2015年05月13日

慰安婦は「日帝協力者」の顔を持っていた

なにやら韓国メディアで慰安婦関連のおもしろい記事(韓国語)が出ているようですので記録しておきます。


■ 外国公館目前、外交非礼・・・おかっぱ頭も考証合わない

1d1821e0.jpg
チョ・ウソク文化評論家

通る度に本当にスッキリしないのが、ソウル鍾路区(チョンログ)の日本大使館の前にある慰安婦少女像である。治外法権地域である外国公館の目の前に、このような形の乱暴な意思表現をする事が正しいのかという思いからである。これは厳然たる外交的欠礼ではないのか?

日本としては、時が来れば少女像周辺に寄り集まる韓国人プラカードデモ隊のせいで気楽なわけがない。周辺に制服姿の戦闘警察官が配置された風景もこの周辺・・・、いや韓日両国の間に形成された緊張感を物語っている。案の定?昨年11月の韓日局長級協議で、日本が少女像の撤去を要請して来た。

右派志向の日本の市民団体が少女像の撤去を要請した事があるが、日本当局が問題申告をしたのはこの時が初めてだった。大部分の韓国人は、このような事案を黙殺する。マスコミも同様だ。

■4年前に突然設置されたおかっぱ頭の少女像の問題点

彼らは大衆の反日感情に迎合する報道だけを繰り返すため、少女像が持っている不都合な真実に全く関心がない。当時の韓日間局長級協議の消息を伝えて聯合ニュースは、「このような要求は強引を超えて、我が国の政府と国民に対する侮辱だ」と脅し文句を書いた。

このように硬直された状況では、慰安婦少女像問題に第3の意見を出す事は社会的タブーに属する。以前指摘した通り『挺身隊問題対策協議会の考えから脱した意見』を出す事は、売国奴の声を浴びなければならないが、私は敢えてそれに頓着しないでいる。

このコラムの目標は、少女上を巡る我が国の社会の通念が果して健康なのかを尋ねる事である。まず4年前に設置されたこの銅像は、設置場所から酷い外交的欠 礼な上に美学的に快適ではない。このように粗野な水準の設置物で、果して人類普遍の価値である人権と道徳を語れるにか?

同時代の国際倫理を象徴するにはこの少女像は力不足であり、日本に対する道徳的・心理的圧力を加えるカードとして役に立つのかという疑問も避けられない。最善の場合、『成功した環境造形物』と同時に今の時代の記念碑の仲間入りはしたが、どのような基準も満たしてはいない。

そのため、ヒューマニズムと平和に訴える韓国国民の心まで適切に見せなければいけななった。そのような判断は筆者一人だけの物だったが、共感してくれる人がいて嬉しかった。それが『帝国の慰安婦』を書いた世宗(セジョン)大学のパク・ユハ教授だ。

そのような声を出したからこの本は不敬罪に追われ、販売禁止の仮処分を受けたのだろう。パク教授が指摘する少女像の問題は、これが日帝下の慰安婦の平均的な姿とは無関係に、『日帝に抵抗する民族の娘』として描かれたという点である。それで実際の慰安婦の平均年齢は25歳だったが、この作品は10代の少女に設定された。

■『日帝に抵抗する民族の娘』の描写は間違い

私たちは彼女たちが日帝の官憲によってある日突然強制動員、すなわち連行されて行ったと信じたいため、意図的に少女を裸足の姿で描いた。拳を硬く握ってにらみ付ける怒りの目付きもそのためである。

パク教授が学術レベルで把握した慰安婦の実際の姿とは、『民族の娘』あるいは『聖処女』ではなかった。彼女たちは『被害者』と同時に『協力者』の二つの顔を持っていた。当時の状況で家族扶養のために出た中途半端な犠牲精神もあったし、家父長制の下での被害女性でもあったので非常に複合的である。

『抵抗する慰安婦』のイメージとは、それは挺身隊問題対策協議会が考える慰安婦像の決定版である。また韓国人だけが信じたいイメージだけのものだ。 したがってパク教授は言い切る。「慰安婦少女像には歴史の中の慰安婦はない」と・・・。(<帝国の慰安婦>204ページ)

筆者も共感する。だから韓国人の片意地が作り出した少女像を外国公館の前に杭のように立てたとしても、日本人が悔やんで感動する訳がない。常識的に考証が曖昧な部分が一つや二つではない。

まずはおかっぱ頭から。おかっぱ頭は少女が着ている韓服とは不自然だ。日帝時代、若い女性のおかっぱ頭はそのように普通ではなかった。1920年頃に日本留学を終えて帰って来たオ・ヨプジュ(呉葉舟)が1920年に和信商会で美容室を開業して流行させたのがおかっぱ頭というが、当時は伝統的なテンギ髪が圧倒的だった。

この作品を作った作家は、少し無茶な細かい説明をしている。おかっぱ頭は、その少女が親と故郷から強制的に断絶された事を象徴するというのである。不得要領の言葉に過ぎなが、それがこの作品を製作した彫刻家夫婦のキム・ウンソン(52歳)、キム・ソギョン(51歳)氏さんの説明である。

少女像の肩に止まっている小鳥も、この世を去った慰安婦ハルモニと現在の私たちを受け継ぐ架け橋と同時に自由と平和を盛り込んでいるというが、ここまで来れば露骨な意味付けに属する。

さらに大きな問題は、市民の風俗である。一部は寒い日ならニットキャップにマフラー、そして靴下を着させるのが普通である。このような様子をマスコミが忘れずに照明を当てて、反日感情をその都度繰り返して刺激している。

■歴史と安保を区別して扱う事を助言する

しかしそれは私たちの風俗ではない。慶州(キョンジュ)・南山(ナムサン)などの野外の仏像や寶相像に対し、韓国では寒いと服を着させてマフラーを巻く事など全くなかった。あるとすれば、それは海の向こうの日本の風俗だけである。

私たちは日帝に反対するための銅像を日本式のヘアスタイルで飾り、追悼も日本のスタイルにしているのだ。決定的な事は、この銅像の設置過程も社会的合意が不足していた。前の彫刻家夫婦が進んで製作意思を明らかにした。そのため何の検証過程もなくこの提案が受け入れられた。

筆者はこの彫刻家夫婦が、美術界の代表性を持っているのかもほとんど知らない。さらに大きな問題は別にある。現在少女像は拡散一途だ。高陽市湖公園と城南市役所公園、水原オリンピック公園などにも登場する予定である。アメリカのグレンデールとデトロイトなど、海外にも続々と建てられている。

このような物がデタラメに増えると、国際社会の日本に対する世論を牛耳るものではない。アメリカを含む国際社会が見たいのは、韓日間友好増進の大乗的次元ではないのか?

それならば今韓国は自問して見なければならない。植民地時代の被害者の苦痛を社会的記憶に残して痛みを共ににするのは良いが、それを反日ヒステリーに広げる事が果して穏当なのか?それは子孫の醜い怨念解消ではないだろうか?

幸いにも数日前、青瓦台は韓日関係の年内解決を約束した。チュ・チョルギ外交安保首席は、「歴史と安保を区別して扱う」と明言した。 もっと早い方が良かったが、挺身隊問題対策協議会の主導する反日ヒステリーから治める事を助言したい。そして皆が忘れているようだが、今年2015年は歴史的な韓日修交半世紀だ。

ソース:メディアペン(韓国語)
ttp://www.mediapen.com/news/articleView.html?idxno=75557


この記事を書いた方は、

「外国公館の目の前に、このような形の乱暴な意思表現をする事が正しいのかという思いからである。これは厳然たる外交的欠礼ではないのか?」

と結論をボカして書いていますが、外国公館への侮辱行為はウィーン条約違反であり、明確に国際法違反です。
まぁ、このようなことも大っぴらには書けない国なのですが、「慰安婦は“日帝協力者”の顔を持つ」――これに触れたのは興味深いところです。。


韓国の自称慰安婦には、実は「日帝協力者」という不都合な真実があり、「親日派」との糾弾から逃れるために、保身のために被害者を演じている――というのは、日本の保守内では比較的に目にすることがある論調ですが、韓国側からも上のような記事が出てきている、というはちょっと驚きです。(この方、大丈夫なのでしょうか(^^;)


韓国でも、こういうものを公然と書ける材料が揃ってきてはいるのですね・・。


ただ「帝国の慰安婦」を上梓した世宗(セジョン)大学のパク・ユハ教授は、親日でもなんでもありませんので、氏を持ち上げる必要はありません。


確かに彼女は、「慰安婦は売春婦」「日本軍の仲間」という趣旨を著書で述べ、裁判となりましたが、パク・ユハ教授は日本軍による広義の強制を否定しておらず、日本の責任を強く追及、謝罪を求める立場です。


これは、よく日本のネットで「強制連行を否定した」とされている安秉直教授(ソウル大学名誉教授)もそうです。
安秉直教授は広義の強制を否定していませんし、親日でもありません。(ソース)


この問題は、韓国側が国連を巻き込み、戦争下における普遍的な人権問題へと戦線を拡大したため、米軍慰安婦、韓国軍慰安婦、ベトナム韓国軍慰安所、さらには韓国軍によるベトナム人虐殺までへと飛び火する可能性が高くなりました。
米国が収拾に動いている(韓国切り捨て)ような素振りもありますが、どうなるのかは未知数です。


ずっと韓国メディアを見ていますが、慰安婦問題が韓国にとっても負担になっているのは明らかで、今後、どのような展開になるのか読み難くなっているのは事実です・・。(参考:韓国メディア「腹立たしいが反論は困難」 文春“ベトナム韓国軍慰安所”報道)


にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ


以下、韓国主要マスコミ報道ピックアップ
(日本側に不利な物も載せることがあります)



北朝鮮 反逆罪で軍ナンバー2を公開処刑=韓国情報機関
北朝鮮軍ナンバー2の玄永哲、居眠り理由に粛清
――軍ナンバー2をあっさり処刑、あいかわらずの国です(-_-;――


そして誰もいなくなる? 北朝鮮幹部ら正恩氏から離反も
――『ここ半年の間に玄氏のほか馬元春(マ・ウォンチュン)国防委員会設計局長、辺仁善(ビョン・インソン)軍総参謀部作戦局長、韓光相(ハン・グァンサン)党財政経理部長ら、金第1書記の最側近だったメンバーが粛清により消えた』・・・たった半年で殺しすぎですね、、、これで国家を運営できるのでしょうか。。――


北朝鮮の恐怖統治、金正恩執権後に幹部70人余りが処刑
――殺しすぎるにもほどがあります。。――


第2ロッテワールドが営業再開 市民からは期待と不安の声
――発電所の上に水族館がある頓珍漢な施設、第2ロッテワールドが営業再開したそうです――


韓国軍訓練施設で予備役が銃乱射 2人死亡・1人重傷
――韓国軍でまた銃乱射です。この軍隊は不祥事が多いですが変わりませんね――


韓国国会、安倍首相米演説糾弾決議案を採択
――『安倍首相糾弾決議案が在籍議員238人の全員一致で可決された』・・・似たような採択はしょっちゅうやっていますが、議員全員一致はすごいですね。欠席すらいません。韓国国会の現状がよくわかります――


――あいかわらず対日外交方針の転換を促す報道が出ていますので、いくつかまとめておきます。

【時論】朴大統領の訪米、韓日関係に縛られるべきでない
「大統領は全知全能ではない…長官が所信持って説得すべき」=韓国


元慰安婦追悼施設建設が本格化 ナヌムの家一帯=韓国
――写真(CG)が載っていますが、大きな施設になるようですね。もはや引っ込みがつかなくなっていますね・・・このまま国益を損ないどうにもならなくなったとき、、、矛先はどこに向うのでしょうか?、意外と日本ではないかもしれません、内ゲバが好きな国ですし。。――


世界で酒を最も多く飲む国は?
――これはちょっと意外でした。韓国は肝臓ガンの罹患率がOECD1位ですし、その原因はお酒の飲みすぎと聞いていたので、OECD1位かと思いましたが、そこまで飲むというわけでもないようです。ちなみに1位はエストニアとのことです――


韓国のえごま油、日本で爆発的人気…輸出額急増
――エゴマ油(シソ油)にオメガ3脂肪酸が多く、健康に良いというのは事実なのですが、韓国産のものも多く入ってきているようです。気をつけましょう。。――


韓国史教科書、近現代史の比重40%に減らす
――『五千年の歴史のうち開港以降の時期を50%も記述するのは多すぎるという指摘があり』・・・なんだか凄いことになっていますね、5000年の歴史(-_-;、、、減らすとはいっても10%削るだけなのですね。。――


【時視各角】親日派から致命傷を受けた安倍首相
【コラム】世界的な歴史学者187人が韓国に呈した苦言
――上記2つの記事に関しては次の東洋経済の記事と照らし合わせて読まれますと面白いと思われます→(日米歴史家、韓国メディアの"変化球"に困惑)。もう一つ参考:(聯合ニュースが虚報か 研究者187人の声明に韓国が振り回される)――


「習近平・安倍の接触、中国が事前・事後に韓国に説明」
――尹炳世外交部長官(外交担当大臣)のロングインタビューです。韓国外交のキーパーソンですが、興味がある方、どうぞ。。――


【コラム】韓国、国際分業体系再編するTPPから疎外されてはならない
――TPPに参加するには日本の同意が必要ですが、そこのところ韓国はわかっているのでしょうかね。。――


高齢者の貧困深刻…財政動員して「福祉・成長好循環」模索する時=韓国
――『韓国の高齢者貧困率は47%でOECD諸国の中でも異常に高い。OECDの平均は12.8%程度だ』・・・韓国の高齢者貧困率が世界一(OECD基準)というのは、わりと有名な話なのですが、あらためて数字で見てみますと凄いですね(-_-;――


もしよろしければ―→ にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
(別窓で開きます)




posted by K_美樹 at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 慰安婦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。