2013年10月26日

韓国猛毒食品リストを公開

最近、週刊誌で嫌韓報道が過熱してますね。。
一部の週刊誌では、毎週のように嫌韓記事が載っています。


以下は、アサヒ芸能の記事になります。


 明確な理由もなく、福島県など日本の8県の水産物輸入禁止措置を決めた韓国。


ちょっと、待て。
我が国に輸入されている韓国食品のほうがよっぽど猛毒ではないのか。
キムチ、マッコリ、麺‥‥なじみのあるこれらの食品は、実は中国産食品よりアブナイものだった。その背景にある驚愕の実態を公開する。


「日本人のお客さんで韓国食品を買う人が激減しました。賞味期限の問題もあり、ワゴンに入れて格安で投げ売りしている状態です」==以下略==


[韓国猛毒食品リストを憤怒公開する!]
http://www.asagei.com/16456



韓国食品の危険性については、当ブログでも、何度も取り上げています。
もし興味がありましたら、一読してみてください。。

[韓国食品についての関連記事一覧]
http://3gensoku.seesaa.net/tag/%8A%D8%8D%91%8EY%90H%95i


ちなみに、上記URLの記事は、実際に私が親韓の親戚を説得するために用いたものです(^^;
ちなみに、説得は成功しました。


日本のマスコミは、反日報道が多いと言われていますが、個人的には、そこまで反日に寄っているわけでもないのではないかな? と思っています。


一度、調べてみたいですね(^^;
日本のメディア(紙媒体)が、どれくらい反韓記事を書いているのか。。
全体の比率がわかれば、おおまかな傾向がつかめるはずです。


私の印象で書いてしまいますが、文春は、かなりの頻度で反韓記事を載せていますし、新潮にも載っています。
加えて、文春と新潮は従軍慰安婦と南京大虐殺を完全否定していたはずです。
そして、この二つが、日本の週刊誌売上の1位と2位です。


新聞にしても産経もありますし、発行部数1位の読売は従軍慰安婦について完全否定しています。。


        *        *        *


日本に反日スパイメディアがあるのは、間違いないことです。
しかし、そこまで悲観する必要もなく、マスコミを目の敵にする必要はないのではないかな? とも思っています。


以前、マスコミを使った情報戦略、宣伝広報学についての資料を集めたことがあるのですが、保守勢力は、「マスコミは載せない」とは言うものの、宣伝広報学から見て、ちょっと変な事をやっている気がして違和感があります。。
なぜ? マスコミが載せないのか・・・日本には反韓マスコミも多くあるのに・・。


このことについては、いずれ詳しい記事を書きたいと思いますが、すべてのマスコミと敵対するよりは、利用した方が、どう考えても賢いやり方です。


例として出すには適当ではないかもしれませんが、あのヒトラーですら、マスコミには非常に気をつかっていました。
(ヒトラーがいたドイツ労働者党は、当初は弱小政党でした)
マスコミの力がなければ、ヒトラーはあそこまで大きくはなれなかったでしょう。


反韓が単なるブームで終わるのか・・・決定的な臨界点を超え、すべての層に定着するのか・・。
保守勢力は勝負の時です。
戦略もなく仲間内で騒いでるだけでは危険です。。


もしよろしければ・・―→ にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ





ラベル:韓国産食品
posted by K_美樹 at 21:04| Comment(26) | TrackBack(0) | 韓国食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月17日

韓国食品は中国産より危険

zakzakさんが、


『韓国産“毒食”リスト「中国産より危険度高い」の指摘も 深刻な食品汚染の実態』


という記事を掲載しています。


韓国産食品の危険性については、過去に何度か、このブログでも取り上げていますが、続報ということで掲載しておきます。


以下に、核心部分を引用いたします。


 厚生労働省が公表する「輸入届出における代表的な食品衛生法違反事例」をもとに、韓国輸入食品のうち、禁止されている農薬や食品添加物、病原体に汚染されていたケースをまとめたのが表だ。

frn1310031810003-p1.jpg


 大腸菌や麻痺性貝毒は読んで字のごとくだが、「乾燥ワカメ」に多量残存していた二酸化硫黄も毒性が高い。

 食糧問題研究家の小倉正行氏は「食料品の見た目をきれいにするために使われる漂白剤に含まれる物質。基準値を超えて摂取すると、気管支の障害やアレルギー性の異常過敏反応などを引き起こす危険性がある」と説明する。

 「生鮮きゅうり」から検出されたジクロルボスは有機リン系の殺虫剤で、2008年1月に発覚した「中国製冷凍毒ギョーザ事件」で取り沙汰されたのが記憶に新しい。「摂取すれば、頭痛や下痢、吐き気をもよおし、最悪死に至ることもある」と小倉氏。実際、この事件では、10人が中毒症状を訴え、1人が一時重体となった。

 「生鮮マッシュルーム」に入っていたシペルメトリン、「生鮮青とうがらし」のエトプロホスも人体に有害な殺虫剤の一種。「焼き肉のタレ」に大量に残存していたポリソルベートは、過剰摂取すると免疫系などの異常を引き起こす研究報告があり、「冷凍豚肉」から出たスルファジミジンは国内で使用禁止の合成抗菌剤…。調べるほどに恐ろしくなる。

 『大ウソだらけの食品表示』(講談社)などの著書がある食品表示アドバイザーの垣田達哉氏は、「輸入量をみると、韓国産食品は中国産に比べて少なく、目立っていないだけで、危険度は中国産より高いかもしれない」

http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20131003/frn1310031810003-n1.htm



記事によりますと、危険度は中国産以上の可能性がある、、、とのことです。。


韓国食品の危険性については文春も取り上げていますが、文春の記事によりますと、韓国産よりも中国産のほうが違反は多いとされています。
しかし、状況は変わりつつあるのかもしれません。。

[韓国猛毒食品 徹底調査(2013/9/26)]
http://3gensoku.seesaa.net/article/375861660.html


食品表示アドバイザー垣田達哉さんによりますと、

>「毒ギョーザ事件以降、中国では輸出基準が厳しくなった。
>日本向けは、政府公認の工場で作ったものしか出荷できず、
>状況はいくらか改善されている。だが、韓国は、中国ほど輸出基準が
>厳格ではなく、業者の質も玉石混交。生産者の中には、少ないコストで
>利潤を上げるために衛生管理をずさんにし、不正を働く者もいる。
>不良品をチェックする態勢も満足に整っていない」

とのこと。。
中国は、一応、努力はしているようです・・。


摘発事例を見てみますと海産物が多いように思います。
やはり・・・といった感じです。


表だと「菌群」が検出されているということですので、過熱すれば大丈夫かというと、そうでもないのです。。


韓国近海からは「鉛・水銀・カドミウム・砒素」が検出されており、これらは過熱では取り除けません。

[韓国の海洋汚染(2013/10/2)]
http://3gensoku.seesaa.net/article/376413377.html


韓国産食品は、どれも避けるべきですが、海産物は特に避けた方がよいと思います。
韓国産海産物は、アメリカ食品医薬品庁から販売停止処分を受けた過去もあります。

[米国食品医薬品庁 韓国産貝類を市場から一掃]
http://www.fsc.go.jp/fsciis/foodSafetyMaterial/show/syu03600450105


日本も輸入時には検疫検査を行なっていますが、日本の検疫検査は抜き取り方式、、、「日本国内に流通しているものは検査を受けているから安全」という考え方は楽観的すぎるのでしょう、、。



もしよろしければ・・―→ にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ



ラベル:韓国産食品
posted by K_美樹 at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月27日

韓国産食品の放射能汚染

昨日、一昨日に引き続き、今日も韓国食品ネタになります(^^;


[韓国産食品の危険性](2013/9/25)一昨日
http://3gensoku.seesaa.net/article/375766571.html


[韓国猛毒食品 徹底調査](2013/9/26)昨日
http://3gensoku.seesaa.net/article/375861660.html


調べるれば調べるほど、いろいろと出てきます・・。
といいましても、今回は、どう判断していいのかわからない内容ですので、読んでいる方でくわしい方が、いらっしゃいましたら情報いただけると幸いですm(_ _)m


すでに多くの嫌韓系ニュースサイトで報じられていますが、韓国産の昆布・海苔から、高い放射線がでている・・・という話があります。


YouTubeには、ガイガーカウンターを用い、実際に測定している動画があがっています。





アップしたのは、外国の方のようですが、約「0.76μSv/h」を記録したと書かれています。。
(日本人では無いところが、また生々しい(^^;)


この数値が、高いのかどうなのかわかりませんが、全国放射線マップを見てみますと、今現在、これに匹敵する数値を計測している地域は、福島第一原発の半径70km以内にほぼおさまります。


ただ、
『昆布や海苔にはヨウ素が含まれているため、放射線量が高いのは当たり前である』
という説もあるようです。。


よくわかりませんでしたので、調べてみますと、日本産昆布の放射線量を、かなりくわしく調べているサイトがありました。


読んでみますと、昆布という物自体の放射線が高いのは事実のようです・・。
昆布・海苔を販売しているエリアは、放射線量が高くなるようです。


ただ、実際の測定結果は、もっとも高いもので「0.103μSv/h」、平均的には「0.04〜0.06μSv/h」におさまる、という結果が出ています。。


この結果をふまえますと、韓国産昆布の「0.76μSv/h」は、かなり高い数値のように見えてしまいます。
日本で、もっとも高い物の7倍以上、平均値の15倍ほどですので・・。


[昆布の放射線量]
http://blogs.yahoo.co.jp/snow_world_nine/12411208.html


[塩こんぶの放射線量]
http://blogs.yahoo.co.jp/snow_world_nine/12439870.html


韓国食品は、今回の放射線問題に、昨日・一昨日の衛生問題に、、、何か大きな問題をかかえているように思えてしまいます。。


この記事を読んで、何か情報をお持ちの方、昆布・海苔の放射線について詳しい方が、いらっしゃいましたらコメントいただけると嬉しく思いますm(_ _)m


もしよろしければ・・―→ にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ


9/28追記、
参考になりそうなログがありましたので貼り付けておきます。
404: ムーンサルトプレス(SB-iPhone) 2013/09/25(水) 21:01:43.00 ID:jSOmCnEbi
>>10
海苔はカリウムの誤検出じゃないの?
あとSoeksは低い方の制度があまり良くない。
経験則的に0.15ぐらいまでは正常値。

438: メンマ(宮城県) 2013/09/25(水) 21:29:01.89 ID:6Wu/lk5j0
>>404
いや、カリウムだけで1μというのはちょっとありえない
soeks(smb20管)で、市販のやさしお計るとだいたい0.3ぐらい
ただ動画で使ってるインスペクターだとα〜β〜γ対応(低いエネルギーにも反応して高めに出る)で
バックグランド測定の時点でも既に0.23ぐらいあるから
もしかしたらカリウムだけでも普通にそのぐらいになるのかな?
γ線もしくはγ+β線だけで計ってみないとちょっとわからないけど。
posted by K_美樹 at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月26日

韓国猛毒食品 徹底調査

昨日、韓国食品の危険性についての記事を書きました。


[韓国産食品の危険性]
http://3gensoku.seesaa.net/article/375766571.html


ネットを見て回っていたところ、他にも資料がありましたので載せておきます。。


昨日、載せたのはオンラインのものですが、紙媒体でも報じられいるようです。
日本のマスコミも変わりつつありますね、、ゆっくりと・・・ですが(^^;


週刊文春の記事ですね。
出回ってる画像が粗いものばかりで読み難いのですが、なんとか読めると思われます。。


bunshun20130926p32p33acs.jpg



読み難いので、自分では画像を加工して読みました。
画像サイズとコントラスト、明暗を調整し、反転させたものですが、好みの問題かもしれませんが、若干、読みやすくなっているかもしれません。
もし、よろしければどうぞ。。


bunshun20130926p32p33acs.gif



厚生労働省によると、韓国から輸入された食品類のうち、過去3年間で126件の違反があった、とのことです・・。
日本国内での過去3年間の具体的な摘発事例は以下になります。


bunshun20130926p33table.jpg



意外と紹介しているサイトが少ないですね・・。
週刊文春だからでしょうか(^^;


引っ掛かるサイトを載せておきます。
記事内容の解説があります。


[薬剤師しりゅうの徒然草!]
http://blogs.yahoo.co.jp/siryu1964/10152739.html?from=relatedCat


[博士の独り言 II]
http://torakagenotes.blog91.fc2.com/blog-entry-2176.html



        *        *        *



ちなみに、週刊文春の記事の最後の言葉が以下になります。。


『反日のために科学的思考を捨てるようなら、
 日韓友好など夢のまた夢だろう。』


日韓友好は夢のまた夢ですか・・・。
マスコミも変わってきてますねえ(^^;


せっかく調べましたので、上記の資料の概要もコピーして、親戚さんに送っておきます。
「韓国食品を健康のために常食する」という考えを翻意してくれることを祈るばかりです、、。


もしよろしければ・・―→ にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ



ラベル:韓国産食品
posted by K_美樹 at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。