2014年07月06日

北朝鮮に反日感情が殆ど無いのはなぜ?

『北朝鮮住民に反日感情が殆どないのはなぜ?』なる報道が出ており、嘘くさいなぁ、北朝鮮の日本人に対する情報工作かな・・・とか思ったのですがソースが韓国語ですね。。
(だから、どうということはないのですが・・)


ちょっと記録しておきます。


北住民には反日感情が殆どないというのに…なぜ

北日政府間交渉の急速な進展と日本の迅速な対北朝鮮制裁解除に併せて北朝鮮当局と住民たちの一般的な対日感情がどうなっているのかに関心が傾く。北朝鮮が韓半島の近現代史と金日成(キム・ジョンイル)主席の'抗日歴史'などを学生たちに教えながら"奸悪な日帝の朝鮮占領"を強調せず、日本に対する北朝鮮住民たちの感情は不思議なほど好意的だと伝えられる。

多くの脱北者は「北朝鮮には日本に深く染み込んだ憎しみや怒りを感じる人々が殆どいない」と伝えた。日帝の武力占領から解放され、ほぼ70年過ぎても根強い反日感情を持つ韓国国民とは全く違った感情だ。日本に対する韓国と北朝鮮住民のこの様な感情的乖離はどこから始まったのだろうか。

まず北朝鮮当局と住民の対日感情が友好的に変わった背景には経済的な要因が大きく作用したという分析がある。1959年12月、在日同胞が初めて北送船に乗った後、1980年代初めまで約10 万人の在日同胞が北朝鮮に移住した。1970年代末まで北朝鮮住民たちは北へ送還された在日同胞を'日本のスパイ'などと呼んで蔑視し、朝鮮総連(在日本朝鮮人総聨合会)幹部の親戚を除く大部分の北送在日同胞は大学進学や就職などで実際的な不利益を受けねばならなかった。

しかし、北朝鮮当局は日本経済の急速な成長で在日同胞商工人らが多くの富を蓄積し、1980年代に入って合弁・合作事業等を通した在日同胞の経済的支援を期待するようになった。この時から北送在日同胞に対する北朝鮮当局の政策も変わり、彼らに対する一般住民の認識も変わり始めた。特に日本の'金持ちの'親戚たちが送る日本円のおかげで多くの北送在日同胞の生活水準が高まり、彼らの社会経済的地位も共に上昇した。北朝鮮住民たちは北送在日同胞を猜忌心と共に憧憬の目で眺めることになり、こうした感情は日本に対する友好的な感情を持つのに大きな影響を及ぼした。

1980年代以後、北朝鮮と日本の貿易が活発になり北朝鮮の'外貨商店'と市場で多く売れた日本製商品も北朝鮮住民の対日認識を変えるのに一役かったと評価される。最近では北朝鮮市場で韓国産家電製品や化粧品が人気を呼んでいるが、1980年代から2000年代中盤までは'本産(日本産の略称)'の人気がダントツだった。(中略:経済交流)

歴史的な側面も見過せない。北朝鮮は光復(解放)後、直ちに親日派の財産を全部没収し国有化するなど積極的に親日派清算を行い、このため北朝鮮地域の親日派は大挙南に移住した。一部の歴史学者らは韓国国民の反日感情が解放後も親日派子孫らが相変らず既得権を占めた現実に対する不満または怒りと密接な関連があると主張する。反面、親日派が粛清された北朝鮮では日帝強制支配期以後の様々な世代交代で日本に対する憎しみや怒りが徐々に冷めたというのが住民たちの一般的な認識だ。

平城出身の脱北者パク某氏は「1990年代、'苦難の行軍'が近づき食糧配給が完全に切れて鉄道運行が麻痺するとすぐに日帝統治を経験したおじいさんは'日帝強制支配期にも大豆粕でも配給があり、鉄道もほとんど定時運行した'とか'日帝強制占領期間の方が今のキム・ジョンイル時代よりはるかに良かった'と話していた」と伝えた。

[北住民には反日感情が殆どないというのに…なぜ](ソウル経済(韓国語))
http://economy.hankooki.com/lpage/politics/201407/e2014070415391693140.htm


ソース元はソウル経済ですか、、、経済紙では3番目の規模・・・中堅新聞社でしょうか。。
日帝統治時代を知る老人は昔を懐かしがっているとのこと・・。


北朝鮮関連の手記や、とち狂った朝鮮中央テレビの反日プロパガンダを見ていれば、反日感情が殆ど無いというのは信じられませんが、反日の権化、韓国から見れば、ほとんど無いに等しいのかもしれません(^^;


ちなみに、韓国の反日感情は世界一激しい・・・日本企業を焼き討ちしたキチガイ国家中国を凌駕しており、中国人すら引くレベルという説があります。


2013年9月5日、中国網(チャイナネット)は、韓国人の反日感情は中国人よりも激しいと伝える記事を掲載した。以下はその内容。

韓国で生活して直観的に感じるのは、韓国人の反日感情は中国人よりも強いということだ。

最近のサッカー東アジアカップの韓国対日本の試合の例がある。韓国と日本のサポーター同士で直接の衝突はなかったが、日本人が旭日旗を振り、韓国人が「歴史を忘れた民族に未来はない」と書かれた横断幕や、抗日の英雄李舜臣、伊藤博文を刺殺した安重根らの肖像画を掲げていたのは相当に目障りであった。

韓国も中国と同じく、毎年8月15日は必ず右翼による靖国神社参拝や慰安婦問題がニュースの焦点になる。中国と異なるのは、韓国ではその日が「光復節」と呼ばれ、全国的な祝日として国会議員から一般市民に至るまで、全国津々浦々で記念活動が行われることだ。このことからも、日本の歴史認識問題に対する韓国の反応が、中国のそれとは比べ物にならないほど激しいものであることがわかる。

中国政府が控えめなのとは異なり、韓国の政界は靖国神社参拜などの歴史問題には極めて敏感だ。また、中国の民間における対日感情の「草の根」的色彩と比べると、韓国人の民族情は秩序立ったもので、よりいっそう組織化されている。同時に、韓国人は国際社会にも注意の目を向け、特に欧米をはじめとする先進国に慰安婦や植民地の歴史における正義の立場を発信している。 (以下略)

[中国人より激しい韓国人の反日感情]
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=76442


  韓国メディアはこのほど、スペインのサッカーユニフォーム専門サイトが5日に公開したサッカー日本代表の新しいユニフォームに「旭日旗を連想させるデザインが施されている」とし、韓国で騒動になっていると報じた。

  中国大手検索サイト百度の掲示板に同騒動に関するスレッドが写真入りで立てられ、スレ主は「韓国人は文句があるなら太陽の光を浴びるな。>陽光こそ旭日旗によく似ているぞ!」と、韓国側の主張に反発した。

  ほかの中国人ネットユーザーらも、韓国側の主張にはあきれたようで、「韓国にとっては放射状のものはみな旭日旗に見えるんだな」などのコメントが並んだ。さらに、「韓国人は日本絡みであれば何でも大騒ぎする」などと過剰反応であると指摘する意見も見られた。

  なかには「韓国が今回も難癖をつけると予想していたよ」という強者や、「韓国人って妄想力が凄いんだな。詰め込み式教育の中国人には理解できない世界だ」というユーザーもいたが、韓国側の主張には多くの日本人も理解に苦しんでいることだろう。

  中国でも韓国同様に旭日旗自体に対する拒絶反応は強いものの、新ユニフォームについて“旭日旗を連想させる”という意見は存在せず、韓国と違って異論はないようだ。(以下略)

[【中国BBS】韓国が旭日旗めぐって日本に難癖…「理解不能」]
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2013&d=1109&f=national_1109_020.shtml


・確かに最近の韓国は俺達よりも日本のことを嫌って猛攻撃してるように見える。

・韓国のやり方はある意味で凄い、国際問題にまで発展させて日本に謝罪をさせようとしてるんだからな。
このやり方は俺達よりも上を行ってる。

・というか我々中国人はかつて日本と戦争をしたから日本が憎いのは分かるが、韓国と日本は戦争してないのになぜ俺達よりも日本を嫌ってるのかが良く分からんよな。
第二次世界大戦の時は韓国は日本側で一緒になって戦ってたというのに・・・。

・あの国はおかしいからな・・・。

[中国「韓国の反日は俺達よりも上!」](海外反応! I LOVE JAPAN)
http://blog.livedoor.jp/zzcj/archives/51836402.html


「あの国はおかしいからな」・・・ごもっとも。。


中国から見てもそう見えますか、、、世界各国でも早くそのような認識になることを願うばかりです。


もしよろしければ―→ にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
(別窓で開きます)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
“海外反応!I LOVE JAPAN”様。
発信されている記事が非常に興味深いものであったため紹介させていただきました。
いつも素晴らしい記事を発信してくださりありがとうございます。
失礼いたしました m(_ _)m
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


posted by K_美樹 at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 北朝鮮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。