2014年02月13日

反韓化する出版業界

韓国の極左新聞、ハンギョレ新聞が何やらおもしろいことを書いています。


ちなみに韓国は保守もリベラルも反日だそうですが、リベラルの方が反日色が強いといわれています。
極左新聞ということは・・・、まあ、そういう新聞ですね(^^;


日本の代表的書店である東京神田の三省堂書店1階。この書店で最も良く目につくレジ前展示コーナーには刺激的なオビをかけた本が並んで展示されている。「まだその国とつきあいますか」「その国から習うことは一つもない」「なぜその民族はそんなに自己中心的なのか」内容は見るまでもなく韓国を露骨に非難する本だ

この頃、日本の出版市場では‘嫌中反韓’(中国を嫌悪し韓国に反対する)書籍が新たな勢力になった。しかし、これに対する反省の声も少しずつ出始めたと日本の<朝日新聞>が11日伝えた。2005年に出た<漫画嫌韓流>が100万部の販売高を誇るなど、以前から‘嫌中反韓’を促す書籍がなかったわけではない。しかし、2010年に始まった尖閣諸島(中国名:釣魚島)をめぐる中-日葛藤と2012年8月、李明博(イ・ミョンバク)前大統領の独島(ドクト、日本名:竹島)訪問は嫌中反韓関連書籍が日本出版界で一つのジャンルに位置する分岐点になった。

今年に入ってからだけでも<呆韓論(あきれた韓国論)>、<嘘だらけの日韓近現代史>等3冊の嫌韓関連書籍が新書・ノンフィクションのベストセラー10位中に含まれた。特に<時事通信>ソウル特派員出身の室谷克実が書いた<呆韓論>はすでに20万部を超えて売れ7週連続で上位10位圏を維持している。週刊誌の韓国・中国たたきはさらに露骨だ。


「日本の出版業界では、‘嫌中反韓’旋風がまき起こっていますよ!」
という記事なのですが、2chでは、ここまでしか貼られていません。
この先が、興味深いのですが・・。


ちなみに、以下はTwitterに流されている画像になります。。


Bfc3kypCAAE824b.jpg


変われば変わるものですね(^^;
韓流ブームでわいていた頃からは想像もできません。


ハンギョレ新聞の続きは以下になります。


週刊誌の韓国・中国たたきはさらに露骨だ。

2013年の1年間出てきた<週刊文春> 49巻の中で、「中国」「韓国」「尖閣」「慰安婦」などの大きなタイトルに選ばれたのは、48巻、<週刊新潮>は37冊にもなった

「日本の週刊誌は嫌韓の記事がなければ雑誌を作ることができない」という言葉が単なる冗談ではないわけだ。

日本のマスコミはこれについて「嫌韓コンテンツが商売になるからだ」と説明する。 30代の週刊誌記者は<朝日新聞>のインタビューで、「(嫌韓関連の記事は)もてはやされていますのでやめられない」と述べた。

すでに公開された国際ニュースを刺激的に加工してお届けするものであり、記事を書くことも容易で、国内の政治家のスキャンダルのニュースとは異なり、訴訟のリスクが低いという点も嫌韓ブームを煽っている。=以下略=

[ハンギョレ新聞(韓国語) 日本なぜこのざまか…‘嫌中反韓’書籍熱風]
http://www.hani.co.kr/arti/international/japan/623689.html


なんだかすごいことになっていますね・・・日本のマスコミは。。
日本のマスコミ(週刊誌)の反韓傾向については、以前このサイトでも調べましたことがありますが、とくに文春と新潮は、かなり反韓志向が強いという感じを受けました。


しかし、ここまで凄いとは思いませんでした・・・。
年間発行49巻のうち48巻が反韓記事では、反韓掲載率は約98%です。
これだと反韓傾向どころではなくて、反韓専門雑誌状態ですね(^^;


文春と新潮は週刊誌売り上げの第一位と第二位・・・週刊誌は完全に反韓媒体ですね。
あとは、この状態を維持していければ良いのですが・・。


*        *        *


ちなみに、新聞の方も、中韓については結構きびしいことを書いている印象があります。
産経はいわずもがな、読売も韓国批判は多いです。


読売は、従軍慰安婦について繰り返し完全に否定しています。
それどころか読売新聞は、従軍慰安婦が「朝日新聞の創作」であることすら報道しています。

[ついに読売が真実を報道!「慰安婦強制連行は朝日新聞が創作した」]
http://hosyu.blog.jp/archives/28153205.html


このような読売の姿勢は今に始まったことではなく、過去に複数回、「朝日新聞が元凶である」とわかるように記した慰安婦問題の非難記事を載せています。
http://home.att.ne.jp/blue/gendai-shi/ianfu/asahi-yomiuri-syasetu.html


というか、読売は韓国に限らず外交問題では結構きびしいような印象を受けます(^^;
北方領土についても「譲る道理は1%も無い」という論文を掲載していましたし。。


今後、新聞業界も、ひょっとしたらわかりませんよー。
売れるなら動くかもしれません。。
(朝日・毎日がいるので難しいでしょうかね・・)


もしよろしければ・・―→ にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ





posted by K_美樹 at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内メディアの反応 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。