2013年10月03日

拷問された日本人漁師

かなり前から、ネット上に、「竹島近辺で拿捕され拷問された日本人漁師の画像」、というものが出回っています。


下の画像になります。。


ショッキングな画像ですので小さめにしておきます
ryousi.jpg



恥ずかしながら、私は、「この画像が何なのか?」、「出所はどこなのか?」、知りませんでした・・。


ここ数日、韓国の海洋事情について調べる機会があり、ちょうどいい機会でしたので、この画像が何なのか調べてみました。


もし間違いがあると大変ですので・・。
誤った情報は、保守活動家が行なう活動の正当性を根底から崩壊させてしまいます。


        *        *        *


上記の画像は、2007年3月1日頃、国民日報のニュースサイトにおいて報道された、「日本の侵奪に対立した独島義勇守備隊の復元映像を初公開」というニュースが出所です。


国民日報は、売上部数第7位の韓国の新聞社です。
1988年創刊とのことですので、それなりに歴史のある新聞社です。


残念ながら、元ソースはすでに削除されており、キャッシュや魚拓も発見できませんでした。
ただ、日本語訳の全文がキャッシュとして現存していますので、このブログにも記録しておきます。
遠からず、すべて消えると思われますので・・。


(画像)
www.kukinews.com/online_image/2007/0228/070228sdd.jpg

1950年代、日本の領土侵奪から独島を守り抜いた独島義勇守備隊と、当時の独島の風景が収められた記録映画が復元され、3.1節88周年を迎えてKUKIニュースを通じて初め公開された。

28日、韓国映像資料院は『独島と平和ライン(Kodachrome/16o/No Sound Track)』の復元作業を終え、映像を公開した。

(動画)
www.tagstory.com/video/video_post.aspx?media_id=V000028722

この映画には、独島義勇守備隊が独島を守っていた1955年に製作されと推定され、独島義勇守備隊と大韓民国海警の生活の場面、独島の天然洞窟や独島の海岸の絶壁など、当時の独島の全容が収められtいる。

この記録映画は、当時の海警チルチョン号の故ハン・チャンリョル艦長の息子であるハン・ヨンジュンさん(45歳・教師)が、2005年の3月に『独島に係わる映画を作る』という内容の本紙の記事を見て、病床の父親が所蔵していたフィルムを本紙に送って来た。

当時、ハンさんは、「父が済州海峡でラインを越えて来た日本漁船を捕える途中、独島守備隊が10日くらい補給が途絶えて餓死状態だという海警の連絡を受けた」とし、「この言葉を聞いてすぐに独島に行った際に、名前が分からない写真作家が同乗してこの記録映画を残す事になった」と紹介した。

映像資料院は、フィルムが非常に古くてそのまま放置した場合、今後の上映が不可能になるかも知れないという判断の基で復元を決定し、1年余り掛けた作業により復元されたフィルムが初公開された。

3分10秒程度のこのフィルムは、原本の編集過程で音声編集をする為の前段階として作られた、複製であると推測されている。

原本のフィルムには音声も収められていると思われるが、寄贈されたフィルムには映像情報のみが入っていると映像資料院側は説明している。

ハンさんは、「海警に勤務していた父は、マッカーサーラインを越えて来た日本の漁船を余りにも多く捕え、当時の日本の雑誌である『文芸春秋』で、三度も父を海賊として描いた」とし、「独島守備隊と韓国海警が、血の汗を流して守り抜いた独島を、日本に絶対に奪われてはならない」と強調した。

ハンさんはまた、「父が歌曲『待つ心』の、「日出峰(イルチュンボン)に日が登ったら私を呼んでください♪」という歌詞で、日出峰を『独島嶺(ドクトリョン)』に替えて一人で叫んだりしていた」と回想した。

独島義勇守備隊は鬱陵島(ウルルンド)に住む民間人と、6.25参戦軍人など33人で構成された民間組職で、朝鮮戦争の混乱に便乗した日本人の独島への侵奪が頻繁だった1953年の4月20日から、1956年の12月30日まで独島の実効的支配の為に犠牲と愛国精神を発揮し、漁民の保護と独島守護任務を遂行したと伝えられる。

だが独島義勇守備隊同志会の関係者は、「活動人員や時期が間違って伝えられている部分が多い」とし、「人員と活動期間に対する再検証が必要だ」と語った。

ソース:国民日報KUKIニュース(韓国語)
www.kukinews.com/news/article/view.asp?page=1&gCode=soc&arcid=0920464652



まだ画像・動画は削除されておらず、見ることができます。
(負傷した漁師の場面は 2分53秒です)


なぜ民間人を拿捕して、あのような酷い状態になるのか判りませんが、とりあえず、日本人漁師を拿捕していた「独島義勇守備隊と大韓民国海警の生活の場面」のフィルムに出て来ますので日本人の漁民ということになります。


それにしても酷い・・・。


火傷をおった漁師は、ネット上では「島根県第三興洋丸の乗組員」と、よく紹介されています。
なぜ、そう言えるのかわかりませんでしたが、フィルムに船体が映る場面があるのですね・・・納得しました。


島根県第三興洋丸の乗組員の映像1.jpg



島根県第三興洋丸の乗組員の映像2.jpg



「第三興洋丸」と確認できます。


日本語らしき文書(押収物?)を確認している様子も見てとれます。
何が書かれているのかわかりませんが、画像解析の専門家なら分析できるのかもしれません。。


島根県第三興洋丸の乗組員の映像3.jpg



        *        *        *


しかし、民間人が、なぜあのような状態にならなければならないのか・・・痛々しいです。


画像の出所と経緯はわかりました。
なんの根拠もない画像ではありません。。


日本の報道によりますと、
「拿捕された日本の漁船は328隻、抑留された船員は3929人、死傷者は44人」
とのことです。
http://www.news-postseven.com/archives/20101022_4077.html


死傷された44人の方のうちの1人なのでしょう。
何とも、ひどいことです・・・。


もしよろしければ・・―→ にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ





posted by K_美樹 at 21:01| Comment(1) | TrackBack(0) | 竹島不法占拠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月05日

韓国の反日感情は「幸い」

韓国が内閣府の「竹島の世論調査」について、
在韓日本大使館の外交官を呼び出してまで抗議したようです。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 内閣府が島根県・竹島(韓国名・独島)に関する特別世論調査結果を1日に公表したことに対し韓国外務省は2日、在韓日本大使館の船越健裕公使を呼び抗議した。同時に「再び挑発的行動を取ったことに厳重抗議し、こうした行為の即刻中断を強く求める」とする報道官論評を発表した。

 船越公使への抗議は、東北アジア局の李相徳審議官が行った。論評は「日本政府が独島に対する、でたらめな主張を続け、一部の政治指導者が傲慢な言動と誤った歴史認識を繰り返し示している」と指摘。「こうした言動は韓日関係の未来志向の発展や北東アジアの調和にも深刻な障害となる」と強調した。


[韓国、竹島の世論調査に抗議 日本公使呼び「挑発行為の即時中断を」]
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130802/kor13080213300004-n1.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


世論調査をしただけでこの慌てぶり、正直、これはおいしいです(^^;
よほど、竹島については話題にしたくないみたいですね。
まあ、ことがおおやけになってしまえば韓国側に勝ち目はありません。
独立後の自国の教科書に「竹島は韓国領外」と記されているほどですから。


[韓国の教科書に「竹島は韓国領外」と明記(2013/7/31)]
http://3gensoku.seesaa.net/article/370756616.html


何かの拍子に世界的な注目があつまれば・・・韓国としては致命傷になりかねません。


中国ならばともかく、日本が韓国と疎遠になっても、日本側には大して損害はありません。
韓国側にはあるかもしれませんが・・。
そもそも、日本の保守勢力は韓国とは国交断絶したい方が多いと思います。
しかし、現実問題、日本側からはそれを行うのは難しいところがあります。


可能性があるとすれば、韓国側が冷静さを失い錯乱状態に陥り一方的に断交を行うか、反日洗脳教育をうけた世論に押し切られる形で断交に進むか・・・これぐらいしか現実的なシナリオは想定しにくいでしょう。


私達としては、韓国が日本を嫌ってくれればくれるほど好都合です。
逆に、もし親日のそぶりを見せはじめたら・・・これは厄介です。
(これができたら正直頭がいいです、私達としては手が打ちにくいです)
韓国の強い反日感情は私達には幸いと言わざるを得ません。


韓国人の反日感情を根底におく非論理的な行動は、あらゆる目標を達成不能にする「悪いイメージ」を受け付けるのに効果を発揮します。
また、韓国のイメージが著しく悪化すれば、政府内で反日スパイが工作したとしても大衆の同意が得られず韓国への援助・譲歩は困難になります。


---------------------------------------------------------------------
現代社会においては、大規模な事業を行う場合には大衆の同意がかかせない。
したがって、その事業がいかに健全なものであっても、その良いイメージを
大衆の心に印象づけることができなければ失敗に終わる。
(宣伝広報学の父・Edward Louis Bernays)
---------------------------------------------------------------------


もっともっと竹島には触れましょう(^^;
政府には、もっともっと竹島について挑発行為(ではないのですが・・本当は)を行ってほしいものです。
韓国が反日になればなるほど私達には有利にはこびます。


日本国旗を燃やし、「KILL JAP!!」と絶叫し、日本料理店は破壊され、生きた家畜に火をつけ、生きた動物を虐殺し、その血を振り撒く・・。
その様子が世界中に報道される、そして日本でも報道される・・。
そのたびに、私達への同調者は増え、日本は一つになります、私達は目標達成に近づきます。


逆を言えば、私達は、自らが不利になるような上記のような“間抜け”な行為をしてはいけません。
「朝鮮人をガス室へ送れ!」とか「朝鮮人を射殺しろ!」とか言っている場合ではないのです。
私達の「未来の同調者」を減らしてはいけません。
あくまで冷静に、静かに、たんたんと、紳士的に、韓国が、嫌で、嫌で、たまらないことをしましょう。(^^;


色々なやり方があると思いますが、韓国は「日本の妄言」という単語が好きなようですので、韓国人が妄言と思っている歴史的事実を世界に向けて発信するとよいでしょう。
あくまで、紳士的に、友好的に・・。
その度に、国旗は燃やされ、建築物は破壊され、家畜の血がばらまかれるでしょう。




ところで、日韓基本条約により日本は国家賠償から個人補償まで「最終的かつ完全に」解決しています。(協定第二条1)
しかし、韓国政府はこの付随協約を隠蔽、2005年に公開します。
このようなことがあったため、日韓の国民の対立は大きなものとなりました。
事実を知った韓国の皆さんの落胆はお察しいたします。
韓国政府から補償を勝ち取って下さい、私達も協力いたします。

しかし、韓国政府は、いらぬ誤解をまねく隠蔽工作をした結果、いわれなき批判にさらされ不当な糾弾を受けた日本国民には謝罪しないのでしょうか?
日本国民を非難した韓国メディアは、自らの過ちをみとめて謝罪しないのでしょうか?
あれだけ「日本は補償していない!」と叫んだのです、私達が受けた精神的苦痛に対して公式に謝罪して欲しいのですが・・。
長い歴史をもつ誇り高き韓国民族なら、当然できるはずです・・・世界でもっとも礼儀正しい高潔な民族なのですから。。




韓国には、もっと非論理的な、理解不能な、世界中の誰もが肯定できない異常な行動をとってもらわなければなりません。
韓国には、もっともっと反日になってもらわなければなりません。



もしよろしければ・・―→ にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ



posted by K_美樹 at 17:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 竹島不法占拠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月31日

韓国の教科書に「竹島は韓国領外」と明記

一部では有名な話とのことですが・・、、


韓国がまだ外交権を有してた1899年の韓国の教科書に「竹島は韓国領外」と明記されているとのことです。(^^;


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 韓国が主張する竹島領有の根拠は、金大中元大統領が

「1905年に日本が竹島の領有を閣議決定」したことに対して、
「当時の韓国政府が何も問題提起をしなかったことを根拠に領有権を主張するのは、認めることができません。日露戦争当時のわが国は事実上、日本の支配下にあって反論できなかった」

と、2005年5月23日に開催された東京大学主催のシンポジウムで述べたレトリックに集約される。

 これは、第一次日韓協約(1904年)、第二次日韓協約(1905年)によって保護国になり外交権を失っていたことを指摘した発言だが、その論拠は破綻している。

 まだ外交権があった光武3年(1899年)に韓国で使用されていた教科書『大韓地誌』には、

「わが大韓民国の位置はアジアの東部に在り、支那の東北部から日本海と黄海・渤海の間に突出した半島国で、北緯33度15分より42度25分に至り、東経124度30分より東経130度35分に至り…」

と竹島の位置(東経131度52分)が韓国領外であることを明確に記述している。そのため、韓国政府はまず自国民に対して捏造された歴史を広めて“洗脳”してきた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130719-00000003-pseven-kr



ちなみに、下記URLで、その韓国の教科書『大韓地誌』の実物画像が見れます。


さらに、戦後・・独立後の韓国の書籍にも「竹島は韓国領外」と明記されているとのことです。
こちらも実物の画像が見れます。


http://koreanworld3.web.fc2.com/enjoylogs2/2007-12/20071211-192940.html
http://dokdo-or-takeshima.blogspot.jp/2007/11/1894-1948-korean-territory.html


ちなみに1899年の教科書『大韓地誌』には「日本海」という名称を使っていたのも確認できますね(^^;
外交権を失う7年も前の出版物なのですが・・。



        *        *        *



反論として『大韓地誌』の表記「東経130度35分」には鬱陵島が入らないため、「そもそも孤島は入れるのを省略した」というものがあるようですが『大韓地誌』は長年使われたため、複数の版があり1906年の版では、鬱陵島が領内に入っているとのことです。


『大韓地誌』は、もともと孤島は省略するという編集方針ならば、なんで急に鬱陵島を入れたのでしょうか?
何だかおかしい気がしますが・・。


1907年の「新編大韓地理」には「韓国の東端である鬱陵島は130度45分〜53分にある」と書かれているそうです。
これは当時は、このようなアバウトな認識だったということを示しています。
(東経130度45分〜130度48分では鬱陵島は入りません、また、東経130度53分までだと東端に達しません、東経130度53分は鬱陵島の東端ではありません。)


Googleマップで確認してみましたが、「新編大韓地理」に記述されている東端の位置と『大韓地誌』に記述されている東端の位置は、最短距離で15キロぐらいしか離れていません。
これが100キロとか離れていたら「孤島は省略した」という解釈もできるかもしれませんが・・・人が普通に歩けてしまうぐらいの誤差です。


「東経130度35分」というのは、ようするに「鬱陵島までだよ」ということを言いたかったのではないでしょうか?
中途半端な位置に理由もなく東端を設定するでしょうか?


この「東経130度35分」という数値は、まったく同じ数値が「最新高等大韓地誌(1909)」「大韓協会会報第12号‘地誌’(1909)」などの書物でも採用されています。
ようするに「そのあたりが東端だよ!」ということなのでしょう。


ちなみに、独立後の書籍『中等地理(地理学中学校)』『朝鮮常識問答』『朝鮮常識』には、鬱陵島が領内と記されており、東端は竹島ではなく「チュクソ」と明確に記載さているとのことですが、これについてはどうなるのでしょうか?
朝鮮半島の常識を記載する書物において、『チュクソが東端』書かれているのは重い意味をもつと思いますが・・。
そもそも、自国の領土について南北東西の端がわからない・・・調べない、著作家・学者などいるのでしょうか?



        *        *        *



このような視覚的・直感的にわかりやすい証拠というのは、文字で論理的に述べるよりも、多数の共感を得やすいものです。
より多くの人に見てもらいたい資料ですね。


文章というのは、いかに論理的で素晴らしいものであったとしても、ほとんどの人は真面目に読んでいないものです。


竹島関連について、啓蒙しているサイトは、もっとビジュアルや「明快なフレーズ」を使うテクニックを研究したほうが良いように思います。。


「竹島は韓国のものだよ、だって韓国の方が近いじゃない。」
と言っているレベルの人に、竹島問題の経緯と歴史を説明するよりも、一言、


「日本のものですよ、韓国の歴代の出版物に“韓国領外”と明記されています」
と言うほうがインパクトがあり、効果的でしょう。
まともな人であれば自分で調べたりもするでしょう。


文字や言葉を使った“積極的な説得”というのは、テクニックが必要になりますので、むやみにしない方が良いように思います。
このことは、ゆくゆくはこのブログでも書きたいと思っているのですが、「相手に真実を伝える」というのは、相手を納得させるのに、時としてマイナスに働くことがあります。
それが“本当に日本を愛する日本人”に対するものであったとしてもです。


「真実を多くの人に伝えなければならない」
と書いているサイトが多くありますが、これは必ずしも正解ではありません。。


上記URLの魚拓がありましたので記録しておきます。
http://megalodon.jp/2013-0722-1521-04/koreanworld3.web.fc2.com/enjoylogs2/2007-12/20071211-192940.html
http://megalodon.jp/2013-0726-2358-17/dokdo-or-takeshima.blogspot.jp/2007/11/1894-1948-korean-territory.html


もしよろしければ・・―→ にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ



posted by K_美樹 at 17:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 竹島不法占拠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。