2014年12月24日

北朝鮮風刺映画、全米の映画館で公開が決定

ソニー・ピクチャーズが、北朝鮮風刺の映画「The Interview」の全米公開を決定しましたね。


[北朝鮮を題材にしたコメディ映画「The Interview」を25日に全米の映画館で公開すると発表した]
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1412/24/news060.html


すでに話が大きくなっており米国政府も引けなくなっています。



ボルトン元国連駐在大使「オバマ大統領はハッキングに比例する対応をすると言ったが、今後攻撃を防ぐならわれわれが受けたこと以上にやり返すということを見せなければならない」

マケイン上院議員は「大統領は正しく理解できずにいる。新たな戦争行為にすぐに対応しなければならない」 と述べた

オバマ大統領は「(上映中止を)決定する前に私に相談してくれれば、映画館や配給会社などと接触して事情を聞き、何らかの手段を講じていたかもしれない」と述べた


(「テロ支援国再指定はオバマ大統領の残り任期は北朝鮮を捨てるということ」「ソニー攻撃:米大統領「私に相談してほしかった」」より、下部にURLを記載)


すでに米国政府が報復攻撃を開始したという報道も出ております。
実際に北朝鮮のインターネット接続は一時完全に遮断されました。


米オンライン企業ディンリサーチは「北朝鮮のインターネット接続が完全にオフラインになった」とし「DDoS攻撃を受けた時と似ている」と伝えた。DDoSは一斉に多くの情報を送って過負荷でサーバーをダウンさせる攻撃方法。米インターネット企業クラウドフレアも「北朝鮮がインターネット地図から消されたようだった」と伝えた。統一部によると、23日正午を過ぎてから朝鮮中央通信・労働新聞など一部の北朝鮮ウェブサイトが正常につながったという。

米メディアは北朝鮮のネット障害の原因について、一般ハッカーの攻撃、北朝鮮のネットを管理する中国の遮断措置、米国の報復を懸念した北朝鮮の先制的遮断などとともに、米国政府の報復の可能性を取り上げた。ニューヨークタイムズは「米国の攻撃なら、他国のインターネットを攻撃したという点で異例」と伝えた。米インターネット企業アーバーネットワークスは「観測された少なくとも6回の攻撃が米国で始まった」と明らかにした。

米国務省のハーフ副報道官は北朝鮮のネット障害に関し、「我々は(北朝鮮を狙った)多様なオプションを検討しているが、細部案は公開的に取り上げない」と答えた。その代わり「我々の対応措置は一部は表れることもあり、一部は見えないこともある」と明らかにし、サイバー報復を予告した。

(中央日報「オバマ大統領の「対応」宣言から3日後…北朝鮮でネット障害」より、下部にURLを記載)


しかし、ソニー・ピクチャーズはこうなることを予測していたのでしょうか・・。


だとしたら相当な曲者ですね(^^;


今回の一件で、米国政府の全面的なバックアップが得られる上に宣伝効果は抜群です、誰もが気になる映画になってしまいました。
そしてテロに屈しなかった企業ということでプラス効果すらあります。


さらに万が一テロが起きてたとしても責任回避できるという保険つきです。
民意の後押しもありますし。。


ソニー・ピクチャーズは「オバマ大統領も世間も何が起こったのかよく分かっていないようだ。映画館側が『インタビュー』の公開を嫌がったのだ」とも述べており2重の保険をかけています。


ソニー・ピクチャーズの対応は、なかなかしたたかだったのかもしれませんね、、。


にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ


以下、韓国主要マスコミ報道ピックアップ
(日本側に不利な物も載せることがあります)


韓国の消費者心理 3カ月連続低下=デフレ懸念も
――『消費者心理指数(CCSI)は102で、前月から1ポイント下がった。これは4月に発生した旅客船沈没事故の影響で下落した5月の105より低く、昨年9月以来の低水準』・・・デフレ懸念というよりデフレですね――


調査官が大韓航空と癒着か 検察に捜査依頼=国土交通部
――『問題を調査していた国土交通部の調査官の1人が大韓航空の役員と数十回にわたり連絡を取っていたことが分かった』・・・定期的にこういう話が出てきますね。一つ下に関連記事を置いておきます――


当局調査官を逮捕・家宅捜索 大韓航空と癒着の疑い


東野圭吾さん 韓国ネット書店大手が選ぶ「今年の作家」に
――実は韓国人は個人では日本大好きなんですよね。日本の小説、日本食、アニメ、アイドル、日本製品・・・みんな大好きです。集団になると豹変しますが――


<インタビュー>慰安婦問題 安倍氏より大衆に働きかけを=ホンダ議員
――慰安婦決議で有名なマイク・ホンダ議員のインタビューです――


米国、中国に“ソニーハッキング”北朝鮮制裁の支援要請
――『中国内でもこれ以上北朝鮮を甘やかしてはならないという「北朝鮮放棄論」まで公開的に提起されるなど議論は大きくなっている』・・・問題が大きくなってきたましたね。北朝鮮には手痛い失態となるかもしれません。一つ下に関連記事を置いておきます――


「最高尊厳」守ろうとしてブーメラン受けた北朝鮮


北朝鮮インターネットがダウン…米「相応の対応」公言直後
――米国は仕事が速いですね。一つ下に関連記事を記しておきます――


オバマ大統領の「対応」宣言から3日後…北朝鮮でネット障害


韓日技術協力財団「日本の退職技術者の韓国中小企業への招請を支援」
――『 李専務は「今までは主に東京・大阪地域を中心に退職技術者を発掘したが、来年はトヨタ自動車がある名古屋地域に拡大する計画」と明らかにした』・・・危機は意外と身近にあるのかもしれません。一つ下に関連記事を置いておきます――


韓国中小企業、日本技術者を招いて碍子不良率30%→5%に


「テロ支援国再指定はオバマ大統領の残り任期は北朝鮮を捨てるということ」
――『米国では北朝鮮への強硬対応を要求する声が続いている。ネオコンのボルトン元国連駐在大使はウォールストリートジャーナルに、「オバマ大統領はハッキングに比例する対応をすると言ったが、今後攻撃を防ぐならわれわれが受けたこと以上にやり返すということを見せなければならない」とし、テロ支援国再指定、経済制裁拡大、中国圧迫などを主張した』・・・オバマさんも任期的に火がついていますし大きく動くかもしれませんね。オバマ大統領について関連記事を一つ下に置いておきます――


ソニー攻撃:米大統領「私に相談してほしかった」


韓国の中小企業、来年の目標は「生き残り」
――なんとも悲しくなる「目標です」。。――


ソニー・ピクチャーズが『ザ・インタビュー』公開決定
――これ、興行成績いいかもしれませんね(^^;・・・みんな見たいでしょう――


女子学生にわいせつ行為、53歳ソウル大教授を逮捕
――またセクハラで逮捕です。。――


「ソウル市響代表による暴言・セクハラあった」
――これもセクハラ。。――


韓国軍:史上初、現役将校がセクハラで1階級降格
――軍でもセクハラ。。――



中国で韓国企業は痛い目、日・台企業は成功のワケ
――意外と日本企業は成功しているようです。個人的には撤退して欲しいのですが。一つ下に関連記事を置いておきます――


韓国企業、中国でシェア急低下


芽キャベツのツリー登場
――このキャベツのツリーというのは、よく韓国メディアで報道されているのですが何なのですかね??、何か意味があるのですかね?、なぜキャベツ(?_?)――


もしよろしければ―→ にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
(別窓で開きます)




posted by K_美樹 at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。