2015年05月04日

パク・クネ大統領、1週間ぶりに公務復帰、第一声は?

体調を崩し絶対安静状態だったパク・クネさんが1週間ぶりに公務に復帰されました。

ソース:体調崩した朴大統領 1週間ぶり公務復帰


大事にならなくてよかったです、パク・クネさんにはこれからも頑張ってもらわなければなりません。
さて、パク・クネさんの公務復帰後第一声は・・・、






やっぱり反日です(^^;






『 朴槿恵(パク・クネ)大統領が安倍晋三首相の米国上下院での演説に関して「日本が歴史を直視できず自ら過去の問題に埋没しつつある」と批判した』(朴大統領「日本、歴史直視できず過去の歴史に埋没」)


凄いですね・・・パク・クネさんの外交は韓国メディアにおいても叩かれまくっていますがめげませんね。。
中国すらメリットが無いと判断し、反日戦線から離脱しましたが・・。


さらにパク・クネさんは批判と同時に従来の方針を維持すると発表したそうです。


『特に「過去の出来事を明確に正しながら対処する」と述べたことで、旧日本軍の慰安婦問題などで進展がなければ韓日首脳会談には応じないとのこれまでの立場を維持するものとみられる』(朴大統領 安倍首相演説に苦言「信頼回復の機会生かせず」)


『この日、朴大統領が歴史問題に対する従来の立場をあらためて示したことで、日本との首脳会談の開催をめぐる韓国政府の立場は変わらない見通しだ』(朴大統領 対日外交の方針維持へ=高官の更迭論も退ける)


正直、かなり韓国人らしい人だと思います。
日本の保守は、運があったように思います、この時期、この時流に、このような人物が韓国のトップに立ったのですから。。


*        *        *


韓国メディアは、あいかわらず韓国の外交的孤立を憂慮する記事、外交方針の転換を求める記事を書きまくっています。。


パク・クネさんの上記の発言で、すべて無駄になるのでしょうが・・。


代表的な記事をまとめておきます。


[コラム]“日本発外交危機”脱出法(ハンギョレ新聞)

【社説】外交安保ライン、遅くなる前に刷新を=韓国(中央日報)

【コラム】日本が憎ければ網を結べ(中央日報)

【社説】孤立を招く外交戦略、いつまで固執するのか=韓国(中央日報)

「6月の朴大統領訪米、外交的孤立を突破する機会に」(中央日報)


にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ


以下、韓国主要マスコミ報道ピックアップ
(日本側に不利な物も載せることがあります)


韓国国会委 非難決議を採択=日本の世界遺産登録推進に
――反日維持ですね。。――


外交部長官「韓国疎外は過度な解釈」…「祝福」発言に続いてまた批判の声も
――『(外交部長官は)「我々の歴史問題に対する基本認識と立場については、米国を含めて国際社会で相当な共感を形成していると考える」と話した』・・・すごい自信です。。――


安倍訪米:韓国孤立論に尹外相は「心配するな」の一点張り
――『韓米関係は現政権発足以降、戦時作戦統制権問題・防衛費分担交渉・原子力協定などを成功させ、アップグレードされている』・・・すごい自信です(-_-;――


マケイン氏「韓日の歴史問題、一段落のため双方が努力を」
――『同じ質問が続くと、「すでに述べたこと以外に話すことはない」と語った』・・・記者会見の場で何があったのかわかってしまいますね(^^;――


「安倍首相のホロコースト博物館訪問はショー」
――『ワイスボードさんは「ヒトラーがオーストリアに進軍した当時、幼い少女だった。その時から私の人生は完全に変わった」とし「慰安婦被害者と強い連帯感を感じる」と話した』・・・ユダヤ人も汚鮮されようとしています。。――


【BOOK】表と裏で違う伊藤博文、安倍首相の前奏曲
――安重根を崇拝するためには、こういう珍妙な結論を5年も研究して捻り出さなければならない訳ですが、、、天皇崇拝者の親日家を反日の英雄が仕立て上げるのも大変です。。――


韓国の経済指標は「停滞」…日本は回復傾向
――ご愁傷さまです。。――


韓国で報復型犯罪が増加
――非常に韓国らしい犯罪ですね――


安倍演説に失望した韓米議会、終戦70年共同決議案作成へ
――またエド・ロイス議員ですね(-_-;――


米識者「米国に『韓国疲労症』ない」
――『私たちはもう過去だけを見ずに将来のことにも目を向けようという言葉を韓国の国民に言いたい』・・・韓国疲労症はないということを喜び勇んで記事にしたようですが、過去は忘れろ、とも言われてしまいましたね。。――


もしよろしければ―→ にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
(別窓で開きます)




posted by K_美樹 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。