2014年04月21日

極右、ナチス旗掲げデモ行進

「日本の極右、池袋でナチス旗掲げデモ行進」
というニュースが出ております・・・。


 東京の代表的繁華街の一つである池袋に、見るだけでぞっとする赤い旗がはためいた。ナチスの旗であるハーケンクロイツ(かぎ十字)の旗だ。ナチス・ドイツの独裁者アドルフ・ヒトラーの誕生日である20日、日本の極右のデモ行進に、旭日旗だけでなく、ナチスを象徴するハーケンクロイツまで登場したのだ。

 この日午後、東池袋中央公園では「護国志士の会」という団体が主催する集会が行われ、極右団体のメンバー約50人が集まった。同公園はかつて、東條英機など日本の戦犯7人の死刑が執行された巣鴨プリズン(拘置所)があった場所だ。ジーンズ姿の20代から、登山帽をかぶった70代までの極右団体メンバーは、追悼碑に向かって黙とうをした後「大東亜共栄圏実現国民大行進」と称するデモ行進を池袋の大通りで行った。

 大東亜共栄圏とは、第2次大戦当時、日本がアジア諸国を侵略した際に掲げたスローガンだ。日本は当時「西欧諸国に対抗し、アジアは日本を中心に共存共栄の新たな国際秩序を建設しようという大義名分の下、戦争や侵略を正当化しており、日本が起こした太平洋戦争を「大東亜戦争」と命名した。今回の集会では「かつての大東亜共栄圏をたたえるとともに、これに感謝しない韓国や中国を懲らしめるため、再び大東亜共栄圏を構築すべきだ」という極右派の主張が掲げられた。ヒトラーの誕生日を強調したのも同じ趣旨だ。

 集会を主催した高木脩平氏は「大東亜共栄圏のために、日本と軍事同盟を結んだナチス・ドイツをたたえるのは当然だ」と述べた。

 この日、極右団体のメンバーらは、約40分にわたってデモ行進を行い「ヒトラー総統の生誕125周年を祝う」「河野談話の再検証とともに、ナチス・ドイツも再評価すべきだ」などといったシュプレヒコールを叫んだ。ハーケンクロイツだけでなく、落書きした太極旗(韓国国旗)、朴槿恵(パク・クンヘ)大統領や旧日本軍の慰安婦を象徴する少女像の写真に「こじき」「売春婦」と書いたプラカードまで登場した。日本の警察は、事前に届け出があったとの理由で、デモ隊の先頭に立って道を開けた。

 一方、この日、日本でナチスに追従する別の団体は、ヒトラーの誕生日を祈念するパーティーを行ったという。極右団体「維新政党・新風」の副代表を務めた瀬戸弘幸氏は最近「ヒトラーを賛美することのどこが問題なのか。いまだにユダヤ人大量虐殺を信じる人がいる。南京大虐殺、従軍慰安婦と同じく、これもでっち上げだ」と主張した。

2014042100494_0.jpg

[日本の極右、池袋でナチス旗掲げデモ行進]
ttp://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/04/21/2014042100528.html

[日本の右翼がナチスの旗を高らかに掲げてデモ行進]
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140422-00000040-xinhua-cn


・・・・・・。


・・・この「護国志士の会」という団体は、新風連(維新政党・新風の応援団体)の加盟団体なのですね・・。
新風連の現在の代表は有門大輔さん、、、ネット保守界では有名な方ですね。
過去にも同じようなことがありました・・。

[「ヘイトスピーチデモ」で「ハーケンクロイツ」]
http://3gensoku.seesaa.net/article/385855431.html


上記記事には瀬戸弘幸さんの名前もあります。
瀬戸さんと有門さんは師弟関係であり、また瀬戸さんはネット保守界では知らない人が居ないほどの有名人です。
上にもありますとおり維新政党・新風の副代表を務めていたこともある方です・・。


この件に関しましては過去に何度も記事にしていますし、ここのような弱小マイナーサイトを見ておられる方は、当サイトのスタンスについてもご存知のことと思われますので、何も言うことはございません・・・。


*        *        *


どこかの誰かの言葉を載せておきます。


「まあ、やり方はいろいろあるもんだ、肝心なのは、この行為によって誰が一番得をするか? ということが判る眼を持つことだね。」


「ヒトラーの名誉回復をしたいならドイツ国民がやればいいこと。こんなことをしていたら国内まで到底手が回らない。なぜ日本人がそこまでしてやる必要がある? 望まれてもいないのに。」


もしよろしければ―→ にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
(別窓で開きます)




posted by K_美樹 at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ヘイトスピーチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。