2013年11月11日

TBSが反韓番組を放送

なんでもTBSが反韓番組を作成したとかいう噂を耳にしましたので興味がわき、調べてみました。。


以下の番組ですね。


情報7days ニュースキャスター



見るのが面倒な方のためにキャプチャー画像と文章で要約を・・・と思いましたが、、、とくに内容は無いのでやめておきます(^^;


すごーく簡単にまとめますと、、、

-----------------------------------------------------------------

韓国の反日はすごいよ。

一部はプロ活動家だけど、若い人には本物も多いよ。

国家ぐるみでやっているよ。

反日教育は長くやっているよ(韓国人が証言)。

反日はすでに制御不能のモンスター化しているよ(韓国人が主張)。

-----------------------------------------------------------------

以上の5行で終わりの内容です。。


韓国の反日教育については、過去にもテレビで報道されてますので特に目新しい内容はなかったのですが、非常に興味深かったのは反日活動のシステムです。
これは面白かったのです。


このブログの研究テーマの一つに「嫌韓のブーム化の防止」というものがあります、、。
反韓活動は、論理面と感情面の2つがありますが、論理面はともかくとして感情面は沈静化しやすいのですね、、、一気に燃え上がるのですが、しぼむのも早いのです。。


過去に、あれほど熱狂的に盛り上がった活動、物、芸能人が、あとかたも無く消え去ることを考えると分かりやすいと思います。


もちろん広報戦略においては感情面を煽るという方法もあるのですが、市民運動においては到達点が必ずし決定している訳ではありません。
選挙なら投票日、戦争ならば開戦した日、のような短期決戦を念頭においた戦略が立てられますが、市民運動においては、必ずしもそのような戦略が使えるわけではありません。
時間がたてば、一時の感情などすぐに忘れ去られてしまいます。。


運動の拡大に感情を使うというのは、必ずしも間違いではないのですが問題は、その後です・・。
いかにブームを永続的な物にするか・・・ブームではなくするか、、、さまざまな科学者が研究しており、私自身、結論らしきものはでています。
(いつか文章化したいと思っています)


私が、時々、保守勢力から離脱者を出さために心理的リアクタンスを引き起こさせないようにする、よって、精神的抑圧度合い、先鋭化・過激化を避ける、、、とか意味のよくわからないことを書いていますが、ブーム化防止の一環という意味もあるのです。。


上記の動画は、よい資料を提供してくれました。
TBSさんも心にくいことをしてくれます、、。(^^)


もしよろしければ・・―→ にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ





ラベル:反韓番組
posted by K_美樹 at 20:49| Comment(12) | TrackBack(0) | 反韓番組(テレビ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。