2015年04月27日

安倍の歴史戦争、完結へ

なんでもパク・クネさんが、体調を崩して絶対安静の状態だそうですね。。

ソース:朴大統領が過労でダウン 胃けいれんと咽頭炎で絶対安静


最近は側近の贈賄疑惑、日本が外交攻勢、セウォル号関連など負担が大きかったですからね・・。
早く元気になられて、これまでの路線をより強固に推しすすめて欲しいものです。。


*        *        *


26日午後5時、安倍首相が米国へ出発されました。
訪米スケジュールは以下のとおりです。

143010831961_20150427.jpg

4/29には、米議会合同演説が行われます。
日本では、そこまで話題になっていませんが、韓国ではこれを韓国外交の今後を占う重要な要所ととらえ、「安倍の歴史戦争 完結編」とまで形容し、非常に危機的な見解をもって報道しています。


安倍晋三首相が26日(現地時間)、米国を訪問し、北東アジアの構図を変える「日本格上げ7泊8日」を予告している。来月2日までの訪米期間中、安倍首相は日米防衛協力の指針(ガイドライン)、環太平洋経済連携協定(TPP)、過去の歴史という3つの超大型イシューをすべて持ち出す。「安倍の歴史戦争」(中央日報4月22−24日付シリーズ)の完結版ということだ。この3つのうち「歴史問題」は29日の上・下院合同演説で、「平和憲法改正」はガイドライン改定で、「対中国連合構築」は環太平洋経済連携協定(TPP)交渉妥結を通じて一歩前進するという考えだ。(中略)

オバマ政権が掲げたアジア再均衡(リバランス)政策の経済的な軸はTPPだ。環太平洋国家で経済共同体を形成し、アジア・太平洋地域で米国の主導権を維持するという戦略だ。オバマ政権は中国が主導するアジアインフラ投資銀行(AIIB)に友好国が多数参加し、体裁を崩した。日米首脳が両国のTPP難題解消を発表し、12カ国間のTPP交渉が急進展するのを韓国は眺める状況だ。

29日は「安倍デー」だ。この日、安倍首相は日本首相としては初めて米議会上・下院合同演説をする。第2次世界大戦終戦70周年を迎えて安倍首相は合同演説で、米国との過去に対する反省を通じて「歴史免罪符」を受け、未来に向けた日米同盟の進化を強調する可能性が高い。しかし韓国など周辺国との歴史には言及を避けるか原則的な答弁で終わる場合、過去に対する反省を要求してきた韓国政府は位置づけが大きく弱まる。佐々江賢一郎駐米日本大使は21日、ワシントンで開かれた米戦略国際問題研究所(CSIS)フォーラムで、「安倍首相は米国と対話しにくるのであり、必ずしも他国に焦点を合わせる必要はないと考える」と述べた。周辺国との歴史問題は訪米の議題ではないとの意味だ。

[安保・経済・歴史問題…「安倍の戦争」が7泊8日の訪米日程に]
ttp://japanese.joins.com/article/552/199552.html


佐々江賢一郎駐米日本大使は、「周辺国との歴史問題は訪米の議題ではない」という認識とのことですが、もし今回の安倍首相の訪米が、韓国の意向どおりとならなかったとしたらどうなるのでしょうか・・・朝鮮日報が記事にしています。。


(前略)政府はこれまで、歴史認識や領土などの問題と、安全保障や経済の問題を切り離して対応する「ツートラック・アプローチ」を通じ、米国の求めに応じて韓日関係の改善に向けた姿勢を示してきた。その代わり、日本が歴史認識問題で前向きな姿勢を示すよう、米国が圧力を掛けることを期待してきた。だが、韓国のこうした努力にもかかわらず、安倍首相が外交的な挑発をすることで、「ツートラック・アプローチ」の基調があいまいなものになるのはもとより、「韓米・韓日外交が全て失敗した」との批判に直面しかねない。(中略)

政府はとりわけ、米国議会での安倍首相の演説に注目している。外交部のある元官僚は「もし、安倍首相が米国議会の演説で、歴史問題についてあいまいにし、米国側もこれを問題にしなかったとすれば、これは韓国外交の失敗ということになる。政府にとっては、1週間後に対米外交の成否が明らかになる状況だ」と話した。

 外交部の関係者たちはこれまで「歴史問題に関する限り、日本よりも韓国の方が道徳的に優位に立っている」として、日本との対米外交戦で自信を見せてきた。だが最近、米国の高官たちが安倍首相をかばうような発言を繰り返すなど、現地の状況は韓国政府の期待とは違う方向に変化しているとの見方が出ている。安倍首相が韓国など周辺国家の目を意識していないかのような言動を繰り返していることも、米国での友好的なムードを察知したためだというわけだ。

 もし、安倍首相が米国議会の演説で歴史問題についての謝罪を省き、米国政界もこれを問題にしなかった場合、韓国政府の日本に対する「ツートラック・アプローチ」は危機に直面せざるを得ない。

 ある外交筋は「ツートラック・アプローチが失敗に終わった場合、韓日関係の改善が困難になるのはもとより、韓米関係にも悪影響を与えかねない」と懸念を示した。

[対日二重路線の韓国政府、謝罪省く安倍談話に危機感]
(1)https://archive.is/VxAfX
(2)https://archive.is/7hOYQ


4/29には、「外交の成否が明らかになる」「韓国外交は危機に直面する」とのことです。。


韓国は、この問題について全資源を投入し、官民一体となってあらゆる情報工作・ロビー活動を展開しています。
(もともとは米議会合同演説を潰すことを目標にしていましたので、これが実現した時点で大敗のような気もするのですが…)


安倍首相が訪米 謝罪要求強まる=元慰安婦も現地で証言
「安倍首相の演説の時、目の前に座らせてほしい」 慰安婦被害者が米紙と会見


『安倍首相が演説する米議事堂前で約700人が参加する大規模な抗議集会を開き、安倍首相の謝罪を求める計画だ』(聯合ニュース)
『韓国人団体は…安倍首相が訪問する全都市を訪れ、安倍首相の歴史認識を批判し、慰安婦問題に対する謝罪を要求する方針だ』(聯合ニュース)


すごいですね・・・安倍首相が訪問する全都市を訪れ、ストーキングするようです(-_-;


これらの攻勢に、一部の米国議員・米国メディアからも同調する動きが出てきています。


「安倍首相、歴史問題で謝罪を」…米議員25人が連判状
「安倍首相は謝罪せよ」 米議員25人が連判状
米共和党下院議員「安倍首相の反省を要求した韓国人社会を支持」
【寄稿】性的奴隷、安倍首相は米演説で謝罪すべき
「安倍首相、歴史を直視しなさい」米議員25人が連名書簡


しかし、韓国メディアはあいもかわらず悲観的ですね。
ここのところずっと悲観的でしたけれど。。


 米日両国はまた、今回の首脳会談の場で、TPPについて大枠の合意を実現できるよう、大詰めの交渉を行っている。交渉が妥結すれば、米国と日本、オーストラリア、メキシコ、カナダなどアジア・太平洋の12カ国をひとくくりにし、世界の貿易の3分の1を占める経済圏が誕生する。これは中国を経済的にけん制する大きな手段にもなる。韓国はまだTPPの締結交渉に合流できていない。

 安倍首相にとっての直接的な成果として最たるものは、中国に対するけん制だ。新たなガイドラインの合意により、米国との間のより強力な安全保障体制が実現し、またTPPは中国に対し強い影響力及ぼすことになるとみられる。

 これまで日本は、緻密(ちみつ)に布石を敷いてきた。今月22日にインドネシアで行われたアジア・アフリカ会議で安倍首相は、中国の習近平国家主席との首脳会談を成功させた。中国との関係改善のメッセージを通じ実利を得ると同時に、米国に行って「中国との関係も改善できた」とアピールできるというわけだ。

 一方、旧日本軍の慰安婦問題や、植民地支配に対する謝罪の問題をめぐって日本と対立する韓国にとっては、肩身が狭くなると懸念する声が高まっている。韓日関係の専門家は「安倍首相は米国訪問中、歴史問題に言及する際に、植民地支配には言及せずに『過去の戦争を反省する』とした、先のアジア・アフリカ会議での発言だけを繰り返す可能性が高い。中国が急浮上し、米日関係が最高潮に達しようとしている時期に、米国があえて韓国に対する日本の謝罪に注目する理由はない」とも指摘した。

[日本に謝罪求める韓国、米日同盟強化に懸念の声]
ttp://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/04/25/2015042500479_2.html


ちなみに、「韓国はまだTPPの締結交渉に合流できていない」とありますが、米国は創立メンバーへの参加を拒否したという報道が出ていますね。(ソース)


「米国があえて韓国に対する日本の謝罪に注目する理由はない」と指摘した専門家とは、ジョン・ペッパー外交政策フォーカス所長のことと思われます。。


ハンギョレ新聞が記事にしていますね。
引用・記録しておきます。


 米国ワシントンの代表的な北東アジアの専門家であるジョン・ペッパー外交政策フォーカス所長は「米国は今浮上する中国を牽制するために、日本の軍事力増強を促している」と述べた。彼は「米国は歴史問題をめぐる韓日間の軋轢を韓米日三角安保協力の強化の障害物と見ているが、日本を圧迫にするために政治的な資産を投入する場合、日米同盟関係を毀損する可能性があると懸念している」と分析した。(中略)

――安倍首相が歴史修正主義的な態度を示し問題になっているのに、米国議会が彼を日本の首相としては初めて上下両院合同演説に招待する理由は何か?

 「現在共和党が掌握している議会にとって安倍首相は素晴らしい人物だ。強硬保守派で政治的志向も似ているうえ、米国が望むほぼすべてをやってくれる。今回の演説には、イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相の時とは異なり、オバマ大統領も同意した。この機会に、日本と環太平洋パートナーシップ協定(TPP)を妥結し、安全保障協力を強化したいと思っているからだ。これは彼の『アジア再均衡』政策の中核でもある。だから歴史問題は、それほど重要ではないのだ。

――ニューヨーク・タイムズが社説で、安倍首相の訪米の成果は過去の歴史に対する真摯な反省にかかっていると主張するなど、主要メディアと議会の一部では批判も少なくないが。

 「ニューヨーク・タイムズと、現在議会の多数派とは見方が根本的に異なる。共和党は歴史問題、特に外国の歴史については、あまり気にしない。日本の真珠湾攻撃もほぼ忘れ去られている」

――結局、米国は、今回の安倍首相の訪米時に、北東アジアの歴史問題の解決には積極的に乗り出さないと思うか?

 「そうだ。もちろん、米国が安倍首相に韓国の反発を和らげるための修辞レベルの発言を求める可能性もある。しかし、米国はそこに積極的に介入して仲裁しようとしないと思われる。静かに両国自ら解決するように促すだろう。オバマ政権は、政治的資本をそこに投入することが日米同盟を毀損するリスクがあると見ている。

併せて、米国も過去の問題から自由ではない。米国は独島(日本名・竹島)の地位決定に介入したことがある。また、第2次大戦当時、原爆投下や在日米軍の性的暴行事件なども、米国が積極的に出られない要因だ」

[[インタビュー] 「米国にとり日本は中国牽制で信頼できる同盟国」]
ttp://japan.hani.co.kr/arti/international/20458.html


米議会合同演説――4月29日まで、あと2日です・・・。


にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ


以下、韓国主要マスコミ報道ピックアップ
(日本側に不利な物も載せることがあります)


韓国の水素燃料特許 世界のわずか4%
――米国は26%で1位、日本は24%で2位とのことです――


朴大統領が過労でダウン 胃けいれんと咽頭炎で絶対安静
青瓦台「朴大統領、腹痛・咽頭炎」…李首相も疲労で点滴
――はやく回復して頑張ってほしいものです、くれぐれもブレたりしませんように。。――


韓国の幸福度 6ランク下落し世界47位=国連報告書
――幸福度は日本も低いのですよね、46位になっています。ちなみに一つ下の報道ですと、日本は80位、韓国は115位になっています――

韓国は幸福でない国!? ランキングで常に下位


ホワイトハウス「日本がアジア政策の中心」…ワシントンに日章旗を設置して歓迎
――『米国政府は安倍首相を破格的にもてなす。「公式訪問」ではあるが、実際にはこれより格が高い「国賓訪問」だ』・・・すごい歓迎ぶりのようですね。。――


「日本のおかげ」パロディ動画、韓国の広報専門家が公開
――「http://fa.do/q9B」←これがその動画らしいです。。――


「安倍首相、歴史問題で謝罪を」…米議員25人が連判状
「安倍首相は謝罪せよ」 米議員25人が連判状
米共和党下院議員「安倍首相の反省を要求した韓国人社会を支持」
【寄稿】性的奴隷、安倍首相は米演説で謝罪すべき
「安倍首相、歴史を直視しなさい」米議員25人が連名書簡
――コリアコーカス(親韓議員団体)所属の議員でしょうね。おなじみのマイク・ホンダ議員、エド・ロイス議員の名前もあります――


韓国、TPP創立メンバーになれるよう米国説得すべき
――すでに米国には一度断られているのですよね。創立メンバーも入るにはすべての国の許可がいりますので、日本が断れば終わりですね。。――


<野球>イチロー、通算1968点…王貞治を越えて最多得点
――王さん抜いたのですね、すごいですね。あと122安打でメジャー記録も更新するそうです――


「韓国政府、外交を国内政治のように扱って国際孤立招いた」
――『韓国の外交的孤立は予告された惨事だ。朴槿恵政権は外交を国内政治を扱うようにしてきた。また、実用よりも原則外交に集中した。日本との関係でも原則に合わなければすべてのものを中断するという姿勢だった』・・・あまりこういう記事は書かないで欲しいのですよね(-_-;、、、いつまでも韓国が有するらしい道義的優位?とやらを妄信していて欲しいものです。。――


【コラム】ベトナムから韓国に来た2人
――ハンギョレ新聞(左派系新聞)以外も記事にしましたね。隠し通せなくなったというところでしょうか。。――


独島:久保井規夫氏「日本政府の資料は海賊版」
――この久保井という人はもと共産党にいた日韓問題では有名な歴史学者ですね。韓国メディアでは定期的に出てきますね。。――


日本と競合する韓国の輸出、4月は2ケタ減の恐れ
――輸出に国運を賭けた韓国としては大問題ですね。。――


【コラム】韓国の「黄金期」が幕を下ろす時
――こういう報道が出る何年も前からずっと大不況なのですけどね(^^;――


週刊文春の「韓国軍トルコ風呂」報道、腹立たしいが反論は困難…
――『腹立たしくはあるが反論しにくい主張だ。韓国政府は今後、ベトナム当局との協議を通じてかつての戦争当時に行われたベトナム戦民間人虐殺はもちろん、このような韓国軍専用慰安所の運営・管理に軍当局がどこまで介入したのかなどを明らかにするための調査と後続措置に乗り出さなければならない』・・・ハンギョレ新聞はよくこの問題に触れますね。ちなみにハンギョレ新聞は左派系新聞ですが反日ですよ、、、勘違いしている人がいますが、韓国は保守も左派も反日です――


もしよろしければ―→ にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
(別窓で開きます)




posted by K_美樹 at 19:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。