2015年07月02日

ロッテ製菓(韓国)のチョコバーから基準値の6倍の細菌が検出、回収へ

ロッテ製菓(韓国)のガーナチョコバーより基準値の6倍(6万匹/g)の細菌が検出され、回収措置がとられているそうです。


当サイトはこの手のニュースを収集していますので記録しておきます。
ソースは以下になります。


ロッテ製菓のガーナチョコバー(ピーナッツ)が全量回収措置される。

2日食品医薬品安全処によれば大邱(テグ)広域市、中区(チュング)衛生課が保健環境研究院に依頼した調査でロッテ製菓のガーナチョコバーで基準値の6倍に達する細菌が検出された。 問題になった製品で検出された細菌数は基準値(1万匹/g)の6倍である6万匹が出てきて'非適合'判定を受けたと分かった。

新薬処は細菌検出指針に従いロッテ製菓、ガーナチョコバー生産工場がある慶南(キョンナム)梁山市(ヤンサンシ)を通じて該当製品を回収することにした。 回収物量は去る4月16日製造された2800箱(賞味期限2016年4月15日)だ。 (以下略)

[ロッテガーナチョコバーピーナッツ、細菌数6倍を超える](アジア経済・韓国語)
ttp://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=101&oid=277&aid=0003533274


大手企業ロッテでも、このような事例が出ているのですね。。


韓国と言えば、大手調味料メーカーが糞尿用バキュームカーで糖蜜を輸送していたとして摘発されたことがありましたが、ロッテもなんだか怖いですね。

[参考]:バキュームカーで「糖蜜」を運搬


[関連記事]:ロッテのチョコから基準の6倍の細菌、韓国で回収騒ぎに


もしよろしければ―→ にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
(別窓で開きます)




ラベル:韓国産食品
posted by K_美樹 at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。