2013年09月30日

韓国メディアの売国が止まらない(2)

昨日の記事の続編的内容になります。


昨日の記事に書きましたが、ここ最近の韓国メディアが、日本に擦り寄るような報道を活発化させており、非常によろしくない状態です。


保守活動家は、韓国を反日化させ、日本に近づけなくさせる必要がありますが、韓国のように暴言、暴力、激情などをともなう活動ができません。
それを行なうことは、コンセンサスの獲得を阻害し、日本国を分裂状態に追い込み、すべての努力を無にしてしまいます。


反日無罪となる韓国と違い、この点においては日本は不利な立場です。
韓国大使館前で、生きている豚を八つ裂きにすることはできませんので(^^;


基本的には、韓国が嫌がることをすればいいわけです。
ちょっと前には、トンスル報道が流行りましたが、ああいうのは地味に嫌でしょうね。。
韓国の方々は、ひと目を気にしますので・・。


        *        *        *


ところで、韓国の首都ソウルは放射能に汚染されている、という話があります・・。


ソウルの放射線量は、日本の首都の71倍という話があります。。
また「甲状腺がんは日本の14倍」「ガン患者数が10年で2倍に増加」という報道もでています。
以下のURLに詳しい話があります。


[ソウルの放射能汚染]
http://3gensoku.seesaa.net/article/376045759.html


翻訳サイトや韓国大手メディアの報道を見てまわってみますと、どうも韓国政府はソウルの放射能問題について隠蔽しているようです。
また、韓国の方々は、放射能というものに対して、かなり恐れを抱いているように思います。


韓国国民の皆さんが、もし、この汚染の事実を広く知ったとしたら、どうなるのでしょうか?


普段から日本のことを「放射能猿」と笑っている方々は、どうなるのでしょうか?


さらに、この事実が、世界中に拡散したとしたら・・。
どういう精神状態になるのでしょうか?


興味深いことです。。


さらに、平昌オリンピックというものが近づいてきていますが、海外の方々は、このような状態の国を訪れたいでしょうか?
オリンピックほどの大きなイベントであれば、当然、首都に滞在する人も多くいることでしょう。。
ソウルに滞在することになる外国人の方々の身を案じてしまいます。


韓国の方々は、日本の放射能(韓国の71分の1)について厳しく糾弾していました。
当然、自国の放射能についても厳しく糾弾してくれることでしょう。
放射能の恐ろしさを世界に知らしめることに正義を感じているようですので。


北京オリンピックの時も大気汚染がひどく、一部の競技で辞退がでるなどケチがつきました。
平昌オリンピックでは、まさかそのようなことはないと思いますが・・・。


韓国の方々は放射能を恐れている。
ソウルは放射能汚染されている。
平昌オリンピックが近づいている。
韓国は日本の放射能について厳しく糾弾している。


これから先、どうなるのでしょうか?
興味深いことです、、。



もしよろしければ・・―→ にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ





2013年09月29日

韓国メディアの売国が止まらない(1)

韓国三大新聞のうちの一つ、中央日報の「日本への擦り寄り」が止まりません。


スマートフォンに「東京、2020年夏季五輪開催地に確定」という速報が浮かび上がった。
一瞬、頭の中が複雑になった。
これを契機に愛国主義が拡散し、日本が排他的な国粋主義に屈折しないか心配になったからだ。案の定、五輪招致の直後、日本国内で嫌韓デモが再開されたというニュースが聞こえた。
しかし22日、東京新宿公園ではこれに反対する「東京大行進」行事が開かれた。
参加者が持っていた「仲良くしよう」と書かれたカードの画面を見ながら、希望の芽を感じた。

日本と韓国はどっちみち親しく付き合うしかない宿命の隣国ではないのか。

2020年東京五輪で隣国と一緒にする成熟したグローバリズムを見たい。

[日本と韓国はどっちみち親しく付き合うしかない宿命の隣国]
http://japanese.joins.com/article/445/176445.html

        *        *        *

略奪されたものだから窃盗行為の盗品として戻ってきてもいいという考え方はグローバルな視点から見て潔くも穏当でもない。
文化財返還と関連しては1970年にユネスコで決議された「文化財不法搬出入と所有権譲渡禁止と予防に関する協約」が最も代表的な国際条約だ。
この条約は所在国の公式許可なく文化財を持ち出せば不法搬出と規定している。
問題はこの協約が遡及適用を禁じているというところにある。
くやしいがこの原則を適用する場合、

浮石寺の仏像は不法搬出と見なされ日本に返すのが正しい。

留意すべき点は、仏像返還時に強奪文化財を還収する契機になれるという点だ。そうするためには国際規範により対応することが必須だ。日本の良心にも訴える契機を作ることができる。

[浮石寺の仏像返還、理性的に対処せねば=韓国]
http://japanese.joins.com/article/599/176599.html

        *        *        *

金永熙中央日報論説委員と若宮啓文元朝日新聞主筆。韓国と日本で“言論の知性”に数えられる2人が、こう着状態に陥った韓日関係を改善する知恵を見出すために額を突き合わせた。
人間開発研究院(チョン・マンギ会長)が26日開催した「アジア時代・北東アジアの平和と繁栄に向けた韓日関係の未来」という対談からだ。

金論説委員は「韓日関係は謝罪→反発→謝罪→反発のパターンを繰り返してきた」として「両国社会の文化的な和解がなければ謝罪を繰り返しても真の発展はなく、日本政府の謝罪は右派の逆風を招いてむしろ両国関係を悪化させかねない」と指摘した。

[「韓日、経済・安保から関係正常化を」(1)]
http://japanese.joins.com/article/534/176534.html



上から順に要約しますと・・。


『日本と韓国はどっちみち親しく付き合うしかない宿命の隣国』
『浮石寺の仏像は不法搬出と見なされ日本に返すのが正しい』
『「両国社会の文化的な和解がなければ謝罪を繰り返しても真の発展はなく、日本政府の謝罪は右派の逆風を招いてむしろ両国関係を悪化させかねない』


つまりは・・・・、


「日本と親しく付き合うしかない」
「仏像は返すのが正しい」
「日本を謝罪させても発展はない」


すがすがしいほどの売国(韓国民にとっての)ぶりです(^^;


中央日報の「日本擦り寄り」は、今にはじまったことではありません。


[日本に擦り寄る韓国メディア](2013/9/10)
http://3gensoku.seesaa.net/article/373660818.html


中央日報は、発行部数第2位の大新聞社。
その新聞社が、「日本を謝罪させても発展はない」などと書くのは、日本の保守層にとっては、ゆゆしき自体です。


韓国民の中には影響される人間がでてくるでしょうし、そのような人物が、日本のリベラル層に接近すれば、「友好」「友愛」が好きなリベラル層は、簡単に懐柔されてしまうでしょう。。


        *        *        *


保守活動家は。韓国の反日感情を高めなくてはなりません。
『未来永劫、日本とは対話したくない!!』と思うほどに・・・。


ただし、暴言、暴力、激情などを伴う活動は最悪です。


つい先日、

「新大久保デモは韓国の反日感情を高めることができる。反韓デモはやるべきだ。」

という趣旨のコメントをいただきました。


確かに、反韓デモは韓国の反日感情を高める効果はあります・・・あるのですが、現状の反韓デモは、「日本のリベラル層」や「道徳心を誇りとする保守層」の反発も招いてしまう副作用があるのです。


そして、反韓活動家が、真に動かさなければいけないのは、日本の大多数をしめる「無関心なリベラル層」なのです。
この人々を動かさなければ、未来永劫、勝利はありません。
反韓活動は、日本の保守層にアプローチする時期は、過ぎ去ろうとしています。。


「無関心なリベラル層」の反発を受けるような行為は最悪であると言わざるをえません。


======
下記URLに、もう少し詳しい話が書いてあります。
もしよろしければ、一読していただけると幸いですm(_ _)m

[反韓活動の理論(1)]
http://3gensoku.seesaa.net/article/373835134.html

[管理人からの三つの提言]
http://3gensoku.seesaa.net/#katsudou3gensoku
======


反韓活動は、暴言、暴力、激情などをともなわないようにして頂きたいのです。
反韓活動は、静かに、冷静に、淡々と、事務的に行なって頂きたいのです・・。


それが、私の・・・“願い”です。


明日に続きます。。
明日は、もう少し具体的な話をしようと思います、、。


もしよろしければ・・―→ にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ



2013年09月23日

韓国に麻薬を投与する

韓国三大新聞の一つである東亜日報さんが、日本の親韓派が嫌韓派に転身しつつあることを指摘し「韓国にとって、よくない変化だ」という趣旨の記事をかいています。。


いつも利用している矢場に行ったが標的の位置が変わっていて、それも以前より当てるのが難しい奥まったところに移されていたら…。矢場に原状回復を要求しても、新しい標的は何か問題、と何も変えなかったら…。韓国を弓手、日本を標的とすれば、この頃の韓日関係がこうだ。当然、韓国は怒る。それで新しい標的でなく、以前、標的があった場所に向かってずっと弓を撃って不快感を表わしている。

そして1年が流れた。これまで私たちは安倍晋三総理の再登場と右翼指向指導者らの言動に韓日関係が揺らぐ原因を求めてきた。もちろんそれも正しい。ところが、最近、日本社会の底辺で変化が起きて以前の日本だけ考えてはいけない、という主張が登場してきた。韓国を刺激するのは明らかだが、標的を移動させる安倍総理だけを見ていてはいけないということだ。

底辺の変化とは何か。先月末、ソウルで開かれた韓日フォーラムでその答えの一端をのぞくことができた。このフォーラムには日本の政治家、学者、前職官僚、企業家、ジャーナリストなど35人が参加した。各分野の専門家である彼らの話と雰囲気に日本の変化を読んだ。

日本の変化の中で第一は日本国民が「謝罪疲労症候群」を感じ始めたという主張だ。謝罪を何度もしたのに時期がくればまた、謝罪しろと言うから疲れるということだ。この傾向は突然出てきたのではないが、この頃激しくなったという。親韓派日本人の中にもそのような人がいて、最近の日本の世論調査で韓国に否定的な見解を持った日本人が増加しているのもそのためという説明だ。にわかに理解し難いが、日本の政治家と一般国民を分けて対応しなければならない私たちにとって良くない変化だ。

二番目は‘法’に関する問題だ。韓国の裁判所や憲法裁判所が日本軍慰安婦、強制徴用者問題などで日本に不利な判決を下したことについて日本は(特にオピニオンリーダーらが)だいぶ憂慮していると主張する。

東亜日報(韓国語) この頃日本、その不便な真実
http://news.donga.com/Column/3/all/20130902/57370259/1



中央日報につづき、東亜日報も日本に、すり寄りはじめました・・。


韓国にとって『反日』は、麻薬のようなものです。
強烈な鎮痛作用と幻覚作用により、あらゆる問題が一挙に解決してしまいます。


しかし、「中国の圧力」「経済の崩壊」「アメリカの疑念」「クッポン(異常愛国者)」「韓国史の矛盾」「国際的孤立」・・・知識人は、内心は“まずい”と思っているのでしょうね。。


大新聞社である中央日報・東亜日報が、韓国世論を扇動しはじめた以上、少数ながら親日に流れる韓国国民もでてくるでしょう。
新聞の力は、まだまだ強力です。


[日本に擦り寄る韓国メディア]
http://3gensoku.seesaa.net/article/373660818.html


日本の保守層としては、非常によろしくない状態です。
韓国には、いつまでも合成麻薬『反日』を服用し、ラリっていてもらわなければ、最終目標まで到達できません。


韓国の方々には、日本に近づけないように、日本のリベラル層が「引く」ぐらいに・・・「引く」を通りこして『怒る』ぐらいにラリっていてもらわなければ困ります。


ゆくゆくは、世界の人々が、『怒る』ぐらいにラリってもらわなければ困ります。。


保守活動家の皆さんは、韓国の方々が、日本国旗を燃やし、安倍人形を燃やし、国旗の上でニワトリの首をはね、生きた家畜を八つ裂きにし、他国の書物を書き換え、他国の歴史資料を汚損し、他国の文化財を破壊するように誘導してください。
そして、その様子が、世界に向けて発信されるよう、お手伝いして下さい。


韓国が嫌で嫌でたまらないものを探しだし、世界に向けて発信してください。
歴史、文化、教育、精神性、風俗・・・いろいろあると思います。


それに加えて、日本人が、反韓を好むような土壌を作らなければなりません。
各種メディア・コミュニティーに働きかけなければなりません。
反韓記事を書けば雑誌が売れる空気を作らなければなりません。


そうすれば、韓国は簡単に反日に傾いてくれます。
史上もっとも日本が親韓であった10年前ですら、体に火をつけて踊っていた方々ですので。。


ただし、暴言、暴力、激情などを伴う活動は最悪です。
これらの要素は、日本の大多数をしめる「リベラルな日本人」を怒らせ、その“怒り”を保守層へ向かわせてしまいます。


反韓活動は、あくまで、静かに、冷静に、淡々と、事務的に行なわなければなりません。(管理人からの三つの提言


韓国の判断力、平常心、脳神経、精神を破壊しましょう。
保守活動家の皆さんは、合成麻薬『han-nichi』を投与しつづけてください・・・静かに、淡々と。。


もしよろしければ・・―→ にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ



2013年09月01日

日本に擦り寄る韓国メディア

よほど経済的に厳しいのか、中国の圧力が恐ろしいのか、アメリカの韓国切り捨てを憂慮しているのか・・・韓国主要メディアで、最近、日本に擦り寄る報道が増えてきています。。


アジア時代を迎え長い間の隣人である両国が対立ばかりしていては互いに傷ばかり負いかねない。
朴大統領就任後の対日外交を放置するような基調を変える必要がある。
日本との文化・観光交流がいつになく萎縮しているのは厳然とした現実であるためだ。
朴槿恵大統領が押す所と引く所を分ける知恵を発揮するよう願う。

中央日報
http://japanese.joins.com/article/927/174927.html


右傾化と再武装化が憂慮されるなら日本に対しても包容政策を試みてはどうだろうか。
日本がいくら嫌いでも国をまるごと移すことはできないから、ひとまず抱きしめてこれ以上擦れ違わないようにしようということだ。
そのような意味で直ちにパク大統領が日本に行くわけでも、安倍総理が韓国にくることでもない各国首脳が集まる多者間会議で略式に出会いを持とうという提案まで投げ出すことではない。

京郷新聞(韓国語) [特派員コラム]日本に‘太陽政策’を
http://news.khan.co.kr/kh_news/khan_art_view.html?artid=201308212132175&code=990334


2013年8月の日本が当時と違うという前に、韓国側の行動も振り返る必要がある。
今年2月の朴槿恵(パク・クネ)大統領就任式当時、安倍首相を正式招待するのがそれほど難しいことだったのか。
当時、安倍首相が就任式に出席し、朴大統領と顔を合わせていれば、韓日関係はこうした状況になっただろうか。
先を眺める戦略的な外交を果たして韓国はしているのだろうか。
もう一つ。「日本? とにかくたたけ!」を繰り返す無分別な一部の韓国メディアの姿は、いくら良い見方をしようとしても度が過ぎる。
事実に基づいた的確な批判でない無差別的な日本たたきは一般の日本国民を「反韓」にするだけだ。

中央日報
http://japanese.joins.com/article/367/175367.html



これは困った事態です・・。


韓国にはいつまでも反日でいてもらわなければ、日韓交流を破壊できませんし、保守勢力の当面の目標である「リベラルな日本人」の怒りを韓国に向かわせることができません。


>「日本? とにかくたたけ!」を
>繰り返す無分別な一部の韓国メディアの姿は、
>いくら良い見方をしようとしても度が過ぎる。


韓国三大新聞である中央日報が、こんなことを書くとは・・。
韓国メディアには、いつまでも「日本に核を打ち込め!!」と言っていてもらわなければ困ります。
韓国人の皆さんには、いつまでも日本大使館の前で“生きた家畜”を撲殺していてもらわなければ困ります。。


韓国三大新聞である中央日報が親日?を呼びかけている以上、少数ですが韓国国内でも同調者が出てくることでしょう。
その方々が「リベラルな日本人」に擦り寄れば、友好・友愛が大好きな「リベラルな日本人」は、イチコロです。


日本の保守活動家の反韓活動は、まだ温すぎるようですね・・。
少し、気を引き締めなければなりません。
本当は日本政府が動いてくれるといいのですが。。
――靖国参拝、竹島提訴、親書返送に対する謝罪要求などなど――


保守勢力は、韓国が嫌で嫌でたまらないことをすればいいのですが、暴力や暴言などは、「リベラルな日本人」の怒りを保守勢力に向かわせてしまいます。
よって、この方法は論外です。


(「リベラルな日本人」の怒りを保守勢力に向けさせないように)暴言を使わず、感情的にならず、差別的にならず、平和的、友好的に反韓活動を行なう・・。
なかな難しいかもしれませんね(^^;
とりあえず、日本を叩けば金になる韓国に比べて、日本人は不利な立場です。。


ですが、勝つ為には、やらなければなりません。。


保守勢力は、「韓国が嫌で嫌でたまらない物」を探し出し、世界に向けて発信しなればなりません。
そして、日本人が、反韓を好むような土壌を作らなければなりません。
各種メディアに働きかけなければなりません。
反韓記事を書けば雑誌が売れる空気を作らなければなりません。
そうすれば、韓国は簡単に反日に傾いてくれます。
史上もっとも日本が親韓であった10年前ですら、体に火をつけて踊っていた方々ですので。


反日勢力と反日スパイの一掃という、大がかりな大事業を成し遂げるためには、何が必要なのでしょうか?


---------------------------------------------------------------------
現代社会においては、大規模な事業を行う場合には大衆の同意がかかせない。
したがって、その事業がいかに健全なものであっても、その良いイメージを
大衆の心に印象づけることができなければ失敗に終わる。
(宣伝広報学の父・Edward Louis Bernays)
---------------------------------------------------------------------


日本は一つにならなければなりません。
そうしなければ敵と闘うことすらできません・・。


もしよろしければ・・―→ にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。