2014年04月27日

羅援少将「米国など恐るるに足りず」

==============================

昨日の記事にコメントを下さった方、ありがとうございました。
現在、体力に問題があり返事を書けない状態です。
この場にて、お礼申し上げます m(_ _)m
(現在、コメントは開放しておりません)


しかし、コメントの対応については色々と悩むところがあります・・。
レスするのであれば全員の方にしなければ失礼ですし、抽出してレスを付けるのも変な話です。


完全にコメント自体を不可にしまうのも考えましたが、たまに私にメールでアドバイス?を求めるような投書もありますので、私に答えられるようなことであれば返信したりしていましたが・・。


完全一方通行にしてしまいますと、コンタクト自体が難しくなるのでしょうね・・。


自分で考えることですね(^^;、すいません。
このようなことで悩んでしまうこと自体、私はこういう活動には向いていないのでしょうね。
あまり無視とかできないタイプなのですね。。

==============================


*        *        *


中国人民解放軍 羅援少将が、オバマ大統領の「尖閣諸島は日米安保の適用対象」発言を受けて、何やらコメントを出したようです。


羅援少将は東京空爆論で有名な主戦論派の将校です。
内容は・・・想像できるかもしれませんが紹介いたします(^^;


中国国営新華社通信のニュースサイト・新華網は24日、「羅援:中国は北朝鮮で17カ国の国連軍も恐れなかった、米日に怖気づくわけがない」と題した寄稿記事を掲載した。作者は中国戦略文化促進会常務副会長兼秘書長の羅援少将。

米国のオバマ大統領が23日、釣魚島(日本名:尖閣諸島)は日米安保の適用対象だと述べ、在沖縄米軍のウィスラー司令官の先日の発言と一致させた。安倍氏の狂ったように喜ぶ姿が想像できる。世界でもこれほど米高官の態度を気にするのは日本だけだ。中国は釣魚島(尖閣諸島)に対する規定戦略を米国の誰が何を言っても変えるつもりはない。

だが、今回のオバマ氏の発言は度を越している。釣魚島(尖閣諸島)の主権が中国に属していることは争う必要のないことであり、騒動の発端は米国が違法に受け渡しをしたせいだということを知らないはずはない。このような発言は安倍氏を誤った方向に導くだけだ。当時、貧しかった中国が朝鮮戦争で8カ国連合軍の倍を超える17カ国の国連軍を前にしても少しも恐れなかった。今、17カ国国連軍の8分の1にあたる米日軍事同盟に怖気づくわけがない

日本が違法に国有化するまで、釣魚島(尖閣諸島)は中国世論にとってホットな話題ではなかった。中国は一貫して平和的に解決することを強調しているのに対し、日本人と米国人が何度も「非平和」的な解決方法を提示してくる。中国軍人は平和を愛しているが、脅しに恐れることは絶対にない。戦争の残酷性は言うまでもない。戦場で真っ先に血を流して犠牲になるのはわれわれ軍人だからこそ、われわれは誰よりも平和を愛している。だが、国の安全保障と領土保全の重要性も知っている。その価値は人の命にも匹敵する。

[羅援少将、「中国は北朝鮮で17カ国の国連軍も恐れなかった、米日に怖気づくわけがない」]
ttp://www.xinhua.jp/socioeconomy/economic_exchange/380692/


ちょっとトーンダウンでしょうか?
アメリカに明日攻めこむ、、、ぐらいのことを言うかと思いましたが(^^;
まぁ、それでも過激には違いありませんが・・。
『「非平和」的な解決方法を提示してくる』とか言っていますし。


しかし、あまりツイートされていませんね。
もうインパクトが無くなってしまったのでしょうか。


中国の主戦論者(要人)には、羅援少将以外に、張召忠少将、余愛水空軍政治部主任などが居ます。
当サイトでも定期的に記事にしていますのでURLを記しておきます。
(羅援少将についてはあまり言及していません、検索すればいくらでも出てきますので・・)


[中国の主戦論者]
http://3gensoku.seesaa.net/tag/%92%86%8D%91%82%CC%8E%E5%90%ED%98_%8E%D2


このような危険人物が中国中枢に複数いるわけですが、あまり一般人に向けては報道されません。


日中友好を信じている一般人の方には、この事実を伝えるべきでしょうね。
昔から、中国メディアは過激なことを言っているのですが、近年は現役将校が堂々と発言するようになっており無視できる話ではありません。


『戦いによって日本の末路をはっきり見せつけるべきだ』(張召忠少将)


このようなことを現役将校が発言しているということを日中友好を謳う人々は知っているのでしょうか・・。
(日本であれば即座に抹殺されますね)


もしよろしければ―→ にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
(別窓で開きます)




posted by K_美樹 at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日中開戦? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。