2014年05月13日

生き残りの狭間で

少し前に、当サイトと同じような主張・活動をされている方と知り合い、少しばかり会話をしました。


その会話の途中、「似たようなことをしているサイトを見たことがない」という話題になりました。


この件について、ある程度の理由はわかります。


少し話が飛んでしまいますが、かなり前になりますが、日本のネット保守業界で、かなり有名な人気サイトの管理人の方にサイト運営上のアドバイスを求めたことがあります。。
その方は丁寧なアドバイスをくださりました。
そして、当サイトの主張・企画を読み、以下のような回答をされました。


「実は過激なことや楽観的なことを書くとアクセス数が伸びるんです。でも私はやりません。長期的に見てそのような活動が大衆の支持が得られるとは思えない。」


考え方は色々とあると思います、、、ただ以下の部分については、ブログを実際に始めますと身をもって実感できます。


『過激なことや楽観的なことを書くとアクセス数が伸びる』


これは、当サイトのようなものがほとんど存在しない理由の一つであり、そしてまた、ネット保守にとって危険なことでもあります。


ブログを書く人は、多くの場合、人に読んで欲しいから書くわけですが、そうしますと一般的には「過激なこと」「楽観的なこと(都合の良いこと)」を書きやすくなります。
その方がアクセス数が増え、多くの人に読んでもらえますので・・。
(もう一つ、ブログの事業化・・・の問題もありますが、これはまた別の機会に(^^;)


そして、これもブログを書くとわかりますが、逆のことを書くとアクセス数は急落し、時には“脅し”がきます、「削除しろ!!」と、、、やれば実感できます。
――これはmind-guardsと呼ばれるもので相互確証幻想の症状の一つです。相互確証幻想について知りたい方は当サイトのトップページにある「保守活動講座」を読まれますと、これが何なのかわかります――


以下は「ウェブブログの心理学」という本の引用文になります。


ブロガーがウェブログを「書き続ける」という行為を支えているのは、欲求→効用→満足という心理的過程であるという基本的なフローは同じであることがわかる。

また、日記型ウェブログばかりではなく、データベース型ウェブログの場合でも、自己開示―相互交流サイクルが継続意向に有意な影響をおよぼしていることも注目すべき結果である。

個人よりも情報に重きを置きやすいスタイルのブロガーであっても、その継続を促している原動力として、自己理解や他者との人間的な交流が果たす役割が大きいということを明確に示す結果であるといえる。

また、コメントやトラックバックなど、ウェブログを公開することによって得られる読者からのフィードバックは、ポジティブなもの(共感、励まし、賛辞や感謝など)とネガティブなもの(抗議、いやがらせ、不適切な引用や悪用など)の両方が、いずれの群においても、ブロガーがウェブログ作成に際して感じる効用や満足度に大きな影響をおよぼしていることも確かめられた。

読者からポジティブなフィードバックを獲得することは、さらにウェブログを書き続けようとする意欲を高め、ネガティブなフィードバックを頻繁に受けることは、多くの場合、その意欲を減衰させる方向にはたらいてしまう


この記述の意味するところは、保守活動をするブログが「過激化を諌めること」「韓国側の優勢を伝えるようなこと」を書きますと、アクセス数は減少し満足する効用が得られなくなり、また、ネガティブなフィードバックを受けることにより、ブログを書き続けられない・・・ネット業界では生き残れない、ということを意味します。


長期的には、「過激なこと」「楽観的なこと(都合の良いこと)」を書くブログばかりが生き残ることになります。


話すと長くなるのですが「過激化」「楽観傾向」は、保守活動にマイナスにしか働きません、、、というよりも、これが保守を敗北にいたらしめる主要因です。
ということは、これを助長できれば保守を敗北させることができます。
そしてこれは過去の社会変革活動において、抑圧者の手によって実際に行われていました。。
――このあたりのことについて知りたい方は、当サイトのトップにある保守活動講座を読まれますと、もう少し詳しいことが書かれています――


長くなってしまいますのでここらへんで終わりますが、一つ言いたいことは、ネット保守の文章・論調は、それが本心であったり真実であるわけでは無い可能性があるということです。


人間の本能的な誘導により、そのように書かせられている可能性があるということです。
インターネットは、その部分を理解した上で活用しなければなりません。
そしてこれは、オフライン・・・リアルな世界の活動にも言えることです。
(そもそもネット保守の活動とオフラインの活動は深く結びついていますが・・)


保守が戦うべき敵は、国外の反日勢力(中国・韓国)、国内の反日勢力(反日スパイ・反日サヨク)、だけではありません。
これ以外に「第三の敵」が居ます。


そしてそれはとても強い・・・。
それに打ち勝てるか、、、真価が問われます。。


もしよろしければ―→ にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
(別窓で開きます)




posted by K_美樹 at 19:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 運動の理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。