2014年04月19日

シーシェパード側から一転「日本は捕鯨を続けるべきだ」

かつてシー・シェパード側からの情報発信に携わったジャーナリストが、立場を変え、日本の捕鯨を保護する活動を行ってるそうです。


興味深い内容ですので紹介いたします。


(前略) 取材の間にメンバーが捕鯨船に乗り込み拘束される事件が発生。引き渡されたメンバーに話を聞くと、捕鯨船の日本人船員は妨害工作をしかけたメンバーの話にも耳を傾け、環境問題などをテーマにした日本の人気アニメ映画「もののけ姫」のDVDを手渡すなど、対話の姿勢を見せたという。しかし、そうした情報は番組ではいっさい触れられなかった。

 番組は米テレビ界の最優秀作品に与えられるエミー賞にもノミネートされたが、「見せたいものだけを放送する」方針に疑問を抱き、撮影クルーを外れた。

 20年の秋、日本の捕鯨について詳しく知りたいと太地町を訪れた。複数の船で鯨を網に追い込み、銛(もり)を投げて仕留める古式捕鯨。江戸時代初期に生み出されたその歴史と、先祖代々受け継がれてきた技術とチームワークに感銘を受けた。
 「日本は欧米のように油だけを取って鯨を捨てるようなことはせず、すべての部位を使って無駄にしない」。しかし、歴史や背景を当の日本人が知らないことに驚いた。「太地の真実のストーリーを伝えなくては」。捕鯨の研究を進めながら、和歌山大観光学部で教壇に立つ。

 今年1月、米ソールズベリー大学の学生9人を太地町へ案内した。捕鯨の歴史や鯨を供養する文化を説明すると、学生たちは熱心に耳を傾けた。「自分の足でその地を訪れ、歴史や背景を知ることが事実を知ることにつながる」と話す。
 キャロライン・ケネディ駐日米大使がイルカの追い込み漁を批判するコメントを短文投稿サイト・ツイッターに出したのは、その数日後のこと。ワーン氏は「ケネディ氏も一度、太地を訪れてみてほしい」と訴える。

 「日本はこれからも捕鯨を続けるべきだ」。3月末、オーストラリアの訴えにより国際司法裁判所が南極海での日本の調査捕鯨停止を命じたことについては、悲観的にとらえていない。「日本の捕鯨の正当性を世界に伝える絶好の機会ではないか」と話す。
 「必要なのは欧米の批判を気にせず、捕鯨の真実を伝えること。太地は自信をもって立ち向かえばいい」。真剣なまなざしでそう語った。

[シー・シェパード側から一転「捕鯨の歴史や正当性を伝えたい」]
http://photo.sankei.jp.msn.com/essay/data/2014/04/13taiji/


なんとも奇特な方がいるものです・・。
こういう方は大事にしなければなりませんね。


最近は、こういう外国人の方が増えているような印象を受けます。
昨日紹介した「慰安婦問題の不当性」を訴えているイギリス人、ヘンリー・S・ストークスさん、テキサス親父ことトニー・マラーノさん、ネット上には、慰安婦問題の不当性を告発したマックス・フォン・シュラーさん、親日韓国人ブロガーのシンシアリーさんと“うどん”さんがいましたね。


こういった方々を増やしていかなければなりません。
結局のところ社会変革運動とは支持拡大運動なのですね。


真実を伝えようと身を粉にして活動している方がいますが、真実を知ったとしても相手が動くとは限らないのです。


もっといいますと論理的に正しいことを証明したとしても人が動くとは限らない・・。
経験がある方も多いと思われます。


人が動かす方法には論理面と感情面がありますが、感情面を考慮せず動き・・・感情面の反発を引き起こし、感情面のハードルをあげてしまうのは愚かなことです・・。


人間にはネガティビティバイアスがあるため、一度あがったハードルは下がらない。。


[ネガティビティバイアス]
http://3gensoku.seesaa.net/article/395059395.html


イデオロギーが関わる論点は、論理を使っても動かしにくい・・・その上さらに感情面のハードルを上げてしまえば、、、長期的には敗北への道です。


味方を減らしてはいけません。


------------------------------------------------------
現代社会においては、
大規模な事業を行う場合には大衆の同意がかかせない。
したがって、その事業がいかに健全なものであっても、
その良いイメージを大衆の心に印象づけることができなければ
失敗に終わる。(宣伝広報学の父:Edward Louis Bernays博士)
------------------------------------------------------


もしよろしければ―→ にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
(別窓で開きます)


posted by K_美樹 at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月23日

日韓関係を断絶するには

政治学者の木村幹さんが、

『日韓関係修復が難しい本当の理由』

という記事を書いておられます。。


読んだのですが、非常に興味深い内容で、メモをとりながら読んでしまいました。


今日の日韓関係に興味がある方は読んでみることをお勧めしますが、やや長い文章ですので、私のメモ書き(要約)を記しておきます。
大まかな内容がわかるはずです。


@:「反日」デモへの参加者は、中長期的には減少する傾向を見せている。デモの組織者からは思うように参加者が集らないことへの嘆きの声すら聞かれる始末である。これらの状況を無視して、韓国の「反日」運動を過大に評価するのは危険である。

A:韓国における歴史認識問題や領土問題の重要性は、時間の経過と共に減少している。植民地世代が退き、社会の成熟と共に世論の関心が多様化していくからである。だからこそ、さまざまな「反日」運動に集まる韓国の人々の数は、長期的には減少こそすれ増加しない。

B:当時(2006年)の韓国には、経済面でも、安全保障面でも、「日本との協調が必要だ」という認識が存在していた。よって韓国政府やメディアの第1次安倍政権に対する姿勢は融和的だった。

C:冷戦が終了して中国をはじめとする旧東側国家との貿易が可能となり、韓国自身の経済発展と世界経済のグローバル化の結果として、韓国の経済的取引相手が飛躍的に増加した結果、韓国は日本への依存を大きく低下させた。よって韓国における日本の経済的重要性は著しく低下している。

D:韓国内における朴槿恵は「親中派」として知られる人物であり、朴槿恵政権における中国の位置づけは「仮想敵国」ではなく、「最重要の友好国」というべき存在になっている。そして、このような朴槿恵政権においては、米中関係もまた、対立的なものというよりは、共存的なものと位置づけられることになる。

E:強大な中国との対抗関係を前提としないならば、韓国が主として備えるべきは北朝鮮であり、その北朝鮮に対して韓国は通常兵器レベルで大きな優位を維持している。もちろん、北朝鮮が保有する核兵器については別途の備えが必要であるが、これについては米国からの「核の傘」の提供で足りる。大規模な通常戦の可能性がないのなら、在日米軍基地を保有する日本に特別な配慮をする必要はない。

F:加えてこの状況においては、尖閣問題で中国と対立する日本は障害物ですらある。万が一にでも尖閣問題が激化し、米国が巻き込まれる事態へと発展するならば、米中両国との密接な関係を前提とする韓国政府の安全保障政策は根底から覆されてしまうからである。

G:であれば、韓国政府にとって日米両国を切り離す方がむしろ利益になる。朴槿恵政権が米国に対しても歴史認識問題を持ち出して日本を非難することを躊躇(ちゅうちょ)しない理由はここにある。

H:日韓関係の重要性が低下した今日、大きな「反日」運動が起こっても、関係修復に動く利益が無い。今日の状況では関係修復は起きない。

I:結論として、日韓関係修復のためにできることは二つしかない。一つは歴史認識問題や領土問題そのものを解決に導いてその重要性を下げること、もう一つは韓国にとっての他の面での日本の重要性を上げることである。仮に日本の国内事情により前者が難しいのなら、やれることは後者しかない。

J:わが国にできることはたくさんあるはずだということである。例えば、自由貿易協定(FTA)の締結を進めることにより、自らの巨大な市場を利用するのは選択の一つであろうし、また米国に積極的に働きかけて、韓国軍を日米同盟の中により深く取り込み、彼らに高度な安全保障の枠組みを提供する、というのも一案だ。

[日韓関係修復が難しい本当の理由]
http://www.nippon.com/ja/in-depth/a02701/



木村幹さんは、「韓国国内の反日人口は低下している」、と述べておられます。。
私には信じがたいのですが少なくともデモの参加人数は減っているそうです。
上には記しませんでしたが、光復節(独立記念日)の最大の反日デモでも1000人を超えるかどうか・・・というレベルとのこと。


木村幹さんは、日韓関係を修復したいようですのでアホな結論に達していますが、私のような人間には良い指針をあたえてくれます。
木村幹さんの結論は以下のように読み替え可能でしょう。。


---------------------------------------------------------------------
日韓関係を断絶に追い込むには、韓国にとっての日本の重要性を下げることである。
例えば、自由貿易協定(FTA)の締結には断固として反対するのは選択の一つであろうし、また米国に積極的に働きかけて、韓国軍と自衛隊の連携をより困難にさせ、安全保障の枠組みを破壊する、というのも一案だ。
---------------------------------------------------------------------


        *        *        *


この木村幹さんの記事については、楽韓WEBさんも取り上げており、高評価をしておられます。
特に、現状解説については「満点」とのことです。


あわせて読まれますと面白いかもしれません。。


[修復する必要があるの?](楽韓WEB)
http://blog.livedoor.jp/rakukan/archives/4594561.html


もしよろしければ・・―→ にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ



==========署名のお願い==========

現在、反日勢力に対抗する複数の署名活動が行われています。
協力していただけますと幸いです m(_ _)m

[売春婦像撤去の署名](テキサス親父日本事務局)
http://staff.texas-daddy.com/?eid=454

[売春婦像撤去の署名](上記とほぼ同じ内容ですが若干見やすいかもしれません)
http://www.hoshusokuhou.com/archives/34842866.html

[ニューヨーク州の慰安婦記念碑撤去](上記とまったく同じ方法で署名できます)
https://petitions.whitehouse.gov/petition/please-remove-offensive-state-nassau-county-new-york-eisenhower-park/RB7kC1hD

[カナダ トロント 南京記念日宣言撤回署名](なでしこアクション)
http://nadesiko-action.org/?page_id=3428

==========================
posted by K_美樹 at 21:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月15日

韓国は、いつか世界を攻撃する

韓国の方が、アメリカに対して、文化財の返還を求める運動をしています。。


韓国側の主張によりますと、文化財は米兵に盗まれたものとのことです。。


韓国の市民団体「文化財を取り戻す運動」は23日、米国のロサンゼルスカウンティ美術館が所蔵する文化財「文定王后御宝」は、朝鮮戦争当時に米軍兵士によって韓国から盗み出されたものだとして、証拠の資料を美術館側に提出したと発表した。
複数の韓国メディアが報じた。

団体は7月11日、美術館側と面談し、1950年台に当時の駐米韓国大使が、47個の御宝が盗まれたと米国務省に申告した記録、米軍による御宝窃盗事件を報じた新聞記事などを提出した。

その後、美術館は米兵が盗んだことを裏付ける証拠資料を要求。

今回、団体は追加資料として、文定王后御宝が1924年に宗廟にあったことを証明する文献、1956年にヤン・ユチャン駐米大使が米国側に紛失したと申告した御宝47個の目録などを提出した。

文定王后は李氏朝鮮の第11代国王、中宗の王妃。文定王后御宝は、宗廟の第6室に祭られていたとされる。

団体代表の慧門(ヘムン)僧侶は、「文定王后御宝の横に墨で書かれた『六室大王大妃』の文字は、宗廟が所蔵していたことを示す重要な証拠だ」と主張した。団体は9月18日に、美術館側と2回目の面談を行うという。

現在、団体は各界の有識者による「100人委員会」を構成し、ホワイトハウスのオンライン請願プログラムを通じて文定王后御宝の返還を求める「答えろオバマ」署名運動を行っている。

[米兵に文化財盗まれた…「答えろオバマ」署名運動=韓国]
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2013&d=0826&f=national_0826_015.shtml



この文章だけではわからない部分もありますが、美術館側が「米兵が盗んだ証拠」を求めたところ、提出したのが、以下のものとのこと。。


>文定王后御宝が1924年に宗廟にあったことを証明する文献
>駐米大使が米国側に紛失したと申告した御宝47個の目録


これは、証拠なのでしょうか??(^^;
「1924年に宗廟に文化財があったこと」
「紛失したと申告したこと」
この2点からは米兵の関与はうかがいしることができませんが・・。


文化財に関しては、日韓でもいろいろとありました。。
日本人は、やさしいですので、味をしめてしまったのかもしれませんね。
「答えろオバマ」署名運動というのも、なんだか失礼な話ですね。
なぜ米兵が盗んだことが確定というふうになっているのでしょうか・・。


        *        *        *


ところで、以下は米歴史研究家マックス・フォン・シュラーさんの言葉です。


40年前に私は韓国に住みました。現在の韓国人みたいな傲慢的では有りませんでした。
この傲慢さは新しいです。

しかし、これは、韓国人は自分達しか考えられない証拠です。
世界の国々の中に一つの国の存在を理解出来ません。

それと、私のアメリカの友達にこう言います。
韓国人を要注意です。
彼達の信念は、韓国が世界一の文明です。

いつか、アメリカにも攻撃します。



『韓国人の信念は「韓国が世界一」である。』
『いつか、アメリカも攻撃する。』


・・・そう・・ですか。。
おそらく現実となるのでしょうね。
近年のニュースを見てると、つくづく感じてしまいます。。


        *        *        *


このブログにおいて、私は、何回か以下のように主張しています。


『反韓活動は“国内活動”と“対韓活動”の両輪で行なうのがベストである。』
『“対韓活動”は韓国を「自爆に追い込む」のが重要な戦略の一つである。』

[反韓活動の理論(1)]
http://3gensoku.seesaa.net/article/373835134.html


韓国の反日感情を増幅させることにより、韓国の自爆行為を誘発させる・・・というのは以下に記しました。

[韓国を自爆させる]
http://3gensoku.seesaa.net/article/374642298.html


しかし、自爆行為をさせるのであれば、必ずしも日本を絡ませる必要はないのかもしれないとも思いはじめています。。


実際に韓国に住んだこともある韓国通のアメリカ人の方が、
『韓国人は傲慢であり「韓国が世界一」と思っている。』
とまで証言しているのです。


この自尊心を利用して、他国をも攻撃するように誘導する・・・攻撃しやすいような風潮をつくることも可能でしょう。


『韓国人は優秀であり、世界一であり、他国に対して何をやってもよい。』


という風潮をつくる活動をするのです。
取るに足らないことでも極端に称え、歴史・文化を極端に称え、祖先は偉大であったと極端に称えることにより、いかに韓国民族の言い分が正当であるか、、、という感情を増大させるのです。


反日感情を絡ませることも可能でしょう。
アジアには親日の国が比較的多くあります。
世界一偉大で正当な主張をしている民族が、親日国家などというものを認められるでしょうか?
以下のように読み替えが可能ではないでしょうか。。


--------------------------------------
韓国人を要注意です。
彼達の信念は、韓国が世界一の文明です。
いつか、親日国家すべてを攻撃します。
--------------------------------------


いかがでしょうか?


ただ、現実的に英語での活動が主になるだろう、というのがネックですね・・。
韓国語が読み書きできる人は、さほど多くないと思われます。
協力者が得られれば・・・。
(やはり「日本を一つにすること」「コンセンサスを獲得し仲間を増やすこと」が最優先事項ということになってしまいます)


韓国民族が、いずれ世界を相手に闘争するようになるのであれば、その時がくるのを早めてやる・・・そのような事態を拡大するように誘導する。。
まぁ、発想としてはありだと思っております。
研究課題の一つとしてブログ記事として記録しておきます。


もしよろしければ・・―→ にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ



posted by K_美樹 at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月13日

反日メディアの勢力を削ぐ

一部のメディアが韓国との国交断絶に言及するようになりました・・。


恥知らぬ韓国とは国交断絶
==前略==韓国は、小中華思想(主に朝鮮で唱えられた中華思想)が染みついた国です。韓国の価値観や行動様式、文化が世界最高であり、世界中どこでも通じると思い込んでいる。

 だから朴槿惠も、「日本の上役であるアメリカに言い付けちゃえ、オバマは理解してくれるだろう」となったわけです。あくまでも、朴槿惠からすれば当たり前のことをしたまでなんです。

松木 「従軍慰安婦問題」では、強制連行の証拠など何もなく、日本に直接言っても絶対に勝てないから世界の大国アメリカに頼って、力ずくで日本を屈服させようとする卑しい事大主義思想が見事に表れています。あるいは、アメリカも慰安婦問題で日本を貶め、原爆投下を帳消しにしたいはずだとの読みがあったのかもしれません。
 いずれにしろ、二国間のトップの会談で他国の悪口を言うのは国際常識に反する見苦しい行為で、自国の品位も傷つけることが大統領にも分からないほど、反日感情が自家中毒してしまっているんです。「日本批判」はどこの国に行っても全てに優先されると錯覚しており、国際礼儀を欠いた自らの独善的言動が、自分自身や自分が代表している韓国の「軽薄さ」を世界に宣伝していることに気付いていない。==中略==

松木 韓国には「過去を水に流す」という文化がありません。したがって、相手に復讐するまで恨みが消えることはない。「千年経っても加害者と被害者の関係は変わらない」という朴槿惠大統領の発言は、そのことを象徴していますね。どこまでも過去を遡って相手を糾弾し、自分の権利を主張する。したがって、「従軍慰安婦問題」などで日本が謝り続けたとしても、韓国が「許す」などということは絶対にありません。

室谷 謝ることで、逆に韓国を図に乗らせてしまいましたね。
松木 そうです。これまで日本が安易に頭を下げた結果、どうだったか。反日感情は高まる一方で、日本への要求もどんどんエスカレートしていきました。慰安婦問題で味をしめた韓国は、日本を攻撃しても「冷静に対応する」というぐらいで反駁してこないことを分かっているので、ますます日本を糾弾するんです。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130814-00010001-willk-pol



雑誌に「国交断絶」という言葉が出るようになるとは・・。
時代の流れを感じます。。


まあ、右翼御用達雑誌、WiLLなんですけどね(^^;
とはいえ、一応、法人メディアに、このような単語がでてくるというだけで前進はしているのでしょう。


あとは、このような流れを大きくするまでです。
このような記事を書けば売れるような空気を作らなければなりません。。
実際に一部の週刊誌には反韓記事が載るようなってきました。
“売れる”とふんでのことでしょう。


ただ、保守活動家が、率先して、これらの雑誌を買う必要はないでしょう。
あまりに、回りくどく、ロスが大きいです。


逆に考えてみましょう。
反韓雑誌の勢力を拡大するよりも、
親韓記事を書く媒体の勢力を削ぐには、とうしたらいいのか? と。。


簡単な方法としては、まず、親韓記事を書く媒体は解約するすることですね。。
しかし、こんなことでは、大した効果はみこめません。


多くの人が「親韓記事を書く媒体を解約したい」と思うような活動をしなければなりません。
朝日新聞、毎日新聞、中日新聞などを解約したい、と思うような“流れ”をつくらなければなりません。


ただ、友人知人に「朝日新聞は、よくない新聞だから解約したほうがいいよ」と言うのでは、効果はゼロに等しいでしょう。
賢いやりかたとは言えません。


自発的に「解約したい」と思わせなければ・・・。


簡単なのが「不祥事の周知」でしょうね。
そもそも、朝日新聞、毎日新聞は、もともと不祥事が多い新聞なのです。。

[朝日新聞の不祥事年表]
http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/108.html

[毎日新聞の不祥事年表]
http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/126.html


「リベラルな日本人」が嫌う、「不正義」「詐術」「捏造」「差別」「暴力」「破壊」「暴言」に関連する不祥事をさがし、それとなく伝える・・・日本中に周知すればいいでしょう。
あくまで、感情的にならず、静かに、淡々と、冷静に。。


伝えたうえで、説得するのは説得の技術について詳しいかたのみが、やったほうが良いと思います。
説得というのは専門技術が必要な場合が多いのです。。


以下ようなものをソースつきで伝えるとよいでしょう。


「毎日新聞英語版ニュースサイトで捏造変態記事を世界配信」(2008.06.20)
「朝日サンゴ事件。沖縄の貴重なサンゴに自ら「KY」と傷をつけ破損」(1989.04.2)
「朝日新聞記者、酔ってタクシー運転手殴る」(2010.11.06)
「朝日新聞社長室主査(46)、電車内で被害者と目があい殴打。傷害で逮捕。」(2011.10.12)


探せば、もっと良い材料があると思います。


積極的に相手を動かそうとするよりも、どうすれば「自ら、そうしたい」と思うだろうか・・・と考えた方が効果が高いと思います。。


もしよろしければ・・―→ にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ



posted by K_美樹 at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。