2015年10月19日

パク大統領の訪米に対する韓国主要メディアの反応、韓国政府「慰安婦問題は日韓首脳会談の前提条件でない」、韓国政府がTPP参加を公式に表明

韓国のパク大統領が訪米、米韓首脳会談を経て帰国されました。
いろいろと厳しい声もあるようですが、韓国メディアの評価はどうでしょうか。。
韓国主要メディアの報道をまとめておきます。
各紙で論調が異なるところがおもしろいです。

オバマ氏が韓国の対中政策支持=共同会見で朴大統領(聯合ニュース)

<韓米首脳会談>南シナ海めぐる対立に米国が「韓国の役割」求める――オバマ大統領は「朴大統領に唯一要請したのは中国が国際規範と法を順守することを望むということ」と口火を切った。「もし中国がそのような面で失敗するなら韓国が声を出さなければならない(中央日報)

オバマ「韓国、中国が国際法破る時は声出すべき」(中央日報)

日本メディア「朴大統領の訪米、対中関係で米国と温度差」(中央日報)

【社説】韓米首脳会談の残された課題、朴槿恵−安倍会談へと渡る――華やかな外交的修辞学の後ろには微妙な隙間も所々に残っている。朴大統領が環太平洋経済連携協定(TPP)加入の意志をかなり強調したが、首脳会談で議論が多少不足していたのも、そのような面では惜しかった。国防長官を同行してペンタゴンを訪問し安保同盟体を再確認したが、韓国型戦闘機開発(KFX)に必須の4つの核心技術の移転不可方針を覆せなかった(韓国経済新聞)

【社説】成果ほど課題も抱えた韓米首脳会談――オバマ大統領が「中国が国際法遵守に失敗すれば、韓国が声を出してほしい」と公開的に注文したのも、我々には相当な負担だ。米中間で高まっている南シナ海葛藤をめぐり米国側に立ってほしいと要求したのだ。「韓国の『中国傾斜』は杞憂にすぎない」という朴大統領に対し、オバマ大統領は「行動で立証するべき」と返したのと変わらない(中央日報)

【寄稿】韓米首脳会談で韓日関係改善の意志を示せ――筆者は、韓国の中国傾倒論を広めているのは日本人だと思っていたが、米国の参加者の一人が「今後、韓国は中国と連携するだろう」という話を中国の学者がしていた、とそっと教えてくれた。韓国国内では、韓国が中国に傾倒しているとはあまり考えられていないが、外部の見方が冷ややかだという点は懸念するに値する(朝鮮日報)

米各紙「対中傾斜論、朴大統領訪米が大きく和らげた」(朝鮮日報)

韓国の為替操作問題、米側が突然切り出し交渉決裂の危機――韓米首脳会談に向け行われた実務レベル交渉は難航したもようだ。出席者によれば、北朝鮮に対する共同宣言文作成には特に問題はなかったが、両国の戦略的協力プランを包括的に定めた「韓米関係現況共同説明書(ファクトシート)」の作成時、米国側が突然「為替操作」問題を切り出し、交渉は決裂の危機に直面した(朝鮮日報)

「米中対立時、どちらに付くのか」大きな宿題持ち帰った朴大統領――オバマ米大統領が実質的に「米中の利害がぶつかる時は米国の味方になれ」というメッセージを公に伝えた今、米中間で均衡点を見つけることが韓国にとって難しい外交課題になるものと思われる(朝鮮日報)

韓国の中国傾斜、朴大統領訪米で米国の懸念は払拭できたのか 米国の専門家たちはどう見るか――韓国が米国より中国に傾き過ぎているという「中国傾斜論」が解消できたかどうかをめぐっては見解が分かれた(朝鮮日報)

【社説】韓国政府は米中二者択一を迫られる状況に備えよ――米国のオバマ大統領は17日、韓米首脳会談直後に朴槿恵(パク・クンヘ)大統領と共に行った記者会見で、韓国と中国との関係について二つの異なるメッセージを発した(中央日報)

[社説]「中国に言うべき事は言わないと」と迫るオバマ大統領、朴大統領は準備ができているのか――米国が韓国の外交スタンスに対して公開の席で憂慮を表明することは異例のこと(東亜日報)

オバマ大統領、「中国が国際ルールに反すれば韓国が声を出さないと」――記者会見のような公の場でこのような発言をすることは異例の圧力と解釈される(東亜日報)

[社説]左右に急加速する朴槿恵大統領の「はらはら外交」(ハンギョレ新聞)


ちなみに韓国国民は、パク大統領の外交を評価しているようで、支持率が上昇しています。。

朴大統領の支持率48% 訪米効果などで上昇(聯合ニュース)


*        *       *


パク大統領の訪米前に、すでにリパート駐韓米国大使がTPPは議題にならないと明言していましたが、やはり首脳会談では議題にはなりませんでした。

しかし、すでに参加表明をしている韓国は、TPPへの関心は高いです。
非常に多く報道が出ていますので、大まかにまとめておきます。

朴大統領、TPP参加表明するも韓米首脳会談の議題にならず――韓米首脳会談の正式議題にはなかった。韓国大統領府関係者は「まだ韓米首脳会談の議題に上がるほどは両国間の協議が熟していないため」と説明した(朝鮮日報)

韓国大統領府 TPP参加「難しくない」=米国も支持(聯合ニュース)

【社説】韓国のTPP加入、経済跳躍と安保強化の機会に(中央日報)

【時論】韓国のTPP加入、自動車市場も譲り渡す覚悟すべき(韓国経済新聞)

米議会調査局「韓国のFTA履行程度、TPP加入に影響」――歓迎する立場」としながら「しかし、オバマ大統領を含む幹部らは韓米FTAに関連したイシューを解決しようとする韓国の意志と能力が潜在的なTPP加入に影響を及ぼすおそれがあるとみている」と明らかにした(中央日報)

【社説】韓国のTPP参加、対米交渉より険しい対日交渉――韓国のTPP参加は急いでも無駄だということがはっきりした。朴槿恵政権は2年前、韓米FTAにばかり没頭し、TPPを無視したことがこれほど負担になるとは気づいていなかった。外交、通商担当者の責任を問わざるを得ない(朝鮮日報)

朴大統領、韓国のTPP加入意志を公式化――朴槿恵(パク・クネ)大統領が韓米首脳会談を翌日に控え、米国が主導する環太平洋経済パートナーシップ協定(TPP)に加入する意志を公式化した(ハンギョレ新聞)

韓国政府もTPP加盟に伴う対日製造業の被害を懸念(ハンギョレ新聞)


*        *       *


日韓首脳会談が行われることが確定のようです。

韓国外交部は「慰安婦問題の進展が韓日首脳会談の前提条件ではない」と述べており、形としては韓国の完全屈服となりますが・・・。

最後まで初心を貫いて欲しいものですが。。

朴大統領、慰安婦問題が韓日首脳会談の前提条件でないと示唆――大統領府「慰安婦議論の立場不変」としながら朴大統領、6月から方向転換 (ハンギョレ新聞)

朴大統領「韓日首脳会談は可能…慰安婦問題進展すれば意味ある」――外交部の当局者は「慰安婦問題の進展が韓日首脳会談の前提条件ではないが、意味のある会談をするためには我々が最も重要で至急だと考えている事案に対し、日本が誠意ある姿勢を見せるべきだという点を、日本の最友邦国の米国の心臓部で明確にした」と述べた。しかし日本政府の関係者は16日、中央日報に対し、「現在、韓日間慰安婦交渉は依然として認識や接近方式において相当な乖離があり、日本としては退く理由はない」と述べた(中央日報)

韓日首脳会談示唆の朴大統領、慰安婦で対日圧力――就任以来、歴史認識問題による確執のため安倍首相との会談を事実上拒否してきた朴大統領が会談を決意したのは、経済・安保面からこれ以上「正常でない行き詰まり状態」を続けるわけにはいかないとの判断によるものと見られる(朝鮮日報)


*        *       *


OECD(経済協力開発機構)の調査によりますと、韓国は「社会的つながり」と「健康満足度」がOECD加盟国中最下位とのことです。

韓国人「人生の満足度」評価、OECD諸国で最下位圏――韓国の人々が自身の健康に満足する程度はOECD平均(68.8点)よりも20点以上低く、34カ国の中で最下位だった(中央日報)

「頼れる人いない」 韓国の幸福度はOECD最下位水準――、「社会的つながり」に関する部門では34カ国中、最下位となった。困っているときに頼れる友人や親戚がいるかについては、韓国が72.37点とOECD平均(88.02)を大きく下回り最下位だった(聯合ニュース)


*        *       *


世界で一番、干ばつに弱い国である韓国ですが(ソース韓国の干ばつ、少なくとも来年5月まで続く見通し(韓国経済新聞)

干からびた干ばつ予算、空ばかり見ている政府――金炯秀(キム・ヒョンス)教授は、「気候変動や干ばつによる国民の苦しみやその克服に必要な予算に対する政府レベルの研究がきちんと行われていない」とし、「中長期的に水資源インフラの拡充のためのロードマップをまとめるべきだ」と話した(東亜日報)


*        *       *


中央日報が「悲しいが北朝鮮は簡単には滅びない」という記事を載せています。
筆者は韓国人ではなくステファン・ハガード(サンディエゴ・カリフォルニア大学客員教授)という方です。
興味がある方はどうぞ。

悲しいが北朝鮮は簡単には滅びない(中央日報)


キム・ホリム教授(仁川大)によると、ムクゲの原産地は韓国であり、学名(Hibiscus syriacus)を変えるようにしよう、とのことです。

調べてみましたが、ムクゲの原産地が韓国であるというのは確認できませんでした。
また、仮にそれが事実であったとしも、今頃になって一国の都合で学名を変えるというはよくわからない理屈です。

【寄稿】日帝に迫害されたムクゲ、国花にふさわしい学名を<――ムクゲの主な産地である東アジアでは、韓国が原産地であることを示す多数の記録が見つかっている。中国・春秋時代の地理書『山海経』、晋の崔豹が著した『古今注』、唐の欧陽詢が著した『芸文類聚』などには「君子の国にムクゲが多い」という記録がある。これらの書物は「君子の国」すなわち韓国の名を挙げ、ムクゲの原産地が韓国であることを明らかにしている(朝鮮日報)


朝鮮日報によりますと、韓国軍のベトナム戦争時の性的暴行についてパク大統領に謝罪をせまったノーム・コールマン元上院議員は、日本のロビイストだそうです。
記録しておきます、そのうち何か続報が出るでしょう。

韓国軍の性的暴行、謝罪求めた人物は日本政府が雇ったロビイスト(朝鮮日報)


もしよろしければ―→ にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
(別窓で開きます)


posted by K_美樹 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。