2014年06月05日

首相の靖国参拝発言で各国が賛同の拍手?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
先日、コメントくださった方、どうもありがとうございます。
現在、体調が思わしくなく、すべての方にレスを返すことができない状態です。
コメントも開放もしておりません(よほど体調が良い場合は返信していますが)。
この場にて、お礼申し上げます m(_ _)m
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


普通の日本人さん、三児のパパさん、いつもコメントありがとうございます。
感謝しております m(_ _)m


*        *        *


アジア安全保障会議で、安倍首相の“自身の靖国神社参拝についてのコメント”に対して賛同の拍手が起きた、というニュースが出ております。


 【シンガポール=比護義則】安倍晋三首相が30日、アジア安全保障会議(シャングリラ対話)で自身の靖国神社参拝について「国のために戦った方に手を合わせる、冥福を祈るのは世界共通のリーダーの姿勢だ」などと語り、会場が拍手に包まれる一幕があった。

 講演後の質疑で、出席者の中国人男性が昨年の首相の靖国神社参拝について「先の大戦で日本軍に中国人は殺された。その魂にどう説明するのか」と質問したのに答えた。

 首相は「法を順守する日本をつくっていくことに誇りを感じている。ひたすら平和国家としての歩みを進めてきたし、これからも歩みを進めていく。これは、はっきり宣言したい」とも述べた。

 一方、小野寺五典(いつのり)防衛相は同会議の夕食会で、中国の王冠中・人民解放軍副総参謀長と約5分間、会話した。

 小野寺氏は、東シナ海上空で中国軍機が自衛隊機に異常接近した問題を踏まえ、海上での偶発的衝突の防止に向けた連絡体制の早期運用に応じるよう求めた。王氏は「日中間のさまざまな問題が解決しないと難しい」と答えた。


[首相の靖国参拝発言で会場に賛同の拍手 アジア安保会議]
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140531/plc14053109090008-n1.htm


>靖国神社参拝について「国のために戦った方に手を合わせる、
>冥福を祈るのは世界共通のリーダーの姿勢だ」
>などと語り、会場が拍手に包まれる一幕があった。


以上のように記されています。。
この記事の内容は、国内の多くの保守系サイトや動画で引用され拡散されています。


ただ、これ産経なのですよね(^^;
この中国関係者と安倍首相とのやり取りは、複数のメディアが報じているのですが、上記のような「靖国参拝発言で賛同の拍手」というものを報道しているのは産経だけです。
本当なのでしょうか?、、、ちょっと調べてみました。


国内の複数のメディアや動画サイトにアジア安全保障会議の様子がUPされていましたので確認してみたのですが、拍手が確認できません・・。
というよりも、ほとんどのメディアが、その“やり取り”自体を簡素に紹介するのみで、拍手がどうこう以前に安倍首相の発言自体がよく確認できません。


さらに調べてみたところ、、、質疑の全録を見ることができるサイトを発見いたしました。
確認してみたところ・・・拍手がおきてますね!


ただ、産経が言うように「靖国参拝発言に賛同の拍手」・・・なのかは・・・ただ、とりあえず拍手はおきています。


安倍首相の回答が冗長ですね。
動画を見るのが面倒な方のために文字起こししておきました。


昨年の首相の靖国神社参拝について「先の大戦で日本軍に中国人は殺された。その魂にどう説明するのか」と質問。


昨年、私は靖国神社を参拝した際、コメントを述べました。
その際、国の為に戦った方々のために手を合わせる、ご冥福をお祈りするのは、これは世界共通のリーダーの姿勢である、私もその意味において、御霊安らかなれと手を合わす、こう申し上げました。

同時に私はこう申し上げました。
私は20世紀は、まさに多くの方々が戦火に苦しんだ時代であったと、二度と再び人々が戦火に苦しむことのない平和な時代を作っていく為に全力を尽くしていくという意味において、不戦の誓いをしたところでございます。

同時に、私は何度も申し上げていることでありますが
日本は戦後先の大戦に対する痛切な反省の上に立って、今日の平和な国を創っていった。
そして、自由で民主的な日本を創っていったわけであります。

基本的な人権を守り、法を遵守する日本を創っていった、そのことに誇りを感じているところでありますし、ひたすら平和国家としての歩みを進んできた、
日本はこれからも平和国家としての歩みを進めていく、これは皆様の前ではっきりと宣言していきたいと思います。(この後、拍手)

[首相官邸公式サイト](36:45あたりから)
http://www.kantei.go.jp/jp/96_abe/statement/2014/0530kichokoen.html


この件に関しては、いろいろと微妙な問題があり報道からはわかりにくい面があり気を使います。。


安倍首相は、うまく対応されたと思います。
興味がある方は動画を見てみてはどうでしょうか。


もしよろしければ―→ にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
(別窓で開きます)




posted by K_美樹 at 19:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 靖国参拝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。