2015年03月02日

アメリカ国務次官、中・韓に日本への無条件協力を要求

アメリカ国務省のナンバー3、ウェンディ・シャーマン米国務次官(政務担当)が27日、なにやらおもしろい演説をしたそうです。


韓国主要メディアのほとんどが大きく取り上げています。
どのような内容なのかちょっと見てみましょう。。


シャーマン米国務次官、日本の反省は促さず韓中に無条件協力を要求

「韓中は“慰安婦”問題を巡り日本と争っている」
「過去の敵を非難することで安直な拍手を受ける」侮蔑も
「過去問題」に関連したオバマ政権の政策基調変化か?

 ウェンディ・シャーマン米国務次官(政務担当)が27日(現地時刻)、韓中日間で続く軋轢に関連して、各国指導者に対し過去の問題で民族主義感情を刺激しないことを強く注文した。 また、日本には過去に対する反省と謝罪を促さず、韓中日の協力の必要性だけを強調し「過去の歴史には目を瞑る」ことになるとする批判が起こると見られる。
 米国務省のナンバー3であるシャーマン次官はこの日、ワシントンのカーネギー平和財団で第2次世界大戦終戦70周年を迎える北東アジアを主題にした演説で「韓国と中国はいわゆる“慰安婦”問題を巡って日本と争っていて、歴史教科書の内容、さらには多様な海の名称にも異見が表出されている」として「理解はするが挫折感を抱かせる」と不満を表出した。 彼女は「もちろん民族主義感情が相変らず利用されているし、どの政治指導者も過去の敵を非難することによって安直な拍手を受けることは難しくない。 しかし、そのような挑発は進展ではなくマヒを招く」と異例に強度の高い表現を使い批判した。 彼女は「前に進むために過去にあったことを乗り越える必要がある」と付け加えた。

 シャーマン次官のこのような発言は、文脈から見て韓国と中国に向けたものと見られる。 韓国と中国の政治指導者が過去の問題を国内政治に利用していると指摘し、過去を乗り越えて未来に向かって共に進まなければならないと強調したわけだ。

 その反面、シャーマン次官はこの日30分にわたる演説で、過去の問題と関連して日本の反省と謝罪を促す発言は一言も言わなかった。 これは、日本が過去の問題に対して周辺国が受容できる前向きな態度を明らかにすることを促してきた今までの態度と異なるもので、オバマ政権の政策基調が変化しているのではないかという疑問を呼び起こす。(以下略)

(ハンギョレ新聞「シャーマン米国務次官、日本の反省は促さず韓中に無条件協力を要求」より。下部にURLを記載)


なにやら面白い発言ですね。。
ほとんど韓国大手メディアが大きく取り上げています。
多少の論調の違いはありますが・・・正直なところ動揺しているのでしょう。


韓国外交部が米国に確認をとっています。
「歴史問題に対する米政府の立場に変わりがない」との回答があったとのことですが(ソース:米国務次官の歴史問題発言 「厳重に取り扱う」)、米国側がこの発言を問題視せず、形式的に対応したというのもまた興味深いです。


韓国の与野党は素早く反応、強く批判しています。(ソース:米国務次官の発言 与野党が強く批判


ハンギョレ新聞が発言の意図を分析しています。
これも紹介しておきます。


(前略)シャーマン次官の演説は第2次大戦終戦70周年を迎え米国の北東アジア政策を説明する席で用意されたが、韓中日3国首脳のワシントン訪問を前にした微妙な時期であるなので、米国のメッセージを伝えるる意図があると解釈される。 安倍晋三日本首相は4月末、習近平(シー・ジンピン)中国国家主席は9月頃、朴槿恵(パク・クネ)大統領は今年中盤にワシントンを訪問すると予想される。 ジョン・ケリー国務長官が中東問題に集中しているおり、トニー・ブリンケン国務副長官が赴任して間もない点を考慮すれば、シャーマン次官は北東アジア問題を実質的に決める責任者と言える。

 シャーマン次官、東北アジア問題の実質責任者
「韓国・中国は民族主義を利用」異例の批判
日本には儀礼的謝罪すら注文せず
 専門家「第三者的立場で入れ知恵か、強く失望」
「中国の戦勝70周年」政略的利用を牽制
 韓国には「日本との首脳会談」を要求する内容
 安倍訪米前に「TPP仕上げ」の布石も

 この日の演説で最も注目を引く部分は、北東アジアの過去の問題を扱った比較的長い演説から、未来のために米国と韓中日が力を合わせようというメッセージを投げることだけに焦点を合わせて、日本に対して反省と謝罪を促す儀礼的な注文すらしなかった点だ。 「自ら作った歴史の轍に閉じ込められている国家の教訓的な話を遠くで探す必要はない」として、日本の過ちを間接的に指し示す発言があったりはしたが、別に重量感が感じられない。これは過去の問題に関する日本の真の反省と謝罪を通じて韓中日が和解と治癒に乗り出さなければならないという既存の政策基調とは全く異なるものだ。

 彼女は反対に日本を永く国際法の主導的後援者であり、国外開発の寛大な寄与者だったと褒め称えた。 また、イスラム国(IS)により殺害された日本人人質に言及して、日本が自衛隊の適切な役割について議論していると紹介した後、日本は現代的要求と過去から学んだ教訓を調和させるために努力していると評価した。

 東アジアの政治指導者が民族主義感情を利用していると批判した部分も極めて異例だ。韓国と中国の指導者による日本に対する過去問題提起を“挑発”と規定したことは論議を招く主張だ。ワシントンの外交消息筋は、この点に対して「中国を狙ったもの」とし「米国は中国が韓国まで引き込んで日本批判に乗り出しているという認識を持っている」と話した。 中国は今年9月3日に北京で世界各国首脳を招請して抗日戦争勝利と世界反ファシスト戦争勝利70周年記念行事を行う予定だが、このような行事を政略的に利用するなというメッセージだということだ。

 しかし、これまで米国の官僚らが韓国に対しても不満を提起してきた点を考慮すれば、韓国も念頭に置いたものと見られる。米国はアジアの代表的同盟国である韓国と日本の両首脳が就任二周年が過ぎても首脳会談さえ開けないことに理解し難いという反応を見せてきた。

 米国のこのような態度の変化には、過去の問題によって韓米日三角安保協力が弱まり、対中国牽制構図が動揺している状況を放置できないという認識があるものと見られる。 また、安倍首相の訪米を控えて環太平洋経済パートナー協定(TPP)交渉を早く終えようとする意図が込められたものと観測される。 現在オバマ政権が安倍政権に最も強く願うことは、TPP交渉での農産物部門の譲歩だと言われている。 TPPはアジアと米国12カ国の自由貿易協定で、オバマの“アジア再均衡”政策の核心課題に挙げられる。 外交筋の一部では、安倍首相がTPPで一部譲歩すれば米国が過去の問題を黙認するのではないかという疑いまで起きている。しかし、このような状況が展開する場合、韓国と中国で反米感情が発生するなど、米国としては逆風を呼び起こすこともありうる。

 外交部北東アジア局長出身のチョ・セヨン東西大学特任教授は「シャーマン次官の発言が米国政府を代弁するものならば、韓国としては非常に残念なこと」とし「歴史認識に対しては米国もそれなりの基準を立てて話すべきで、第三者の立場で入れ知恵するかの如く両方に非があると話す問題ではない」と話した。 チョ教授は「日本の歴史認識という国際政治の問題で、北東アジア地域の戦後秩序を主導した米国は局外者にはなりえない」と付け加えた。

(ハンギョレ新聞「[ニュース分析]韓中の対日歴史問題提起を“挑発”と規定…米政策基調に変化か」「シャーマン米国務次官、日本の反省は促さず韓中に無条件協力を要求」より。下部にURLを記載)



にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ


以下、韓国主要マスコミ報道ピックアップ
(日本側に不利な物も載せることがあります)



朴大統領「韓日は共に新たな歴史を築くとき」
――『3・1独立運動記念日記念式でのあいさつを通じ、「日本が勇気を持って率直に歴史的真実を認め、韓国と手を取り未来の50年のパートナーとして新しい歴史を共に記していくことを望む」と述べた』・・・日韓の関係はもう終わりです。。――


仁川の幼稚園で保育士が無差別暴行、犯行映像を公開
――韓国では幼稚園での暴行・虐待が非常多いと一時期話題になりましたが、また出ました。まだ行われているようです――


今年2学期から小・中・高生に人格測定=韓国
――うまくいきますでしょうか・・・精神疾患も多い国ですので、なかなか大変すですが。。――


【社説】銃から安全ではない韓国社会
銃器殺人が韓国で年平均16.1件発生
【コラム】銃はなくても銃となじんでいる韓国
――つい先日、また韓国で銃乱射事件がおきましたね。韓国は銃が管理されており銃社会ではないそうですが、前科者が銃を入手できるようではあまり意味がありませんね――


【社説】また、韓国で銃乱射…衝動犯行を防ぐ対策が必要
――『最近、感情を調節できない衝動型の犯罪が増え、警察の銃器管理制度に補完が必要なようだ』・・・韓国では自制心に欠落が起きる精神疾患が急増しています。銃乱射は軍でも民間でも繰り返し起きていますが、なにか関連があるのでしょうね。。――


【コラム】『帝国の慰安婦』騒動に見るマナーのあり方
――『従軍慰安婦について日本だけでなく韓国の責任も指摘している同書の内容は非常に挑発的だ。学者の研究書とは言え、民族主義的な憤怒の矢を浴びるであろうことは十分に予測可能だったはずだ。しかし、この騒動や波紋は朴教授という個人をめぐる騒ぎに終わるような事案ではなかった。表現の自由と学者の良心、その限界についての深い議論のきっかけにもできる事案だった』・・・「帝国の慰安婦」とは「慰安婦は売春婦」と書いた学術研究書です。それについての記事ですが意外とおもしろいです、、、このような記事を書く韓国人もいるのですね。。一つ下に関連記事を置いておきます――


[ニュース分析] 『帝国の慰安婦』論争第2ラウンド


【記者手帳】シンクホール多発、後回しにされた安全
――『各自治体は、少しでも国庫から支援を得ようと、古い下水管の改修・補修より新たな下水管の敷設にばかりこだわってきた。こういう理由で、きちんとした改修・補修もなされぬまま、都心の下水管が40年、50年と老朽化してきた』・・・韓国は史上最悪の不況であり、自治体も含めてとにかくお金がありません・・・シンクホール(道路の陥没)の問題はしばらく続きそうですね――


韓国人の対日好感度、過去最低17%=韓国ギャラップ
――いやー低いですね(^^;、、、過去最悪とのことです――


慰安婦:日本大使館6月移転、デモ・少女像はどうなる?
――おそらく移転するのでしょうね・・・外国公館への侮辱行為はウィーン条約違反であり、国際法を犯していますが、、、反日無罪の国ですからね(-_-;――


姦通罪:廃止を歓迎する風俗業界関係者たち
――つい先日、韓国で姦通罪が廃止されました。どうでもいい話題なのですが風俗関係者は祝杯をあげているとのことです・・・どうなのでしょう(-_-;――


シャーマン米国務次官、日本の反省は促さず韓中に無条件協力を要求
[ニュース分析]韓中の対日歴史問題提起を“挑発”と規定…米政策基調に変化か
――『ウェンディ・シャーマン米国務次官が27日、韓中日間で続く軋轢に関連して、各国指導者に対し過去の問題で民族主義感情を刺激しないことを強く注文した。 また、日本には過去に対する反省と謝罪を促さず、韓中日の協力の必要性だけを強調し「過去の歴史には目を瞑る」ことになるとする批判が起こると見られる』・・・シャーマン国務次官は国務省ナンバー3とのことですが、なかなかおもしろい方のようですね。関連記事を一つ下にまとめておきます――


米国務次官の歴史問題発言 「厳重に取り扱う」=韓国
米高官歴史問題発言が波紋 韓国「米の立場変わらず」
「父も日本と戦闘、韓日中の歴史葛藤には失望」…米国務次官、自制要求
米国務次官 歴史問題で韓中日の関係改善促す
米国務次官の発言 与野党が強く批判
「歴史問題は韓中日全てに責任」 米国務次官発言が物議


【中央時評】経済再生と社会的信頼=韓国
――『韓国の低い「社会的信頼」を挙げている。 米ミシガン大学が5年ごとに調査する「世界価値観調査」によると、韓国で「知らない他人を信頼できますか」という質問に肯定的に答えた割合は2010年に26%だった。これはOECD加盟国で最も低い水準だ。高所得先進社会であるほど社会的信頼の水準は高く現れる』・・・興味深い話ですね、、、韓国は社会的信頼の度合いがOECDで最も低く、この数値は、高所得先進国家であるほど高くなるそうです。。――


【社説】個人負債の増加を放置すれば金融危機の時限爆弾に=韓国
――「 年初から個人負債の増加傾向が尋常でない」・・・そうです(-_-;――


日本でも教える柳寛順、韓国政府はなぜ献花もしないのか
――『さらに日本の教科書にも柳烈士の行跡が詳細に書かれている』・・・誰ですか?(・_・;――


「慰安婦被害者1万人集めて米国で集団訴訟起こす」
――『訴訟の被告には裕仁天皇の子孫である明仁天皇とその家族が含まれる予定』・・・このニュース、いろんなところで話題になっていますね、、、日韓関係を終わらせるつもりですね。。――


話題の慰安婦ドラマ『注目』はどんな作品?…子役俳優の熱演光る
――慰安婦もドラマができるようです。内容についても書かれていますが、もはや引けなくなっていますね・・・このまま突っ走るのでしょうか。。――


日本の謝罪を必ず…慰安婦被害者の息子・娘が約束
――慰安婦の遺族会ができました・・・もう引っ込みがつかなくなっていますね(-_-;――


もしよろしければ―→ にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
(別窓で開きます)




posted by K_美樹 at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。