2015年03月11日

「“怒り”が抑えられない精神疾患」、韓国で増加止まらず

ドイツのメルケル首相が日本を訪れました。


メルケル首相、何か言ったようですね・・・日本ではあまり報じられていないようですが、韓国メディアでは異常なほど取り上げられています。
大しておもしろい内容でもありませんが、下の方に韓国主要メディアの記事をまとめておきましたので興味がある方はどうぞ。。


*        *        *


韓国メディアのニュース見ているとわかるのですが、銃乱射に関するニュースが増えているように思います。


また、暴力・虐待に関するニュースも増えているように思います。。


過去に何度か記事にしていますが、韓国では近年、“怒り”を抑えることができず「銃で殺害」「刃物で刺す」「焼身する」といった行動をおこす精神疾患が急増しているそうです。(火病との関連性は不明)


最近「カッと」なって「ワッと」する行動や事件が多くなった。50代男性が元同居女性の家族を殺害した。70代男性は普段から不和だった兄と兄嫁、警察まで猟銃で続けざまに殺した。大邱(テグ)では20代男性が再縁の要求を断った元恋人の家の前で焼身自殺を図った。全州では20代女性がやはり再縁を断られると刃物で元恋人の胸を刺した。11カ月になる娘が処方された薬を飲んで下痢になったとして担当医師に暴行をしたのは歯科医だった。

韓国健康保険審査評価院の統計を見ると、衝動調節障害で診療を受けた患者が2009年の3720人から2014年は5544人と49%も増えた。20代男性が最も多く、増加する傾向だった。薬品やほかの精神疾患によらず、ただ衝動を抑えられず問題になる時に衝突調節障害という診断が下される。臨床ではあまり下されない病名だ。また自分の問題と認めるよりも状況のせいにしやすく、これ以上耐えられなくなってから病院を訪れるという点で、この数字は氷山の一角の可能性もある。

突然、韓国に忍耐力欠乏ウイルスでも広がったわけではないだろう。私は個人の脆弱性の増加よりも十年余りの間の環境の変化に注目する。まず自己中心主義の強化だ。 (以下略)

[「カッと」なってこそ通じる世の中=韓国]
ttp://japanese.joins.com/article/533/197533.html


この「怒りが抑えられなくなり異常行動を起こす病」――衝突調節障害は、当サイトでも過去に記事にしたことがあるのですが、その時は4年間で32.6%の増加という数字が出ていました。
今回は49%となり、さらに増加しています。。


また、韓国では「火病」という精神疾患も増加しています。
韓国人のサラリーマンの90%が火病にかかったことがある、という報道も出ております。

参考:[韓国人の火病急増、サラリーマン90%が病む]
http://japanese.joins.com/article/921/195921.html


また、韓国では鬱病も急増しています。

参考:[すでにうつ病は“国民的病気”だ…韓国のうつ病患者は10年間に77%増え、このうち半分以上が自殺を考えたことがあるという]
http://japanese.joins.com/article/226/190226.html


また、韓国の自殺率は10年連続OECD1位です。(ソース)


どうも精神を病みやすい国柄のようです。。
ちょっと怖いですね(-_-;


――韓国で「怒りが抑えられない」・・・と聞くと、まず“火病”が思い浮かびますが、どうも“火病”というのは必ずしも「カッとして暴行を行う」というわけではないようです。“火病”は逆に鬱病になったり、身体に不調が起きるといった症状も出るようです――


[当サイトの“火病”関連記事]
http://3gensoku.seesaa.net/tag/%89%CE%95a



にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ


以下、韓国主要マスコミ報道ピックアップ
(日本側に不利な物も載せることがあります)


謝罪と回復祈願相次ぐ 「行き過ぎ」指摘も=駐韓米大使襲撃
――あのドンチャン騒ぎは、韓国人の方から見てもおかしいようですね(^^;――


駐韓米大使襲撃事件 警護の甘さを指摘の声
――警護は一人もいなかったとのことです(連絡員は付いていたとのこと)――


リッパート駐韓米大使 「雨降って地固まる」
米大使テロ:退院する米大使を国家元首並みに警護
――手はまだリハビリが必要とのことですがとりあえず退院されました――


――ドイツのメルケル首相が日本を訪問中です。何かいったみたいですね。。関連記事をまとめておきます。(あくまで韓国メディアの解釈ですが)

訪日したメルケル独首相「ドイツは過去を直視した」
「過去の整理が和解の前提」…メルケル首相、日独首脳会談で歴史反省促す
メルケル首相「韓日の価値観共通点多い」…日本外務省を遠回しに批判
メルケル独首相、日本野党代表に「従軍慰安婦の問題をきちんと解決すべき」
韓国政府「ドイツの歴史直視、日本も勇気が必要」
メルケル首相が講演会場に「朝日」施設を選択した意味
訪日メルケル首相、公の場で日本に反省促す
メルケル独首相「日本、慰安婦問題をきちんと解決しなければ」
日本外相「ドイツと戦後処理の単純比較は不適当」
メルケル独首相「日本、慰安婦問題を確実に解決すべき」
【社説】メルケル独首相が話す「和解の道」 安倍首相は直視すべき
[社説]日本はなぜドイツに学べないのか
独メディア、日本で言うべきことを発言したメルケル首相に「老練だった」
訪日中の独首相、「反安倍陣営」を連日訪問


慰安婦問題協議本格化か 日本が韓国に具体案提示
――本当なのでしょうかね・・・慰安婦問題は韓国の国内問題ですが。。――


国連「女性の地位委員会」で慰安婦問題に初言及=韓国長官
韓国女性家族部長官「日本軍慰安婦記録、ユネスコ登載すべき」
――韓国は慰安婦のユネスコ記憶遺産への登録を目指すそうです。同じ委員会で日本政府のコメントも出ています。一つ下に置いておきます――


日本、国連で軍慰安婦問題「真摯に対応している」


米メリーランド上院教育委「慰安婦決議案」通過
――「山のようにある証拠」も示せず、「米国政府の公式調査」でも証拠が発見されず・・・どうしようもないので苦し紛れに自治体の委員会に決議案のロビー活動、、、憐れですらあります―


直球から隠喩へ…朴大統領の対日発言、緩やかに
――最近のこの手の報道がよく出ていますね・・・まぁ関係改善は無理でしょうけれど。。――


日本の皇太子 韓国が招待した国際会議の参加見送り
安倍談話に支障?…皇太子の訪韓にブレーキかけた日本政府
――韓国は危険な国なので賢明な判断です、、、韓国は日本と和解する気もまったくないのですので行くだけ無駄です(本当に和解しようと思うならチャンスは何度もあったはず)――


個人ローン、増加傾向続く…今年1月7000億ウォン増加=韓国
――民間の負債増加が止まりません。。――


【コラム】加藤前支局長は本当に朴大統領を侮辱したのか
――『一連の「名誉毀損訴訟」への対応は彼を「言論弾圧の犠牲者」に祭り上げるようなもので同意しかねる』・・・朝鮮日報の記事ですが、韓国人でも一報道機関として今回の産経支局長の拘束に関しては、いろいろと思うところがあるようですね――


“手に余る”アベノミクス
――最近不調ですねアベノミクス(株価は上がっていますが)、、、9日にはGDPも下方修正されました。頑張ってほしいところですが。。――



「天皇のために死のう」と言った人を“今月の先生”に選んだ韓国教育部
――そりゃあ、韓国は日本に統合されただけでいわゆる植民地(現代においての)ではありませんでしたので・・・韓国の志願兵の競争率は62倍(現代の東大の後期募集が約30倍)、韓国は日本の同盟国でした。差別も禁じており仲良く平和に暮らしていました。証言も物証も残っています。ホン・サイク氏は名前も変えずに陸軍中将にまでなりました。「中将」とは上から2番目の階級です(日露戦争の英雄 秋山真之と同じ階級)――


釜山の高校生が慰安婦ドキュメント映画製作 15日上映
――高校生がね・・・テキサス親父さんが言ってましたね、、、こういうことをすると受験で有利になると。。――


北朝鮮とロシアが「親善の年」宣言 交流活性化へ
――北朝鮮がロシアに擦り寄りはじめました。。――


韓国、「世界初の産業用クローン犬を生産…仏英からも技術研修に来る」
――こういうのはどうなのでしょうかね・・・技術的には可能なのでしょうけれど。「産業用クローン犬」、、、やりにくい研究です――


乗務員が米国で前副社長を提訴 背景に関心=ナッツ事件
――なんで米国でやるのでしょうかね(^^;、、、というより米国でできるのでしょうか。。――


もしよろしければ―→ にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
(別窓で開きます)




ラベル:火病
posted by K_美樹 at 20:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 韓国情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
メルケル首相の話では慰安婦に言及した事だけ取り上げて大騒ぎしてますがドイツは周辺国の理解があったと言う部分は完全スルーなんですよね(-_-;)
Posted by 犬派 at 2015年03月13日 13:03
コメントありがとうございますm(_ _)m

そもそも中韓には和解する気がありませんからね・・。
中韓にとって歴史問題とは金と譲歩を引き出すための
カードにすぎませんので(-_-;
Posted by 美樹 at 2015年03月14日 11:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。