2014年03月24日

韓国よ!米国までも冒涜するのか

テキサス親父ことトニー・マラーノさんが
「韓国よ!米国までも冒涜するのか?いい加減にせよ」
という動画を発信されています。


面白い内容ですので、見ていない方は見ることをお勧めいたします。




ちなみに、テキサス親父さんは、本当に韓国が嫌いになってしまいましたね(^^;


動画から嫌韓の気迫がほとばしっています。
昔は、もっと中立的な感じで、こんな状態ではありませんでした・・。


このあたりの考察ついて、以前、「テキサス親父 慰安婦像を叱る」という記事を書いたことがありますが、あわせて読まれますと、なかなか味わい深いものがあると思われます。


[テキサス親父 慰安婦像を叱る]
http://3gensoku.seesaa.net/article/392090636.html


しかし、韓国在住経験のある歴史研究家のマックス・フォン・シュラーさんが、


韓国人の中では韓国は世界一の国、いずれ米国を攻撃するだろう


と発言(ジョークじゃないですよ)されていたのを、以前、見たことがありますが、現実になりそうな感じですね・・。


「無敵幻想」に取り付かれているように見えます。
精神に問題が発生しているのかもしれませんね・・。


ちなみに、セオドア・ルーズベルトと日露戦争の話がでてきましたが、以前、「日本の外交力の今昔」という連載記事で少しだけ触れたことがあります。


[日本の外交力の今昔]
http://3gensoku.seesaa.net/tag/articles/%93%FA%98I%90%ED%91%88


セオドア・ルーズベルトの日露講和仲介には、日本の凄まじい外交工作があったという話もありますね。


昔の日本は、なかなか“したたか”で気骨がありましたね・・。


もしよろしければ―→ にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
(別窓で開きます)




ラベル:テキサス親父
posted by K_美樹 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。