2015年10月13日

日本の侵略と強制を記録するための植民地歴史博物館設立へ

なんでも韓国に「植民地歴史博物館」ができるそうです。
趣旨としては、

「日本による侵略や収奪、強制動員の記録など、植民地時代に関するさまざまな資料を展示し、過去の歴史の清算に向けた韓日の市民運動の歴史を保存する」

とのことです。

韓国に植民地歴史博物館設立へ 日本の団体も支援(聯合ニュース)

韓日の市民社会、植民地歴史博物館の建設共に推進…両国の資料展示予定(中央日報)

韓日市民が力合わせ「植民地歴史博物館」建立を推進(ハンギョレ新聞)


なるほど・・・日本による侵略や略奪、強制を記録するということは、当然、以下のような動画も展示されるのでしょうね。。


見てはいけない日帝時代の映像

https://www.youtube.com/watch?v=8zvWC0HFuJ8



日本に強制され仕事をする笑顔の朝鮮人女性
見てはいけない日帝時代の映像1.jpg


日本に強制され食事を作らされる笑顔の朝鮮人女性
見てはいけない日帝時代の映像4.jpg


笑顔で募金活動をする朝鮮人女性
見てはいけない日帝時代の映像2.jpg


駅を埋めつくす日の丸と旭日旗を振る朝鮮人の皆さん
見てはいけない日帝時代の映像5.jpg


強制連行した朝鮮人から募金を受け取り、三回お辞儀をし、
朝鮮人が頭を上げても頭を垂れ続ける無礼で残虐な軍人
見てはいけない日帝時代の映像3.jpg





「歴史を忘れた民族に未来はない」(パク・クネ,大韓民国 第18代大統領)





もしよろしければ―→ にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
(別窓で開きます)


posted by K_美樹 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。