2015年07月06日

韓国メディアの世界遺産登録に関する報道まとめ

MERS感染者が186人に増えています。
一般人の感染が確認されたのは10日ぶりとのことです。

MERS:感染者2人増186人=医療関係者以外では10日ぶり


*        *       *


文化遺産登録決まりましたね・・・そして案の定、問題が発生しているようですね。
日韓政府双方で、認識の違いが出ているようです。


日韓都合よく翻訳 韓国→強制労役 日本→強制労働意味せず 

 「明治日本の産業革命遺産」の世界文化遺産登録をめぐり、朝鮮半島出身の徴用工が一部施設で労働した事実に関し、日韓両国は最終的に同一の英語表現を用いながら、国内向けにはそれぞれ政権の主張に沿った説明をしている。

 関係者によると、韓国は世界遺産委員会での登録決定時に朝鮮半島出身者への「forced labor」(強制労働)があったと陳述をする構えだった。

 これを察知した日本が修正を要求。韓国は当初反発したが結局譲歩し、5日の審査では日韓とも「forced to work」との表現を使用した。日本は「働かされた」と訳し、岸田文雄外相は「強制労働を意味しない」と説明。一方、韓国は国内向けに「強制労役」と訳し、強制性がある労働だと主張している。

wor1507060028-p1.jpg

[日韓都合よく翻訳 韓国→強制労役 日本→強制労働意味せず]
http://www.sankei.com/world/news/150706/wor1507060028-n1.html


戦時に徴用があるのは当たり前のことで、日本人なら召集令状が来たら行かなければなりません。(兵役を含まない召集が徴用)


もし当時、日本人であった朝鮮人に徴用が無かったとしたら悪質な差別になってしまいますが・・。


いつくかソースを見てまわっていますが、今後の展開についてはちょっとまだよくわからない感じですね。
今後、もう少し詳しい論評が出てくることでしょう。。


韓国国内でもさかんに報道されていますので、主要メディアの報道をまとめておきます。

【聯合ニュース】
日本政府代表団は登録決定直前に行なった演説で、1940年代に一部施設で朝鮮半島の多くの人々が本人の意思に反して連れてこられ、厳しい環境で労働を強いられたと明らかにした。また、情報センターの設立など、被害者をしのぶための適切な措置を取る方針を示した。登録決定文には注釈で、「世界遺産委員会は日本の発表を注目する」と明示し、演説と注釈を連係させる形で強制労働が行なわれた歴史を認めた。(明治日本の産業革命施設 世界遺産登録決定


韓国外交部の尹炳世(ユン・ビョンセ)長官は5日に記者会見を開き、「明治日本の産業革命遺産」の世界文化遺産登録で朝鮮人の強制労働の歴史が反映されたことについて、「われわれの正当な懸念が忠実に反映される形で決定されたことをうれしく思う」と述べた。(産業革命施設の世界遺産登録 両国関係発展に期待=韓国外交部長官


岸田文雄外相は産業革命遺産の登録決定後、東京都内で記者団に対し、「強制労働を意味するものではない」と説明した。日本政府の仮翻では「意思に反して連れて来られ、厳しい環境の下で働かされた」と解釈。「強制労働」より低い水準の表現にとどめた。これに対し、韓国政府当局者は聯合ニュースに対し、「『意思に反し』『厳しい環境の下で働かされた』との表現は誰が見ても強制労働と解釈できる」と反論した。(「強制労働」と「働かされた」 韓日で異なる解釈


世界遺産委員会が行われたドイツで発表された声明は「徴用施設の世界遺産登録は現政権の外交的な屈辱だ」と主張。「強制労役」が行われた歴史を認めただけで、謝罪や反省とは程遠いと指摘した。(明治産業施設の世界遺産登録 「韓国外交の恥」=市民団体


【中央日報】
日帝強制徴用施設の世界文化遺産登録に関し、外交関係者の間では、韓国側が序盤に日本の先制攻撃に慌てたが「逆転判定勝ち」したという評価が出ている。 (<韓日世界遺産葛藤>韓国、「逆転判定勝ち」?


日本側は最後まで「強制徴用(enforced labor)」という言葉と労役させた主体が表現される点だけは受け入れられないと主張したという。結局、「意に反して動員」 「強制的に労働」などと表現することで双方が合意した。韓国政府はこの表現をすべて合わせれば「国際法上の強制徴用」と認められると判断した結果だと述べた。 外交部の当局者は「当初の目標は7カ所の施設を遺産登録から除外するというものだったが、日本が強制徴用を認め、日帝強占期に対する国際社会の認識を高めることで得る成果がより大きかったとみる」と述べた。 (日本「韓国人の意に反して強制的に働かせた事実ある」


尹長官は「今回の世界遺産委員会で、日本政府は過去1940年代に韓国人などが自分の意思に反して動員されて苛酷な環境の下で強制的に労役に就かされた事実があったことと、犠牲者を称えるためのインフォメーションセンターの設置などの措置を取るという要旨の発表をした」と伝えた。 (韓国外交部長官「対立を避けて対話で問題解決」


岸田外相は世界文化遺産登録が決まった直後、都内で記者団に会い、佐藤地ユネスコ大使の発言に対して「強制労働を意味するものではない」と述べた。 これに先立ち、世界遺産委員会に出席した佐藤大使は「1940年代にいくつかの施設で、意思に反して連れてこられ、厳しい環境の下で働かされた多くの韓国人らがいたことについて、理解できるような措置を講じていく」と伝えた。(日本外相、「朝鮮人強制労働ではない」主張


【朝鮮日報】
国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産委員会で、日本は「一部の施設で多くの朝鮮半島出身者などが自らの意思に反して(against their will)連れてこられ、厳しい環境の下で働かされ(forced to work)ていた」と述べた。日本が第2次大戦中の強制徴用の事実について国際社会で公式に言及したのは初めてだ。(日本、国際社会で初めて強制労働認める


日本の和泉洋人代表団長(首相特別補佐官)は同日の会議の発表で、「1940年代に数多くの韓国人や他国民が本人の意思に反して動員され、過酷な条件下で強制的に労働させられた」「第二次世界大戦当時、日本政府も徴用政策を施行したという事実が理解できるようにする措置を取る準備ができている」と述べた。こうした発表内容は登録決定文の本文でなく注釈(footnote)に盛り込まれた。韓国が「実質的な内容」を得たとすれば、日本は「形式」を引き下げることで妥協したのだ。 韓国政府当局者は「そもそも世界遺産に登録できないよう阻止できればもっと良かったが、これは実現の可能性が高くない。日本が初めて『強制労働』を認める発言を引き出したことに大きな意義がある」と述べた。(強制表記拒否の日本、国際社会の圧力に屈す


 「CAIRA文化財還収連帯」はこの日、声明文を発表し「安倍政権の謝罪と補償がないままでの世界遺産登録に断固反対する。普遍性と人道主義的な真正性に合致しない日本の近代産業施設の登録は原則的に無効であり、原点に立ち戻って再検討されるべきだ」と主張した。(韓国市民団体「登録は原則的に無効」


【ハンギョレ新聞】

しかし、残念な部分もある。朝鮮人の強制動員の事実を認めた日本政府の発言は、世界遺産委員会が正式に発表する「決定文」には盛り込まれていないからだ。その代わりに、韓日両国は決定文本文の注釈に「世界遺産委員会が日本の発言に注目する」という内容を付記することに合意した。韓国が国際舞台で日本政府が強制動員問題を事実上認める発言を引き出す「実利」を得たこと比べ、日本はこのような内容を決定文に可能な限り消極的に表記する「名分」を手にしたことになる。(軍艦島など世界遺産登録へ...「朝鮮人強制動員」事実上認める



今回の騒動については、中国も言及しています。
もちろん反日姿勢でです。

<韓日世界遺産葛藤>中国「日本、強制労働の全体事実が説明不足」


*        *       *


台湾が、中国と反日共闘で協調強化している、という報道が出ております。

台湾、対日共闘で中国と協調強化か


慰安婦を題材にした韓国映画が、配給会社見つからず公開できていない、とかいう報道も出ています。

ネット募金で撮った慰安婦映画、配給会社見つからず


もしよろしければ―→ にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
(別窓で開きます)




posted by K_美樹 at 17:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 韓国情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
世界遺産の件で改めてはっきりした。
韓国と関わると必ず後味の悪い結果になる。
W杯以来わかりきったことだが。

今回の世界遺産でも、本来、韓国が登録に反対しないことで譲歩し、日本が徴用の事実を認めることで譲歩して、関係改善に繋がるはずだった。
しかし実際には意見陳述という搦め手を使って強制労働を主張しようとする韓国の裏切りがあった。

さらに時間ギリギリのところで強制労働と言う陳述は回避されたが、世界遺産登録後にまたまた韓国が日本が強制労働を認めたと国内外に発表してしまった。そうなれば日本としても強制労働を認めたものではないと発表するのは必然である。そして日本がそのように発表すれば、韓国内で、それが正当なものかはともかく、反発があるのも当然である。

今は、やれ英文の解釈がーとか言ってるところ。あまりに不毛だ。日本国内も、韓国もだ。

もはや日韓関係はコントロール不能だ。関係改善のためには本来、お互いにある程度譲歩することが必要だ。
しかし、仮に韓国が何か譲歩し、合わせて日本が何か韓国に譲歩したとする。すると韓国では日本が譲歩したもの以上のものを勝ち取ったと喧伝する。そうすれば日本はそんなことは言ってないと否定する。すると韓国では日本が否定したもの以上について騒ぎ立て、歴史歪曲と叫ぶ。本当にコントロール不能である。関係改善のために譲歩したはずなのにさらに関係が悪化する。実に馬鹿げている。

もはや対話を通じた日韓の関係改善は無理である。1000年経つのを待つのがよい。
日韓断交、これこそが最も良い日韓関係の改善方法である。
Posted by at 2015年07月07日 04:24
コメントありがとうございます m(_ _)m

ある意味、予想通りの展開になっていますね・・・。
韓国国内では、「日本が騙した」というプロパガンダ一色です。

対話を通じて関係改善を!、と言わせる、思わせることが、
すでに韓国の抗日闘争の戦略なのでしょうね。

憲法に反日精神が記載されている国ですからね。。


===大韓民国憲法前文===

三・一運動(抗日闘争)により
建立された大韓民国臨時政府の法統(抗日闘争の精神)
及び、不義に抗拒した四・一九民主理念を継承し…

==============
Posted by 美樹 at 2015年07月09日 17:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。