2014年01月27日

日本の外交力の今昔(5)

昨日の続きになります。


最強国家ロシアに挑む日本は、各種外交工作と平行して資金工作にも乗り出します。
「4、高橋資金工作」です。


当時の世界の資金はイギリス・フランスに集まっており、ロシアの南進政策も資金源をそこに置いていました。
日本銀行副総裁 高橋是清は、そこからロシアに流れていた資金のパイプを日本に切り換える工作にうってでます。


たんに日本の戦争資金を調達するだけでなく、ロシア側の戦争資金も枯渇させる戦略です。


当時の国庫には5000万円しかなく、さらに一億の資金が必要とされました。
「大至急、一億の外債を募集せよ!!」
高橋是清に命令が下されます。


当時の世界の認識として、ロシアは最強国家です。
誰も日本に資金など出すはずがありません。
しかし、高橋は世界を飛び回り、銀行家、金融業者と接触、不屈の闘志で説得を続けます。
正直なところ運の要素もあったのですが、アメリカの親日化やユダヤの反露路線、それを察知したイギリスの資金提供などもあり高橋は、その年の5月には、早くも一億の募債に成功します(当時の日本の国家予算は4000万円)。


高橋は、これで満足せず、築いた人脈と優れた交渉力により着実に成果をあげていきます。
高橋は最終的には合計14億の募債をやってのけます。


興味深いのは、戦時公債の申し込み人に小口の応募者が多かったことです。
各国で日本公債は大人気でしたが、アメリカでは申し込み人の約5万人のうち、約4万3千人が小口の申し込みであったと記録されています。
ここでも日本が行った「アメリカ親日化工作」が効いてきています。


高橋是清が戦時公債募集のためにアメリカを訪れた際、どこへ行っても日本びいきばかりであったと、アメリカ駐在竹下勇海軍武官は証言しています。


公募は合計5回行われますが4回目にはドイツも動きます。
当時のドイツは、ロシアに満州進出をけしかけ三国干渉を主唱した、いわば日本の敵でした。
その国が、主力13銀行が共同し1億円の日本公債の引き受けることになります。
5回目にはフランスも日本に対し資金援助を開始します。


大橋武夫(元陸軍中佐・東部軍参謀)さんは、当時の高橋の働きぶりを「超人的」と評しています。
大橋さんの分析によりますと高橋是清には、

=================================
責任観念(自分が失敗すれば日本終わり)
能力(大勢を見極め、機を見る才能があった)
人間的魅力(国際的な友人が多く、積極的で、困難を苦しみと思わない)
=================================

の3つの天性が備わっていたと述べておられます。
しかし、昔の日本には凄い人がいたのですね。。
日露戦争といいますと、日本海海戦や奉天会戦など派手な軍事作戦がクローズアップされますが、一連の記事で見たような天才的外交工作が行われたいたことに留意しなければなりません。


今の外務省が当時にタイムトラベルしたとしたら、これができるでしょうか?
例の動画を見ますと難しい気がしてしまいます・・。


まぁ、政府の能力について一般市民が嘆いても何も変わりませんので、できるようなこともないのですが、国民は国民でできることを努力すべきなのでしょう。


大戦略家クラウゼヴィッツは、紛争の趨勢を左右する戦う精神力は、
『「将師の才能」「軍の武徳」「国民精神」の三つにより決まる』
と遺しました。
「軍」は国民から生まれるのですから、知性・能力・体力の質の高い“優れた国民”であれば優秀な「軍(集団)」が編成できます。


願うならば保守勢力の人々は、“優れた人々”を目指して欲しいと思っています。
ときどき中韓への憎しみが強くなりすぎて、頭がおかしくなっている人を見かけますので(^^;


最低限、状況判断能力(客観性の保持)、戦略的論理能力(感情で動かない)は身につけるように努力するといいのではないかな・・・と思います。
(どちらも大して持っていない、私が言うのもおこがましいですが(^^;)


一連のシリーズ記事、「日本の外交力の今昔」は、本日で終わりになります。
最後まで読んでいただきありがとうございました m(_ _)m


もしよろしければ・・―→ にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ





ラベル:日露戦争
posted by K_美樹 at 21:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 日本の外交力の今昔 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
面白く読ませて頂きました^^
Posted by 麦茶 at 2014年01月28日 19:54
いつもコメントありがとうございます、麦茶さん m(_ _)m

楽しんでいただけましたか。。
書いたかいがあったというものです(^^)
Posted by 美樹 at 2014年01月28日 21:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。