2014年03月10日

あとがき









 つ か れ ま し た ・ ・ ・ 。








しかし、書き終えられてよかったです。。
これで少しは気分が楽になりました。


これで、なぜ私が「非韓三原則」などいうものを掲げていながら、保守に対してネガティブなニュースを発信し続けているのか、少しは分かっていただけたのではないかなぁ、と思っております。


私への異分子排除の制裁も減るといいなぁ・・・(^^;


そして、2/25の記事に書きましたが、私が、この連載を始めようと思ったのは、とある保守活動家の方との会話が発端でした。


一ヶ月と少し前に、当サイトを訪れた●●●●さん、あなたの「恐れていた物」を上手く表現できているでしょうか・・(もう見てはおられないでしょうか?)。
不十分なところもあるかもしれませんが、これが今、私に書ける限界になります。


●●●●さんが活動をあきらめてしまった、疲れてしまった、というのは何となく理由がわかります。


私が書いた一連の概念をIrvingJanis博士は「病気のようなもの」と表現しています。
そして、蜂屋良彦教授は「集団性脳炎」と訳しています。
これは病気であり、罹患している本人は自覚ができません。
LenFisher教授は、この概念を知っていたとしても回避は容易ではない、とまで言っています(私はそこまでは思っていませんが)。


『脳炎』・・・LenFisher教授の言葉を借りるのであれば「頭がおかしくなってしまった人」と何があったのか・・・なんとなくわかるものです。
想像すると胸が痛みます。。
このような方が減っていけばいいな、、、と思っております。
(過去に私も結構つらいことがありましたので・・)


*        *        *


ここまでで、私が書きたいすべての内容の5割ほどを書き終えました。
早く書き終えたいのですが体力が・・・orz
今後も分割しながら、ちょこちょこと書いていきたいと思っております。


毎日、打ってばかりいたので疲れました(私は打つのが遅いのです(^^;)。
何日か休みましょうかね〜〜。


もしよろしければ・・―→ にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ





posted by K_美樹 at 19:56| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月25日

【連載講座0】これから・・・

今から一ヶ月ほど前、当サイトに、とある保守活動家の方が訪れました。


その方は、
「管理人さんの言っていることは正しいと思う」
「他のやり方を試してみたがうまくいかなかった」
「もう疲れたから引退したい」
というようなことをおっしゃっていました。


私は、うれしく思い、数日ほど会話をしました。
その時に、会話に出てきたキーワードから、その方は「ある物」を恐れているのが直感的にわかりました。


私は、
「あなたが恐れている物を文章化できると思う、もともと書きたいと思っていました。一ヶ月以内に書こうと思います。」
と返答し、別れました。


最後は、はっきりと「引退する」とおっしゃっていましたし、もう見てはおられないかもしれませんが、約束を守りたいと思います。


これから数日かけて、その「ある物」について書きたいと思います。


そんなに目新しい内容ではないと思いますので、知っている方はガッカリするかもしれませんが(^^;
(おそらく、どこかに似たような記事もあるのだろうと思います)


ただ、実際に掲載する前に、このような文章を書いて決心をつけなければ書けないような内容ではあります。。


*        *        *


もともと、このサイトは私の考えについて断片的に発信していき、最終的に長文にまとめて比較的短期間で終了するつもりでした。


しかし、私の国語能力不足、体力的問題、時間的制約などにより、だらだらと続いてしまっています(^^;
現時点で私が書きたいと思った内容の3割ほどしか書けていません。
少し“のんびり”としすぎてしまったようです。


これから書く内容は長くなると思います。
ただ、おそらく途中まで読んで、何人かの方が私を反日スパイだと思うでしょう。
そして、排除に動く可能性があります(すでに前例があります)。


しかし、短絡的に判断しないでいただきたいのです。。
私は、ただ、ただ、「勝ち」たいという思い、日本を守りたいという思いで、命を削りながら書いています。
どうか短絡的に判断しないでいただけたら・・・と思います m(_ _)m


私の文章能力は低く、分かりにくい部分もあるかもしれませんが、最後まで読んでいただけると嬉しくおもいます。


それでは、明日より始めます。


もしよろしければ・・―→ にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ



posted by K_美樹 at 19:55| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月30日

海外からのアクセス遮断

昨日から、当サイトに“韓国からのアクセス”が急増しています。
調べてみたところ、どうも韓国のサイトからリンクが張られているようです・・。


すごく嫌でしたので韓国からのアクセスを遮断しようと思ったのですが、当方、こういうことに疎く、やり方がわかりません。。


ここを見ておられる方で「海外からのアクセス遮断方法」ついて分かる方がいらっしゃいましたらアドバイスいただけると嬉しく思います m(_ _)m


当方、ブログシステムは「seesaaブログ」を使っています。
(URLを見ればわかりますが(^^;)


有効な方法があれば文章化して拡散したいと思います。
保守系活動サイトに海外からのアクセスなど、ほとんどの場合、必要ないと思いますので。。


*        *        *



このようなマイナーサイトでも韓国が見ているということは、有名ブログの方々の文章も、当然、監視されているのでしょうね・・。


私は、こういうことに疎いですので断定的なことはいえませんが、これらの影響について議論はあってもいいのかもしれませんね。


ある意味、手の内をあかしてしまっているという側面もあるかもしれません。
(その逆に利用することもできるかもしれませんが・・)


もしよろしければ・・―→ にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ



posted by K_美樹 at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月29日

スマートフォン対策

昨日の記事を読んだ方が、
「スマホからだと、このブログは見難い」
とのアドバイスをくださいました。。


さっそく確認したところ、たしかに見難いです。
他のサイトは、とても見やすいのに・・。


私は「スマートフォン版サイト表示」が苦手で、常にデスクトップモードでみていましたので、“テーブルのレイアウト崩れ”や“記事一覧表示件数の不便”など考えたこともありませんでした。
交流はするべきですね(^^)
教えていただきありがとうございました m(_ _)m


とりあえずスマホ版のレイアウトと表示件数を変更してみました。
見やすくなりましたでしょうか?


また、テーブル内の改行については以下で大丈夫でしょうか?
(下記の文章は、テストのために、目についた長文ニュースを適当に入れただけです)


<青年会>ヘイトスピーチ規制へ署名2万5262筆…法務省へ提出
2014-01-29

人権救済機関、人権法制定求める

 青年会中央本部(徐史晃会長)は23日、安倍晋三首相に宛てた「人権救済機関の設置と外国人人権基本法の制定を求める要請文」に賛同署名2万5262筆を添えて法務省へ提出した。この署名活動は一部の排外主義者によって各地で繰り広げられる心ない言動に心を痛めたことがきっかけ。青年会「善隣友好精神署名活動推進委員会」が発起人となり、昨年5月28日から約7カ月かけて集めた。

立法府にも要望

 要請文では一部の排外主義集団によるヘイトスピーチ・デモを「一線を超えた極めて深刻な人権侵害」と指摘。政府からの独立性を有する新たな人権救済機関の早急な設置が必要と訴えた。特に日本政府が留保している人種差別撤廃条約第4条(a)及び(b)については、いち早い留保撤回を求めている。併せて、管理型から共生に向けた抜本的な外国人施策への転換を呼びかけた。

 青年会からは徐会長をはじめとする代表4人が署名簿を持参して衆議院第二議員会館を訪れ、谷垣信行法相政務秘書官に「善隣友好精神署名」の趣旨を説明した。署名簿を受け取った谷垣政務秘書官は、「谷垣大臣と所管している人権擁護局に間違いなく伝達する」と答えた。

 この日の提出行動に同席した白真勲参議院議員は、「党の枠を超えた人権の問題として考えていかなければならない」と述べた。

 青年会の代表団はこの日、賛同署名の提出に先だって国会議事堂内に赤松広隆衆議院副議長を訪ね、同様の要望書を手渡した。

 席上、徐会長は「ヘイトスピーチに限らず、なにかと生きずらい現実がある。少しでも早い救済のため、まずは国会内に調査委員会の設置を」と訴えた。

 これに対して事前に青年会の要望書を読んでいたという赤松副議長は、「トータルな意味で日本に住む外国人との共生社会をつくるために多様性を認めようとの主旨に大賛成だ。差別の実態がどうなのかを把握するための調査委員会は請願か陳情で働きかけたらいい」とアドバイスした。

共感と激励を広げて

 青年会がこの間集めた2万5262筆のうち、ネットを除く直筆署名が2万4183と圧倒的。署名には「日韓友好を真摯に願っております」「差別や偏見の無い世の中を希望します」「絶対賛同」「賛同します。あらゆる差別を取りのぞくために」といった温かい共感と激励のメッセージが添えられていた。

 なかには、「昨今の外国籍住民の方々に対する嫌がらせ、暴言の数々に胸が痛みます。日本の政府・社会がこれ以上こうした暴挙を放置しておくことは恥です」というものや「外国人を欲求不満のはけ口にするのは日本人としてまことに恥ずかしいことだ。仲良くしようぜ」というものも見られた。

 一方、当事者の在日同胞からは、「外交問題と人権問題が分けて考えられる、外国籍住民にとって住みやすい国になることを毎日希望しています」という切実な声も。 このほか、「ヘイトスピーチには何らかの処罰或は規制を!!」「日本政府は、人種差別扇動罪を早急に成立させよ」という訴えもあった。


ちなみに、このニュースは2chからとってきたもので、


『“人権救済機関の設置”と“外国人人権基本法の制定”を求める署名2万5262筆を政府に提出した』


という内容ですが、現在、20:10時点では国内保守系ニュースサイトでは紹介されていないようです。
10個前後の主要サイトをすべて見て回ったのですが・・。
これから出てくるのでしょうか。


まぁ、保守層にとって、おもしろいニュースではないのですけどね。。


もしよろしければ・・―→ にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ



posted by K_美樹 at 20:10| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。