2014年06月10日

韓国の選挙当選者のうち1418人が犯罪歴あり

「<韓国統一選>前科ありの当選者3倍に…前科9犯も4人」
という、なんだか凄いニュースが出ていますので紹介いたします。


6月4日に行われた統一地方選挙で、光州(クァンジュ)広域市議会議員に当選した朴三用(パク・サムヨン)氏。

彼は1995年の地方選挙実施以降、光州でセヌリ党候補として初めて当選し話題だ。中選挙区である光山区(クヮンサング)カ選挙区から出馬し新政治民主連合の候補に続き2位を占めた。彼は前科9犯だ。今回の統一地方選挙で4000人に達する当選者のうち最も多い犯罪履歴だ。(中略)

江原道太白市(カンウォンド・テベクシ)の市議会議長を務め今回議員として3度目の当選に成功した高在昌(コ・ジェチャン)氏も前科9犯だ。詐欺と勤労基準法、石炭需給法違反などだ。彼は中央SUNDAYとの通話で、「軍を除隊した20代後半の時に炭鉱を運営した。石炭があまり出ず低質炭ばかり出てきた。自然と借りた金が返せなくなり、社員の給料を払えなくなったら犯罪者になった。すべて罰金刑で懲役刑はない」と話した。2度の傷害罪に対しては「友人のけんかを止めようとして起きたこと」とした。

今回の統一地方選挙は候補者公開の時から10人中4人が犯罪歴を持っており、「前科者の遊び場」という指摘が出ていた。

中央選挙管理委員会は6日に「統一地方選挙で1回以上の前科記録がある当選者は1418人」と発表した。

3952人の当選者のうち前科者が35.9%に達する。2010年の地方選挙で出た前科あり当選者399人(10.0%)の3倍を超える。

前科件数別では
1件が830人、
2件が328人だった。

最高9件の前科者も4人に上った。
8件が4人、
7件が5人など、
犯罪経歴が5回以上の当選者は47人だった。

前科のある当選者1418人のうち市長・道知事は4人、教育長は8人、地方自治体首長は74人、広域議員と基礎議員は比例代表を含め311人と1021人だった。(以下略)

[<韓国統一選>前科ありの当選者3倍に…前科9犯も4人]
http://japanese.joins.com/article/223/186223.html


・・・・・・なんなんでしょうか、、、これは。。
犯罪者だらけじゃないですか(;@_@)


立候補者の40%が前科者。
当選者の35.9%が前科者・・。
政治家の3人に1人(以上)は前科者です・・・議員を見たら犯罪者、、、みたいな(;-_-)


2回までは、まぁ何か事情をあったと考えることもできるかもしれませんが、3回以上となりますと人格面で問題がある気がしてしまいます。。


ちなみに3件以上の前科を持つ議員は260人になります・・。
なんなんでしょう、、、この国は。
このような方々が国家運営しているのですね・・。


以前、親日韓国人ブロガー シンリアリーさんが、
『韓国社会には、“法律は守らなくてもよい”という空気が蔓延している』
という主張をされていましたが裏付けられたような形になります。


犯罪で捕まるのは大した問題ではない、という意識がなければ、このような状態にはならないように思います。
前科9犯でも政治家になれるというのは、ちょっと無関心すぎる気がします。。


関連記事:[韓国では法律が機能していません]
http://3gensoku.seesaa.net/article/398140439.html


もしよろしければ―→ にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
(別窓で開きます)




posted by K_美樹 at 20:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。