2014年01月14日

世論調査比較(読売 JNN 産経・FNN 共同)

安倍首相の靖国参拝、および内閣支持率の世論調査を「JNN(TBS系)」と「読売新聞」が発表しましたので記録・整理しておきます。


 1月の安倍内閣の支持率は前の月と比べて7.9ポイント上がって62.5%となり、6割台に回復したことが、JNNの世論調査でわかりました。調査は、ご覧の方法でこの土、日に行いました。

 安倍内閣の支持率は、「支持」が前の月に比べて、7.9ポイント増え62.5%となり、わずか1か月で6割台に回復しました。

 また、政党支持でも、自民党が前の月と比べ5.2ポイント増え、35.5%となりました。

 次に、年末に安倍総理が靖国神社を参拝したことについて、どう思うか尋ねたところ、「良くなかった」とした人が、「良かった」とした人をわずかに上回りましたが、賛否は二分しました。=以下略=

[JNN世論調査、安倍内閣支持率が6割台に回復]
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20140113-00000005-jnn-pol



支持率は7.9%の上昇とのこと。
靖国参拝は・・・ちゃんと文字おこしして欲しいですね、これは「良かった→42%」、「良くなかった→46%」です。
動画見ないとわからないじゃないですか。。
以下、証拠画像。


参拝支持率


安倍内閣支持率



読売新聞も世論調査の結果を公開しています。
以下になります。


 安倍内閣の支持率は62%で、前回(昨年12月6〜8日)の55%から7ポイント上昇して60%台に回復し、不支持率は30%(前回38%)に下がった。自民党の支持率は40%(同36%)に上がった。

 他の各党支持率は民主4%(前回6%)、公明4%(同4%)、共産3%(同3%)などだった。

 沖縄県の米軍普天間飛行場の移設問題で、仲井真弘多知事が同県名護市辺野古沿岸部の埋め立てを承認し、移設手続きが進んだことを「評価する」と答えた人は59%に上り、「評価しない」の28%を大きく上回った。

 安倍首相が昨年12月、就任後初めて靖国神社を参拝したことについては「評価する」45%、「評価しない」47%が拮抗した。=以下略=

[内閣支持回復62%、普天間進展「評価」59%]
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20140112-OYT1T00515.htm



支持率は7ポイント上昇で62%。
靖国参拝は「評価する→45%」「評価しない→47%」ですか・・。
ちょっと負けてますね。。


        *        *        *


靖国参拝後の世論調査については、当サイトでも複数回紹介していますので、比較・整理しておきます。


【共同通信】
  内閣支持率「55.2%」(1%増)
  靖国参拝「支持43.2%」「不支持47.1%」
  http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS2901K_Z21C13A2000000/


【産経・FNN合同調査】
  内閣支持率「52.1%」(4.7%増)
  靖国参拝「支持38.1%」「不支持53.0%」
  http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140106/plc14010612040012-n1.htm


【JNN(TBS系)】
  内閣支持率「62.5%」(7.9%増)
  靖国参拝「支持42%」「不支持46%」


【読売新聞】
  内閣支持率「62%」(7%増)
  靖国参拝「支持45%」「不支持47%」


大手の調査(全世代対象)が出揃ってきましたね・・。


産経・FNNを除き、さほど差がありません。
とくに靖国参拝に関しては差が少なく、支持は42〜45%、不支持は46%前後とみていいのでしょう。
まぁ、拮抗に極めて近いと見ていいのかな?


しかし、産経・FNNが、内閣支持率、参拝支持ともに一番低いというのは意外です。。


朝日・毎日がどうなるのか見てみたくなってしまいますね(^^;
露骨に操作してくるのか、してこないのか・・・。


もしよろしければ・・―→ にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ





posted by K_美樹 at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 靖国参拝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月13日

台湾総統、靖国参拝に「理解しがたく失望した」

現台湾総統である馬英九さんが、安倍首相の靖国参拝について何か言っています。。


台湾の馬英九総統は、安倍総理大臣が先月、靖国神社に参拝したことについて、周辺国の歴史の傷を顧みない行動だとして、「理解しがたく、失望した」とこれまでより表現を強めて批判しました

これは台湾の馬英九総統が、インターネットの交流サイト、フェイスブックのみずからのページに書き込んだものです。
この中で、馬総統は、安倍総理大臣が先月26日に靖国神社に参拝したことについて、「東アジア地域の安全に対する不安定要素を生じさせた」と指摘したうえで、「中華民族の一人として、日本政府が周辺国の歴史の傷を顧みず、こうした行動をとったことは理解しがたく失望した」と批判しています

安倍総理大臣の参拝を巡っては、すでに、台湾の外交部が懸念を示す声明を出していますが、馬総統はこれまでより表現を強めた形です。

馬総統は、台湾も領有権を主張している沖縄県の尖閣諸島を巡って東シナ海の緊張が高まるなか、安倍総理大臣が靖国神社に参拝したことを強調したうえで、関係国に対し、地域の平和と安定のために力を注ぐよう望むと呼びかけています。

[台湾総統 首相の靖国神社参拝に失望]
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140112/k10014442511000.html



また、台湾ですか・・。
台湾は靖国参拝について執拗に批判しており、12/26以降これで3回目です。


1/9に「靖国参拝、各国の反応の総まとめ」という記事を書き、この記事の中で台湾を「批判した国」に分類しましたが、今後さらに厳しい分類にしなければならない事態も起きえるかもしれませんね・・。


現在のトップである馬英九総統の任期は2016年中旬まであります。
まだ、しばらくありますね。。


        *        *        *


ちなみに、次期総統に親日とされる民進党の方が就いたとしたら、靖国参拝についてはどういう対応になるのでしょうか。。
興味がわきましたので調べてみました。


現在の民進党の党首は蘇貞昌さんですね。
比較的親日とされています。


今回の安倍首相の靖国参拝について、蘇貞昌さんもコメントを出しています。
以下のようなものです。


民進党の主席の蘇貞昌が今日訪ねられる時表して、今東アジアの情勢が不安で、このような行為は周辺の情勢の安定と平和に無益です。

蘇貞昌は、過去日本の軍事は武力を乱用して、侵略周辺国家を攻撃して、これは歴史が否定することができないので、特に、そんなに大きい災難がと苦痛なことをもたらして、同じく正視しないわけにはいきませんと指摘しています。

[蘇貞昌:安倍參拜靖國神社之舉無益和平](中国語)
http://tw.people.com.cn/BIG5/n/2013/1227/c14657-23961340.html



どうも、、、ダメなようですね・・。


要職に就くと主張がガラっと変わる方もいますので、スタンスが大幅に変化する可能性もありますが(例えば馬英九総統も就任後、かなり反日色がやわらいでいます)、どうもこの問題では望み薄の感じです・・。


2代前の総統の李登輝さんは靖国参拝容認派でしたが、李登輝さんが特別なのかもしれません。。


前台湾総統の陳水扁さんも靖国参拝については微妙でした。
陳水扁さんは親日派とされる政治家でしたが・・。

[陳水扁総統の対日観]
http://www.geocities.jp/taiwan_assoc/bs01z12.html

[陳水扁、小泉首相の靖国神社参拝に言及]
http://j.people.com.cn/2001/08/24/jp20010824_8677.html

(後に若干変化があったようですが・・)
http://web.archive.org/web/20070815095507/http://toron.pepper.jp/jp/epi/yasukuni/jiritsu.html
ttp://d.hatena.ne.jp/sanhao_82/20060402/p1
ttp://blogs.yahoo.co.jp/cintanovita/30524564.html


もしよろしければ・・―→ にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ



posted by K_美樹 at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 靖国参拝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月12日

韓国民は日本との協力を望んでいる

韓国の世論調査で、過半数以上の韓国国民が日本との協力を望んでいる、という調査結果がでました・・。


 【ソウル青山修二】安倍晋三首相の靖国神社参拝後に行われた韓国の世論調査で「朴槿恵(パククネ)大統領は日韓首脳会談を開くべきだ」との回答が、ほぼ半数に達した。日本との安保協力も6割以上が必要と答えた。中道保守系の韓国紙「中央日報」は「国民は日本を見る目が現実的だ」と報じている。

 靖国参拝(昨年12月26日)後の29〜31日に、韓国の民間シンクタンク「峨山政策研究院」が成人1054人を対象に実施した。

 首脳会談については「開くべきだ」が49・5%で、「開くべきではない」の40・7%を上回った

安保協力については「中国の台頭が続くなら」との前提を明示して質問し「必要だ」は63・9%、「必要ない」は26・2%だった。2012年6月、韓国国会の反対で、韓国政府が署名直前に日本側に延期を申し出た「軍事情報包括保護協定」(GSOMIA)も、50・7%が「必要だ」と回答。中央日報は「用日(日本利用)の観点」から日韓協力を進め、GSOMIAの必要性にも言及する社説も掲げた。

[「日韓首脳会談を」ほぼ半数 韓国世論調査 対日、現実的な目線]
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/international/514652.html



靖国バリアーが、、、通じない??


これは、ちょっと意外な結果です。。
どうしてしまったのでしょうか・・。
「首脳会談を開くべきだ」が、ほぼ10%も上回っています。
これは明確な差と言っていいでしょう。


安保協力にいたっては63.9%が必要と回答・・・これは、パク・クネさんに“折れろ”という圧力になりえる数字でしょう。。


まぁ、この状況下で日本に擦り寄るとなると、靖国参拝・慰安婦問題で手土産が必要になる(を日本に与える状態になる)ため、パク・クネさんが折れれば日本の国益にはなるのですが、、、私(保守層)にとっては面白くありません(^^;


しかし、どうしてしまったのでしょうか・・。
以前、中央日報で「近頃、韓国民にとっては“日本”という文字を見るのも苦痛」という論評を見たことがありますが、それはからは想像できない結果です。。
一時期、ほとんどの韓国メディア(中央日報、東亜日報、朝鮮日報)が、日本に擦り寄る報道をしていましたが、扇動の効果が出てきたのでしょうか。


当サイトは初期のころは、韓国を日本に近づけさせなくするため、韓国側の反日感情を煽る方針を提言していましたが、日本の紙メディア(朝日・毎日系除く)の多くが、反韓シフトを明確にしたため、これ以上複雑な戦術をつかう必要はないと考え、方針を変えました。
韓国国民は、当然、日本メディアの反韓報道を翻訳して熟読しているでしょうから・・。


しかし、安倍首相の靖国参拝直後で「反日」より「宥和」が上回るとは・・。
これだけでは、まだなんともいえませんが、嫌な感じです。。


もしよろしければ・・―→ にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ



posted by K_美樹 at 21:40| Comment(4) | TrackBack(0) | 靖国参拝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月09日

靖国参拝、各国の反応の総まとめ

ニュースサイトを見て回っていて、
『「靖国参拝は正しい」 シンガポール、インドネシア声明発表』
というタイトルのニュースが出回っているのを見かけました。


これ、ちょっと誤解を招くタイトルですね。。
元ソースを読んでみればわかりますが、これはインドネシアのコンパスという新聞が「国に命をささげた人々のために参拝することは日本の指導者として当然だとする安倍首相の立場に言及」したというだけです。


シンガポールの方は、ストレーツ・タイムズという新聞が、「中韓の敵視政策が逆に参拝の呼び水となったとの見方」を示しただけです。


インドネシア政府は靖国参拝について立場を明確にしていません。
シンガポール政府は靖国参拝について明確に批判しています。


        *        *        *


靖国参拝に対する各国の反応が出揃ったようですのでまとめておきます。


━━━強く抗議した国━━━
中国
韓国
北朝鮮
ロシア

ロシアをここに入れるべきか悩みましたが、
ラブロフ外相が「立場は中国と完全に一致する」とまで
述べていますので中国と同等の立場なのでしょう。
━━━━━━━━━━━━━


━━━━批判した国━━━━
台湾(総務相参拝も批判、1/121/19に総統自ら再度批判、合計4回)
シンガポール(後にグレース・フー首相府相(外交担当)も批判
EU(正確には国ではありませんが…)
パキスタン
━━━━━━━━━━━━━


━━━━懸念した国━━━━
アメリカ
インド(外相の談話)
ベトナム
ドイツ
フランス(外相の談話
━━━━━━━━━━━━━


━━━━━中立━━━━━━
インド(外務省の談話)
オーストラリア(言及なし)
タイ(言及なし)
インドネシア(言及なし)
フィリピン(言及なし)
ミャンマー(言及なし)
その他ASEAN加盟国
━━━━━━━━━━━━━


以上のソースは以下ですべて見れます。

[靖国参拝を批判する国々]
http://3gensoku.seesaa.net/article/383812515.html

[靖国参拝に対するベトナムの声明](ドイツについても言及)
http://3gensoku.seesaa.net/article/384189558.html

[靖国参拝に対するシンガポールの声明]
http://3gensoku.seesaa.net/article/384269754.html

[靖国参拝、インドの反応まとめ]
http://3gensoku.seesaa.net/article/384679612.html


インドが2つ入っているのは、外務省と外相のコメントが若干異なるためです。


ドイツを「懸念( 気にかかって不安に思うこと)」に入れるべきか迷いましたが、そもそも完全に中立ならば、タイ、インドネシア、フィリピンのように黙っていればいいわけですし、「話し合え」みたいなことを言っている国は、すべて懸念の範疇に入れました。


フィリピンは、政府としては言及していませんが、フィリピン元大統領が中韓を牽制するような談話をだしています。

[フィリピン元大統領、靖国参拝を容認]
http://www.j-cast.com/2014/01/07193522.html


        *        *        *


安倍首相は、おそらく今後も靖国参拝を続けるでしょう。
安倍首相は一部の国々の批判を受けて
「理解を得られるように努める」
と発言されました。
安倍首相は就任以後、度々、中韓の情報工作への対抗措置をにじませる発言をされています。


今後、数年にわたるであろう任期中に、上記のいくつの国を「中立(沈黙)」にさせることができるかで安倍首相の論ずる「努力」の評価が決まります。
安倍首相が本物ならばできることでしょう。。


このサイトは「勝ち」にこだわっているサイトですので、できるならば沈黙ではなく、


『日本の靖国参拝に対する中国・韓国の非論理的な批判が、アジア情勢に無用な混乱と緊張をもたらしている』


との談話を各国に出させて欲しいものです。
(今回、類するコメントを出している外国の要人もいます)
そうすれば、日本の明確な勝利になります。。


もしよろしければ・・―→ にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ



posted by K_美樹 at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 靖国参拝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。