2015年04月24日

韓国メディア「韓国外交は世界に恥をさらしている状況だ」

複数のメディア(日本・中国・韓国のいずれからも)から、日中関係改善の報道が出ています。



[30分間の首脳会談を行い、両国の関係改善に合意した](中央日報)
http://japanese.joins.com/article/413/199413.html


[今回の中日首脳会談は習主席の表情に代表されるように両国関係改善のきっかけをつかむ成果があったとみられる](朝鮮日報)
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/04/23/2015042300932.html


[日本を「盗賊」と呼んだことさえある。そんな習主席がわずか数カ月の間に2度も安倍首相と会談した。今回の会談が30分にも満たない短いものだったという点を差し引いても、中国と日本の関係が正常化の段階に差し掛かっていると受け止めざるを得ない](朝鮮日報)
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/04/23/2015042300726.html


[日中両国の指導者たちは、結局、これ以上の関係悪化の代わりに、両国関係を安定的に管理して実利を追求するための「求存同異」(異論は残したまま、同じ点は追求する)戦略を選択した](ハンギョレ新聞)
http://japan.hani.co.kr/arti/international/20433.html


[昨年4月3日、彼は韓日中関係の悪化を述べながら「日本の指導者が歴史を直視しないため」と一喝した…その洪副局長(中国外務省)が1年間に変わった。韓日関係に口を挟むほど変心した…昨年11月の日中首脳会談以降、両国の雰囲気が間違いなく良くなっている。取材現場でこれを体感する](中央日報)
http://japanese.joins.com/article/485/199485.html


[習主席は以前の冷たかった様子とは全く違っていた。習主席は微笑を浮かべながら安倍首相と握手し、記者たちに手を振る余裕も見せた](中央日報)
http://japanese.joins.com/article/506/199506.html


[中国官営英字紙チャイナデイリーは23日、「両国首脳の今回の出会いは、その間の冷え込んだ両国関係が回復する信号を与えている」と評価した。日本政府の菅義偉官房長官も「日中関係を改善する方向に進むうえで両者の意見が一致した…](中央日報)
http://japanese.joins.com/article/489/199489.html



さて、日中の関係が改善されますと韓国の反日外交は孤立無援・・・それどころかこの戦略が見誤ったものであるならば、反日を国是として外交・内政・人気取りに利用してきた韓国としては窮地に追い込まれます。


ある意味、国家存亡の危機です。。



[韓国は歴史問題に対しては中国と一体になって熱心に努力していると考えたが、振り返って見れば誰もいない。孤立無援だ](ハンギョレ新聞)
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/20428.html


[中国を納得させられると考えた可能性があるということだ。この場合、植民地支配についても謝罪を要求している韓国だけが「反日本陣営」にとどまることになる](朝鮮日報)
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/04/23/2015042300929.html


[植民地支配や侵略戦争を引き起こしたことに対する謝罪は一言もなかった。中・日首脳会談がこの演説の直後に行われたという点で、中国は安倍首相の演説内容を受け入れたか、あるいは容認したと解釈できる](朝鮮日報)
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/04/23/2015042300726.html



韓国主要メディアから韓国の孤立化を憂慮する報道、韓国政府の外交ミスを指摘する報道、韓国外交の転換を求める報道が噴出しています。



[歴史・領土問題で韓国と同様に日本に敵対的だった中国がこれほど融和的な態度を見せたことで、韓国の孤立を懸念する声が出始めている](朝鮮日報)
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/04/23/2015042300932.html


[日本との関係改善に向けて方向を転換する兆しとなるだけに、韓国外交の孤立を懸念する声が高まるものと見られる…今回の会議(バンドン会議)には、30カ国の首脳が出席したが、朴槿恵(パク・クネ)大統領は招待を受けたにも関わらず、中南米歴訪を理由に参加しなかった。…「朴槿恵大統領が今回の会議に参加しなかったのは、韓国外交の大きな誤り」だとし「日本は、今後も韓国の孤立化を進めるだろう」と述べた](ハンギョレ新聞)
http://japan.hani.co.kr/arti/international/20421.html


[韓日関係の悪化をこれ以上放置できない時点に来ている。政府は日本の歴史・領土妄動には断固として対応するものの、安保や経済はもう少し柔軟で現実的な打開策を立てなければならない。旧日本軍慰安婦問題を国際仲裁に回付するなどより積極的な解決策を模索するものの、この問題を韓日首脳会談と連係させてきた従来の立場は緩和する必要がある](中央日報)
http://japanese.joins.com/article/495/199495.html


[韓国外交のトップがこのような発言をしながら、日本との首脳会談を3年も避け続けている間に、中・日首脳会談が相次いで実現した。韓国政府は日本の歴史に対する後ろ向きな姿勢について原則的な対応をしつつも、安全保障や経済の問題については、より柔軟で現実的な打開策を示す必要がある](朝鮮日報)
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/04/23/2015042300726.html


[米国人は一般的に日本に対して非常に肯定的な見解を持っている…日本に対する米国人の信頼度は実は、安倍首相になった後さらに高まった](中央日報)
http://japanese.joins.com/article/502/199502.html


[韓国は中国に傾きつつあり、安保協力の対象から除外すべきだという指摘も米国で説得力を持っている。 だが韓国外交はこうした流れを全く気にしないように動いている。数日前、米国が韓日米の外交・安保同盟を修復するために開いた3カ国外交次官会議でも、米国は韓日間の協力を強調したが、韓国が過去の問題を持ち出して会議が結局凍りついた状態になってしまった](中央日報)
http://japanese.joins.com/article/296/199296.html



日本外交大勝利・・・と煽るわけではありませんが(そういうサイトでもありませんし)、客観的に見て、韓国はかなり苦しいのではないかと感じてしまいます。。


象徴的な韓国メディアの記事を三つほど紹介・記録しておきます。


(前略) 政府はこれまで、歴史認識や領土などの問題と、安全保障や経済の問題を切り離して対応する「ツートラック・アプローチ」を通じ、米国の求めに応じて韓日関係の改善に向けた姿勢を示してきた。その代わり、日本が歴史認識問題で前向きな姿勢を示すよう、米国が圧力を掛けることを期待してきた。だが、韓国のこうした努力にもかかわらず、安倍首相が外交的な挑発をすることで、「ツートラック・アプローチ」の基調があいまいなものになるのはもとより、「韓米・韓日外交が全て失敗した」との批判に直面しかねない。(中略)

政府はとりわけ、米国議会での安倍首相の演説に注目している。外交部のある元官僚は「もし、安倍首相が米国議会の演説で、歴史問題についてあいまいにし、米国側もこれを問題にしなかったとすれば、これは韓国外交の失敗ということになる。政府にとっては、1週間後に対米外交の成否が明らかになる状況だ」と話した。

 外交部の関係者たちはこれまで「歴史問題に関する限り、日本よりも韓国の方が道徳的に優位に立っている」として、日本との対米外交戦で自信を見せてきた。だが最近、米国の高官たちが安倍首相をかばうような発言を繰り返すなど、現地の状況は韓国政府の期待とは違う方向に変化しているとの見方が出ている。安倍首相が韓国など周辺国家の目を意識していないかのような言動を繰り返していることも、米国での友好的なムードを察知したためだというわけだ。

 もし、安倍首相が米国議会の演説で歴史問題についての謝罪を省き、米国政界もこれを問題にしなかった場合、韓国政府の日本に対する「ツートラック・アプローチ」は危機に直面せざるを得ない。

 ある外交筋は「ツートラック・アプローチが失敗に終わった場合、韓日関係の改善が困難になるのはもとより、
韓米関係にも悪影響を与えかねない」と懸念を示した。

[対日二重路線の韓国政府、謝罪省く安倍談話に危機感](朝鮮日報)
ttp://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/04/22/2015042200730.html


中国の習近平国家主席と日本の安倍晋三首相が5カ月ぶりに再会した。数日前インドネシアのジャカルタで開かれた「バンドン会議60周年記念アジア・アフリカ首脳会議」の席だった。この日、習主席は以前の冷たかった様子とは全く違っていた。習主席は微笑を浮かべながら安倍首相と握手し、記者たちに手を振る余裕も見せた。日中関係が改善されるというシグナルだと解釈されている。もはや両国関係は「対話する対立関係」に転換したという観測も出ている。

習主席はこの日、歴史問題に対する言及を自制した。彼は「(歴史が)中日関係の政治的基礎になる重大な原則的問題」と明らかにしたが、それ以上食い込まなかった。この日の朝、日本の議員たちが靖国神社を集団参拝したがそれについて一言も触れなかった。ただ「中国が主導するアジアインフラ投資銀行(AIIB)はすでに国際社会に普遍的に歓迎されている」として安倍首相にAIIB加入をそれとなく勧めるだけだった。首脳会談が結局、AIIB参加に消極的な日本を懐柔するためだったということが簡単に読みとれる。もちろん低成長基調に入った中国経済に日本の投資を期待することもあるだろう。習主席の柔軟な外交的ジェスチャーで北東アジア政治地形の大きな変化が感知されている。

問題は、日本に対する「過去の歴史の反省」という名分論の落とし穴にはまり、こうした現実を直視しようとしない韓国外交だ。韓国は、中国が過去の問題において永遠のパートナーの役割を果たすと信じていただろう。だが中国は、それなりに徹底した計算をしながら変化している。

米国との関係はますます疎遠になり、むしろ日米の蜜月関係が形成されている。ワシントン政界で韓国疲労症が議論されているということは、すでに周知の事実だ。最近では韓国を排除して豪州と日本を太平洋安保パートナーとすべきだという主張まで出てきた。THAAD配備についても右往左往する姿ばかり見せていた。

外交の柔軟性もないだけなく、だからといって明確な原則も見出せない。かえって29日の米国議会で行われる安倍首相の演説を前に米国の広報会社を動員して冷水を浴びせようとしたという事実だけが表面化し、さらに国家の恥をさらしている状況だ。

外国の主要国の政治家たちが日本などアジア歴訪をする時も、あえて韓国は訪問しない雰囲気が感知されている。インドのモディ首相やドイツのメルケル首相、米国のミッシェル大統領夫人、クリントン元米大統領らが日本だけを訪問して韓国には来なかった。大韓民国に主要国の国賓が途切れたも同然のことだ。いったい朴槿恵(パク・クネ)外交はどこへ向かっているのか。

[【社説】中国と日本の和解、韓国外交は?](韓国経済新聞)
ttp://japanese.joins.com/article/506/199506.html


 安倍晋三日本首相が22日、バンドン会議60周年アジア・アフリカ会議で演説し、「植民支配に対する謝罪」の代わりに「先の大戦への深い反省」だけを言及した。この表現をどのように受け止めるかが今後の韓国外交の新たな課題に浮上することになった。(中略)

 今回の演説で8月に第2次大戦終戦70周年を迎えて発表される「安倍談話」の枠組みが明らかになり、韓国外交の算法は複雑になっている。 特に29日に安倍首相が米国上・下院合同演説で「先の大戦への深い反省」だけを言及したとしても、米国は日本が戦争に対する謝罪をしたので、植民支配や日本軍慰安婦問題に対して明確に謝らなくとも問題にはしないだろうという展望が出てきていて、安倍首相の歴史認識を巡って韓米間の溝が深まる状況が予想される。

 韓国政府関係者は「もし安倍首相が米国上下両院合同演説で第2次大戦当時の真珠湾攻撃のような内容を取り上げて戦争に対する反省の意向を示すならば、おそらく米国議会は拍手を送るだろう」とし、「そのようなムードの中で韓国が過去に対して謝罪がないとして問題提起するならば、逆に異常扱いされかねない」と話した。

 安倍首相が今回の演説のように国際舞台で“謝罪なき反省”だけで裾野を拡げてゆくならば、政府発足以来一貫して強硬一辺倒で走ってきた朴槿恵(パク・クネ)政権の対日外交は根本的限界に直面する危険もある。韓国政府は「過去の問題については日本より道徳的優位にある」と強調してきたが、安倍首相の演説等を通して「日本はあのように謝っているではないか」という認識が広がりかねないためだ。

[[ニュース分析]米中に向けた安倍の反省…韓国孤立化を狙う](ハンギョレ新聞)
ttp://japan.hani.co.kr/arti/international/20413.html


にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ


以下、韓国主要マスコミ報道ピックアップ
(日本側に不利な物も載せることがあります)



昨年の婚姻率が過去最低 熟年離婚は急増=韓国
韓国、婚姻件数が最大幅減少…5年ぶり
不況の韓国、昨年の婚姻率が過去最低に
――経済がガタガタですからね・・・韓国は出生率がOECD最下位の少子高齢化が進んでいる国ですが、さらに進むことになりますね。。――


【社説】安倍首相は歴史の時計の針を逆に回すつもりか
――『米議会演説や70周年談話も植民地支配と侵略に対する謝罪なく、歴代内閣の認識を継承するというあいまいな表現で核心を避ければ、韓日関係はもちろん、東アジア全体に深刻な影響を及ぼすだろう。韓日関係の正常化を通じて韓日米三角協力体制を構築しようとする米国の構想にも支障が生じるしかない』・・・読み違えてるんじゃないでしょうかね、、、米国が(というより世界が)韓国と歴史認識を同じなわけがなく(そもそも韓国はサンフランシスコ平和条約の非署名国)、また中国と二枚舌外交を行う韓国を米国は信用できず、かりに韓国を切ったとしても日米豪安保体制という選択肢があり、ブロック経済戦略としても日米豪の方がすわりがよく(日豪は比較的確執が少なく安保宣言へも署名しています、また米豪も強固な軍事同盟関係です)、いらぬトラブルを引き起こし続ける韓国は安保的にも経済的にも邪魔な気がしますが。。――


「韓国を罵れば稼げる」…右傾化、安倍首相こえて日本全体の問題
――日本を罵れば、お金が手に入り、いかなる行動を正当化され、政治家の支持率が上がり、法律まで捻じ曲げる韓国・・・中央日報はこんな記事を書いてむなしくならないのでしょうか。。――


慰安婦:米下院議員4人、安倍首相に謝罪求める
米下院議員4人、安倍首相の米議会演説を控え「過去を謝罪する機会と考えるべき」
――『議員らは安倍首相の演説が過去に対する真の謝罪をする機会にすることを促すために特別演説を申し込んだ』・・・正直、米国の議員とアメリカ人の皆さんは、これ、ついていけるのでしょうかね?、、、日本議会で他国への謝罪を促す演説を日本の議員がやったとしたら私はドン引きしてしまうのですが。。(そもそも意味がわからない)――


米国務省、安倍首相のバンドン会議演説について「言及しない」
――これ日本メディアがわざわざ質問したのですね。。――


米下院議員「安倍首相、歴史問題を解消すべき」
――親韓狂のエド・ロイス議員が動きましたね。外交委員長なので同調する動きも広まったのでしょう・・・25人、、、増えましたね。ただ、これ記事を読む限り韓国側にプラスに働きますでしょうかね。。――


韓国国会、国連に「慰安婦追慕日」指定促す決議案を上程
――『慰安婦被害者の故キム・ハクスンさんが記者会見を通じて強制動員の実状を世に知らせた日だ』・・強制連行の証拠がないので“強制動員”といい始めましたね。。――


韓国広報専門家、日本の歴史歪曲広報に反論映像を配布
――「http://fa.do/q9B」←これがその動画らしいです。。――


韓国全経連「韓国経済は日本が長期不況に入る20年前に類似」
韓国の経済基礎体力がダウン…「20年前の日本の不況序盤とそっくり」
――『韓国経済がGDP4要素(消費・投資・政府支出・純輸出)全てで基礎体力が落ちている状態だと診断した』・・・ひどい状態ですね(-_-;――


韓国企業、昨年の「営業利益率」は歴代最低
――営業利益率とは、企業の本業での儲ける力を現す、もっともといっていいほど重要な指標なのですが、それが過去最低になったとのことです。。――


韓国、低成長長期化が懸念…4四半期連続の0%台成長
韓国、4期連続の0%台低成長…「ゴールデンタイム半年のみ」
――まぁ、史上最悪の不況ですからね。。――


韓国企業の成長性、日本企業に抜かれる
アベノミクス以降の韓中日3国の企業業績比較で韓国の成長・収益性最下位
――まぁ、ここまで経済状態が悪いですと、当然といったところではありますが。。――


株価2万円超えに貿易黒字、アベノミクス好調
【社説】日本経済の復活、韓国だけ知らずにいるのではないか
――韓国メディアも認めざるを得なくなってきたのでしょうか。。――


1952年−84年生まれの韓国人、約半数が年金受給できず
――年金に関しては日本も危ないと思いますが(ただ額が自動調整されるので受けとることができなくなるということは無いですが)、韓国も相当深刻ですね。。――


大統領側近らの裏金疑惑 特別検察による捜査要求=韓国野党
――『特別検察官制度は捜査に影響を与えることのできる政府の高官らが捜査対象になった場合に与野党の合意で導入されるもので、捜査範囲に制限なく独自に捜査できる。韓国ではこれまで11回実施された』・・・さて、目指すは大統領への捜査ですね。。――


[コラム] 安倍首相が柔軟?
――『韓国は歴史問題に対しては中国と一体になって熱心に努力していると考えたが、振り返って見れば誰もいない。孤立無援だ』・・・パク・クネさん(歴代大統領も含めて)、ミスをしましたね。この時世に歴史問題・慰安婦を持ち出してきた韓国の自爆です――


[ニュース分析]米中に向けた安倍の反省…韓国孤立化を狙う
――『「もし安倍首相が米国上下両院合同演説で第2次大戦当時の真珠湾攻撃のような内容を取り上げて戦争に対する反省の意向を示すならば、おそらく米国議会は拍手を送るだろう」とし、「そのようなムードの中で韓国が過去に対して謝罪がないとして問題提起するならば、逆に異常扱いされかねない」』・・・是非、謝罪と賠償を問題提起していただきたいものですw――


韓国人に聞く:好きな歴代大統領は?
――パク・クネさん、5%ですか(-_-;――


国連の世界幸福報告書…韓国47位・日本46位
――知ってはいましたが日本も低いですね。。――


「1965年の韓日協定、対等な両国関係に立脚し改善を」
――『韓日間の協定は固定的なものではなく、進化を続けてきたものだけに、対等になった両国の関係に立脚し、補完・改善を図るべきだ』・・・これ修正するってことですよね。日本と戦争でもする気でしょうか。。――


もしよろしければ―→ にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
(別窓で開きます)


posted by K_美樹 at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国マスコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月04日

シャーマン国務次官の演説に対する韓国メディアの論調

先日、アメリカ国務省のナンバー3、ウェンディ・シャーマン米国務次官が、「中・韓の歴史攻勢を“挑発”と規定、中・韓へ日本への無条件強力を求めた」――という報道が出ていましたが、韓国ではこの話題でもちきりですね。
相当の衝撃が走ったようです。


すでに米国側が事態収拾に動いており「特定の国を想定した発言ではない」という声明が出ているようですが、どうなのでしょうね。。


ほとんどの韓国メディアが韓国への批判と読解せざるを得なかった発言を

「今回の演説を特定の指導者を狙ったものだと解釈したことにやや驚いた」(ハーフ副報道官)

このように説明するのはちょっと無理がある気もしますが・・。(煙に巻かれている?)


韓国メディアや日本のネットなどを見ても解釈はいろいろとあるようです。。


「米国の本音が出た説」
「韓国がコケにされた説」
「米国のヒットアンドラン外交説」
「日本のロビー活動説」
「シャーマン次官は慎重な人物であり“決心発言”説」


いくつか韓国メディアの分析を紹介しようと思いましたが、今回は記事があまりに多いため、各有力メディアの記事をリンクで記しておきます。
興味がある方はどうぞ。。
(日本にとって良い内容も悪い内容もあります)


以下、朝鮮日報(発行部数1位、保守強硬派、反日度合いは強い)。
形勢が韓国政府の説明とは逆行しているようだ。韓米関係も政府の説明通りに「最上の関係」ではないことが今回明らかになった』とあり、かなり動揺しているようです。

【社説】看過できない米国務次官の「韓中日共同責任論」

【記者手帳】米の「共同責任論」、釈明に追われる韓国当局

慰安婦:「共同責任論」に韓中反発、米国務省が火消し




以下、中央日報(発行部数2位、保守穏健派。反日度合いが弱いともいわれますがそんなに変わらない気がします)。
当初は「日本側を批判した発言」というよくわからない解釈をしていましたが、『吟味するほど発言一つ一つが尋常でない。タイミングと対象も軽く見過ごせるものではない』とあり、やはり危機感をもって報じています。

米国「村山・河野談話は重要な“画”」…シャーマン氏の発言を釈明

「韓日の歴史葛藤に失望」と発言した米国、批判強まると釈明

「韓中が敏感」「いわゆる慰安婦」…日本に味方した米国務省ナンバー3

韓国外交部「韓米、歴史問題に対する立場は同じ」

【社説】日本が韓日米の三角共助に害するとなぜ説得できないか




以下、聯合ニュース(韓国最大の通信社、普通に反日ですが無機質な印象)。
米国の認識をどう改善するかが韓国外交当局の重要課題であることを確認する契機となった』とあり、やはり危機感をもって報じています。

米国との立場共有を確認 歴史認識問題で=韓国外交部

試される韓国の外交力 米高官発言で課題浮き彫りに

韓国市民団体 米高官の歴史問題発言を批判




以下、ハンギョレ新聞(左派大手新聞、非常に強い反日。韓国主要新聞はすべて保守系ですがこれは左派系です、パク・クネさんとは別系統)。
当初より非常に危機感をもって報じています、韓国メディアの中では一番ネガティブ(韓国にとって)なような印象を受けます

[社説]韓米関係を損ねる米国国務次官の“妄言”

米国政府、「日本肩入れ発言」の波紋鎮火...ヒットアンドラン外交?




総じて楽観的に報じているところは無いように思います。
一般的に韓国メディアは強気な論調に書くことが多いのですが、今回はちょっと違います。


日本メディアの報道とかなり温度差があり興味深いです。。


にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ


以下、韓国主要マスコミ報道ピックアップ
(日本側に不利な物も載せることがあります)



「シャーマン発言は、特定の国を想定していない」 米国務省
――「特定の個人や国を想定した発言ではない(ハーフ副報道官)」・・・ちょっと無理があるような気も(-_-;――


日本ゴールドディスクで東方神起5冠、少女時代は2冠
――なんだかよくわかりませんが、一部の方にはまだ人気があるようですね。。――


社会的物議をかもす「パーソナリティ障害」…若者層の男性で目立つ=韓国
――韓国では若い人ほど人格・行動障害にかかる率が高いそうです――


【社説】青年雇用の増加要因がない韓国
――『「求職断念者」も49万2000人と、統計庁が雇用動向調査を始めて以来最多だった』・・・韓国の青年雇用率はOECDワースト1位、深刻は事態です――


【社説】また、韓国で銃乱射…衝動犯行を防ぐ対策が必要
――『最近、感情を調節できない衝動型の犯罪が増え、警察の銃器管理制度に補完が必要なようだ』・・・韓国では自制心に欠落が起きる精神疾患が急増しています。銃乱射は軍でも民間でも繰り返し起きていますが、なにか関連があるのでしょうね。。――


強制徴用:竹内氏「被害者が納得していない賠償は無意味」
――納得していないならば条約に調印した韓国政府を訴えればどうでしょう。。――


慰安婦問題の対日批判弱める 国連人権理事会演説=韓国
――若干弱気になっているのでしょうか・・・もっとももう手遅れでしょうけれど。。――


【社説】青年雇用の増加要因がない韓国
――『青年失業率は11.5%と、すでに10%台を超えたという分析も出てくる』・・・高いですね(-_-;――


韓国青年層、体感失業者107万人…体感失業率は21.8%
――体感失業率となりますとさらに高くなりますね(-_-;――


日本、月に3、4人がワシントンで「外交ロビー活動」
――なんでも日本のロビー活動が成果をあげている・・・ということになっています、、、本当なのでしょうかね(^^;、日本の外交力は酷い状況ですので。。一つ下の記事にも日本のロビー活動の話が出てきます――


「安倍首相の米議会演説に反対」 署名3000人突破


【社説】年初から活力を失っていく韓国経済
韓国経済、凍りついた内需…デフレ進入
低水準の消費者物価上昇率、韓国でデフレ懸念続く
――『史上初めてマイナス物価上昇率を記録したのだ。韓国経済が回復する力を失いデフレに陥るかも知れないという不安感が大きくなっている』・・・韓国史上初のマイナス物価上昇率とのことです、、、さぁデフレ不況です。。――


日本外務省ホームページから「韓国と基本価値共有」表現削除
――日本と韓国は価値観がもっとも遠い国ですのでもっと早く削除するべきでしたね。。――


産業融資も過去最大、昨年は55兆ウォン増え883兆ウォン=韓国
――『個人負債に続き昨年は産業融資規模も過去最大となった…個人負債もやはり1089兆ウォンで過去最高に上った。政府負債を除き個人と企業が抱えている負債だけで2000兆ウォンに迫るという話だ』・・・個人負債につづき産業融資も過去最大になりました、、、負債の増加が止まらない状況です――


PM2.5、半分以上が韓国産 グリーンピースが発表
――PM2.5といえば中国が有名ですが、実は韓国の都市もPM2.5が多いことで知られています。記事によりますと韓国を悩ませるPM2.5の50%〜70%が韓国産とのことです――


米ハーバード大学教授「韓国の石炭火力発電で年間1600人が早期死亡」
――これは要するにPM2.5のことです、、、韓国の石炭火力発電によって発生するPM2.5によって、毎年1500人が早期死亡しているとのことです――


ソウル、暮らしやすい都市72位…アジアではシンガポールがトップ
――ちなみにアジアのみに絞ったランキングですと、1位はシンガポール、2位は東京、3位は神戸、4位が横浜、5位が大阪とのことです。日本強いですね(^^;――


安倍政権の米教科書修正要求に批判声明=アメリカ歴史学会
――毎度おなじみの反日学者ダデン教授ですね、、、この方のインタビュー記事は多く出回っていますが、おそろしいほどの反日脳です――


「韓国政府は韓日首脳会談と慰安婦問題を分けて対応すべき」
――最近このような主張が出てきていますね。弱気になっているのでしょうか。。――


もしよろしければ―→ にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
(別窓で開きます)


posted by K_美樹 at 20:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 韓国マスコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月20日

韓国ニュースの注意点

韓国の最大手新聞である朝鮮日報(日本語版)が、

『日本を見る目、世界が馬鹿なのか』

という記事を掲載しています。。
(URLは最下部に記載しておきます)


内容としては、

「韓国と中国は世界から孤立しているよ」
「日本の好感度は世界トップレベルという調査結果があるよ」
「韓国は世界では信頼されていないよ」
「韓国民には合理性、理性、礼儀、冷静という高いハードルがあるよ」

ということを述べている内容で、韓国をかなり卑下しています。


実は、この記事は韓国国内では、ほとんど報道されていません・・。
日本では無料記事として大々的に発信されていますが、韓国では有料版にひっそりと掲載されているだけで読んでいる人は、ほとんど居ないとのことです。。


この記事は、自尊心の塊である韓国人が書いた記事としては、非常に特異で興味を引かれるため、日本の多くのサイトで大きく取り上げられています。


日本語がわかる韓国人ブロガーの方が日本のサイトでこの記事を知り、日本語から韓国語に翻訳した文章をブログに載せるという事態が起きているそうですので、韓国国内では、ほとんど認知されていないのでしょう。


女子嫌韓宣言さんの証言によりますと、朝鮮日報日本語版は、必ずしも韓国語の朝鮮日報を翻訳してるわけではないそうです。。


ご存知の方もいると思いますが、「日本語版専用記事」というものが存在していて、韓国人が同じものを読んでいるとは限らない。こういうこと、過去に何回かありました。

つまり日本人にとって耳障りのいい記事の多くが「日本語版」にしか存在しない日本人向けの記事である可能性が高いということ。
ひとつひとつの記事を調べる根気は私には無いですが。(誰かやってほしい。笑)

なので私たちは、「対日世論工作の一貫として日本語版を出している可能性」を頭に入れたうえで、読む必要があると思います。

http://blog.livedoor.jp/oboega/archives/34867627.html



ニュアンスは違いますが、産経新聞の在韓記者、黒田勝弘さんも同じようなことを述べています。


一方で、日本で報道されている“反日の実態”は、いささか誇張されすぎ……とも。

「その原因は、ほかならぬ韓国メディアがわざと反日ニュースに過激な見出しをつけて、争うように日本語で配信しているから。煽れば煽るほど日本人が食いつく、“反日ビジネス”ですね」

 ……それに釣られるのもシャクな話ではないか? 

http://nikkan-spa.jp/527199



これは、ビジネスとして日本語版反日記事を過激にして発信しているということですが、意図的に情報を選別、加工して流すという点では、やっていることは同じです。。


        *        *        *


韓国の新聞の日本語版の記事は、多くの嫌韓系ブログで取り上げられ日本中に拡散されています。
ただ、上記のような何らかの意図をもった工作が行われていることに留意しておかなければなりません。


日本のネット上にも「カイカイ反応通信」などイルべを使った工作サイトが出てきていますが、これからの情報戦は、さらに激しいものになっていくでしょう。。


保守勢力、保守活動家も気をつけなければなりません、、。


参考:[日本を見る目、世界が馬鹿なのか]
http://megalodon.jp/2013-1113-1149-58/www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2013/11/13/2013111301243.html
http://megalodon.jp/2013-1113-1401-50/www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2013/11/13/2013111301243_2.html


もしよろしければ・・―→ にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ



ラベル:黒田勝弘
posted by K_美樹 at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国マスコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月27日

韓国マスコミが「韓国は謝罪を要求したことは無い」

朝鮮日報さんが、
「韓国は日本に謝罪を要求したことは無い」
という内容の記事を書いておられます。。


一部、理解不能な謎の部分がありますが、韓国の方の思考がわかりますので、一読してみてはどうでしょうか?


ちなみに、文末の結論で、
「日本の首相は、売春婦の前で土下座しろ」
と述べています・・。


個人的に気になった部分のみ、ちょこっと引用してみます。。


ギリシャに対する救済金融を主導しているのがドイツだ。ギリシャは現在、「ドイツの許可」がなければ国家予算を組むことすら難しい状況だ。ドイツのメルケル首相は機会があるごとにギリシャ全体が倹約に努めるよう求めている。ところが、街中を埋め尽くすギリシャのデモ隊は、これまで自分たちが享受してきた福祉の恩恵を全て奪ったのがドイツとメルケル首相であるかのように攻撃している。

ギリシャ政府のナチス報告書は、こうしたギリシャ国民の反ドイツ感情に油を注いだ。この報告書はあいにくドイツで総選挙が行われた日、ギリシャのメディアに大きく取り上げられた。

 報告書の内容を要約すると、ギリシャは第2次世界大戦時にナチス・ドイツから受けた被害に対する補償金を十分に受け取っていないというものだ。ナチスに食糧を奪われたためにギリシャ人30万人が餓死したのにもかかわらず、終戦後に締結されたパリ条約でギリシャはドイツ製機械など2500万ユーロ(同約33億円)しか受け取っていないと主張している。当時受け取れなかった賠償金を今受け取れば、現在の金融危機のかなりの部分が解決できるという。

 メルケル首相は総選挙を前にした状況で、ドイツ人有権者たちの反対を押し切ってギリシャを支援した。しかし、2500年近く前に「悪法も法である」と説いたソクラテスの末裔(まつえい)たちが、

既に国際条約により決着のついたナチス賠償問題を再び声高に持ち出したのだから、メルケル首相も大弱りだろう。

[歴史問題の疲労感、日本は言及する立場にない]
http://megalodon.jp/2013-1020-0203-46/headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131019-00000907-chosun-kr



韓国の方は、自国の状況とギリシャを重ねて親近感を持っているのかもしれませんが、私は、これを見てもギリシャに同調できませんし、むしろ、おかしいのでは? と思ってしまいます・・。


なんで今、こんな話が出てくるのでしょうか?
なぜ、70年近く経ってから言い始めるのでしょうか?
大体、ギリシャが、お金に困った時期を見計らったようにナチス報告書なるものが出てくるのもおかしいでしょう。。


この記者が言っているようなことをギリシャがやっているならば、ギリシャは、自分の立場をあやうくしているように感じます。
これに同調する国家はあるのでしょうか・・。


韓国人記者がおかしいことを言っているか、ギリシャ国民が熱気に呑まれておかしくなっているのか、どちらかだと思いますが、、、どちらなんでしょうかね?


日本も、自爆しないように気をつけなければなりません。。



 韓国と日本の間の確執に関する討議で、いつも登場するのが「過去の歴史問題の疲労感」だ。過去の歴史に関する問題が出てくると、日本側は常に「どれだけ謝罪すれば韓国は満足するのか」「(ネズミなどを運動させる)回し車のように繰り返される韓国の過去の歴史問題謝罪要求に日本も疲れた」という反応を見せる。

まるで韓国が不当に過去の問題を引っ張り出してきているかのように聞こえる言葉だ。しかし、少なくとも2000年代に韓国政府から特定の過去の歴史問題懸案に対して日本に謝罪を注文したことはない。ドイツに比べれば、日本は過去の歴史問題の疲労感について言及する立場にない。現にドイツの指導者たちは誰も現在のギリシャに対して「疲労感」という言葉を口にしていない。

 韓国も「過去の歴史問題の疲労感」は同じだ。最近取り沙汰されている過去の歴史問題の悪循環は、日本の指導者たちの挑発的な言動に端を発するケースがほとんどだ。日本が回し車を回せば、韓国政府は自然に止まるまで待つしかない。それほど帝国主義時代の日本が韓国人に残した過去の歴史問題に関する傷は深く大きく、むやみに手を付けられないのだ。

[歴史問題の疲労感、日本は言及する立場にない]
http://megalodon.jp/2013-1020-0203-46/headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131019-00000907-chosun-kr



以下のようにおっしゃっていますが、慰安婦問題はどういうことなのでしょうか?
ちょっと、よくわかりませんね(^^;


>少なくとも2000年代に韓国政府から
>特定の過去の歴史問題懸案に対して日本に謝罪を注文したことはない。


どういうことなのか意味がわかる方いますかね?
もし、いらっしゃいましたらコメントいただけると幸いですm(_ _)m


韓国発行部数1位の大手新聞社が、「韓国政府は謝罪を要求したことはない」と言っていますが、ちょこっと検索しただけでも以下のソースが引っ掛かります。。


----------------------------------------------------------------
「責任ある国の政府は被害者が納得できるような、
国連の人権救済の原則にのっとった措置をとるべきだ」
と述べ、日本政府に対して謝罪と賠償を強く求めました。

http://megalodon.jp/2013-1012-1505-09/www3.nhk.or.jp/news/html/20131012/k10015236531000.html
----------------------------------------------------------------


----------------------------------------------------------------
日本が女性(慰安婦)らへ謝罪することが
「韓日間の他の懸案よりも至急の問題だ」と述べ、
両国間の最優先課題だとの認識を示した。韓国大統領府が明らかにした。

http://megalodon.jp/2012-0301-1621-19/sankei.jp.msn.com/world/news/120301/kor12030114370007-n1.htm
----------------------------------------------------------------


どちらも韓国政府が表明していますが・・。


なんなんでしょうね、、(^^;


韓国の方々は、なんとしても日本が悪いということにしたいようですが、日本は、もう韓国との友好を望んでいません。
よって、日本は、回し車を止める必要がないのです・・。


遠からずアメリカも離れるでしょう。。
中国に組する国をアメリカは助けない・・。
そもそも、実は韓国は伝統的に反米感情が強い国なのです。
韓国政府が、熱くなった世論を抑え込めるでしょうか、、。

======
韓国政府による韓国陸軍士官学校新入生に対する意識調査では
韓国の敵対国家の第1位はアメリカであり、一般の新兵に
対する調査結果では75%が反米感情を表している。(wikiより)
======


韓国は、何度も戻るチャンスがあったはずです。
しかし、これから戻れるでしょうか?
すべては、自分で選んだ道です・・・。


もしよろしければ・・―→ にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ



posted by K_美樹 at 21:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 韓国マスコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。