2014年02月21日

田母神「3年後の衆院選を目指す」

昨日、田母神新党についての記事を書きましたが、その件について続報が出ていますので紹介いたします。


田母神さんが、女性自身の取材を受けたようです。
その内容の一部をネットで見ることができます。


田母神俊雄氏 国政へ?「3年後の衆院選が視野にある」

 東京都知事選で61万票を獲得した田母神俊雄氏(65)。この票は、参議院の比例なら当選7〜8人に相当する数だ。多くのマスコミは、田母神氏は泡沫候補のように扱ったが、事前のネット調査での投票ではダントツだった。若者はなぜ「田母神俊雄」に惹かれるのか。今あらためて、田母神氏に話を聞いた。

「ネットユーザーは都民以外の方も多いわけですし(苦笑)。20代のネットユーザーなどが私の主張はまっとうだと思った結果ではないでしょうか。それに、ほかの候補が脱原発を主張するなかで、日本の世論が脱原発に向かうのはおかしいと思ったんですよ」

 かつて「核武装発言」が大問題になったが、今でもその考え方に変わりはないのだろうか。

「国際政治を動かしているのは核武装している国です。しかし、核兵器が使われるなんてことは起きません。これからも日本が二級国家でいいというなら、核武装する必要はありませんよ。日本はどうして国際政治を動かす側に回る努力をしないのでしょうか。米国はこれ以上、核武装国を増やしたくないでしょうが、持っているか持っていないかで、圧倒的に国際社会での発言力が違います」

 これらの主張を国政の場でという考えはあるのだろうか。60万票は大きい。

3年後の衆院選が視野にあります。ただ、そのためには国会議員が5人集まり私が党首にならなければ。そして、国会でキャスティングボードを握れること(が立候補の条件)。維新の会との連携?石原慎太郎さん、平沼赳夫さんらとは親しくさせていただいていますから、連携はあるかもしれません」

 日本を愛する気持ちは強い。日本はこれから、どうあるべきなのか。

「米国は日本を軍事的には自立させません。それで米国製の武器を使わせるのです。他国は武器の輸入もしますが、輸出もしています。すなわち対等の立場です。『国家の自立は軍事の自立、すなわち自衛隊の自立』です。独立国家なのだから、自分の国は自分で守らなくちゃ。日本は軍事的自立もなく、米国のGPSや暗号を使っていますが、もし米国がヘソを曲げてそれらのコードやシステムを変えたら自衛隊は動けなくなってしまいます

日米が対等になるためには、日本製の武器を輸出すること。かつてのゼロ戦のような優秀な戦闘機を作れば、世界が買ってくれます。量産すれば価格も下がる。それを認識している国会議員があまりにも少ない。リベラル派なんてアホですよ。国を守るという意識がまったくなく、政治感覚もない。日本は情報戦で中国と韓国にやられっぱなしなのに、いまだに国の守りを米国に依存している。日本の保守といわれる国会議員の大半はアメリカ派。要するに実態は、アメリカ派と中国派がケンカしているだけなんです。日本には日本派がいないんです

[田母神俊雄氏 国政へ?「3年後の衆院選が視野にある」]
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140221-00010002-jisin-pol


すでに、知られている内容もありますが、初出の内容もありますね。
田母神さんのブログには書かれていない内容もあります。


3年後の衆院選を視野に動いているとのことです。
キャスティングボードを握れることが立候補の条件とのことですが・・・3年後そのような構図になっているかどうか・・。


昨日の記事を読むかぎり、おそらく公明切りをしたいのでしょうが、現在の公明党は衆参合わせて51議席・・・これを切り捨てるとなると。。


石原慎太郎さん、平沼赳夫さんとの連携はあり得るとのことですが、石原さんは現在81歳、平沼さんは74歳、もうあまり時間が・・。


立候補して欲しいですが、なんとも厳しい部分もあります。
「日本派」政党・・・誕生して欲しいですね。。


まぁ、3年も先のことなどわかりませんけどね(^^;


もしよろしければ・・―→ にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ





posted by K_美樹 at 19:55| Comment(4) | TrackBack(0) | 田母神俊雄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「日本派」の政党の誕生は日韓断交の点からも重要です。
アメリカのアジア戦略は日米同盟と米韓同盟を基本にして動いていますから、日韓が対立することを望まないでしょう。そうなると、日本が「アメリカ派」ばかりでは、アメリカから「韓国と仲良くしろ」という圧力をかけられても対抗できません。
Posted by ルフトバッフェ at 2014年02月21日 23:06
極右翼と極左翼は同類
中道派は「だらし無い」

田母神氏は「日本派」
1.日本文化と歴史を誇り守る・・・世界平和の懸け橋となる。
2.それを邪魔する輩が国内外に存在する。
3.中国は暴力主義、韓国は属国主義、アメリカは経済主導・・・正義と平和が目的では無い。
4.故に、日本国は食料とエネルギーを自立、最強の軍備を整える事べきである。
5.しかし、日本は無慈悲に武力を用いる事は無い。
6.軍備の真はソフト・・・知恵、叡智こそが大切。
7.すなわち、日本は「中国の、キチガイに刃物」では無い。
Posted by 佐藤邦彦 at 2014年02月22日 17:53
>>ルフトバッフェさん

いつもコメントありがとうございます m(_ _)m

>アメリカから「韓国と仲良くしろ」という圧力を
>かけられても対抗できません。

今現在、あれほどの屈辱を受けても、
安倍首相が韓国にかなり気を使ってるように見えるのも
アメリカの意向が一因なのでしょうね・・。
Posted by 美樹 at 2014年02月22日 20:37
>>佐藤邦彦さん

佐藤さんじゃないですか(^^)
Twitterでは、お世話になっております。。
このような場所にコメント頂き、ありがとうございます m(_ _)m

「日本派」政党・・・田母神さんには頑張ってほしいですね!
Posted by 美樹 at 2014年02月22日 20:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。