2014年03月21日

ヤクザに普通の活動は通用しない?

このサイトを定期的に読んでいる方はご存知とおもわれますが、このサイトの管理人は、基本的に
「高リスクな活動をすればするほど喜ぶのは敵である」
「近代民主国家において高リスクな社会変革運動というものは、ほとんど(あるいはまったく)存在しない」
「よってリスク(損失)は少なければ少ないほどよい」
という考えを持っています(なぜこう考えるのかは連載記事に記しました)。
以下の文章は、以上を前提として読んでいただけますと幸いです m(_ _)m


*        *        *


先日、投書があり、
「ヤクザ(彼の民族)に対して普通の保守活動が効果があるのだろうか?」
という疑問を投げかけられました。
「ヤクザに対しては非倫理的な手法を用いるしかない」
という考え方があるようです。


私は、この手の活動自体にそこまで意味があるとは思っていないのですが、もし「暴力的団体に対して普通の活動が効果が有るのか?無いのか?」と問われたならば、「効果が“ある”」と思います。
というよりもリスクゼロ(ダメージゼロ)で、効果が高いと思います。


岩田薫さんという社会活動家の方が記した住民運動必勝マニュアルという本の中に、普通に暴力団とたたかい、普通に退去させた事例が出ています。
また、警察が動いてくれない場合の対処法なども書かれています。
先人たちが、どのように戦い、勝利したのか参考になります。
以下は、警察が動いてくれない場合の対処法という内容で、以前、記事にしたものですが、再度、引用してみます。


@:警察が動いてくれない場合、絶対に一人で行動していはいけない、まずは人を集め「〜〜を守る会」という活動団体を立ち上げる。

A:会の名前、複数人で警察を訪ね圧力をかける。

B:「A」で無理な場合、警察の上部機関である知事宛に要請文を出す。

C:「B」を行うと同時に記者会見を開く。

D:公安委員会の委員に団体代表を就任させる(裏技)。

E:役所の職員になる(近年、役所では外部から広く職員を公募するといった試みが行われている、公務員である必要はない)。

F:検察など警察の上部組織に告発する。

G:問題に関心がある政治家に接触する。

H:市民運動をバックに地方議会に議席を得る。

I:首長に市民団体の代表を擁立する。


著者の岩田さんは、机上の空論ではなく、これらを実際に実行しており具体的なやり方を解説されています。


岩田さんは、上記の手法を駆使し西武グループの開発に対する反対の市民運動を行い、西武グループのトップである堤義明さんを塀の中に落とした人物であり説得力があります。


(腕利きの弁護士を雇ったわけでもなく、土日とアフター5を使っての運動で開発中止に追い込んだというから凄いです)


著書には以下のような心強い言葉がならんでいます。


「記者会見は誰でも開ける」

「裁判は弁護士をたてなくても起こせる」

「土日のみ1ヶ月間、3000人の署名で市議会が陳情書が可決、暴力団は退去した」

「最低30万円ちょっとあれば、自治体議員の選挙を闘うことは可能」(岩田さんは実際に地方議員になっています)


普通の活動で普通にヤクザを退去させられるのですね・・・。


岩田さんは、警察を動かす方法以外にも、暴力的団体・カルト団体に対する対抗手段として、以下のような方法を例示しておられます。


「街頭で署名運動を行い市議会に陳情書を提出する」(これを用い、実際に暴力団を退去させた実例があります)

「(退去の場合)オーナーに契約を白紙にさせる→民事執行手続き→電気・ガス・水道の停止要請→仲介不動産業者へ損害賠償請求」

「カルト集団や暴力団から嫌がらせ受けたら、現場写真、脅迫の録音を取り弁護士に連絡をとる」

「地元の弁護士会とは日頃から親密に連絡をとるようにする」

「問題に関心のある新聞記者に接触する」

「折り込みチラシを新聞に入れてもらう」


岩田さんは、これらの方法を実際に行った実践家であるため、上記の実際のやり方を解説されされています。


警察が動いてくれない場合、
相手が暴力的団体である場合、
「正攻法な活動は、効果が有るのか?無いのか?」と問われたならば、私は、効果がある、と答えざるをえません。


左派は非倫理的な手法をもちいることなく日本を屈服させることに成功しました。
(一方、過激な手法をもちいた左派は壊滅にいたり、目標も達成できませんでした)
保守に対してダメージがゼロで、かつ、成果があがるのであれば、こんなに嬉しいことはありません。


今、日本で活動している保守活動団体の方々は活動の専門家です。
私のような低レベルな人間が書くような内容は、すべて知っているはずですし、過去の活動団体がどのようにして勝利し、また壊滅していったのかも知っているはずです。
では、なぜ・・・まったく必要が無いダメージを被る方法を使ったのか・・。






無念・・・です・・。






もしよろしければ・・―→ にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ





posted by K_美樹 at 21:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 運動の理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あの連載から下がり続けたランキングがまたあがり始めましたね。

もしこれがあの連載を一旦拒絶した人たちが再び読み始めたということを反映しているのなら、『一度は拒絶されても指摘された危険性について考える人は少なからずいる』ということになるのでは・・・



Posted by ランキングが・・・ at 2014年03月22日 05:37
コメントありがとうございます m(_ _)m

ランキング、じわじわ上がっているようですね。
ですが、ただ目新しい軽い内容になったので、
クリックしやすくなったような気も・・(^^;

しかし理解していただける方が増えているのであれば
嬉しいことです(^^)
Posted by 美樹 at 2014年03月22日 20:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。