2015年06月06日

東日本大震災、真っ先に日本へ駆けつけた国は?

Twitterを見ていたところ、
『「東日本大震災に最初に駆けつけた救助隊は韓国ではなく台湾」というデマを信じる人がいまだに蔓延していて嘆かわしい』
というツイートに気がつきました。


どうも、池上彰さんの番組でひと悶着あったようですね、以下のような画像が引っかかります。


xuDRWSV.jpg


池上彰さんが「東日本大震災時、真っ先に日本へ駆けつけた国は韓国」と話し、それに対して、ネット保守が「最初に駆けつけた救助隊は韓国ではなく台湾」と反論した(人がいた)、というところでしょうか。。


で、事実関係はどうなのか調べてみました。


まず、3月11日に震災発生。
翌日12日に救援隊が到着した国は、二カ国あります。
一つは韓国、もう一つはシンガポールです。(外務省サイト&海外支援まとめWiki)


時間は、どちらも午後になっており、どっちが早いとかはよくわからないですね。
というか、地理的に韓国が一番近いですし、人の“行き来”も多いのですから、到着するのが一番早いのは当然な気も(^^;


ちなみに、聯合ニュースよると「外交通商部職員を派遣」「政府は韓国国民の安全対策を講じるため派遣」となっております。(通商部職員?・・・まぁいいですけど)


【ソウル12日聯合ニュース】東北沖大地震を受け、政府は韓国国民の安全対策を講じるため、対応チームを現地に派遣する。

 外交通商部当局者はこの日、「政府の迅速対応チームが本日午後6時ごろ、日本の仙台に向かう。新潟空港を通じ、車で現地入りする予定だ」と明らかにした。

 政府の迅速対応チームは外交通商部職員5人で構成される。現地で韓国国民の安全および被害状況を把握し、衛星電話を利用して本部に状況を報告する予定だ。

[東北沖大地震、政府の対応チームがきょう現地入り]
http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2011/03/12/0200000000AJP20110312000300882.HTML


では、台湾は・・。
台湾は13日到着です。(ソース、下の李登輝元総統の証言でも13日になっています)


ただ、到着後、受け入れの許可がおりなかったようですね。
日本政府が許可したのは13日の夜とのことです。


一方、韓国の場合は、12日午前の段階で受け入れを決定。(到着は午後)
シンガポールも即時受け入れ、12日午後から活動を開始しています。


日本政府が、台湾の救援隊の入国を妨害した、とかいう怪情報も引っかかるので調べてみました。
確かに、それに類する報道が引っかかります。


台湾の救援隊、2日待たされ到着 日本、中国側に配慮か

【台北=村上太輝夫】台湾の救援隊が14日、羽田空港に到着した。11日の地震発生直後にすでに隊員派遣の用意を表明しながら、丸二日も待機を強いられた。台湾側は「中国要因でしょう」(外交関係者)と受け止めている。

 日本側はいったん救援隊を受け入れると返答したが、その後「現場が混乱している」として、待つよう要請した。だが、その間に各国から救援隊が入り、台湾メディアから「なぜ入れないのか」と疑問が出始めていた。

 日本政府は1972年に台湾と断交、「台湾は中国の一部」とする中国の立場に配慮しており、台湾隊をいち早く受け入れることをためらったとみられる。

 13日に中国の救援隊が現地入りし、同日夜にやっと台湾隊受け入れが決まった。

[台湾の救援隊、2日待たされ到着 日本、中国側に配慮か]
http://megalodon.jp/2011-0314-2116-51/www.asahi.com/international/update/0314/TKY201103140399.html


(注).上の記事で14日に羽田に到着したのは第二陣ですね。台湾の救助隊は13日の段階で医師などを含む第一陣が到着しています。


また、以下は、李登輝元台湾総統の証言です。


 99年9月21日、台湾大地震が起こったのは台湾総統の任期があと8カ月で終わるときであった。各国から救助隊がやってきたが、真っ先に駆けつけてくれたのが日本であった。人数も多かった。またありがたいことに小池百合子代議士は、仮設住宅の提供を申し出てくれた。さらに、当時曽野綾子氏が会長を務めていた日本財団は3億円を寄付してくれた。授与式には曽野氏がわざわざ訪台され、私と会見した。その際に私は曽野氏に対して、もし将来日本で何か起こったら、真っ先に駆けつけるのは台湾の救助隊であると約束した。

 しかし、先の東日本大震災ではその約束が果たせなかった。震災発生直後、日本の対台湾窓口である交流協会を通じてすぐに救助隊の派遣を申し出たのだが、なかなか話がまとまらない。時間を無駄にはしたくないと考えたわれわれは、やむなく山梨県甲府市のNPO(非営利団体)と話をつけて、救助隊を自力で被災地に向かわせることにした。

 台湾からの救助隊の第一陣が成田空港に到着したのは3月13日。すでに中国や韓国の救助隊は到着していた。さらに日本に到着してからも、「台湾の救助隊を迎え入れる準備ができない」と外務省にいわれてしまう始末であった。

 なぜ、当時の日本政府は台湾の救助隊を受け入れることを躊躇したのか。「台湾は中国の一部」とする中国共産党の意向を気にしたとされる。日本の台湾に対する気持ちはその程度のものだったのかと残念に思った。日本に何かあれば、台湾の救助隊がいちばんに駆けつけるという曽野氏との約束を果たせなかったことは、私にとって生涯の痛恨事である。

[東日本大震災での痛恨事]
http://blogos.com/article/61441/


上の朝日新聞の記事と似かよった内容があり、当時の日本政府が、台湾救援隊の入国に対して、なにか手を加えたというのは事実なのでしょう。


李登輝元総統の手記を読むに、東日本大震災時、台湾は、日本に駆けつけることさえ難しい状況だったようです。
それでもなお、自力で被災地へ向ったとのこと。。


*        *        *


色々と調べてみましたが、池上彰さん意図はわかりますが、時間的に「真っ先に駆けつけた」とかいうのは、あまり意味がないことなのではないでしょうかね。。
(李登輝元総統が、それに拘ったのは日本財団会長曽野綾子さんとの約束があったからです)


なぜなら地理的に近いところが早く到着するのが当たり前だからです。
(ちなみに東日本大震災において、もっとも早い外国救援隊は在日米軍です)


支援の早さを見るのであれば、「支援申し入れ」の早さを見るべきだと思いますが、日本と関連のある主要国のほとんどが11日の震災発生後、数時間以内に「支援申し入れ」をしています。(中国、ロシアも11日の段階で申し入れています[ソース])


もっともこれも当たり前の話で、対立国であろうとも、国交のある国が、稀に見る大災害にあったとしたら、どんな形であれ「支援申し入れ」はするでしょう。
これで無関係をきめこむというのは、現代人の感覚からはあり得ないでしょう。


池上彰さんが何をしたかったのかはわかりますが、考え方として、意味のないことだと私は思います。


もしよろしければ―→ にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
(別窓で開きます)


参考[シンガポールのレスキューチームの受入れ]
http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/23/3/0312_11.html

参考[韓国の救助犬チームの受入れ]
http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/23/3/0312_08.html
posted by K_美樹 at 19:38| Comment(9) | TrackBack(0) | 台湾情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こっち見んなよ、朝鮮人。
「日本の震災をお祝います」
日本人は一生忘れないとおもうけど?
Posted by at 2015年06月06日 23:49
「池上彰さんが何をしたかったのかはわかりますが、考え方として、意味のないことだと私は思います。」<−ごく一部の良く政治の動きを見ている方には意味の無い事ですが、「政治に関心の無い人には、池上の主張はそのまま記憶される」という事が、非常に意味のある事なのです。

例えば視聴者の5%程度が池上のプロパガンダを即時に見抜けたとしましょう。さらに5%の視聴者が、何か変だと思って調べた結果真実を知る。10%は「本当か?」でとまってしまい、残りの80%は池上の言う事は頭から正しいと信じる。 このような効果を狙ったものだと想像できます。

中立的、客観的な見解としてはブログ主様の意見は極めて正鵠を捉えていると思いますが、あえて放送する側の意図は池上の意見なら無条件に受け入れる残りの80%にあります。20%を捨てても残り80%への効果を期待したものでしょう。

話を戻しますが、池上の放送に関して疑問を抱いた10%の視聴者の中でフジテレビに実際に抗議する人は何%いるでしょうか? フジテレビのダメージは蚊に刺された程度と想像します。嫌韓感情を和らげる効果を期待したものでしょう。それに効果と損害はすでに計算済みではないのですか?

自民党−>民主党への政権交代や韓流、いわゆる従軍慰安婦など国内における大型プロパガンダは常に正論を駆逐し大成功を収めた事実はみのがせません。真実が暴露された理由は韓国の大統領による度を越えた反日がきっかけです。プロパガンダ自体は常に成功していました。池上の放送は彼らのプロパガンダに対する自信のなせる業でしょう。

考えすぎですか?
 

Posted by ippan shimin 2014 at 2015年06月07日 08:27
確かに真っ先に来たかも知れんが真っ先に火事場泥棒したのもやつらだ(-ω-)
Posted by 犬派 at 2015年06月08日 20:02
>>ippan shimin 2014さん

コメントありがとうございます m(_ _)m

>池上の主張はそのまま記憶される」という事が、
>非常に意味のある事なのです。

そうですね、今をもってしてもテレビの影響は大きいです。
もっとも若い世代ではすでにネットの時間が
テレビ視聴時間を上回っていますので、
テレビの影響力は今後、どんどん弱まっていくとは思います。
http://3gensoku.up.seesaa.net/image/E383A1E38387E382A3E382A2E68EA5E8A7A6E69982E996932013.jpg

またそのような環境化において、露骨なプロパガンダは、
彼らが望む方向とは真逆の方向への流れを加速するとは思います。
(このことは現在のネット世論を見れば証明されているように思います)

この記事の内容は、テレビのプロパガンダに対して、
抗う一助となればという思いも込めて記しました。

池上さんの意見なら無条件に受け入れる人物と出会った時に、
「ほとんどの国が、すぐに“支援申し入れ”をしていた」
「地理的に一番近いところが早く到着するのは当たり前」
「一番早い救援隊は在日米軍」
「シンガポールも12日に到着していた」
「そもそも日本政府によって足止めされた国がある」
これらの情報がサッと出てくるといいのではないかな・・・と。。

いつかどこかで誰かの役に立てるとよいのですが・・。
ご意見どうもありがとうございました m(_ _)m
Posted by 美樹 at 2015年06月09日 17:27
>>犬派さん

コメントありがとうございます m(_ _)m
ブログ運営の参考にさせていただきます。。
Posted by 美樹 at 2015年06月09日 17:28
初めてコメントします。
この件に関して3つのサイトを回ってみました。結果、(私の主観で)オトナなサイトは自ら調べて納得、ヤフコメは数人が調べて納得で大多数はデマ続行、管理人さんが比較的冷静でもコメ欄はそこそこってサイトでも一部は納得してました。が、いささか眉をひそめたのが「台湾が待機させられたのを言わなかった」「待機させられていなければ台湾が一番だった」「だから台湾が一番に到着が事実で池上は嘘ついてる」って流れの人「達」がいたことです。こういうのって韓国メディアもよくやってるし韓国人が嘘ついたのを信じ込む時にもやってると思うんですが・・・韓国面に落ちるってこう言う事なんでしょうね。一部嫌韓派は韓国人に似ていると思った次第です。

まあ池上氏の無意味発言が元凶ではありますが、国内の嫌韓派にいささか不安を感じました。
Posted by sakura at 2015年06月09日 21:07
>>sakuraさん

コメントありがとうございます m(_ _)m
いらっしゃいませ、くっくりさんのところから
来られたのでしょうか(^^)


>・・・韓国面に落ちるってこう言う事なんでしょうね。
>一部嫌韓派は韓国人に似ていると思った次第です。

これはもう何年も前から
一部のネット保守内では話題になっている懸念事項です。

当サイトのトップページ(http://3gensoku.seesaa.net/)
右側に貼られている「コラム」や「保守活動講座」は、
それらを話題として取り扱った記事になります。。
もし興味がありましたら読んでみて下さい。
(一部、内容が古くなってしまっていますが(^^;
 闘病中につき体調が悪く、なかなか更新できなのです…)
Posted by 美樹 at 2015年06月09日 23:51
あ、ハイ
オトナの所からですが、wiki見てこちらを見てくっくりさんのとこに書き込んだらそのコメを見た方が調べてこちらのリンクを貼っていたのでちょっとビックリしました。あそこは管理人さんが事実重視で書いてますし、訪問者も冷静な方が多くて罵倒される確率が低くて良いですね。オトナの人は好きです。
Aと言う事実に対してBと言う前提があったが、それはCと言う理由が憶測される。
池上氏はAしか話さなかったがBと言う前提を話すべき、までは理解可能ですがCやAの時間軸以降も話すべき、には???って感じです。ましてやAとBを逆にするとかあり得ません。テレビの影響力を書いてる方がいらっしゃいましたが、一番情報ってそれまでのマイナス打ち消すほどのものですかね?犬を逃したとか役に立たなかったとか何故言って欲しいんでしょう?支援してくれたのには変わりないし中身を見るべきと思うんですが・・・あと妙に台湾に肩入れしてるのも気になる所です。中韓がアレなので気持ちは分かるんですがちょっと極端だと思います。

くっくりさん以外の所では工作員認定されました。わーい・・・なーんか幼稚ですよね。私は擁護するような事は一つも書かず、ただ事実のみを指摘したのですがダメでしたね。これでは「事実をもってしても親韓な人」は追い出されて嫌韓派を忌み嫌いますよ。コメントの流れを見て「韓国人が嘘を事実と思い込む過程」を見る気がしました。勿論、私のコメントをキチンと読んでる人もいて理解を示してくれましたが。一部の嫌韓派は日本国民が全員嫌韓にならないとイヤなんでしょうね。煽りでも何でもなく「そういう歪曲を良しとするのは韓国メディアや朝日と一緒」と書いたら「下劣」とまで言われましたので、自覚は無いんだと思われます。

返信有難うございます。お体大切に。私も偏頭痛持ちなので今の季節は辛いです。
Posted by sakura at 2015年06月10日 09:27
>>sakuraさん

レスありがとうございます m(_ _)m

>くっくりさん以外の所では工作員認定されました。

そうでしたか・・・私も以前は、かなり“主張する”記事を
書いていたことがあり、工作員認定を受けた過去がありますので、
気持ちはよくわかります。
(どのような主張をしていたかはコラムと保守活動講座を参照して下さい^^;)

sakuraさんの文章から、
何があって、どういう気持ちになったのか大体わかります。
このサイトは当初、sakuraさんのような方の
受け皿になるべくして作られた過去があります。
現在は、管理人の体調悪化にともない本来の活動を停止していますが・・。

「工作員認定されました」
「事実のみを指摘したのですがダメでした」
「韓国人が嘘を事実と思い込む過程」
「「韓国メディアや朝日と一緒」と書いたら「下劣」とまで言われました」
これらが、まさに相互確証幻想であり集団成極化であり没個性化であり、
私たちが戦わなければならない「第三の敵」なのです。。
(いきなり意味不明なことを言ってすいません^^;、コラムと保守活動講座に書いてあります)

sakuraさんのような失望を感じた方が、
このサイトを訪れることは少なくありません。
sakuraさんのような方の心を癒すことも、
このサイトが存在する意義の一つだったります。
(大風呂敷を広げすぎでしょうか^^;、でも当初は本当にそうだったのです…)
Posted by 美樹 at 2015年06月10日 19:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。