2015年03月16日

日・韓の外交戦、勝敗は明らかだ

なんでも米国務省領事局のサイトの韓国地図に独島(リアンクール岩礁)が表示されていないそうですね。
一方、日本地図には表示されているそうです。


米国さんどうしちゃったのでしょうかね(^^;
そのままにしておいて欲しいですが、修正されるのかな?、、、少し前にCIAのサイトの韓国地図からも独島(リアンクール岩礁)が削除されましたが、この時は韓国政府の抗議であっさりと修正されました。


米国国務省、独島を日本領と表記(ハンギョレ新聞)
米政府サイト 韓国地図に独島表記せず=是正要求(聯合ニュース)


*        *        *


最近、韓国メディアで対日外交について弱気な論調の記事がちらほら見えますね。
どうしたのでしょうかね・・・一般的に韓国メディアは劣勢でも強気の論調で書くことが多いのですが。(日本メディアは逆の傾向がある気がしますが(^^;)


以下は保守強硬派新聞 朝鮮日報(発行部数1位)の記事です。


過去1年間、日本はワシントンを舞台に巨額資金を投じロビー活動
連邦議会での安倍首相の演説まで推進
韓国の予算額は日本の1財団にも及ばず戦略もなし

「ワシントンで菊の香りが強くなった」。少し前、米国ワシントンを訪れた学者に、韓日の歴史問題をめぐる米国の官・民の雰囲気を尋ねたところ、こんな答えが返ってきた。菊は日本の「国花」だ。米国内の親日派・知日派を「菊クラブ」または「菊派」と呼ぶ。菊の香りが強まったということは、日本の存在感が大きくなったという意味だ。

 韓国と日本は、2014年だけ見ても、ワシントンで両国間の歴史問題をめぐり激しい外交戦を繰り広げた。政府や国会関係者、民間の専門家らを競ってワシントンに派遣した。米国は、韓国と日本を動かせる力を持つ、事実上唯一の国だ。この米国を自国に有利な側に向けようという戦いの主な舞台となったのが、ワシントンだった。

 米国はこれまで、厳格に中立を守ってきた。外から見ると、勝負の重りは韓日どちらにも容易には傾きそうにない。米国政府だけでなく、学界やシンクタンクの関係者までも、中立的態度を示している状態だ。

 それでも韓国内部には、ワシントンの戦いの最終的な勝者は当然韓国だろうと、鉄のように信じる雰囲気がある。日本は米国と戦争した国で、韓国は日本の侵略と収奪に苦しんできた被害者だ。この歴史的事実を理解している米国が、被害者・韓国をのけ者にして加害者・日本の手を取るはずがない、というわけだ。これが、過去1年にわたり韓国を支配してきた国民感情だった。

 しかしワシントンの状況は、韓国人の期待とは正反対の方向に流れつつある。過去1年余りにわたり、日本は、それまでできなかったタブーを一つ、二つと破り、立地を広げてきた。その代表例が、米国連邦議会に「ジャパン・コーカス(親日議員連盟)」ができたことだ。日本は常に、米国議会に親日議連ができることを願ってきたが、太平洋戦争を挑発した歴史が原因で、容易には実現しなかった。03年と07年に、米国連邦議会下院および上院で相次いで「コリア・コーカス」が誕生するのを見守るしかなかった。しかし「ジャパン・コーカス」には、発足からわずか1年で68人が名を連ねた。「コリア・コーカス」に属する下院議員は63人だ。

 日本のワシントン攻勢は、これだけにとどまらない。オバマ政権で国家情報長官(DNI)を務めたデニス・ブレア元海軍大将は昨年5月、笹川平和財団のワシントン代表に就任した。DNIは、米国政府内に16ある情報機関をまとめ、大統領に報告される全ての情報をコントロールする責任者だ。そのような人物が、日本のロビイストに変身したのだ。ブレア元海軍大将は今年初め、韓国が日本の歴史を問題にしていることをめぐって「日本は過去にひどいことをしたが、韓国もベトナム戦争当時、極めて無慈悲だった」とためらうことなく妄言を発した。

 同財団を設立した笹川良一氏は、A級戦犯容疑で裁判を受けた元事業家だ。笹川財団の米国関連予算は、78億ウォン(約8億4600万円)に達する。また日本の外務省は、国の広報などに使われる広報文化予算として、昨年の3倍に上る520億円を策定した。韓国の対米広報文化予算は10億ウォン(約1億900万円)にすぎない。笹川財団の7分の1というレベルだ。米国は、俗に言う「カネがものを言う(money talks)国」だ。米国議会の補佐官陣の中で代表的なアジア通に挙げられる人物が、最近相次いで笹川財団などにポストを移した理由も、こうした事情と無関係ではないだろう。最近テロに遭ったリッパート駐韓米国大使も、まさに議会補佐官出身だ。

 日本は、安倍首相が米国を訪問する4月末より前に、環太平洋パートナーシップ協定(TPP)と日米安保ガイドライン改正作業を終えたいという立場だ。この二つの協定は、経済と安全保障、両分野で米日関係を一層堅固なものにする。安倍政権は、歴史問題での挑発を行いつつも、米国が望むことは徹底して聞き入れるというやり方で米国の不満を鎮めてきた。安倍首相が推進する米国議会での演説も、実現する可能性が高いという。そうなれば、米国議会で演説した初の日本の首相として記録される(原文ママ)。韓国の立場からすれば、歴史問題をめぐり最も退行的で、挑発を繰り返してきた安倍首相が、日本の新たな歴史を書く主人公になることを意味する。

 これに対し韓国の対米外交は、これまで奔走してはきたが、足踏み状態から抜け出せずにいる。最近ソウルを訪れた米国のシンクタンクの関係者は「ワシントンに来る韓国の人々は、そろって歴史問題で日本を非難し、米国を説き伏せようとするかのような、全く同じ話ばかり繰り返してきた。今では、韓国に対する疲労感が高まっている」と伝えた。最近では歴史問題をめぐって、米国の国務次官による、日本の肩を持つかのような発言が飛び出した。加えて韓国には、笹川財団のような、国のために巨額の資金を投じる企業もない。政・官・民の協力もほとんどない。国家的レベルの戦略や計画もなく、ばらばらにワシントンでの戦いに出向いているのだ。このまま行けば、韓日外交戦の勝敗がどちらに傾くかは、火を見るよりも明らかだ。

[【コラム】米国をめぐる韓日の外交戦、勝敗は明らかだ]
ttp://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/03/14/2015031400972.html


変な部分もありますが非常に弱気の記事ですね。
ちなみに韓国のロビーは普通に強いです。
親日韓国人ブロガー シンシアリーさんも韓国のロビーは変に強いとおっしゃっていましたね。。


米国では韓国系の政治家も急増しています。
2014年11月の米国中間選挙では韓国系政治家が過去最多当選していますし、コリアコーカス所属の議員もほとんどが難なく当選しています。

[米国選挙、韓国系候補が過去最多当選]
http://3gensoku.seesaa.net/article/408688819.html

[汚鮮されるアメリカ]
http://3gensoku.seesaa.net/article/408618255.html


コリアコーカスには、米国下院外交委員長を務める有力議員エド・ロイス氏なども所属しています。
エド・ロイス氏はコリアコーカスの元議長です。


ちなみに、米国下院外交委員長エド・ロイス議員とは以下のような人です。




韓国メディアが弱気というのは興味深い傾向(本気でヤバイと感じている?)ですので紹介しましたが、外務省は油断せずに攻勢を強めて欲しいところです。。


ちなみに以下の2つも朝鮮日報(発行部数1位)の記事ですが、やはり雰囲気が異なる気がします。
上は自虐的記事で、下は日本の手厚い支援についての記事ですね。

【コラム】韓国が対日批判の名分を失った5年前の「事件」

【コラム】ポスコ初代会長、朴泰俊が見た日本


にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ


以下、韓国主要マスコミ報道ピックアップ
(日本側に不利な物も載せることがあります)



キャンベル前次官補「韓日関係改善に米国が乗り出さなければ」
――『ローレス前副次官補は、「強制的で持続的な第三者の介入なくして韓日問題は解決しにくい。こうした行動をできる国はまさに米国だ」と主張した』・・・米国が動くようですが、、、余計なことはしないで欲しいのですが(-_-;――


日本、ドイツ「慰安婦20万人」教科書に問題提起
――どんどんやっちゃってください。。――


慰安婦:「強制動員なし」教材、大阪府知事が配布の意向
――大阪府だけでなく日本中に配るべきですね。。――


<駐韓米大使襲撃>警察「容疑者、殺害の意図あった」
――韓国警察は殺意があったと断定、国家保安法違反容疑の立証に集中するそうです――


大江健三郎氏「慰安婦問題は日本の女性軽視が原因」
――昔から変わらないですね。韓国の意に沿う主張を繰り返しておられます(-_-;――


「韓国は日本・中国よりも不親切」=ツアードットコム
――『北東アジア3カ国で外国人に最も不親切なのが韓国人ということになる』・・・日本がまぁ親切そうというのはわかりますが、一位がフィリピン?だそうです・・・ちょっと意外ですね。フィリピンは凄く危険な国ですよ、平和度指数134位でリビア・イランよりも下です。――


「韓半島の平和に重要な国は」米国59%、日本は2%
――たった2年で米国の率が急落、中国の率が急増しているのが興味深いです――


【社説】計画性が明らかになった米大使テロ
金基宗容疑者、リッパート大使の身辺を事前に調査
――キム容疑者が事前に細かい計画を立てていたとのことです――


親日人名辞典の配置率20%、歴史教育どうなる?
――「親日派弾圧が全然すすんでないぞ!どうなっている!」という記事です――


【コラム】ポスコ初代会長、朴泰俊が見た日本
――色々と突っ込みどころもありますが、まぁまぁ良いことも書いています。『過去を忘れない日本人は惜しみなく韓国を助けた』・・・朝鮮日報が載せているのは意外ではあります――


“仕事のストレス”で眠れない韓国人
――意外と知られていませんが韓国は平均睡眠時間がOECDで最下位の国です。とにかく眠らない(眠れない?)ようです。ストレスが多いようですね。鬱病は精神病が多いのと何か関連性があるのかもしれませんね。。――


米政府サイト 韓国地図に独島表記せず=是正要求
――おやまぁ、米国さんどうしたのでしょう・・・修正されるのかな?、そのままにして欲しいですが。。――


朴大統領の支持率40%台に回復 米大使事件が影響か
――意味がわかりませんね(^^;――


外国人の韓国料理満足度「まあまあ」 韓国研究機関が調査
――『韓国観光市場で最も多くの比重を占める中国人観光客は70.00点で最も低い評価を下した』・・・うかばれませんね(^^;――


【中央時評】遠い「反省とお詫び」=韓国
――これ面白いですね・・・日本の保守派の論理に対して韓国の教授が分析・反論しています(あまり反論になっていませんが)――


【コラム】韓国が対日批判の名分を失った5年前の「事件」
――これもまた面白い記事です。なかなか自虐的です・・・朝鮮日報がこれを載せますか。。――


韓国の老人貧困OECD最悪…大韓民国の老人問題の現実は?
――『韓国の老人自殺率も人口10万人あたり81.9人でOECD加盟国のうちでトップであることが分かった』・・・どうにもなりませんね(-_-;――


韓国蔚山近海の魚から多量のアニサキスを発見
――韓国の食材は危険です(-_-;――


「売春も職業」 元売春婦が違憲審判を申し立て
――まぁ海外で「韓国といったら売春の国」ですので。。――


村田製作所社長「お金よりも作品作り一筋でやってきた」
――村田製作所の意気込みが感じられる記事です。すごい企業ですね――


もしよろしければ―→ にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
(別窓で開きます)




posted by K_美樹 at 20:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 韓国情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
日本は国を挙げてのロビー活動なんてしてません…民間が頑張ってるのと、世界中がうんざりしてるだけ
Posted by 犬派 at 2015年03月18日 17:21
コメントありがとうございますm(_ _)m

むしろ日本のロビーは弱いですよね(^^;
外務省も最近までヤル気無しでしたし。。
(今も怪しいですけど…)
Posted by 美樹 at 2015年03月18日 18:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。