2014年02月14日

ヘイトスピーチ法規制への戦略

「ヘイトスピーチ規制法を考える」というニュースがでています。
ヘイトスピーチ法規制派は活発に活動しているようですね。
最悪の事態に陥らなければいいですが・・。


ヘイトスピーチ規制法を考える…都内でシンポ

 「規制」か「表現の自由」かで意見の分かれている「ヘイトスピーチ(差別扇動)」について考えるシンポジウムが2日、東京都内で開かれた。『ヘイト・スピーチとは何か』(師岡康子著、岩波新書)の出版を記念しての催し。定員60人足らずの会場に100人が詰めかけ、立ち見が出た。

 東京造形大学の前田朗教授は「ヘイトスピーチはそれ自体が民主主義を破壊する。マイノリティーばかりか、マジョリティーの表現の自由を守るためにも処罰法が必要」と持論を展開した。

 著者でもある師岡康子弁護士は「ヘイトスピーチだけを規制しても、差別に無関心なこの社会は変わらない。その前に差別禁止法をつくり、その中に規制条項を入れていくのが、乱用の危険性を防ぐためにも現実的だ。悪質な事例は刑事規制だが、被害者がどれだけ傷ついているのかを基準として民事規制から出発すべき。まずは、マイノリティーの人たちがいかに実害を被っているのかの実態調査が必要になる」と述べた。

http://www.mindan.org/shinbun/news_view.php?page=9&category=2&newsid=18534


マジョリティーの表現の自由を守るためにも処罰法が必要

ヘイトスピーチ規制法の前に、差別禁止法をつくり、その中に規制条項を入れていく


色々な方向から攻めてくるものですね・・。
左派も馬鹿ではありませんので、「反発が多い戦略」「妨害が予想される戦略」を採用するはずがありません。


参考:[戦略的に戦う(2014/2/2)]
http://3gensoku.seesaa.net/article/386807103.html


今回の都知事選に出馬した宇都宮健児(元弁護士会会長)さんは、ヘイトスピーチ規制派の中心的人物、、、落選となってよかったです。
都知事は条例を制定可能です、もし当選していたとしたら、あっさりと何らかの規制はかかっていたかもしれません(もちろん反発が少ないように上手くやるでしょう、都民の自尊心・道徳心をくすぐるように・・)。


しかし、落選したとはいえ宇都宮健児さんは、今回の都知事選そして前回2012年の都知事選でも第2位の得票数を得ており脅威には違いありません。
今回も細川さんと票が割れなければ、当選する可能性は十分にありました。


この件(ヘイトスピーチ法規制問題)に関しては何回か記事にしていますが、海外においてヘイトスピーチ法規制は、すでに通ってきた道です。
油断を助長する発言をしている方を見ますと憂鬱になってしまいます。。


参考:[ヘイトスピーチやめろって風潮だけど(2014/1/5)]
(アメリカにおけるヘイトクライム法規制問題について)
http://3gensoku.seesaa.net/article/384423070.html


*        *        *


ちなみに、上記の「ヘイトスピーチ規制法を考える」というニュース記事は、2chからもってきたものですが、国内保守系ニュースサイトでは、ほとんど取り上げられていないようです(これから取り上げられるのかもしれませんが)。
まぁ保守層にとって、おもしろい内容ではないのですけどね。。


ヘイトスピーチ規制派の活発な活動を伝えるニュースは定期的に入ってきているのですが、保守系のサイトではあまり取り上げられない傾向があります。


以下のニュースは『ヘイトスピーチ規制派が2万5262筆の署名を法務省へ提出し、赤松広隆衆議院副議長は、その団体の要望の主旨に大賛成した』という記事ですが、やはり保守系ニュースサイトでは大きくは取り上げられませんでした。


[ヘイトスピーチ規制へ署名2万5262筆…法務省へ提出]
http://www.mindan.org/shinbun/news_bk_view.php?page=1&subpage=5065&corner=2


ネット保守において、このような保守層にとって都合の悪いニュースはオミットされる傾向があり、また取り上げられても過小評価される傾向がみられ、憂慮しています。


気がついたら慰安婦碑(像)が乱立していた(現在5件)・・・という事態がおきていますが、『気がついたらよくわからない規制法がとおっていた』ということにならないことを祈るばかりです。。


もしよろしければ・・―→ にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ





posted by K_美樹 at 19:59| Comment(2) | TrackBack(0) | ヘイトスピーチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
ブログトップの記事も本スレも読ませていただきました。

デモ、街宣を主催している私としては、一寸
「う〜〜ん」
と言う感じです。
勿論、○ね、○ろすは論外なのは当たり前として(過去に私主催のデモでコレをやった者は出入り禁止にしましたし、出発前の注意事項でコレを行った者は”敵勢力断定し排除する”旨宣告しています)。
どう言う事かと申しますと。

1)今日本で起きている事象は右派・左派、革新・保守との対立ではなく
日本人vs反日勢力(マトモではない)である事を完全に無視している。
又、上記は国際間での日本対特亜三国という場合においても、全く相似形である事。

2)実際、新大久保や当方主催の川崎デモでデモ参加者側からヘイトコールが発せられる事は、極、稀で、コール文にヘイト案件があることは皆無である事が認識されていない。

3)寧ろ、沿道の妨害勢力の方が異常な行動を繰り返している上、参加者に駅改札の中まで粘着し、あまつさえ暴行傷害事件で起訴までされているのは妨害の反日勢力である事が認識されているとは思えない。

4)レッテル貼りが唯一の戦略戦法である反日勢力は、反論が出来ないため、何を言ってもヘイト、差別、人権云々をと言うレッテル貼りを行い、目覚めた日本人を恫喝し、萎縮させるのが唯一の戦術であり、戦略である。

5)3、4で述べたような状態の根本は、GHQのウォーギルトインフォメーションの目指した状態であり、それに見事に乗っかっり日本人奴隷化に成功しつつあったのが、日本共産党、極左集団、民潭、総連であり、見事なまでに奴隷化されたのが戦後の日本人であるとの認識がされているとは考え難い。

以上の様な観点から

『万人に受け入れられる綺麗な日本奪還運動』

など今の所存在しないと言うのが私の『う〜〜ん』の理由であり、従って、どのようなレッテルを貼られようとも、怯まず運動して日本人に気付いてもらう事が気付いた日本人である者の義務で、日本を守るために行動する、と言うのが私の言いたい事であります。
Posted by 五十六パパ at 2014年02月15日 11:21
いらっしゃいませ、五十六パパさん m(_ _)m

お名前、存じ上げております。
五十六パパさんのような著名な方からコメントを頂き、
嬉しく思っています。
このような場所にコメントして頂き、ありがとうございます(^^)



>勿論、○ね、○ろすは論外なのは当たり前として
>(過去に私主催のデモでコレをやった者は出入り禁止に
>しましたし、出発前の注意事項でコレを行った者は
>”敵勢力断定し排除する”旨宣告しています)。

すばらしいです!!、こうでなければなりません。
これが「できない」という論評を聞くたびに
暗鬱な気分になっていました。
すばらしいことです。。

五十六パパさんのような方が増えていくことを
願ってやみません。

このような声が聞けただけでも、やってきて良かったと思えます。
このような考えが拡大されていくことを切に切に願っております。



ところで五十六パパさんは、以下の2つを
読んでおられますでしょうか?

======
参考:[戦略的に戦う(2014/2/2)]
http://3gensoku.seesaa.net/article/386807103.html

参考:[ヘイトスピーチやめろって風潮だけど(2014/1/5)]
(アメリカにおけるヘイトクライム法規制問題について)
http://3gensoku.seesaa.net/article/384423070.html
======

もし未読であれば一読していただけますと嬉しく思います。

もっとも、大した内容ではないですので、
無視してくださっても結構です(^^;

この度はコメントありがとうございました m(_ _)m
Posted by 美樹 at 2014年02月15日 20:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。