2014年08月16日

ヘイトスピーチ、法規制へ

日本の与党が、ヘイトスピーチの法規制に舵を切りました。


 自民党は、在日韓国・朝鮮人への差別をあおるヘイトスピーチ(憎悪表現)を取り締まるための法整備を検討するプロジェクトチーム(PT)を近く設置する方針を固めた。

 7月に韓国の朴槿恵パククネ大統領と会談した舛添要一東京都知事の要請を受けた安倍首相が、高市政調会長に検討を指示していた。

 首相は、日韓首脳会談の実現に意欲を示しており、韓国側が問題視しているヘイトスピーチに対応する姿勢をアピールすることで、日韓関係の改善につなげたい考えがあるとみられる。(以下略)

[ヘイトスピーチ規制へ自民、議員立法を検討]
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20140815-OYT1T50028.html


さて、いよいよ現実のものになりつつります、止められないのかな・・。
以下のようなことを言っていた連中の思惑通りです。


「効いてる証拠だ、もっとやれw」
「いいぞ、困るのは朝鮮人だww」
「前から法規制に賛成してたんだよ、在日スパイ撲滅に近づいたww」


過去の社会変革運動の歴史をみれば予測できることでした。


つぎはヘイトスピーチ法規制を足がかりにヘイトクライムの法規制・・・嫌韓デモの法規制です。
これはすでに他国で通ってきた道です。


この流れを助長した勢力はわかっているのでしょう、以下の流れを。。


逆に運動が統制を強めるという結果をもたらす場合もある。

特に過激で非合法な戦術を運動組織がとった場合に、こうした統制の強化は生じやすい。

そして、その統制強化は単に過激な戦術をとる運動に適用されるだけではなく、

穏健な戦術をとる運動にまで拡大して適用され、社会運動全体を停滞させる。(関西大学社会学部教授,片桐 新自)


実は上記のようなことは基礎的な内容であり、実際に運動に携わっているプロの活動家の方が知らないはずが無いのです。。


知っていながらやった・・・・・・。
うまくやりました。。


関連記事:[ヘイトスピーチやめろって風潮だけど]
http://3gensoku.seesaa.net/article/384423070.html


もしよろしければ―→ にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
(別窓で開きます)



posted by K_美樹 at 21:02| Comment(2) | TrackBack(0) | ヘイトスピーチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
たしかに在特会自体が、法規制のための一種の仕掛けだったような気がしますね。
漠然と似たような事を考えてた人は多いと思います。

最後まで謎の人たちだったし、
Posted by at 2014年09月01日 01:54
いらっしゃいませ m(_ _)m

国内そして海外からも、
日本の保守への風当たりは強くなる一方です。

コメントありがとうございます(^^)
サイト運営の参考にさせていただきます。
Posted by 美樹 at 2014年09月01日 19:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。