こうがやってるから同じことをやっていいって理論のやつもいるからな
むしろ、同じレベルまで自分貶めてどうするんだよと


17 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] : 2013/10/09(水) 10:09:47.20 ID:6IaKqF7y0
向こうが違法な行いをしてきたらそれについて司法の判断を仰げばいいわけで
報復として違法行為で返せば相手に訴えられて負けるのは当然のこと
そんな当たり前のことすらわかってない奴が日本人代表みたいな顔で愛国謳うのはやめてほしい


27 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] : 2013/10/09(水) 10:15:58.30 ID:bycNFetR0
「あいつらだってやってるじゃん!」

これでは韓国と同レベル
愛国心の履き違えもいい所


29 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] : 2013/10/09(水) 10:16:59.88 ID:MiW3IYOq0
あいつらの怖いのは無駄に規模がでかいことと
ただ暴れたい奴とカルト宗教みたいにハマってるやつとが混在してること
そのうちマジで人殺しとかしそうで怖いわ。そうなったらさすがに消えるだろうけど


30 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] : 2013/10/09(水) 10:17:12.44 ID:SiTGWyNL0
抑えたりスルーしたりしてきた結果が今の韓国の横暴なんですけどそれは

どっちみちどこかでなんらかの行動をおこさなかったら
ずるずる韓国に飲まれて行ってたんじゃないの
問題提起が出来たのはすごくいいことのはず


38 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] : 2013/10/09(水) 10:21:32.62 ID:7OdIZXd00
>>30
問題提起するなら正攻法で攻めないと支持は得られないだろ
こんなの問題を起こしてるだけだ


47 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] : 2013/10/09(水) 10:28:15.66 ID:waqTdzj/0
>>38
馬鹿はそのへんがわからないんだよ
とりあえず目立てば自分の価値を認めてもらえると思ってる
で、冷ややかな目を向けられたことに脂汗流しながら「周知が目的だし……」とつぶやく
数年前の韓国でものときもそうだった


51 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] : 2013/10/09(水) 10:31:58.61 ID:OxOt7R4M0
>>45
その拡散の仕方が間違ってるの
軍歌大音量で流しながら街宣車乗り回してるキチガイと一緒
もう主張以前の問題なの
傍から見たらただのキチガイ集団でしかないの
気付いて


56 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] : 2013/10/09(水) 10:36:21.73 ID:MiW3IYOq0
だから別に死ねだのなんだの口汚い言葉使わなきゃまだデモって感じするからそこだけ治してくれよ


[反韓ヘイトスピーチやめろって風潮だけど]
http://treasonnews.doorblog.jp/archives/35507882.html
http://vipra-happen.doorblog.jp/archives/32942230.html


ヘイトスピーチが、なぜ問題なのか・・・複数の根拠がありますが、私がよく書いている反対の理由の一つに法規制の問題があります。
――法規制の問題はヘイトスピーチだけではなく、過激化するすべての保守活動に言えることですが――


人間の脳内には、進化の過程で構築された論理モジュールという回路が先天的に存在し、一定のキーワードから自動的にネガティブな情動を引きおこすことが明らかになっています。
また、人間の本能には情動プライミングと呼ばれる自動プロセスが存在し、ネガティブな情動を引きこした概念から無意識のうちに回避行動をとることが実験により明らかになっています・・・“無意識のうちに”反発するのです。


また、この無意識の反発から自我が生み出され後天的な道徳観に成長していきます。
そして、人間には『自分を社会的にも道徳的にも優れた人物と思いたいし、他人からもそのように見られたい』という根源的な欲求が生まれます。
成熟した国家において、人は社会的に影響力のある行為をしようとする限り、社会的に広くみとめられた道徳観に沿った行為規範を選択せざるをえません。


人間は先天的にも後天的にも道徳には勝てないのです。
非道徳的なことを続けて行いますと人々は排除の方向に動きます。


        *        *        *


社会学の権威Joel・Best博士が記した「FLAVOR OF THE MONTH」という本があります。
この本の中でJoel・Best博士は、ブームが一過性に終わるか定着するかは「価値」と「制度化」によって決まると述べています。
(私は、これだけで決まるとは思っていません、いずれ書きたいと思います)


以下は、「FLAVOR OF THE MONTH」に記されている「取り返しのつかなくなってしまった制度化の実例」になります。


熟読していただけますと幸いです。


ヘイトクライム(憎悪による犯罪)という概念を考えてみればいい。

米国で1980年代初めごろに活動家たちが、人種的あるいは宗教的な偏見を動機とするこのような犯罪は、欲深さ、嫉妬など日常的で平凡な動機が絡む犯罪とは違う――そしてもっと重要なものとして扱われなければならないと論じはじめた。=中略=

ヘイトクライムを定義し、これに対する刑罰を定める法律を州と連邦政府が通しはじめた。
メディアがヘイトクライムのニュースを伝えはじめた。
ヘイトクライムについての調査をおこなうために資金を得ることが可能になった、などなど。

要するにヘイトクライムは米国の刑事司法のあり方にしっかり根を下ろし、その制度化された一部分となった――単なる束の間のファッド(ブーム)ではなく、法制度で起こった普及の例となったのだ。

制度化は重要だ。制度化によって、イノベーションのための長つづきするニッチ(適所、生態的地位)が確立されて、イノベーションが排除されにくくなるからである。=中略=

(恒常的な普及の一つの形は)そのイノベーションを棄てるのが制度的な仕組みのせいでむずかしくなっている場合だ。
たとえば、ひとたびヘイトクライム法ができ、そうした法律の正当性を確認する判決が下され、そうした法を執行するよう警察が訓練され、資金提供期間がヘイトクライムについての調査を支援するようになれば、こうした社会的仕組みによって、この新しい犯罪が長く占めつづける位置が社会の中に確立される。=中略=

ひとたびイノベーションが導入されるとその流れを逆転させるのが難しいのだ。
たとえば時として、変化を求める声が上がった結果、新しい法律が生まれることがあり、そうなるとその法律を廃止するのはむずかしい。

刑事司法に関連する例はほかにもたくさん見つかる。
ブートキャンプへの熱狂が広がって、そうした施設が多くの州で設立された。
再犯を減らすのに他の矯正法と同じくらいの有効性しかないという結果が評価研究で出たあともブートキャンプは維持された。

有効ではないという証拠がたっぷりあったにもかかわらずDAREプログラム(薬物乱用抵抗教育プログラム)がどのようにつづいたかはすでに第5章で見た。=中略=

政治家は人気のある厳しい措置には喜んで票を入れるが、刑罰をゆるめて、「犯罪に弱腰だ」とのレッテルを貼られる危険を冒すことには乗り気ではない。
刑罰をゆるめようという運動は大きな抵抗にあう――爪(ラチェット)をまずい方向に押しても動かないように。


上記は、すでにアメリカで起こった内容です。
一度できてしまった法律を廃止するのは難しいのです・・・たとえ明らかな欠陥があったとしてもです。


私には、上記の内容が今日の日本の状況に似ているように思えてしまいます。


すでにヘイトスピーチに反対する活動家が市民団体を立ち上げています。
代表には、かつての内閣総理大臣、東京大学名誉教授、日弁連会長、一橋大学名誉教授など影響力のある方々が名を連ねています。


政治家もヘイトスピーチ反対の声明をだしています。
声明をだした政治家には与党の大物議員、現役大臣、内閣総理大臣までも含まれています。


そして、ヘイトピーチ反対派の中心人物である日弁連前会長、宇都宮健児さんが都知事選に立候補を表明しました、知事は条例を制定可能です。
宇都宮健児さんは、前回の都知事選で次点の得票数を得ています。


[宇都宮氏、都知事選に出馬へ]
http://www.asahi.com/articles/ASF0TKY201312280064.html


        *        *        *


もし、今後、ヘイトスピーチ、ヘイトクライムが法規制されるとしたら・・。
そしてそれが、曖昧で応用性が高い法律としてインターネット上での活動にも制限を加えられるとしたら・・・その瞬間にすべてが終わってしまう可能性もあります。。


『手加減する必要は無い!徹底的に罵倒あるのみ!!』
『韓国もやっている、目には目をだ!!』


上記のような発言している方は、よくよく考えていただきたのです。
これを行うことのリスクにふさわしいリターンがあるのかどうかを・・。
もしかしたら日本の保守層は大きな落とし穴にはまろうとしているのかもしれません。


逆に運動が統制を強めるという結果をもたらす場合もある。

特に過激で非合法な戦術を運動組織がとった場合に、こうした統制の強化は生じやすい。

そして、その統制強化は単に過激な戦術をとる運動に適用されるだけではなく、

穏健な戦術をとる運動にまで拡大して適用され、社会運動全体を停滞させる。(関西大学社会学部教授,片桐 新自)


上記の事実について、よくよく、よくよく考えなければなりません。。


もしよろしければ・・―→ にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ



posted by K_美樹 at 21:25| Comment(8) | TrackBack(0) | 運動の理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。