2014年08月22日

米国で「第三の慰安婦像」設置案が可決

8月20日に米カリフォルニア州オレンジ郡フラートン市議会において、全米第三の慰安婦像の設置案が可決されました。(下部に記載)


この件に関しては過去に記事にしていますが、あっさり可決いたしました。
8月16日に第二の慰安婦像が除幕されていますので、間をおかずのスピード可決です。


また、フラートン市では、同時に、米連邦下院の旧日本軍慰安婦決議案(HR121)を支持する採決も行われました。(下部に記載)


第2次世界大戦中に発生した旧日本軍慰安婦問題の深刻さを認識し、市民にもこれを知らせるための決議案とのことです。(ソース)


やりたい放題の状態です・・。


にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ


以下、韓国主要マスコミ報道ピックアップ
(日本側に不利な物も載せることがあります)


新駐日韓国大使「両首脳会うべき」=関係改善に意欲
――記事を読めばわかりますが、結局のところ日本が悪いという結論になっています。日本に派遣されるぐらいですから日本について詳しい人なのでしょうが、その方がこういう状態では関係改善は当分(永遠?)にありませんね――


元済州地検トップ 公然わいせつ容疑認め謝罪=韓国
―この一件、何度か紹介していますが結局認めたそうです。意外とあっさり認めました、韓国人らしくないですね――


韓国に核心技術はない…内視鏡名医の手には日本製装備だけ
――意外と冷静に分析できている記事です。中央日報は、ときどき冷静な記事を書きます――


ブランドがない韓国…中身が空っぽで薄利多売に陥る製造業
――これも中央日報ですね。『中身が空っぽの製造業の成績表は貧しい。たくさん売っても残るものがないということだ』・・・自虐的ですねぇ――


【中央時評】北朝鮮住民の苦痛に沈黙した法王
――読むとわかりますが法王に対して、かなり批判的な記事です。前も書きましたが、正直、キリスト教の理念と韓国人は根本的なところでズレているように感じます――


【取材日記】歪んだ雇用体系の韓国に必要なのは“倫理”と“分けあい
――これも中央日報です。“倫理”と“分けあい”・・・政治家が法律を守らないようでは難しいのでしょうね――


韓国成人の学習意志、OECD最下位・・・日本は22位
――正直日本も低いのですが、韓国はもっと低いようです。記事には次にようにあります。『韓国成人の学習に対する意志は経済協力開発機構(OECD)加盟国の中でもっとも低いという研究結果が出た…分析結果、韓国成人は特に「難しい問題を深く掘り下げて理解しようとする」という項目で最も低い2.6点を記録した』・・・韓国の方は難しい問題を深く掘り下げようという意欲に欠けるようです――


「慰安婦問題は早期に解決すべき…正義を実現する時間がない」
―― 米戦略国際問題研究所(CSIS)のジョン・ハムレ(John J.Hamre)所長(64)なる人物が、慰安婦の謝罪と補償を提起しています。この団体と人物の名前、記録しておきます――


米国で3つ目の慰安婦少女像を建設へ
――これに関しては少し前に記事にしました。フラートン市議会は建設を支持する案を可決させました。止められない感じです。。――


【コラム】慰安婦の少女像、アルメニアから学べば
――グレンデール市の特殊な事情について書かれています。また、韓国側の今後の戦略について書かれています――


サムスン、NAND型フラッシュメモリ市場1位…東芝と10%の格差」
――メモリはもう韓国の独占状態ですね。。――


【コラム】韓国社会の成熟度を試す『帝国の慰安婦』
――慰安婦は売春婦と断言したパク・ユハ教授関連の記事です。ちなみにパク・ユハ教授は親日派ではないですので、そういった視点から論じられる人物ではないです。記事には次のようにあります。『慰安婦に関する事実が、一般的に知られていることとは異なる部分があるという指摘は、それなりに説得力がある。「日本軍の管理の下で慰安婦の募集や慰安所の運営を担当していたのは、主に朝鮮人の業者だった」「植民地の出身である朝鮮人慰安婦は、占領地や敵国出身の慰安婦とは区別されていた」といった主張は、昨年8月にソウル大学の安秉直(アン・ビョンジク)名誉教授が発掘し公開した、日本軍の慰安所管理人の日記でも確認できる。慰安婦についての「記憶」を再構成しようとする朴教授の知的な取り組みには耳を傾ける必要がある』・・・朝鮮日報にしては冷静な記述で意外です、ちなみにパク・ユハ教授の著書は、販売禁止を求める仮処分を申し立てが行われています――


中国、日本との関係改善を模索
――本当なのでしょうか・・・つい先日も抗日ドラマを増やすという指導が行われたという報道が出ていましたが。。『歴史問題と領有権争いで2年以上にわたり反日姿勢を強めていた中国でこのところ、日本との関係改善を模索する雰囲気が漂っている』・・・お断りしたいですね――


経済専門家51%「韓国経済は日本型の長期不況突入」
――51%ですか・・・少ないですね――


慰安婦:自民党、河野談話に代わる新談話発表を要求へ
――この報道は日本側にも出ていますね、一つ下に韓国側の動きを載せておきます――


河野談話に代わる新談話の要請 「強く懸念」=韓国当局者


読者の意見:台湾でも虚偽報道した産経
――本当なのかわかりませんが産経は台湾で評判が悪いそうで、記事には次のようにあります。『産経新聞は台湾の多くの人に「罪なき人を捕まえる虚偽報道の前科者」という印象を持たれ、その印象を今日まで拭い去ることができずにいる』――


「史上最悪」韓日関係の改善を模索する韓国
――『ひとまず、今月末に予定されている慰安婦問題の解決に向けた4回目の韓日局長級協議で日本がどう出るかによって、日本側の関係改善に向けた意欲を測ることができそうだ』・・・この時点でもう無理でしょう、、、この問題に触れれば触れるのど日本側の怒りは大きくなるでしょう。。――


慰安婦像、日本の妨害乗り越えカ州フラートン市に設置へ
――上で中央日報の記事を紹介しましたが、これは朝鮮日報の記事です。上よりもずっと詳しいです――


米軍慰安婦、私たちは日本右翼の妄言に堂々と答えられるか
米軍基地村女性問題を悪用する日本のメディアに支援団体が取材拒否
――米軍慰安婦(韓国軍慰安婦)の記事です。ハンギョレはこの記事好きですね、しつこく報道しています。『「異なる。日本軍慰安婦問題は戦時下で起こったもので、米軍慰安婦問題は休戦下で起こったものだ。慰安婦徴集と慰安所運営に対する国家の介入水準も異なる。米軍慰安婦問題ははるかに複雑だ』・・・言葉を濁していますが、「米軍慰安婦問題の方がはるかに凶悪だ」ということがバレているのですが、さすがにそこまで書けないようです。。――


韓国市民団体 東京国立博物館に文化財返還で訴訟へ
――これ、日本で訴訟を起こしているのですね・・。『東京国立博物館は18日、韓日請求権協定によって請求権の問題は、最終的かつ完全に解決されているとして、引き続き、「小倉コレクション」を保管すると伝えてきたということです』・・・当然です――


国連 「日本のヘイトスピーチは暴力」
――『日本担当のパキスタンの委員が、人種差別的なデモに対し「日本政府は具体的にどのような対策を取ったのか」と質問したほか、アメリカの委員も「暴力的な威嚇で、言論表現ではない。規制は表現の自由に抵触しない」として、日本政府に早急な法規制を促したということです』・・・どうなるでしょう。。――


国連 慰安婦問題解決求める意見
――『前日に続いて、在日韓国・朝鮮人に対するヘイトスピーチ(憎悪表現)についても議論が行われ、ベルギーの委員は、「ヘイトスピーチは、決して表現の自由ではなく、言葉による暴力だ。日本は、これを防ぐための法規制に乗り出すべきだ」と強調しました』・・・アメリカ、パキスタンにつづきベルギーも出てきました――


もしよろしければ―→ にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
(別窓で開きます)




posted by K_美樹 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 慰安婦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。