2014年06月12日

日本兵は慰安婦を釘板の上に転がして殺し、その遺体を煮て食わせた

韓国側の主張によりますと、
「日本兵は、慰安婦を釘板の上に転がし、首を切り落とし、その遺体を煮て食わせた」
そうです・・。


 《彼ら[日本兵]は、彼女の衣服を剥ぎ、足や手を縛り、釘のうち出た板の上を釘が彼女の血や肉片で覆われるまで転がしました。そして最後に、彼らは彼女の首を切り落としました。…ヤマモトは、「こいつら朝鮮人女は空腹ゆえわめいているのだから、この人肉を煮て食わせてやれ」と言いました

 日本軍はこんな猟奇的拷問にうつつを抜かしているほどヒマではないし、慰安婦の雇用主である業者にとって彼女たちは大事な従業員だ。そもそも、人肉食は日本人の発想にはない。

 だが、笑ってはいられない。こういう類いのバカ話が、ついには2007年、米下院議会の決議にまで取り入れられていく。決議は日本軍がした悪行として次の行為を列挙する。言いたい放題である。

 「集団強姦、強制流産、恥辱、四肢切断、死亡・自殺を招く性的暴行」

 見慣れない言葉は「四肢切断」(mutilation)だ。日本人には、手足を切り落とすなどという発想もない。だが、中国大陸ではよく知られた残虐行為の1つであり、言葉があるのだから欧米にもあることは確かだ。決議は自らの「文化」を投影し、日本兵が朝鮮人慰安婦の手足を切断したと言って日本を非難している。日本政府は同盟国のこの議会決議に、いまだ一言も抗議していない。

[クマラスワミ報告の証言は中国の「文化」を投影 創作された「性奴隷」説]
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20140607/dms1406071100001-n2.htm


わけのわからないことになっていますね・・。


慰安婦問題の裏には、中国工作員が居るという話がありますので、中国の文化が投影されているというのも、然もありなんといった感じではあります。


彼らの資金の一部は中国から来ていると思われます。
慰安婦像は日米間に亀裂を生じさせ、日韓間の亀裂を生じたままにするために建てられたものです。
日米韓の3カ国がお互いに激しく対立しているのを見ることほど、中国が喜ぶことはありません。 (トニー・マラーノ,テキサス親父)

http://blogos.com/article/82440/


 現地の日系人が「ふだんの生活では交わらない」と指摘する中国系と韓国系の“共闘”は、どう発生したのか。双方に聞いても「旧日本軍による人権侵害で問題意識を共有しており連携は自然」という紋切り型の答えが返ってくる。だが、ある中国系幹部は、「中国系から韓国系に連帯を提案した」と語る。(中略)

 関係者によると、慰安婦像設置を進める中国系の市民団体幹部には、中国共産党が実質運営する企業から資本注入を受けた経営者が含まれるという。豪州を舞台に中国と韓国の対日「歴史戦」の構図が透けてみえる。

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140403/plc14040308290007-n3.htm


ちなみに、実際には慰安婦の皆さんはどのような生活をしていたのでしょうか?


実は、当時、朝鮮人が書いた、公開を目的としないプライベートな詳細の記録(慰安所従業員日記)が、韓国側から出ております。


この日記の日本語訳を「落星台経済研究所(韓国の研究機関)」というところがPDF形式で配布しています。
URLを張ろうかなー、とも思ったのですが面倒ごとは嫌なのでやめました(^^;
(最近、韓国からのアクセスが増えてしまって…)


「日本軍慰安所管理人の日記.pdf」でGoogle検索しますと上の方に出てきます。
やたらと長いですので読むことはあまりおすすめしませんが。。


映画を見に行ったりできたようですね、あとはなんだか帰郷(朝鮮に帰るということですね)する人が多いような・・・有名な金学順さんと文玉珠さん(らしき人)の名前も確認できます。
「慰安所従業員日記」で検索しますと抜粋をまとめたサイトがたくさん出てきますよ。


参考:[韓国人が絶対に認めたくない「慰安所従業員日記」の新事実(要約)]
http://79909040.at.webry.info/201402/article_4.html


もしよろしければ―→ にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
(別窓で開きます)




posted by K_美樹 at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 慰安婦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。