2015年05月11日

慰安婦の嘘を暴く映画、米国で上映

なんでも保守系活動家の谷山雄二朗さんが、慰安婦の嘘を題材とした映画を作製し、米国で上映したそうですね。




9ea12a39.jpg

▲ スコッツボロガールズ(Scottsboro Girls)のDVD表紙

日本軍慰安婦に対する歪曲した主張が盛り込まれた『極右ドキュメンタリー映画』が、安倍晋三総理の訪米期間にアメリカで初めて正式上映される。

問題の映画は、「慰安婦は自発的な売春婦であり、韓国には過去『妓生(キセン)』文化があった。現在も大勢の女性が売春をしている」という悪意的主張などで満たされていて、上映を巡って物議を醸している。

映画『スコッツボロガールズ(Scottsboro Girls)』は28〜29日(現地時間)、アメリカのワシントン州エレンズバーグに位置するセントラル・ワシントン大学(Central Washington University)内の学生レクリエーションセンター(320人収容)で上映される予定である。安倍総理が上下院合同演説などのため、アメリカに滞在している時期だ。

この映画は慰安婦問題を扱った英語ドキュメンタリーで、2011年東京都知事選挙に出馬した日本の右翼活動家、谷山雄二朗が昨年9月に製作した。彼は上映期間中に直接この大学を訪問して、講演も行う予定である。

映画の上映はこの大学の日本人講師である、マリコ・オカダ・コリンズ(Mariko Okada-Collins)の招待によるもの。

映画『スコッツボロガールズ』は、慰安婦が日本政府によって強制的に動員されたというのは事実ではなく、金銭を稼ぐために直接志願した売春女性であると強弁する。

特に、慰安婦がまるで韓国の売春文化から始まったかような、『嫌韓論理』に寄り添ったごり押し的主張を展開する。

「韓国には1000年前の高麗時代からSEXを提供する管理売春システムの“妓生(キセン)”があった」とし、「韓国フェミニスト協会によれば、韓国人女性の25人に1人は金銭のために身体を売っている」という事を根拠に挙げている。

833e620e.jpg

▲ YoutubeにUPされたスコッツボロガールズ予告篇の一場面。韓国の売春業者の様子を撮影した画面に、韓国には高麗時代から“妓生”制度があったという主張を盛り込んだ。

***

2007年にアメリカ下院の聴聞会に出席して証言した慰安婦被害者のイ・ヨンスさん(87歳)が、自分の証言を変えているとし、信憑性を疑ったりしている。

該当の大学の教授や学生たちは、この映画が「性差別的で人種差別的な内容を含んでいる」と反発したが、学校側は「映画上映は表現の自由に相当する」とし、上映取り消し措置を取らなかったと匿名を要求したこの大学所属の教授が伝えた。

また別の所属教授は自分のブログを通じ、「この映画が第二次世界大戦中、日本の帝国主義軍隊が性奴隷体系である慰安婦を後援していたという歴史的事実を否定している」とし、「日本の極右映画上映に対して学部と学生たちが憂慮している」と明らかにした。

映画の上映当日、上映に反対する阻止デモと『対抗セミナー』が開かれる予定のため、衝突も予想される。

この大学所属の教授を含む8人の教授が28日、大学内で『慰安婦パネル(Comfort Women-Panel)』というセミナーを行う。これらは討論を通じて、戦時中に日本政府が主導した性奴隷動員が存在したという歴史的証拠を重点的に扱う予定である。

地域の韓人(コリアン)団体もこの日、学校の前で上映阻止デモを起こす事が分かった。

この映画のタイトルは、1931年にアメリカのアラバマ州で黒人青年9人が白人女性2人を性暴行したという、不当な濡れ衣を着せられた『スコッツボロボーイズ(Scottsboro Boys)事件』から付けられた。

黒人という理由で全員白人で構成された陪審員によって、罪もなく起訴された代表的な人種差別事例に数えられる。

『スコッツボロガールズ』というタイトルは、日本も戦犯国家という理由だけで性奴隷を動員したような不当な差別を受けているという主張である。

ソース:BBSニュース(韓国語)
ttp://news.bbsi.co.kr/news/articleView.html?idxno=687039


谷山雄二朗さんについては過去に記事にしたことがあり知っています。


流暢な英語とタイ語を話す方で(帰国子女の方ですね)、英国BBCの番組の司会や俳優活動をされています。
2011年には東京都知事選にも出馬されています。


YouTube主催の世界規模映像コンペティション“第一回Democracy Video Challenge”2009の日本人唯一のファイナリストだったります。


谷山さんが作った映画なら大丈夫でしょう、、、わかっている方ですので。。


ちなみに谷山さんは、過去に「GEISHA, TONY BLAIR & COMFORT WOMEN」という慰安婦の真実について語る英語の動画を作成し発信されています。


以前、このサイトでも紹介したことがあるのですが、ネットを見てまわった感じですと、意外と知らない方が多いようですので、再度、掲載しておきます。
とてもいい内容ですよ。
(長いと思った方は最初の10分だけでも見てみてください、それだけでも良い内容です)




谷山雄二朗さんは他にも慰安婦関連の動画を作成し発信されていますので、幾つか貼っておきます。。



以下の動画には、同じく慰安婦問題有名な米国人ジャーナリスト マイケル・ヨン氏も登場します。マイク・ホンダ議員の異常性などにも触れており見所の多い動画です。



にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ


以下、韓国主要マスコミ報道ピックアップ
(日本側に不利な物も載せることがあります)



産業革命施設の世界遺産登録問題 日本と22日に協議=韓国
――結局、協議となるのですね・・・しなくていいのですけれど(-_-;――


植民地時代の「国債報償運動」 世界遺産登録目指す=韓国
――これ、何なのでしょうかね?(-_-;、、、抗日運動の一つ(ということになっている)とのことですが。。ちなみにwikiを見る限り特になんの成果も無かった運動のようです→(国債報償運動)――


対日本外交 外交部に特別チーム設置
韓国外交部「対日外交の対応に向けてTFを稼働」
――「用日」の準備ですね、、、警戒しましょう。。――


韓国、対中投資で日本を制し世界1位に浮上
――今の中国に投資・・・あまり誇ることではないと思いますが(-_-;――


韓中日FTA第7回首席代表交渉、明日からソウルで開催
――やらなくていいと思いますが、話し合いだけはずっとやってますね。2012年11月から交渉開始とのことです――


――以下に韓国メディアの対日外交方針の転換を促す報道をまとめておきます。あいかわらずこの手の記事は多いです。

【コラム】韓国の反日ポピュリズムが招いた自縄自縛
【コラム】朴槿恵、金大中の親日に学べ
米在住の反日運動家が語る韓日友好


韓国の既婚男性、4人に1人は離婚の危機=20年で2.5倍
――2.5倍ですか・・・増えていますね。原因は景気不況とのことですが・・・精神疾患も増えていますし大変ですね。。――


高齢者の重犯罪 ここ2年間で4割増加
――たった2年で4割増・・・増えすぎですね(-_-;――


大統領支持率 ことしに入って最高
――44.2%とのことですが、どこに上がる要素があるのでしょうか(-_-;、、、まぁ喜ばしいことではありますが。。――


もしよろしければ―→ にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
(別窓で開きます)




ラベル:谷山雄二朗
posted by K_美樹 at 19:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 慰安婦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
貴重な情報をありがとうございます。
朝鮮戦争時、米兵の慰安婦になった女性を主人公にた映画(韓国人が制作)を深夜のTVで見たことがあるのですが、題名は覚えていません。ネットで調べても出て来ません。
兵士の為の慰安所があるのは常識であり、人権に関る問題だとは誰も考えていなかったということだと思うのです。
突然に慰安婦問題を作りだした意図は何だったのかが気になります。
Posted by あほうどり at 2015年05月11日 22:46
コメントありがとうございます。
ここの管理人(私)は、現在、闘病中であり、
迅速なレスを返すことが出来ない状態です。
返信、遅くなりすみません m(_ _)m

映画の情報ありがとうございます。
非常に興味深い映画です、見てみたいものです。。

慰安婦が突然に前面に出てきたのは、
韓国側でも奇異に映ることもあるようです。
韓国の掲示板などを見ますと、
「慰安婦のお婆さん達は、なんでここ数年でいきなり出てきたの?」
というようなレスは、ときどき目にします。

慰安婦問題がここまで大きくなったのは、
社会的対立が多い韓国が右派左派ともに一つにまとまれる題材であったこと。
(韓国の社会的対立指数はOECD1位です)
時の権力者(主に韓国政府)が人気取りに利用したこと。
抗日を建国の起源とする韓国の民族性にマッチしていたこと。
日本から譲歩を引き出す外交カードになりえたこと。
金銭を要求できるカードになりえたこと。
中国または北朝鮮の日韓離間工作の存在。
日本の左派・反日スパイの援護があったこと。
他にも考えれば色々と出てくるのかもしれませんが、
いくつもの要因が複合的に絡み合って、
除々に大きな流れへと変化したのでしょう。

もともとは韓国側のメディアも、
「ありえないこと」
(当時の状況から考えて強制連行は不可能、目撃者もいない)
と否定していましたし、金泳三大統領も
「慰安婦問題に対し日本に補償は求めない」
という声明を出していましたし。。
Posted by 美樹 at 2015年05月14日 16:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。