2014年09月30日

中国のスパイ機関「孔子学院」、シカゴ大が閉鎖決定

突然ですが「孔子学院」というものをご存知でしょうか?


孔子学院とは、日本外務省が「独自の主張を発信している中国政府の情報工作機関」と認定している中国政府が予算を出す公的中国語教室のことです(現在、日本には約20の大学に設置されているとされています)。
孔子学院が中国共産党の対外宣伝工作機関であるということは、中国共産党関係者も認めています。


各国で批判が高まっており、今年6月には約4万7000人の会員を擁する米国大学教授協会(AAUP)が孔子学院を追放する声明を出しています。


当サイトでも何回か記事にしていますので記事の一覧を記しておきます。
読まれますと、どのようなものなのかイメージがつかめると思われます。


[当サイトの孔子学院関連記事一覧]
http://3gensoku.seesaa.net/tag/%8DE%8Eq%8Aw%89%40


この孔子学院、各国で批判の的になっているのですが、この度、米シカゴ大学が閉鎖に踏み切りました。
米国で孔子学院が閉鎖されるのは初めてとのことです。


 米イリノイ州の名門校、シカゴ大学はこのほど「中国のソフトパワー輸出基地」である孔子学院の閉鎖を米国で初めて決定した。孔子学院は米国の主要大学90校余りに設置されている。

 シカゴ大は25日、2009年に孔子学院と結んだ契約が29日に満了するとした上で「数カ月にわたり契約更新に努力したが失敗した」と説明した。

 舞台裏での対立は深刻だった。シカゴ大の教授108人は今年5月「孔子学院は中国政府の宣伝手段であり、学問の自由を踏みにじっている」として閉鎖を求めた。今月初め、シカゴ大の孔子学院の管理責任者は、中国メディアの取材に対し「シカゴ大側に『出て行けというなら出て行く』と伝えると、大学関係者が飛んできて契約延長を求めた」と語った。これに怒ったシカゴ大は「そんな報道まで登場する状況で、孔子学院と対等なパートナーシップを維持することはできない」と表明した。

 孔子学院が広めようとする思想は、究極的には米国の根本的価値観である「自由」「平等」と衝突するため、今後も孔子学院を追放する動きは続くとみられている。

 米ウォール・ストリート・ジャーナルは、孔子学院で台湾、チベット、中国政府が非合法化した気功団体の法輪功などは絶対に討論課題にはなり得ないと指摘した。孔子学院の教材、講師、予算も中国政府が決定する。約4万7000人の会員がいる米大学教授評議会は今年6月、米国の大学から孔子学院を追放することを求める声明も発表した。

[「中国政府の宣伝手段」孔子学院、シカゴ大が閉鎖決定]
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/09/29/2014092901622.html


孔子学院については定期的に記事になっているのですが、ネット保守内でもあまり話題にならないように感じます。
アメリカ、カナダなどで対立が深刻化しているとされていますが、日本にも孔子学院は多く存在し、早稲田大学、立命館大学などの有名大学内にも設置されています。


それにもかかわらずインターネットで「孔子学院」と検索しても批判的な記事は上位にはまったく表示されません。
ネットでもこのような状態では、一般人は実態について知るよしもないのでしょう・・。
もっと啓蒙していかなければなりません。


にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ


参考資料:[孔子学院は全世界で約400、米国では九十数カ所が開設された。日本でも立命館大学、早稲田大学、桜美林大学など約20大学に開かれた]
(1)http://megalodon.jp/2014-0723-0326-36/jbpress.ismedia.jp/articles/-/41296
(2)http://megalodon.jp/2014-0723-1745-55/jbpress.ismedia.jp/articles/-/41296?page=2
(3)http://megalodon.jp/2014-0723-1747-28/jbpress.ismedia.jp/articles/-/41296?page=3


ラベル:孔子学院
posted by K_美樹 at 19:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 反日ロビー活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。