2014年05月11日

韓国反応サイトの性格分析

現在、日本のネット上には、数多くの韓国反応サイト(翻訳サイト)が存在します。
どれも韓国国内の生の声を聞けるとのことで人気をはくしています。


ただ、この手のサイトは、どのようなサイトを翻訳しているかによって意味が変わってきます。
日本でも「2ちゃんねる」を翻訳するのと「mixi」を翻訳するのでは意味が異なってくると思われます。


親日韓国人ブロガー うどんプどんさんが、日本で運営されている代表的な3つの韓国反応サイトの性格を評論しておられます(お隣速報・カイカイ反応通信・女子知韓宣言の3つ)。


韓国のコミュニティサイトには4種のパターンが存在し、日本の韓国反応サイトにも傾向があるとのことです。
興味深い内容ですので紹介いたします。


[韓国サイトの4種類、日本翻訳サイトの3種類]
http://ameblo.jp/dongdorong/entry-11843453331.html


*        *        *


もう一つ、うどんプどんさんは、以前より「カイカイ反応通信は特殊なサイトであり危険である」と啓蒙されていました。


この件についても実例をあげて検証されています。
これも興味深いですので合わせて紹介いたします。


[衝撃発見!!原文と全く違うカイカイの翻訳, 意図的な編集とスキップ]
http://ameblo.jp/dongdorong/entry-11842206848.html


[色で見る、韓国語 原文 VS カイカイの捏造翻訳]
http://ameblo.jp/dongdorong/entry-11843049471.html


*        *        *


うどんプどんさんについては、過去に何度か記事で取り上げたことがありますが、ありがたいことです(−人−)
韓国国内の微妙な感覚というのは、日本側からは、なかなかわかり難い・・・韓国人の方から見た論評は参考になります。


過去に何度が更新を休止されているようですが、永く続けていってほしいサイトです。


━━━━━━
うどんプどん様へ。
発信されている記事が非常に興味深いものであったため、アクセスアップに貢献したいと思い、紹介させていただきました。
もし問題がありましたら連絡いただければ削除いたします。
失礼いたしました m(_ _)m
━━━━━━


もしよろしければ―→ にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
(別窓で開きます)


posted by K_美樹 at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | カイカイ反応通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月17日

韓国の反応サイトは面白いけれど…

昨日、韓国翻訳サイト関連の記事を書きましたが、翻訳サイトは面白いもののサイト管理人の意図が入り込むことがあるため危険な面があると言われています。


管理人が意図的に翻訳ログを抽出するなどして扇動する可能性があるわけですね。。


代表的なのが「カイカイ反応通信」ですね。
カイカイ反応通信は、イルべという韓国においてもっとも反日色が薄い掲示板を翻訳しているそうです。
また、意図的に親日的なログを抽出して翻訳している、という話もあります。


カイカイ反応通信については、過去にも記事にしていますので、もしよろしければどうぞ。


[カイカイ反応通信の危険性](2013/10/5)
http://3gensoku.seesaa.net/article/376686867.html


[カイカイ、そして、イルベ](2013/10/30)
http://3gensoku.seesaa.net/article/378967781.html


        *        *        *


韓国人ブロガー“うどんさん”によりますと、“うどんさん”が偏向反応サイトと感じるのは「カイカイ反応通信」と「しお韓」とおっしゃっています。


また、偏りがないサイトは「女子嫌韓宣言」と述べておられます。


●ttp://blog.livedoor.jp/oboega/ 女子嫌韓宣言(´∀`*) 〜韓国NAVER翻訳〜
という日本サイトでNaver Newsコメントを主に翻訳している。偏りがなく、最も率直に翻訳ているところだと思う。

●私が偏向反応サイトだと思う日本サイトは [しお韓] と [カイカイ反応通信]
『しお韓』 は、(リンクソースなし) (原文にない顔文字の表現登場) の部分
『カイカイ反応通信』は、 韓国で極めて特殊なサイト1ヶ所(イルベ)を翻訳している点で、[世論]も[韓国反応]もないと思う
特にカイカイは、現在日本で
【海外反応サイト部門1位】【Livedoorブロガー部門1位】【韓国反応サイト1位]なので影響力が大きすぎて心配

ttp://ameblo.jp/dongdorong/entry-11620220578.html


また、女子嫌韓宣言さんの証言によりますと、主な韓国反応サイトのソース元は以下のようになっているそうです。


「カイカイ」―→イルべのみ
「となこれ」―→主にイルベ
「隣国通信」―→ガセンギドットコム
「サーチナ」―→ガセンギドットコム
「しお韓」―→NAVERとイルべの混合のようだが不明
「韓国サッカートップニュース」―→NAVER
「女子嫌韓宣言」―→主にNAVER
ttp://blog.livedoor.jp/oboega/archives/26803112.html


イルべが問題だとしますと「カイカイ」と「となこれ」は、ダメだということになります・・。


ガセンギドットコムというのは、韓国にある日本の翻訳掲示板らしいのですが、よく知りませんでしたので検索してみましたが規模など詳しいことはよくわかりませんでした(^^;
韓国のポータルサイトは、NAVER、DAUM、Google、NATEの順で大きく、NAVERがシェア8割と聞いていますので、あまり大きくないサイトなのでしょうか、、。
2chのログを韓国語に翻訳して韓国人の方が見ている掲示板のようですね。。


調べている過程で以下のような記述も引っかかりました。


「サーチナ」はありえないような自作自演の親日コメントを抜粋
「カイカイ反応通信」は韓国で売国奴扱いされているイルべ掲示板の親日スレのみ抜粋
「嫌韓宣言」が韓国人の本音を的確に翻訳しています

サーチナ、レコードチャイナ、記事を読む前に注意、言論の自由の無い国の、中国人が日本人向けにイメージ向上の為に書いてる自作自演記事

中国は他国を占領する前に「友好」「寛容」という甘い言葉で
近づいてきます。そして、その国の政財界などと深い関係を
築いた後、国際情勢の混乱など、どさくさにまぎれて武力を
使って侵略するのです。
チベット出身の政治学者ペマ・ギャルポ

ttp://nnairo.blog129.fc2.com/blog-entry-23.html


やはりカイカイの評判が悪く、女子嫌韓宣言さんの評価は高いですね・・。


サーチナ、レコードチャイナが偏っているというのは聞いていましたが、韓国については結構厳しいこと書いている印象があります。


まあ、結論というようなものは無いのですが(個々人が信念により判断する他ない)、NAVERを翻訳しているサイトが韓国世論に近いのかな? とは思います(ログを選別していなければ)。
見てまわった感じですと女子嫌韓宣言さんの評価が高いような印象を受けました。。


もしよろしければ・・―→ にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ




━━━━━━
うどん様へ。
発信されている記事が非常に興味深いものであったため紹介させていただきました。
もし問題がありましたら連絡いただければ削除いたします。
失礼いたしました m(_ _)m
━━━━━━
posted by K_美樹 at 20:54| Comment(9) | TrackBack(0) | カイカイ反応通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月30日

カイカイ、そして、イルベ

以前、「カイカイ反応通信の危険性」という記事を書いたことがあるのですが、その中でキーワードとなったのが、韓国の掲示板「イルベ」です。
「カイカイ反応通信」は「イルベ」の翻訳文を載せているサイトになります。


[カイカイ反応通信の危険性](2013/10/5)
http://3gensoku.seesaa.net/article/376686867.html


JBpressに、この「イルべ」について、解説・考察している記事が載っています。
カイカイそしてイルベについて興味がある方は一読してみてはどうでしょうか?
教養にはなるでしょう。。


私も読んでみましたが、思っていたのとは、すこし印象が違いますね(^^;
ちなみに「イルベは極右サイト」とありますが、韓国は右翼も左翼も反日です。。


日本の基準で考えると混乱のもとになります。
日本の右翼左翼と韓国の右翼左翼は、まったくの別概念の存在です。


ネット上には、様々なサイトが存在する。その中には政治的な発言をするコミュニティーもある。政治的な発言は民主主義ならではことなので、自由に発言していいわけだが、いかにも差別的な発言を繰り返していて問題になっているサイトがある。


極右のサイトに22万人が登録

 まるで、日本の右翼と言えば分かりやすいのだろうか。韓国のネット上でのコミュニティーである日刊ベスト(略称:日べ)は、極右と言うべき右寄りのサイトである。このサイトには22万人のメンバーが加入している。最近、この「日ベ」が何かと話題になっている。

 話題と言っても決していい話題ではない。なぜなら、彼らは特定人物の卑下、暴力性、女性卑下などを繰返し、反社会的サイトと見なされているからだ。(以下略)

[韓国に誕生した世にも恐ろしい日べ(イルベ)虫]
http://megalodon.jp/2013-1018-2359-02/jbpress.ismedia.jp/articles/-/38951
http://megalodon.jp/2013-1018-2359-58/jbpress.ismedia.jp/articles/-/38951?page=2
http://megalodon.jp/2013-1018-2359-25/jbpress.ismedia.jp/articles/-/38951?page=3


*        *        *



イルベについては、カイカイの危険性を提起した“うどん”さんも解説されています。。
本文よりコメントの方がおもしろい・・(^^;


[イルベの大きさについて、韓国サイトの対日感情、反日感情、一度にまとめ]
http://ameblo.jp/dongdorong/entry-11626893937.html


[韓国1位サイトネイバー(NAVER)VS (日本で有名)95位 イルベ比較]
http://ameblo.jp/dongdorong/entry-11620220578.html


『イルベは韓国においてもっとも親日的なサイト』
『イルベは韓国世論ともっとも遠い存在』
『イルベは韓国の敵、国家の敵と認識されている』
『イルベは日本における鳩山由紀夫に相当する存在』


なんとも、特殊なサイトなのですね・・。


*        *        *



イルベについては、過去に日本語版wikiも存在したのですが、現在、削除されてしまっています・・。


なんなんでしょうかね?


見られるとマズいのでしょうかねー(^^;


もしよろしければ・・―→ にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ



posted by K_美樹 at 20:55| Comment(8) | TrackBack(0) | カイカイ反応通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月05日

カイカイ反応通信の危険性

カイカイ反応通信という人気韓国語翻訳サイトがあります。。
ご存知の方も多いと思います。


韓国人の方のインターネット上での生を声を紹介しているサイトなのですが、最近、このサイトの危険性がネット上で流布されています。


有名なサイトですし、このブログでも記事のネタに使ったことがありますが、その時から、すでに悪い噂がでていました。。
特殊な掲示板を翻訳しているだとか、翻訳レスを恣意的に選別しているとか・・。


つい最近、カイカイ反応通信に掲載されたセンセーショナルな韓国人学生の長文翻訳を読み、少し考えたほうが良いと思い記事にしておきます。


カイカイ反応通信の問題点を指摘している韓国人ブロガーの方がいますので引用しておきます。


カイカイ反応通信は、「イルベ」という韓国の掲示板を翻訳しているサイトです。
そのことを念頭におき、以下の文章を読んでみて下さい。。


2chでも話題スレになったし
複数の日本ニュースでもカイカイの翻訳を報道した

まるで韓国のひとりぼっちサイトイルベが韓国の[代表]になった状況だった。

99%の韓国サイトでは最大の敵
日本>>>他
だが

イルベ最大の敵は、
北朝鮮>従北>左派>全羅道>ギム女(イルベが韓国女性を呼ぶ呼称)>日本
くらいの順

少数の一人ぼっち イルベ が
カイカイによって韓国NETの代表に遁甲した瞬間だった。

そして今もカイカイは日本の[海外反応サイト]1位として驚異的な大人気サイトである。
コメントを見ると、多くの人々がイルベをまるで韓国の2chと信じている。
まったく韓国の世論との距離が非常に遠く、最も非韓国的なサイト。韓国で最も非難されるサイトだ。

そして、2chとの比較は荒唐 2chが日本netでの比重、影響力は非常に大きいが、
イルベは、韓国サイトで少数だし、非難の対象だけです。
韓国国内のサイトランキングも95位くらいで、
非韓国的な面で注目されるだけサイトはあまり大きくないです。

確かに言っておくが、
既存韓国の歴史認識、外交認識、思想などに
疑い、懐疑的なところ、韓国サイト中では、
日本で最も融和的な態度であるところは
断然[イルベ]です。
一言で言えば、最も懐疑主義的なサイトです。
長く説明することは私も皆さんも面倒なので、今後は[懐疑主義的]という呼称と略称します。
皆さんの基準では全くないけどが韓国サイト中ではそうです。

カイカイ管理者は、記事投稿10秒以内にコメントに
高麗棒子 , チョンチョン のような、時間的に記事を読んでいないことが明らかであり、
何の内容もないコメント
+ "カイカイ管理者のうんこは何色?" のような別の意味ない悪口は遮断しないけど

イルベが韓国で少数であること、イルベの特殊性、管理者の意図、反日隠蔽目的疑い、世論遁甲疑惑などは、すぐに遮断される。

管理者が恐れていることがわかる
反日隠蔽、世論遁甲がバレるのが彼が最も避けたいもの

http://ameblo.jp/dongdorong/entry-11620660033.html



すべて引用するわけにはいきませんので省きましたが、上記の文章を書いた方の主張によりますと、


『“イルベ”とは、日本でいう鳩山由紀夫と同じ存在』


とのことです。。
日本の悪夢、鳩山由紀夫の声を翻訳しているのですか・・。


もう一つ引用しておきます。
以下は、上記の韓国人ブロガーさんが書いた「カイカイ反応通信の管理人」さんについての考察ログになります。


長すぎるとよく読まないこと知っているから
事前に要約します

カイカイ管理者は、自分に不利な情報をコメントに書くと
コメント投稿者を遮断、追放します ("イルベは、韓国世論との差がある"などの)
下のコメントのほとんどは、
私のブログ読者の方(阿吽さん)が複数のIPに
自分でも実験して, 他の人がIP遮断される姿も観察した考察です

現在もコメント検閲、弾圧も、阿吽さんの考察も続いています
ttp://ameblo.jp/dongdorong/entry-11620282293.html (リンクにこれ以上もっと遮断された人、記録がいます。)
こちらのコメント欄で続けて観察、作成中です

私も個人と対立するのは不便です
日本人たちがカイカイを見ても、そこが韓国で最も反日が弱い特異サイトであることを
知ってから見てほしい
しかし、イルベサイトの特性を作成すると、カイカイ管理者が
コメントを削除とIP禁止政策をしている
(イルベは、韓国の世論との距離が遠いです〜=> IP遮断)
この状況が残念で悲しい

http://ameblo.jp/dongdorong/entry-11625044178.html



以上になります・・・。


カイカイ反応通信は、今や超有名サイトです。
私の周囲でも、このサイトの内容から会話に発展することがあります。


上記の文章を書かれた方が、どのような方か存じ上げませんし、韓国人の方ということもあり、紹介するのを躊躇しましたが、ネット活動、韓国、に関わる方であれば、一読しておくべき内容と思いました。。


保守活動は、正確な知識・情報が必要になります。
誤った情報は、保守活動家が行なう活動の正当性を根本から崩壊させます。


インターネットにおいても注意が必要です、、。


もしよろしければ・・―→ にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ



posted by K_美樹 at 21:08| Comment(53) | TrackBack(0) | カイカイ反応通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。