2015年06月08日

MERSの感染拡大止まらず、非感染地域だった釜山からも感染者

韓国の「中東呼吸器症候群(MERS)コロナウイルス」の感染拡大が止まりませんね。。


感染力は弱く、空気感染もしないはずなのですが・・。
中国にも感染者が入っており、一時、行方不明になりましたが感染拡大は起きていないようです。(隠蔽している可能性もありますが)


現在、隔離対象者は2361人で、
感染者は87人とのことです。(内6人死亡)
最初の感染者が感染を受けて3週間後に90人近い感染・・・これは100人超えそうですね(-_-;

MERS隔離対象者2361人に 1日で約5百人増=韓国

MERS患者23人増えて計87人…韓国、MERS発病国2位に


※6/7朝追記、感染者95人、死亡者7人に増加とのことです。隔離対象者ははっきりとしませんが2508人以上は確定しているようです。

MERS感染者8人増の95人 死者は7人に=韓国


世界で2番目に多い国とのことですが、やはり韓国政府の対応・管理がずさんなようです。
「MERS患者が普段通りの生活を送り、村ごと隔離」
「隔離対象者が鬱陵島へ観光旅行へ」
「隔離対象者がフィリピンへ出国」
といった事例も出ております。

政府公表のMERS病院リストに間違い 非難続出=韓国

MERS患者が地元住民らと接触 村ごと隔離=韓国

MERS疑い50代の女性が、隔離を無視して鬱陵島旅行

隔離対象となっていた韓国人医師が、フィリピンに出国


今まで、感染者が出ていたのはソウル〜京畿道(ソウル近郊区域)とされていましたが釜山からも感染者が出ています。
ソウルと釜山は332km離れています。

韓国MERS、とうとう釜山まで汚染、「病院外感染」の始まりか?


また、ソウル市区議会勤務の公務員がMERSに感染、職員・区議など50名前後と接触したことも明らかになっています。

ソウル市中区の公務員がMERS陽性反応、50人余りの人と接触


なんだかこれからが本番のような気もしますが、韓国政府は「第1次の流行終息」の声明を出しています。(ホントなのでしょうか?)

MERS関連病院29カ所に 「第1次の流行終息」=韓国


当然ながら、一連のMERS騒動は韓国観光業界を直撃しています。
今月の中国人の旅行キャンセル者は10万人以上、これはキャンセル率20%に相当するそうです。
韓国の輸出はガタガタの状態ですが、内需も危ないですね・・。

韓国製よりも安い日本製出現に韓国輸出企業が悲鳴

韓国観光業界に打撃 MERSで外国人旅行キャンセル2万人


もしよろしければ―→ にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
(別窓で開きます)




posted by K_美樹 at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。