2014年07月08日

台湾政府「抗日・慰安婦記念館を開設する」

昨日、「【河野談話検証】台湾、動く」という記事を書き、「台湾が慰安婦問題に関して中韓に情報提供し、共闘する」と書きましたが、馬英九総統はさらに踏み込んできました。。


 【台北時事】台湾の馬英九総統は7日、「抗日戦争勝利70周年」となる2015年に「抗日戦争記念館」と「慰安婦歴史展示館」を開設する考えを示した。馬総統はこのところ、対日関係で厳しい姿勢を見せている。

 馬総統は同日、日中戦争の発端となった盧溝橋事件77年の関連イベントに出席。節目となる15年について、「台湾にとって非常に重要だ」と強調。歴史的事実の保存を目的に国防部(国防省)など関係部署に二つの施設開設を指示したことを明らかにした。 

 また、馬総統は領有権を主張する沖縄県・尖閣諸島(台湾名・釣魚台)に関して、「領土、主権をわずかでも譲歩することはできない」と主張。「釣魚台は最も早く日本に侵略された領土だ」と述べ、「戦後、日本は台湾(本島)、澎湖諸島を返還したが、釣魚台はまだだ」と訴えた。(2014/07/07-20:31)

[台湾も「抗日」「慰安婦」記念館=来年開設の意向]
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2014070700817
(記録用キャッシュ)http://www.peeep.us/3ed477db


昨日も書きましたが、台湾の歴史教科書は日本統治を否定する方向への書き換えが決定しています。
それに加えて今回「抗日戦争記念館」と「慰安婦歴史展示館」の開設が指示されました。


そしてこれも昨日かきましたが、親日と云われる野党(民進党)も基本方針はさほど変わらない為、この指示は速やかに実行されるでしょう。


2015年・・・来年には「抗日戦争記念館」と「慰安婦歴史展示館」が開園します。


さらに今後、上記記事にもありますとおり尖閣問題でもさらに強硬に出てくることでしょう。。


これが日台の現実です。


もしよろしければ―→ にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
(別窓で開きます)




posted by K_美樹 at 19:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 台湾情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。