2014年07月04日

“河野談話”検証結果発表後の関係国の反応 まとめ

日本政府の河野談話検証発表について、北朝鮮が今さらながら反応したようです。
7/3に批判とのことです。


北朝鮮の朝鮮労働党機関紙、労働新聞は3日、日本政府が慰安婦問題で旧日本軍の関与と強制性を認めた河野洋平官房長官談話の検証結果を公表したことに対し、「反人倫的な犯罪をまたも敢行しようとするもの」と非難した。

 同新聞は河野談話の検証を「過去の犯罪行為に対する責任をどうにかして回避しようと狡猾(こうかつ)に策動した」「世界の世論を欺き、結局は河野談話を否定しようというもの」と主張。日本は自らの恥を知るべきだとした。

 一方、日朝は5月下旬にスウェーデンのストックホルムで日本人拉致問題で合意したことを受け、このほど中国・北京でも政府間協議を行うなど、接触を続けている。

[河野談話検証の公表 北朝鮮機関紙が非難「恥を知れ」]
http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2014/07/03/0200000000AJP20140703000900882.HTML


慰安婦問題について、北朝鮮はもちろん批判の立場ですが、昔からなんだか反応が鈍いのですよね。。
今回は、日朝協議があったからかもしれませんが、以前から反応がイマイチな気がします・・。


特亜三兄弟のうちの最後の一人が反応したことで関連国の反応は大体出揃った感じでしょうか。
ちょっとまとめておきましょう。


反応したのは、韓国、中国、米国、シンガポール、北朝鮮ですね。
明確な批判は、韓国、中国、北朝鮮・・・そしてシンガポールも入れていいでしょう。
シンガポールの声明は色々な解釈があるようですが、私は批判と解釈します。
シンガポールは靖国参拝についても痛烈に批判していましたし反日色の強い国です(少なくとも政府については)。


[河野談話検証「日本は慎重に」=シンガポール首相]
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2014062500255

[日本や近隣諸国、第2次世界大戦を克服すべき=シンガポール首相]
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0F003320140625/


米国は、政府に限って言えば曖昧な立場ですね。
どうとでも取れるようなコメントをしています。


[韓国外務次官と米国務副長官の会談の結果]
http://3gensoku.seesaa.net/article/400358905.html

[米 河野談話継承支持の姿勢示す]
http://megalodon.jp/2014-0622-1335-25/www3.nhk.or.jp/news/html/20140621/t10015397611000.html

[サキ国務省報道官の記者会見の原文]
http://www.state.gov/r/pa/prs/dpb/2014/06/228103.htm


ただ、中・韓ロビーに屈したと思われる一部の米国議員(マイク・ホンダ、エド・ロイスら18人前後)が、かなり激しく批判しています。


[河野談話検証に対する韓国の応戦](米国議員の反発)
http://3gensoku.seesaa.net/article/400508656.html


また米国の大手メディア(反日メディア)は、過激な見出しで日本を叩いています。


[米国<ニューヨークタイムズ>は23日(現地時間)付け社説で、日本が河野談話検証を通じて歴史を修正を試みているとし、強い調子で批判した。 ]
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/17667.html
http://www.nytimes.com/2014/06/23/opinion/apology-for-world-war-ii-sex-slaves-is-again-at-issue.html?_r=0

[慰安婦問題、失われた正義―日本だけの問題ではない](ウォールストリート・ジャーナル)
http://jp.wsj.com/news/articles/SB10001424052702304057704579645890629397988


台湾も何か言ってくるかと思いましたが、結局なにもありませんでした。
台湾の馬英九総統は、ことあるごとに慰安婦に言及、日本を挑発していましたので何か仕掛けてくると思ったのですが・・。
馬総統は、“河野談話見直し”さえなければいいのかもしれません。


[台湾・馬総統「安堵」 首相の河野談話見直し否定に](2014/3/19)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/140319/chn14031909050000-n1.htm


さて・・・日本政府は、ここら先に踏み込むのかどうなのか・・。
“見直し”とは別の形で何か圧力をかける可能性はありますが・・・私ごときにはわかりません(^^;


ちなみに韓国のパク・クネ大統領が、今更ながら(7/3)、日本を公開批判したそうです


朴槿恵(パク・クネ)大統領が日本の河野談話検証に関し、「(慰安婦)被害者には心に大きな傷を与え、国家間の信頼を崩すものであり、国際社会の峻厳な声を無視する行為」と批判した。先月20日の日本の河野談話検証報告書の発表後、朴大統領の公開批判は初めて。

中国の習近平国家主席の訪韓に控え、朴大統領は先月30日、中国CCTVのインタビューに応じ、「最近、日本は慰安婦問題の強制性、日本政府の問題を認めた河野談話を継承すると言いながらも、作成の経緯を検証するとして、実際には河野談話を毀損しようとしている」とし、このように述べた。1993年8月に慰安婦強制動員を初めて認めて謝罪した河野談話を、日本政府は「政治的妥協の産物」と規定している。

朴大統領は「日本は北東アジアの繁栄と平和のために、共に協力していかなければならない重要な国」とし「一部の日本の政治指導者の誤った歴史観、退行的な言動によって、韓日関係が前に進めないことを遺憾に思う」と明らかにした。また「特に日本軍慰安婦問題は被害者の方々の生きた証言が続いている今日の問題」とし「6月8日にまた一人の被害者が亡くなり(生存者は)54人しか残っていない。本当に時間がない」と強調した。続いて「歴史の車輪を戻すことは絶対にできないため、今からでも日本の指導者が正しい歴史認識を土台に、周辺国との信頼を基礎に、協力関係を構築していくことを切実に望む」と述べた。 (以下略)

[朴大統領「河野談話毀損の動き、信頼を崩す」]
http://japanese.joins.com/article/257/187257.html


日本を1000年恨むとまで言った反日の権化としては、少し反応が鈍いような印象を受けます。
日本との対立が決定的になることに躊躇したのでしょうか・・。
もう手遅れでしょうけれど。。


もしよろしければ―→ にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
(別窓で開きます)




posted by K_美樹 at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 慰安婦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。