2014年03月26日

靖国問題は、まったく違った次元へ

靖国参拝の影響の記事を紹介いたします、二日連続ですね。。


著名な評論家、大前研一さんが、
「安倍首相の靖国参拝、知られざる波紋」
という記事を発信しておられます。
PRESIDENに載った記事ですね(下部にURLを記しておきます)。


個人的に納得できないところもありますが、まぁ参考にはなるでしょう。
様々な意見を目にすることで思考に柔軟性をつけるのは重要なことです。
(ネットで保守活動を行っていますと反対意見を目にする機会が減りますので)


この記事の中で、大前さんは


『まだほとんどの日本人が気づいていないが、安倍首相の参拝で、靖国問題はまったく違った次元に広がってしまった。』


と述べています。
また大前さんは、


『インドが反発し、安倍を警戒している。』


とも述べています。
この件に関して、私は、過去に何度か「インドの反応はネガティブだと思う」と書きましたが、大前さんは、はっきりと反発と書いています。
私もインドは中立ではないと思います。
(「インドが参拝を支持している」と言っている人もいますが、これは嘘です)

参考:[【保守活動講座1】靖国参拝を支持している国?]
http://3gensoku.seesaa.net/article/389866732.html


安倍首相の参拝で、靖国問題はまったく違った次元に広がってしまった――どういうことなのか一読してみるのもよいのではないでしょうか、参考にはなります。


[安倍首相の靖国参拝、知られざる波紋]
http://president.jp/articles/-/11835


もしよろしければ―→ にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
(別窓で開きます)


*        *        *





[自分用まとめ]
安倍首相にとっても財界にとっても“予想外”だったのは、今回の参拝に対する国際社会の反応である。中韓の反発という想定を超えて、靖国問題が世界中でクローズアップされて、アメリカやロシア、インド、ドイツなどからも厳しい批判的な声が寄せられたのだ。

英訳本では「Yasukuni War Shrine」と表記されてきた。要するに「戦争神社」である。

どれだけお色直しをしても、日本帝国主義を象徴する「戦争神社」として創建されたオリジンは色濃く残っている。靖国神社に併設されている「遊就館」という施設をご存じだろうか。ゼロ戦や人間魚雷など戦争で使われた兵器や戦争関連の資料、遺物遺品がところ狭しと展示されている軍事博物館である。

遊就館のような施設を持ち合わせている靖国神社で平和や非戦の祈りを捧げるのは、あるいはそれを参拝の口実にしている安倍総理のレトリックは、論理矛盾していると言わざるをえない。

(中国の)戦後賠償の放棄を国内向けに説明するために、周恩来がひねり出したのが「中国人民も日本国民もともに日本の軍部独裁の犠牲者」という理屈だった。つまり、A級戦犯を“日中共通の加害者”に仕立てたのだ。

田中首相はあまり深く考えずに合意し、それが日中の密約になった、あるいはそれ以来ODAが田中派の利権となった、と言われている。問題はこれが条約でもなく、公開された文書でもない、というところで、したがって同じ自民党であっても反田中派や、ましてや国民は、「そんなことは知らない」のだ。

中国の立場からすれば、日中の両国民は同じ“被害者”という前提で友好関係を結んだのに、「話が違う」ということになる。“共通の加害者”であるA級戦犯を奉る靖国神社を国民の代表である首相が参拝するということは、日本国民全体が加害者の側に与することになってしまうからだ。

A級戦犯を“共通の加害者”に仕立てて、日中両国民は“被害者”であるという前提で日中友好が進められてきたことも、日本の国民は知らされていない。だから中国が靖国問題で怒る、エキサイトする理由がさっぱり理解できずに、「内政干渉だ」と反発したくなる。さらに問題を複雑化したのは、周恩来が持ち出してきた「日中の共通の加害者である軍部独裁」について、きちんと定義しなかったことだ。

中国や韓国から見れば安倍首相の靖国参拝は、彼らにとっては戦争加害者(と彼らが勘違いしている)A級戦犯を礼賛しているようにしか映らない。さらに今回、アメリカが口を出したのは、靖国参拝を強行した安倍首相が戦後秩序全体を見直そうとするように見えるからだ。

戦勝国のロシアにしても、靖国参拝は(北方四島占領などを含めた)歴史の見直しにつながるように見えるし、謝罪と賠償で過去を清算してきたドイツにしても、戦前を蒸し返すような靖国参拝は理解できない。インドが今回反発しているのも、同じく(日本人が尊敬し感謝していると思っていた)パール判事の東京裁判を「受け入れていない」かのごとき安倍首相の言動をいぶかしがっているからである。年末の安倍首相の靖国参拝は従来の中韓の反発を遙かに超えて米ロやインド、欧州までも含めた「日本=安倍警戒論」を巻き起こしてしまったのである。

どこの国も靖国問題の詳しいいきさつを知らない。靖国問題の本質についてきちんと諸外国に説明する必要があるが、前述のように説明できる人もおらず、誤解をどの段階から紐解いていったらいいのか明確に認識している人もいない。


posted by K_美樹 at 20:03| Comment(3) | TrackBack(0) | 靖国参拝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月25日

靖国・麻生・アンネ 国際世論がヒートアップ

当サイトは、ネガティブ系情報サイトを自認していますが、最近、ネガティブなニュースなど大して発信していないな・・・と感じましたので紹介いたします(^^;
(そこまでネガティブでもないですけど・・)


著名なエコノミスト、岩本沙弓(大阪経済大学経営学部客員教授)さんが、
「靖国、麻生、アンネ……国際世論がヒートアップ」
という記事を発信しておられます。
PRESIDENTに載った記事ですね。


なんでエコノミストの方が靖国参拝の記事を書いているのかわかりませんが(^^;、岩本さんは、個人的にはそんな変なイメージはないです。


そんなに長い文章ではないですので、さらっと読める分量です。
ちなみに紹介するだけです・・。
なにも言うこともありません、、、参考にしてくださいませ m(_ _)m


PRESIDENT 2014年3月31日号 掲載

■安倍氏を批判した「SWセンター」とは

ここ2カ月余りで国際社会での日本の風当たりは急速に悪化している。昨年末の首相の靖国参拝に始まり、ダボスでの世界経済フォーラムの懇談の際に第一次世界大戦に触れたという事実。

残念ながらその際の問題は誤訳などではない。先の2つの世界大戦への慚愧の念に堪えない欧州の真ん中で100周年として例に出すその発想に海外メディアも投資家も首を傾げざるをえなかったのだ。ここにきて東京で発生したアンネの日記の破損問題が各国の主要紙で取り上げられ、単なる器物破損の域をすでに越えている。一連の流れは国際世論がいかに形成されるのかを考察するうえでも、今後の対応を考えるうえでも有効な材料となろう。

参拝直後からの海外メディアの積極的な報道は周知の通りであるが、当初は参拝の事実と周辺各国からの反発を伝えるに留まり、加えて米国の「失望」が意外性を持って指摘される……といった内容だった。安倍政権内には普天間基地問題の解決で靖国参拝が帳消しになるとの目論みがあったのだろうが、それが外れたという解釈だ。海外はクリスマス、日本は年末年始の時期とあって、もちろん隣国は騒ぐものと予想されるが、国際世論を巻き込んで事態が大きくなることはない、そんな打算も働いていたことだろう。

ところが年明けから潮目がにわかに変わり、見通しの甘さが露呈した。事態は収束に向かうどころか、各国の主要メディアが一歩も二歩も踏み込んだ内容を日替わりで流す顛末となっている。

経済誌である英エコノミスト誌までもが年明けに「横面を張る〜安倍晋三の危険な賭け」と題してdiplomatic disaster(外交上の大失策)、普段はこうした問題への発言を控えるシンガポールでさえregret(遺憾)と表明したことを伝えている。

いくら日本の隣国が騒ぎ立てようと、それだけで潮流が変わるほど、国際社会は軟(やわ)でもなければ物わかりがいいわけでもない。国際世論の急速な変化、そのきっかけは何か、そうした冷静な分析がここは必要となろう。

国際的なユダヤ人人権組織のうち、その規模も政財界への影響力も大きいとされるサイモン・ウィーゼンタール・センター(Simon Wiesenthal Center、以下SWセンター)は昨年12月31日付で「Japan's Shinzo Abe honors war criminals, enrages friends(日本の安倍晋三は戦争犯罪者を称え、友人たちを激怒させた)」を寄稿。米主要メディアが配信した直後から踏み込んだ批判が噴出しているだけに、その内容は無視できまい。

過激化する北朝鮮、冒険主義・国家主義へ回帰する中国の存在が「日本を戦争や征服へと導いているのではないか?」と一定の理解を示すものの最小限に留まっており、全般的には安倍首相に対するトーンは非常に厳しい。

「参拝後の発言において、安倍はアーリントン墓地への参拝を引き合いに出し米国の懸念を鎮めようとしたが、苛立ちは(これで)憤りとなった。そんな比較なんてありえない!」。通常こうした寄稿に感嘆符は見受けない。国際社会で安倍政権を右傾化とする見方は定着しつつある。どんなに国内から否定しようとも、それだけでは事態は打開できないステージに突入している。数カ月前と情勢は明らかに違う。

ここ半年でSWセンターから日本への懸念は昨年の麻生太郎副総理の「ナチスを見習え」発言、「アンネ・フランクの日記の破損」と合わせてこれで3回。これだけの頻度の抗議は、東日本大震災直前の時期にもあった(コスプレ用のナチスの衣装を販売した日用雑貨品店、ナチスの親衛隊SSの衣装の宝塚歌劇団員が広告に登場した大手化粧品会社、ナチスの衣装で演奏活動したタレントの所属レコード会社などへの抗議)。

ただ、震災直後には日本に向けて人道的見地に立脚した大変心温まる日本語の声明をいち早く発表したのもSWセンターである。同センターはあらゆる差別はホロコーストに通じるということで、ヘイトスピーチを含む他民族・人種差別に対しても非常に厳しい姿勢で臨んでいる。

アンネの日記の破損事件では日本人の仕業ではないとして特定の国を示唆する、信じ難い発言が与党内から飛び出した。国際社会の常識としてまったく受け入れ難いし、なぜ自縄自縛に陥る発言を政権中枢部が窘(たしな)めないのか

。海外へと伝われば、ただでさえ右傾化が懸念される政権への世界の目は一層厳しくなる。いずれの立場であれ、国際社会での孤立が日本のリスクであるのは共通認識だ。事件はまったく理解に苦しむことであり、迅速な解決を望むこと、そしてそこに差別や偏見の要素は微塵もないという毅然たる態度を示す必要がある。

http://news.goo.ne.jp/article/president/bizskills/president_12101.html


もしよろしければ―→ にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
(別窓で開きます)


posted by K_美樹 at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 靖国参拝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月31日

靖国参拝の世論調査まとめ

最後まで沈黙していた大手マスコミ、朝日新聞が安倍首相の靖国参拝に対する世論調査を発表しました。


 朝日新聞社は25、26の両日、全国定例世論調査(電話)を実施した。昨年12月の安倍晋三首相の靖国神社参拝について聞いたところ、

「参拝したことはよかった」は41%で、
「参拝するべきではなかった」の46%の方がやや多かった。

首相の靖国参拝に対する中国、韓国、米国、ロシアなどからの

批判を「重く受け止めるべきだ」は51%で、
「それほどのことではない」の40%を上回った。


asahi_yoron.jpg


 首相の靖国参拝は、2006年8月15日の小泉純一郎氏以来。この直後の調査では

「参拝はよかった」の方が多く、49%で、
「参拝するべきではなかった」は37%だった。

 安倍内閣の支持率は50%。昨年11月上旬の調査の53%以来、2カ月半ぶりに50%台に戻した。

内閣支持層では「参拝はよかった」は56%で、
「参拝するべきではなかった」の35%を上回ったが、

不支持層では20%対70%だった。

無党派層は31%対50%で、「参拝するべきではなかった」の方が多かった。

年代別では、50代が30%対59%だったのが目立った。

 「参拝するべきではなかった」層で、外国からの批判を「重く受け止めるべきだ」と答えたのは80%に達した。逆に「参拝はよかった」層で、外国からの批判は「それほどのことではない」は67%だった。

 靖国神社とは別に、戦争で亡くなった人々を追悼するため、宗教とかかわりのない施設を国が新たにつくることについては「賛成」は50%で、「反対」は29%だった。

http://www.asahi.com/articles/ASG1W3TY3G1WUZPS001.html
http://www.asahi.com/articles/ASG1W3TY5G1WUZPS003.html


「参拝はよかった」:「よくなかった」→41%:46%
とのことです。。
他社のものと比較してみましょう。


【共同通信】
  内閣支持率「55.2%」(1%増)
  靖国参拝「支持43.2%」「不支持47.1%」
  http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS2901K_Z21C13A2000000/


【産経・FNN合同調査】
  内閣支持率「52.1%」(4.7%増)
  靖国参拝「支持38.1%」「不支持53.0%」
  http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140106/plc14010612040012-n1.htm


【JNN(TBS系)】
  内閣支持率「62.5%」(7.9%増)
  靖国参拝「支持42%」「不支持46%」
  http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20140113-00000005-jnn-pol


【読売新聞】
  内閣支持率「62%」(7%増)
  靖国参拝「支持45%」「不支持47%」
  http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20140112-OYT1T00515.htm


NEW!!【朝日新聞】
  内閣支持率「50%」(4%増)
  靖国参拝「支持41%」「不支持46%」
  (前回調査)http://www.asahi.com/articles/TKY201312070368.html


さほど違和感がない数字ですね。
露骨な操作はしてこなかったようです(^^;
(できなかったのかな?)


上記の平均値を感覚的につかめれば、それが答なのでしょう。。


支持率は、参拝前と後で一様に上昇しています。
靖国参拝の支持・不支持は、支持が僅かに負けてるかな?といった感じですね。
(「産経・FNN」がちょっと変ですが・・)


支持率は上昇、参拝支持・不支持にもさほど差がない、、、ということは良い傾向なのかな? とも思いましたが、上記記事によりますと2006年時点での調査で、

「参拝はよかった」:「よくなかった」→49%:37%

とありますので、数字だけ見ると事態は悪化しているようにも見えます。。
(朝日の調査がどこまで信頼できるかのわかりませんけど)


2006年当時の世相を感覚的には覚えていますが、今のほうがずっと保守傾向が強い気がします。
保守系サイトもずっと多いです。


誤差の範囲なのか、なにかおかしな工作がおこなわれているのか・・・嫌な感じです。


安倍首相の支持率が伸びている以上、保守化(普通にもどる)は進んでいると思われますが油断は禁物です。。


もしよろしければ・・―→ にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ



posted by K_美樹 at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 靖国参拝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月17日

靖国参拝に理解を示してる外国閣僚

シンガポールのグレース・フー首相府相(外交担当)が、山本一太海洋政策・領土問題担当相に対し、安倍首相の靖国参拝について自制を求めたそうです・・。


 【シンガポール共同】山本一太海洋政策・領土問題担当相が15日、シンガポールを訪問し、グレース・フー首相府相(外交担当)と会談した。山本氏の説明では、フー氏は会談で、安倍晋三首相の先月の靖国神社参拝について「アジアにはわだかまりがあり、それを解くことが重要だ」として自制を求めた。

 沖縄県・尖閣諸島や南シナ海問題について意見交換。山本氏は「アジアの繁栄の基礎は自由な海と空にある」と強調し、最近の中国の公船派遣や防空識別圏設定などの動きに懸念を示した。

 フー氏は、力による現状変更ではなく国際法に基づいて問題を解決する重要性については山本氏に賛同したという。

[首相靖国参拝で山本氏に自制要求 シンガポール閣僚]
http://www.47news.jp/CN/201401/CN2014011501002302.html


台湾もかなりしつこかったですが、シンガポールも強硬ですね・・。


シンガポールは、すでに靖国参拝に対して遺憾表明をしており、この問題では中国寄りの国ですが、繰り返し言及している国は意外と少なく、かなり立場が鮮明です。


安倍首相は、靖国参拝について情報戦を行うことを示唆していますが、まず攻略するとすれば、この2ヶ国あたりになるのでしょう。


参考:[靖国参拝、各国の反応の総まとめ]
http://3gensoku.seesaa.net/article/384761765.html


        *        *        *


人気サイト「NewsU.S.」さんが、
「池上彰の学べるニュースがとんでもない偏向報道だった!!!」
という記事を載せておられます。


私は自宅にテレビがなく、「池上彰の学べるニュース」も見ていませんので、どういった内容なのかよくわからないのですが、ちょっと気になることがありましたので、もしこのブログを見ている方で、わかる方がおられました教えていただけると幸いです m(_ _)m


17 :名無しでいいとも!@放送中は実況板で:2014/01/13(月) 20:02:18.93 ID:yaWTrkRD0
テレ朝で解説やると
総理の靖国参拝が
支持者のためだ
という訳のわからない結論になっているw
そして中国と韓国以外の
多くの国からも
クレームが来ている
と朝日新聞のゴリ押し情報も言わされている

バカじゃねーの?w


18 :名無しでいいとも!@放送中は実況板で:2014/01/13(月) 23:27:51.69 ID:d+/uLRatO
>>17
すげー偏向放送だったなw
総理の靖国参拝を非難するのは自由なんだから、
ちゃんと自分の意見を述べればいいのにね。

靖国参拝に理解を示している
緒外国閣僚の発言は軒並みスルー
して
全世界から非難されてるように印象報道w
ひとりや土田はバカだから仕方ないけど、
付き合わされたタレントはアホ面さらしてたな。

[【これは酷い】池上彰の学べるニュースがとんでもない偏向報道だった!!!]
http://www.news-us.jp/article/385120479.html


上記の記述についてなのですが、「安倍首相の参拝に理解を示している緒外国閣僚の発言」とは、どこの国の誰のことを言っているのでしょうか?


フランスのファビウス外相のことでしょうか・・。
(この方が「理解を示している」のかどうかは、ちょっと疑問ですが)


軒並みスルー・・・とありますので、結構いるのでしょうか?


ちなみに「中国と韓国以外の多くの国からもクレームが来ているように偏向」という内容も見てとれますが、多くの国かどうかはわかりませんが、複数の国からクレームらしきものが来ているのは事実です。。


もし、「靖国参拝に理解を示している外国閣僚」がわかる方がおられましたら教えていただけると幸いです m(_ _)m


(“外国閣僚”とは元閣僚という意味ではないです、元閣僚の方が何を言おうとも現在の政府が不支持ならば、それがその国家の公式見解ですので・・)


もしよろしければ・・―→ にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ



posted by K_美樹 at 21:22| Comment(4) | TrackBack(0) | 靖国参拝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。