2014年04月18日

英国人記者が語る「理不尽な慰安婦問題」

ヘンリー・S・ストークスなるイギリス人の記者の方が、
『【目覚めよ日本】事実と異なる慰安婦問題』
という記事を発信しておられます。


興味深い内容ですので紹介いたします。
下に核心部分のみ引用してみます。


(前略)現在、韓国側が日韓関係を壊す問題をつくり出している。

 「慰安婦問題」がそれだが、これは完全にナンセンスだ。「慰安婦=性奴隷」「強制連行された」という主張は、事実とまったく異なる。太平洋戦争中、米軍が捉えて尋問した朝鮮人軍属は、こう証言している。

 「朝鮮人慰安婦はすべて売春婦か、両親に売られた者ばかりである。
もし、女性たちを強制動員すれば、老人も若者も朝鮮人は激怒して決起し、どんな報復を受けようと日本人を殺すだろう」

 実際、あの強硬な反日政策で知られ、徴用工に対する補償などあらゆる問題を日本に突き付けた李承晩(イ・スンマン)韓国初代大統領ですら、慰安婦問題は取り上げなかった。慰安婦は「問題とする価値もない」と思われていたのだ。

 韓国が慰安婦問題で、反日感情を抱く根拠はない。このような理不尽な「反日」運動が続けば、やがて韓国は「大事な隣人=日本」を失うだろう。そうなれば韓国にとって大きな損失になるが、韓国の政治家はそれを理解していないし、理解しようともしない。

 ただ、この問題については、韓国だけに非があるわけではない。

 日本はこれまで韓国に対し、歴史問題について腰をかがめ過ぎた。正しいことを主張せず、不必要なまでに韓国の言い分をそのまま受け入れてきた。その最悪の事例が、1993年の「河野洋平官房長官談話」だ。

 河野談話はもともと、日韓友好のために作られたものだが、その役には立っていない。事実を確認せずに「厄介だから謝っておこう」と譲歩したため、韓国の全世界における「反日」プロパガンダに利用されている。

 韓国は慰安婦問題を既成事実として固めるため、全米各地に慰安婦の碑や像の設置を進めている。米国がこれを静観しているのは、「この動きが、中東のテロのように米国を脅かすものではない」と思っているからだ。彼らはアジアの歴史に関心がない。

 こうした無知に付け込んで、韓国は慰安婦問題を、ナチス・ドイツによるホロコースト(ユダヤ人大量虐殺)に結び付け、問題を歪曲(わいきょく)し、拡大しようとしている。もはや日本にとって、慰安婦問題は国家の名誉がかかわる重大な問題になっている。

 日本がすべきことは、あらゆる資料を調査し、真実を明らかにして世界に発信することだ。そうでなければ、愚かな偽りが歴史的事実とされてしまう。真実に勝る正義はない。偽りが歴史に刻まれれば、それは日韓両国にとって悲劇である。

[【目覚めよ日本】事実と異なる慰安婦問題]
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20140415/frn1404151150001-n1.htm


イギリス人の方がこれを書かれたというのは興味深いです。
この方、有名な反日新聞ニューヨーク・タイムズの関係者の方ということなのですが・・。


この方は、サムスングループのイ・ゴンヒ会長と親交があるとのことですので日韓の未来をまだ信じておられるようですね。
文章から、その思考がにじみ出ています。


しかし、もう手遅れでしょうね。
今の若い世代が日本を動かすようになっていけば日韓関係はもっと悪くなるでしょう。
これから日韓関係は、もっともっと悪くなる・・。


*        *        *


これは日本人ではなく外国人の方が書いた記事ということで、こういうのは地味に使えます。
テキサス親父ことトニー・マラーノさんもそうですが、直接には関係のない国の人の文章を見せるというのは意外と説得力があり、良い反応をもらえることがあります。


私には親韓左翼の知人が何人か居るのですが、日本人(特に保守系の人)が書いた記事を見せても反射的な反発が起こり、見てもらえないことが多いのです・・・「興味が無いのでいりませんよ」と言われてしまう・・。


外国人の方が書いた記事だと興味をしめしてもらえることが多いのです。
何度も試しましたが明らかに反応が違います。


まずは読んでもらえなければ動かしようがありませんので。。


*        *        *


実は、このことは外国人がどうこうとかは関係なしに、保守活動において、けっこう重要なことなのだと思います。


「人々を動かそう!」「こちら側になってもらおう!」――以前の問題として、まずは読んでもらわなければ、、、聞いてもらわなければなりません。


過去に何度か書いていますが、相手を動かすためには『何をしてはいけないのか』・・・という視点は重要です。


過去に、自らの理想を実現するために、身を挺して、命をかけて活動し、間逆の結果になってしまった社会変革運動は多くあります。


もしよろしければ―→ にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
(別窓で開きます)




posted by K_美樹 at 19:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 慰安婦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。