2014年08月01日

パク・クネ大統領、中間評価選挙で圧勝

支持率急落中のパク・クネさん率いる与党が、国会議員再・補選(パク・クネ政権への中間評価とされる選挙)で圧勝してしまいました・・(下記URL参照)。


選挙の女王という字は本当だったようです。。


親日韓国人ブロガー うどんプどんさんが、「韓国メディアの調査によるとパク・クネ政権でもっとも評価されているのは外交面、つまり反日」とおっしゃっていましたが、選挙で圧勝してしまったのでこれまでの反日路線はさらに強化されるのでしょう。


まぁ、日本の保守層から見れば都合が良いのではありますが(^^;
頑張っていただきましょう。


にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ


以下、韓国主要マスコミ報道ピックアップ
(日本側に不利な物も載せることがあります)


国会議員再・補選 与党が圧勝=韓国
――なんと・・・与党が圧勝してしまいました。「朴槿恵(パク・クネ)政権への中間評価とされる選挙」とのことでしたが。。――


韓国の何知りたい? Q&Aサイト登場=日本語にも対応
――多言語に対応した韓国のQ&Aサイトができるそうです。「グローバル多国語プロジェクト」とのことですが、韓国のプロパンガンダの温床となるのでしょうね――


米シンクタンク管理に大金投じる日本、韓国は日本の1%水準
――これはちょっと意外ですね・・・中央日報によりますと日本政府が米国シンクタンクに提供する資金は韓国の100倍とのことです、韓国側が畏怖しているように読めます――


【NOW!ソウル】麦わらの一味が韓国に上陸!
――結局やるようですね・・・日本が嫌いなら関わらなければいいのに、、、しかもなぜ「戦争記念館」でやるのか。。――


韓国 7.30補欠選 新政治民主連合 惨敗…‘4対11’
――補欠選でいかに与党が圧勝だったのか長文で書かれています。パククネさんはしばらく安泰なのでしょうかね――


JYJキム・ジェジュン、魅力満載で日本の記念切手モデルに!
――誰ですか?この人?・・・人気あるのでしょうか?、、、記事によりますと『切手製作会社の関係者は「日本国内でのキム・ジェジュンの人気が高いので会社10周年記念切手の製作にあたりキム・ジェジュンを選ぶことになった・・・」』とのことですが。。――


韓国版『のだめカンタービレ』、団員オーディション盛況…応募者1000人!
――『応募者らは声をそろえて「原作漫画に熱狂したことが今も記憶に新しい」と話していた』・・・実は韓国は個人としては日本大好きなのですよね、日本の食べ物も日本メーカーも日本のアイドルも日本の漫画も大好きです。集団になると豹変しますけどね ――


漢江公園のゴミ事情…「良心欠如者たちの巣窟、ペットの糞尿までそのまま」
――『一日に回収される量だけで10〜20トンになる』・・・何とも酷い状態のようです、ワールドカップの時も一悶着ありましたね――


韓国判事 あす大阪で非行少年への取り組みについて講演
――日本に対して、いったい何を啓蒙しようと言うのでしょうか??―→【関連記事】『法務部によれば、前科5犯以上の少年犯だけで昨年は1万人に達すると予測されている』――


略奪された文化財、韓国与党議員が日本に返還求める決議
――また難癖をつけはじめるようです。中間評価選挙圧勝の件もありますし反日はおいしいですね――


韓国系の政治力拡大目指す集まりに米連邦議員20人出席
――韓国ロビーに屈した議院が米国に98人も、、、(記事を読むとわかりますが20人ではありません)。名前だが出ている人を記録しておきます、ロバート・メネンデス上院外交委員長(民主党)、エドワード・ロイス下院外交委員長(共和党)、マイク・ホンダ下院議員(民主党)――


[社説] 日本が略奪した文化財の返還運動はじっくり続けよう
――『日帝強制占領期(訳注・日本植民地時代)に大邱(テグ)で南鮮電気の社長をしていた小倉武之助が盗掘された考古遺物や古美術品を購入し日本に送った品々だ。〜〜朝鮮国の母を凄惨に殺害し、それでも足りずに文化財まで略奪して行ったのだから、痛恨の歴史が血で汚された品々だ』・・・購入したのに略奪??――


もしよろしければ―→ にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
(別窓で開きます)




posted by K_美樹 at 19:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。