2014年11月14日

パク・クネ大統領、日中韓首脳会談を打診

パク・クネさんが、日中韓首脳会談の希望を表明しました。


 朴槿恵(パク・クンヘ)大統領は13日、ミャンマーの首都ネピドーで行われた東南アジア諸国連合と日中韓の首脳会議(ASEANプラス3)の席上「今年9月に韓中日3カ国の外務次官級協議を行ったのに続き、そう遠くない時期に3カ国外相会談が行われ、これを土台として3カ国首脳会談も行われることを希望する」と述べた。

 朴大統領が3カ国首脳会談の可能性に言及したのを受け、歴史認識や領土問題によって形成された「韓国・中国対日本」の対立構造に今後突破口を開けるかどうかが注目される。現在、3カ国は「年内のソウル開催」を目標に外相会談を推進している。この日の朴大統領の発言から考えると、歴史認識や領土問題など3カ国間の懸案について円満な解決ができれば、3カ国外相会談の席で首脳会談の開催についても話し合われるものとみられる。(以下略)

(朝鮮日報「朴大統領「韓中日3カ国首脳会談を希望」」より。下部にURLを記載)


おや・・・イアンフガーの原則が崩れましたね。
降参でしょうか?


名目だけも首脳会談ができてしまうなら、慰安婦のフレーズを出して米国に仲介の圧力をかけることもできなくなります。
韓国の立場は弱くなりますね、、、なしくずし的に慰安婦問題は解決済み・・・という流れになりかねません。。


韓国側も日中の動向を気にしているようで、報道が出ております。


日本メディアは13日、朴槿恵(パク・クネ)大統領が韓日中3カ国首脳会談の開催を公式的に提案したという速報を出した。

時事通信は「朴大統領が外相会談を土台に首脳会談が開催されることを希望すると述べた」とし「首脳会談に積極的な姿勢を見せた」と伝えた。また「韓国は3カ国協力に常に前向きであり、こうした立場は首脳会談にも該当する」という魯光鎰(ノ・グァンイル)外交部報道官の発表を伝え、首脳会談が年内に実現する可能性が高いと分析した。

日本政府は13日現在、公式的な反応を出していないが、歓迎する雰囲気だ。日本政府の関係者は「その間、韓日首脳会談を積極的に要請してきた日本としては、韓日中3カ国首脳会談が大きな負担なく韓国と首脳会談ができる良い機会」とし「韓国がその間、首脳会談の前提条件に掲げてきた慰安婦問題などについて今すぐに解決法を提示しなくてもよい点も会談の年内開催の可能性を高めている」と述べた。別の関係者は「日中首脳会談が行われてすぐ、韓国がこのような提案したのは、日本としては感激すべきこと」と述べた。日本政府は14日午前、菅義偉官房長官の定例記者会見で公式的な立場を明らかにする予定だ。

中国政府の公式反応も14日に出るものとみられる。中国官営メディアは13日午後10時40分現在、韓日中首脳会談の提案についていかなる報道もしていない。これに先立ち中国は3カ国外相会談の提案には前向きな反応を見せたが、首脳会談を直ちに開催することについては慎重な態度を示す可能性がある。しかし中国指導部内でも日本との関係改善が必要だという指摘があり、3カ国首脳会談を先にした後、日中関係の正常化に動く段階的な接近法を採択する可能性もある。

中国は7日、日本との関係に関する4項目の共同認識を出したが、その後、解釈をめぐる論争が続き、日本に対して強硬な立場を維持している。こうした慎重な態度は対日感情がまだ好転していない中国国民の世論を勘案したものと解釈される。

(「中央日報「日本政府、朴大統領の韓日中首脳会談提案を歓迎する雰囲気」」より。下部にURLを記載)


「首脳会談の前提条件に掲げてきた慰安婦問題などについて今すぐに解決法を提示しなくてもよい点も会談の年内開催の可能性を高めている」


日本政府関係者とかいう方が本当にいるのかどうかわかりませんが、上のように考えるのに不自然なことはなく、日本側が「慰安婦問題は解決済み」というスタンスを崩していない以上、なんらかの大幅な譲歩があるはずです(さすがに"解決済み"を受けれいれることはないでしょうけれど)。


日中が接近するなか、焦ったのでしょうか、、、動いてきましたね。
ここ数日の韓国メディアの報道を見ていても、韓国の外交的孤立を危惧する報道が出ていました。


さて、どうなりますでしょう。。
ちなみに菅官房長官は、本日の会見で、この提案を歓迎するという声明を出しております。

[日中韓首脳会談:「韓国の姿勢歓迎」菅官房長官]
http://mainichi.jp/select/news/20141114k0000e010249000c.html


にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ


以下、韓国主要マスコミ報道ピックアップ
(日本側に不利な物も載せることがあります)


韓国のGDPに占めるR&D投資比率 OECDトップ
――国内で生産された総付加価値の中から研究開発へ回す金の比率がもっとも多い、ということを言っています。研究開発に投資することは良いことですが、韓国の生産性と技術競争力はOECDの中でかなり低いですので、そこらへんをどう整合性をつけるか・・・ですが。。――


韓中日外相会談 年末開催に向け努力=韓国大統領府
――韓国は来なくていいのですけどね。。――


韓国科学技術アカデミー 日本学術会議と協力強化へ覚書締結
――もうこういうの止めてほしいのですけどね・・・ちなみに日本学術会議というのは内閣府の下部機関ですね――


慰安婦像建立の米グレンデール市一行 韓国友好都市訪問
――韓国に騙されたグレンデール市の一行が、韓国を訪れるそうです――


サムスン電子、エヌビディアを逆提訴
――今度はnVIDIAですか・・・裁判ばかりです(-_-;――


米シンクタンクが独島を紛争地域と表記
米戦略国際問題研究所、独島を「紛争地域」と表記
――韓国の努力が実りましたね。もっと大々的に騒いで「紛争地域」を印象付けてほしいものです――


【コラム】「用中」の知恵が韓国にあるのか
――『瞬間的な感情で親中反米や親米反中に流れてはいけない。嫌中や嫌米はなおさらだ。目ざとくなる道しかない。2つの強大国の間で綱渡りがうまくなければならない』・・・韓国を守っている米国がなんだかかわいそうですね――


基準を変えると10.1% …体感失業率「寒波」=韓国
――見出しでは「体感失業率」になっていますが、記事中では実質失業率という言葉も使っています。実質失業率が10.1%・・・高いですが、本当はもっと高そうな気もします。。――


【社説】韓国の対日・対北政策も柔軟になるべき
――『北東アジアの平和と繁栄を主導できる国は、過去の歴史、政治体制から自由な私たちだけだ』・・・主導できるのは韓国だけ、、、だそうです――


崩れたノキアが韓国に送ってきた「メッセージ」
――サムスンとノキア、韓国とフィンランドを対比している記事です。すこしおもしろかったので記録――


【コラム】韓日関係、民間交流が重要だ
――中央日報が用日をあおっていますが、もう手遅れでしょうね――


朴大統領、韓日中首脳会談を提案
朴大統領「韓中日3カ国首脳会談を希望」
――おや、屈服でしょうか、パククネさん。。――


日本政府、朴大統領の韓日中首脳会談提案を歓迎する雰囲気
―― 一つ上の記事の関連記事です――


韓国外交に「中国傾斜論」、大統領府が否定
――『外交・安全保障関係者からは「韓国の中国傾斜論は日本の代表的な宣伝、扇動だ」という言葉も聞かれる』・・・中国傾斜を否定しますか。。――


米家電見本市の革新賞、韓国勢が相次ぎ受賞
――これは、凄い感じですね、、、米国家電協会が出している賞だそうですので、謎の賞ではない感じです。テレビなど家電系は強いですね――


もしよろしければ―→ にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
(別窓で開きます)




posted by K_美樹 at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。