2014年04月03日

日本と韓国を決定的に分けたもの(5)

昨日のつづきです。
そして最終回です。


*        *        *


そして、いささか違った観点から日本人を讃えたのが、ロシア海軍軍人(中将)のバシリー=ミハイロビッチ=ゴローニンであろう。
文化8年(1811)、国後島で捕えられ松前に監禁されたゴローニンは、獄中、間宮林蔵に天文測量などを教える一方、獄舎の中で『日本幽囚記』を綴った。


「もしこの人々の多く、聡明犀利で、模倣力があり、忍耐強く、仕事好きで、何でもできる国民の上に、わが国のピョートル大帝ほどの王者が君臨したならば、日本の胎内に隠されている余力と富源をもってその王者は多年を要せずして、日本を全東洋に君臨する国家たらしめよう」


ゴローニンは文化10年、豪商・高田屋嘉兵衛を介して釈放されたが、それだけに、当時の鎖国日本の体制には辟易としたに違いない。
が、それでも日本人は体制が変革されれば、驚くべき進歩をとげ得る潜在能力を十二分にもっていることを認めていた。
明治維新後の日本を見るより半世紀以上もはるか前に、である。


また、先述のブリンクリと同時期に日本に滞在したラフカディオ=ハーンは、“武士道”を、「国力のつよさと信仰のつよさ」の根元であると断じ、“信・義・礼・節”などの“武士道の徳目”が、道徳の上ではキリスト教諸国民よりは、よりキリスト教的であるとも論じていた。(中略)


ところで、先には『武士道』の著者・新渡戸稲造について少し触れた。
明治の教育者として大きな足跡を残した新渡戸は、明治32年、アメリカ滞在中に、日本の道徳教育について質問されたのが端緒で、『武士道』を著したわけだが、まさしくこの時代までは、“日本および日本人”について問われれば、誰しもが“武士道”をもって説明したであろうことは疑いない


事実、日本および日本人は内外において武士道を口にし、実践して。欧米人たちに決して疑念を抱かすようなことははかった。
そしてそれは、明治から大正期を経て、第二次世界大戦頃まで、強弱の差はあれ、多くの米国人に信じられてきたことでもあったのである。(中略)


第二次世界大戦――までは、サムライ・ニッポンは明治以降も、気息奄奄ながらも生き続けていたといえよう。
第二次世界大戦に敗れ、半世紀近くを経た今、日本は経済大国として甦ったものの、昭和18年にポール=クローデルが愛し、滅ぶことのないよう願ったサムライ・ニッポンは、はたしてどうなったのであろう。


ただ一つだけ、明らかなことがある。
アメリカをはじめとする、海外から聞こえてくるジャパン・バッシングの声からは、かつてのセオドア=ルーズヴェルトやクローデルを期待すべくもなくなった、ということだ。


*        *        *


終わりです。
なんともいえない気持ちになってしまいました・・・。


日本と朝鮮の未来を決定的に分けたものは、その思想、精神性、そして「人」でした。


『「武士道」は脈々と武士たちに受け継がれ、人格において清廉潔白、無欲恬淡の高風をもつ人格者を世に量産した。』


『“武士道”は、「国力のつよさと信仰のつよさ」の根元である』(ラフカディオ=ハーン)


『日本の文明は、道徳面においては、西洋文明より進んでいたのだ。』(フューストン=チェンバレン)


あの偉大な精神文化をもつ国なら、及ばずながら協力させていただこう。』(セオドア=ルーズベルト)


これほどの“礼節”と“自制心”を発揮できる国が他に一つとあるだろうか。』(ヘンリー=B=シュワルツ)


『明治までは“日本および日本人”について問われれば、誰しもが“武士道”をもって説明したであろうことは疑いない。』


『第二次世界大戦までは、サムライ・ニッポンは、気息奄奄ながらも生き続けていたといえよう。ポール=クローデルが愛し、滅ぶことのないよう願ったサムライ・ニッポンは、はたしてどうなったのであろう。』


日本の国力・外交力が衰えているのは、多くの人が知るところだと思います。
日本ほど急激に没落した国は無い、という識者の評論も見たことがあります。


なぜ日本は衰えたのか・・・・・・良い日本を残していきたいものですね。
それがもう失われているのであれば、、、再興させたいものですね・・。


最後まで読んでいただき、どうもありがとうございました m(_ _)m


もしよろしければ・・―→ にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
(別窓で開きます)



この記事へのコメント
武士道を否定した戦後民主主義と日教組教育の罪は重いと思います。
日本が復活するためには、教育の再興が必須ですね。
Posted by ルフトバッフェ at 2014年04月03日 21:00
コメントありがとうございます m(_ _)m

そうですね、“優れた人”を量産しなければなりません。
長い目で見て、「人」を創らなければ先細りです・・。
Posted by 美樹 at 2014年04月04日 20:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。